フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

書籍・雑誌

2015年1月30日 (金)

葉室麟「山桜記」

雪かも知れないとの予報でしたが、朝から雨です。

年初に今年こそは積極的に本を読もうと思い立ち、近くのコミュニティーセンタ内の図書室から2冊借りていました。近頃は本も高いので、気軽に買えません(苦笑)。

1冊目は『眠れなくなる宇宙のはなし』シリーズ第3弾「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」。

地球、太陽、太陽系、銀河系、そして宇宙全体について、最新の学説に基づく「未来予想」を紹介している本です。

内容は・・・宇宙好きにはそこそこ予想できる内容ですが、著者の先生がSF好きでもあって硬い内容にならず楽しく読了。

第1弾、第2弾は書棚に無かったので、もう1冊に今年最初の小説として表題の本を選びました。

Photo

「蜩ノ記」で直木賞を受賞した葉室麟の短編集です。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の頃から、徳川家光治世の頃までを時代背景に、大名や有力武将、その家族の話が七編収録されています。

「蜩ノ記」でその実力を知っていたので期待して手に取った1冊でしたが、読後感はチョッピリ期待外れ。

読ませる筆力はさすが直木賞作家、と言いたいところですが、各短編とも突っ込みどころが気になって物語のなかにスッと入っていけなかったのです。

例えば最後の一編「天草の賦」の冒頭近く、天草の乱が起こり黒田藩主が江戸から九州島原に急ぎ駆けつけるところの一節。

・・・・・・

 このおり、黒田藩主忠之は江戸に在勤していたが、出兵命令が下るや夜半に騎馬で出発し、宿に泊まることなく、夜を日に継いで急行してわずか七日で大坂に着いた。

・・・・・・

江戸時代、徒歩で東海道を江戸から京都まで約14日掛かったといい、飛脚は3日から4日で走り継いだといいます。

旧東海道経由で江戸-大坂が約560kmとして、7日間で割れば1日約80km。現代の日本のマラソン選手のスピードでいえば約4時間の距離。

1日8時間を睡眠と食事に当て、残る16時間を移動に使ったとして時速5km!

で、騎馬で宿に泊まることなく夜を日に継いで走って七日はそんなに速い?

物語全体にとっては些細な事なのですが、正確であるべきところがぞんざいに扱われていると他の全てに疑問が生じてしまって、素直に物語りに入っていけないのです。

こんな私って変?

短編だから手を抜いて書いている・・・とは思いたくないのですが(苦笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月23日 (木)

昨年読んだ本

若い頃は本好きだったのに本を読まなくなって久しいと反省し、昨年の年頭に毎月最低1冊は小説を読むことを目標に掲げました。

最初は調子が良かったものの、次第にペースが落ちてきてしまい、1年でやっと15冊と何とか目標だけはクリアできましたが、読書が趣味とはとても言えないですね。

昨年読んだ本のタイトルは、年の前半が山本周五郎の時代小説。

「雨あがる」

「日日平安」

「人情武士道」

「山椿」

「雨の山吹」

「町奉行日記」

「酔いどれ次郎八」

いずれも短編集で、長いブランクから抜け出るには手ごろでした。

これらを読み終えたところで年の後半はSFに。

「宇宙ゴミ戦争」横田順弥

「決戦・日本シリーズ」かんべむさし

「宇宙人のしゅくだい」小松左京

「Bio Dome 702」磯辺文雄

「時の石」栗本薫

「氷河民族」山田正紀

「飢餓列島」福島正実・眉村卓

「天の筏」スティーブン・バクスター

発行当時話題になったものもいくつかあり、SFを趣味としSFの同人誌まで作るほどのめり込んでいた身としては、お恥ずかしい限りですが今回ようやく読んだというものがほとんど。

しかし、読んでみて何故発売当時に読まなかったのか、あらためて納得。最後の1冊を除いてどれも自分の読みたいSFではなかったから。

1970年代頃にニューウェーブという、観念小説ふうSFが流行しだした頃から、自分が読みたいと願う、宇宙を舞台にしたスケールの壮大な(決して単純なスペースオペラではない)ハードSFがめっきり減り、結局それがSFから冷め読書から遠のいた大きな要因であったわけで、その思いは今も同じ。

読んでいる間はとりあえず物語を楽しめたので、読んで時間を無駄にしたとは思いたくないけれど、やはり却って本当に読みたい本への渇望が募ったというか。

現実社会にちょっとした味付けをしただけのような小説では読みたいとは思わないので、本当に読みたい小説って、なかなか巡り合えないんですよね。年に1冊でも見つけられればオンの字で。

さて、今年も月1冊以上を目標に本探しを始めていますが、「手元に残しておきたい」1冊が見つかるかどうか。