フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

趣味

2016年7月30日 (土)

郵趣を趣味にしてしまった因果

過去に何度か、趣味のひとつだった郵趣(切手の収集や分類・整理など)について、このブログで書いてきました。

子供のころは、買っておけば値上がりするという切手ブームに乗って始めたものの、それが幻想だとわかって熱が冷めたこと。

40歳に手が届くころ、近くに郵趣会があることを知り、懐かしさも手伝って入会し、そこで切手は集めるだけでなく、分類や整理をする過程で雑学を身に付ける、その面白さを知ったこと。

年間せいぜい40種程度だった発行回数が、ここ10年ほどで年間400種近くを発行する切手乱発国に、日本が仲間入りしてしまったこと、粗製乱造で切手デザインの質が落ちてしまったこと、そんなこんなで再び郵趣熱が冷めてしまったこと。

発行される毎に買い求める未使用切手の収集は5、6年ほど前にやめたものの、まだ使用済みの新切手を細々と集めていましたが、それも発行される新切手の種類の多さに反比例して、郵便物の利用が減るばかりで、使用済みでの収集も限界を迎え、とうとう切手収集そのものを趣味から外すことにしたことなどなど。

しかし、これまでに集め、整理してきたコレクションを手放す気にはまだなれず、たまに開いて眺めてきましたが、それが災いしたのか、最近になって3度目の切手収集にはまってしまいました。

とは言っても、未使用や使用済みの新発行切手を追いかけるのではなく、これまで未使用でコレクションしてきた切手を使用済みに置き換える作業です。

使用済みが手に入るたびに未使用をコレクションから外し、ある程度溜まったら処分する・・・といっても切手商に売れるような希少価値のある切手ではないので、郵便局で現行の普通切手に交換し、それを金券ショップで換金するわけです。

切手交換で手数料がかかり、金券ショップでは額面の数パーセントを減額されるので、元の額面の8割程度が手元に戻ってくる勘定。もともと買ったころの物価価値からすると大きく損をしているわけですが、趣味として十分楽しんできた残りものを処分して、いくらかでもお金が戻ると考えれば、決して損をしているわけではないですね。

話が少々脇にそれてしまいましたが、未使用切手を使用済みに置き換える過程で、切手収集を趣味にしてきた者として、すこし厄介なこだわりが頭をもたげてきました。使用済みは美消しで集めるか良消しで集めるか。

Img

今ちょうど手元にあるものでは良い例が見つかりませんでしたが、上の切手では右側が美消し(消印が切手にあまりかからず図案が損なわれることが少ない=図案重視)、左側が良消し(消印から郵便物の引受け局名や、年月日が読めるもの=消印重視)と言えるでしょうか。

未使用を使用済みに置き換えるのであれば、当然図案重視の美消しを選択することになるのですが、長年郵趣を趣味としていると、ついその使用済みの希少価値が気になって良消しに心が動いてしまうのです。

良消しの何が希少価値になるか、いくつか条件があります。消印の日付がその切手の発行日に限りなく近いこと。つまり発行された日の午前中に押された消印がベストですね。そして引受け局が大量に郵便物を受け付ける郵便局でないこと。離島の小さな郵便局の消印であればベストかな(笑)。

そしてここが一番大事な点ですが、郵趣を趣味とする人がわざと作ったものでないこと。つまり良消しの諸条件がすべてそろっていながら、それが意図的に押されたもの・・・切手の真ん中にきれいに満月のように押された消印でないこと。郵便局員がごく普通に郵便物として引き受け、いつもの作業として消印を押したもの・・・のように見えるもの。

これだけの条件をそろえることはハードルが高い分、そんな使用済みばかりで作られたコレクションは希少価値や郵便資料としてもたぶん凄い価値を持つことになりますね。

さて、ブログネタの夢のような話はここまで。

私の場合はお金をかけずなるべく図案が楽しめる美消しで、どこまで置き換えられるかが今後の課題になりそうです。

2012年3月 4日 (日)

切手展無事終了

 2日目は昼から雨が降り出しましたが、それでも前日以上の来場者があり、午後4時過ぎには無事終了。

 郵趣会の会長さんに今月で退会する旨を告げ、表立った郵趣活動にピリオドを打ちました。最後の出品と決めた今回の作品に「奨励賞」をもらってしまい、なんだか居心地の悪い気分でした。でも、ま、いいか。

Img_4873

Img_4875

2012年2月29日 (水)

切手展作品ここまで

 作ったのが12リーフなのでここまで。お粗末様でした。

10/12

Siro10

11/12

Siro11

12/12

Siro12

2012年2月28日 (火)

切手展作品その3

 今日はまた曇りに逆戻り。なかなかスカッと晴れにはなりません。というわけで先行展示の続きになりました。

7/12

Siro7

8/12

Siro8

9/12

Siro9

2012年2月26日 (日)

切手展出品作完成

 切手展まであと1週間となったところで、ようやく出品作完成。手持ちの資料や郵趣品にサイトで見つけた画像なども加えて、何とか格好だけは付けられました。切手展の前にブログで先行展示です。

1/12

Siro1

2/12

Siro2

3/12

Siro3

2011年5月14日 (土)

切手蒐集は、そろそろ見切り時か

 城陽に越して来て地元郵趣会に入り、数十年ぶりに切手蒐集を再開して20年近くになります。この間に切手趣味のイロハを教わり、蒐集を始めた頃のようにただ単に切手を集めるだけではない、郵趣の奥の深さの一端を知り楽しんできました。
 しかし、昨今の郵便離れによる使用済み切手の入手困難に加え、年間250種を数える世界屈指の切手乱発国になってしまった現状では、新切手の購入はもはや諦めざるを得ない状況です。そうなるとコレクションも穴だらけのみすぼらしい物で、ますます蒐集の意欲もそがれてしまうというもの。
 斜陽の切手蒐集にそろそろ見切りをつけて、終止符を打つ時が来ているのかも知れません。

2010年3月21日 (日)

これでもいいのだ?

Image1

 解体中のキロボックスから今日見つけたもの。明らかに折れ曲がった切手に消印されていますが、手押し印が押されているところが問題。機械的に流れ作業で押される機械印ならともかく、手押印は局員が一つ一つ目で確認しながら押印しているはずなのに・・・。
 切手は郵便に使用された時点で消印等で印面(額面や絵柄の描かれた表面)を汚し、切手の再利用防止をすることになっています。「消印等」ということは消印に限らないということでもあり、ボールペンで線を引くなどして「使用済」にしている切手も時々見かけます。
 確かにこの切手も消印で汚されているのだから、問題ないのかもしれません。でもちょっと待って。もしこれでもいいのだということなら、使用済切手の印面の消印のかかった部分を、意図的に折り曲げて隠して使ってもいいことになりませんか? これはまずいと私は思うんだけれど。

2010年1月 5日 (火)

お宝探し 2010/1/5

 久しぶりに購入したキロボックスをゆっくり解体しています。ご存じない方のために一応解説しておきますと、学校や地域などで葉書や封書から使用済みの切手部分を切り取って回収するボランティア活動がありますね。ボランティア団体に集められたその切手は業者に売られ、売って得たお金が支援金やボランティアの運営資金になるわけですが、業者に渡った使用済切手は、箱などに詰められ、1キロ単位、10キロ単位で切手収集家に販売されるわけです。それがキロボックス、またはキロウエアと呼ばれるもの。
 10キロボックスなら約5~6万枚の切手が入っており、そのほとんどは本当にどうしようもない紙屑ですが、切手収集に関心の無い人たちから集められた使用済切手の中には、収集家にとっては思いがけないお宝が眠っている可能性があるわけです。お宝は収集家の守備範囲や関心の方向によってまちまちで、その収集家限定のお宝もあれば、収集家なら誰もが目を輝かせるような物も稀に出てくるようです。だからお宝探しなんでしょうね。
 今回解体中の箱からも、いくつかのマイナーなお宝が出てきています。マイナーなので誰もがほしがるような珍品ではなく、ちょっと面白いかなという程度ですが、たとえばこれ。自動消印機を通ったときに滑ったんでしょうか、丸型の機械印が楕円形に伸びています。滑って長く伸びた消印はローラー印ではよく見かけますが、丸消印でこんなに伸びた印影を見たのは初めて。しかもきれいに切手にかかっていて、郵便局名も日付もはっきり読め、普段でも見かけることの少ない沖縄の消印。という訳で私にとってはお宝になった次第。
Image2