日記・コラム・つぶやき

2021年1月 7日 (木)

米国の政治に思う事

今朝食事をとりながらテレビを見ていて、米国発の2つのニュースに関心が向きました。

ひとつは昨年行われた大統領選挙の件で、選挙人による投票の承認手続きが行われている最中の連邦議会に、選挙に不正があったと主張するトランプ支持者が警官隊の制止を振り切り多数乱入、結果、手続きが中断され、トランプ支持者とみられる女性が1名死亡したとの事。(注:13時配信のニュースでは4名死亡になっています)

もうひとつは前日に行われたジョージア州の上院議員の決選投票の結果、2名とも民主党候補の当選が確実になり、バイデン新政権にとって懸念だった議会の「ねじれ」が無くなったとの事。

この、上院、下院の「ねじれ」が無くなったという事に、よそ事ながらホッとしてしまいました。

普段から私は日本において国会の「ねじれ」は決して悪いものだとは思っていません。

物事をなかなか決められない衆愚政治などとよく聞きますし、確かに緊急かつ重大な局面での「決断できない政治」は困ったものだと思っています。

しかし、この8年ほどの「ねじれ」のない日本の政治の中で、国会審議をろくにしないまま数の力によって大事な決定がなされてきたこと、それと共に国会審議を軽視する政権与党議員の驕慢ぶりが酷くなってきたことを思うと、むしろ「ねじれ」があったほうが、少数意見にも真剣に耳を傾け譲歩・妥協を生み出す一定の効果があるのではないかと思うのです。

そんな考えがありながら、今回の米議会の「ねじれ」が無くなったことへの安堵は、確かに矛盾するものです。

しかしそれは昨今に見られる米共和党の変貌ぶりがあるから。

自己の利益のためなら法も秩序も関係なし、といった振る舞いのトランプ大統領に「強いリーダーシップ」を重ねた挙句、明確な証拠を示せないまま、今回の大統領選挙で不正が行われたと主張するトランプ岩盤支持者と、その影響を恐れわが身の保身のために同調する、トランプ・チルドレンとも呼べそうな共和党議員が少なからずいる事。

かのリンカーン大統領を生み出した偉大な党の変貌ぶりを見ると、「ねじれ」では米国の民主主義がおかしくなってしまうのではないかと危惧していたものです。

今朝の2つのニュースを見た時、その思いは一層強くなりました。

とはいえ、大統領も上下両院も民主党一色になったままでは、やはりどこかで歪みが生まれるでしょう。これからの2年間で共和党がかつての良識を取り戻し、2年後の中間選挙では「ねじれ」が戻ってくることを願いたいものです。

それが同盟国である日本にとっても良いことに思えますので。

2020年12月13日 (日)

今日の太陽2020/12/13

雲の多い晴れ…のち曇り。

晴れ間を待っていたら、逆にどんどん曇ってきました。

昨日も曇りで観望できず、2日連続は避けたいと慌てて撮影・・・。

途中から雲が被ってきて使えたのは白色光で21枚だけでした。

201213b21

先日来の黒点はもう見えません。

東から新たな黒点が出ています。

小さいけど無黒点にならず良かった良かった(笑)。

先週の月曜日に、バイクで伊丹空港まで行ってきました。

片道約50km、往復約5時間半(撮影の1時間弱を含む)のツーリングでした。

飛行機の写真が撮りたいけれど、公共交通機関を使うのはまだちょっと怖い(基礎疾患持ちの高齢者に該当)。

かといって寒い時期にバイクで行くのもどうかと思うので、来年暖かくなってからと思いつつ、行程の1/3ほどまでの道順を確認するつもりで出かけたんですが、走っているうちに「せっかくここまで来て手ぶらで戻るのももったいないなあ」とつい思ってしまい・・・。

しかも道順下見のつもりがカメラも持って出かけたのが間違いの元。

昼食を済ませて出かけたので行きは良い良いだったけれど、撮影を終えての帰路で道を間違え30分ばかりロス。

ガソリンメータがENDに近づいてくるわ、財布の中にはわずかなお金しか入ってないわ、携帯の電池残量が20%を切っているわ、周りがだんだん暗くなってくるわ、気温がどんどん下がって寒くなってくるわで、一時は心細くなったものです(苦笑)。

そんな体験をして撮ってきた写真のほんの一部です。

Img_1145

Img_1177

Img_1105

来春暖かくなったら、今度は道を間違えず行って来よう。

2020年9月18日 (金)

MAK127SP鏡筒にガイド鏡を載せる小物の工作

曇り。

先日、星友からMAK127SPでガイド撮影をしたいのですが、悠々遊さんはどうしています?と相談を受けました。

私は月・惑星の動画撮影にMAKを使っているので、基本ガイド撮影はしていないし、もしするときは望遠レンズとの並列同架としてマルチプレートを使いますと答えたのですが、彼はディープスカイなどにも親子亀方法で使いたい様子。

アクセサリーを取付けられる鏡筒ベルトを探したが適当なものが見つからないとの事でした。

そこで思いついたのが、ファインダー台座にガイド鏡を載せること。

目的の天体を導入すれば、撮影中はファインダーの出番なしのはず。

実際そんな用途のアダプターがあるかどうか知りませんが、簡単な構造なのでちょっと器用な人なら自作できそうです。

で、得意(?)の紙工作でイメージを形に作ってみることに。

N01

この型に何か使えるものはないかとDIYの店で物色したところ、J型金具というものが見つかったので20mm幅のものをひとつ(360円)と、あと平型の小さな継ぎ金具も2枚入りをひとつ(120円)購入。

台座に差込み固定できるよう、木片から台形状のものを切り出し、J型金具と継ぎ金具を木片に接着します。

N02

これにアルカスイスのベースを取付け、ファインダー台座に差込み固定。

N3

アルカスイスのアリ型に固定したガイド鏡を、ベースに固定すれば親子亀方式のガイドシステム完成。

N4

今回の工作では木片を使ったので、ファインダー台座への固定時ネジが木片に食い込まないよう、平型金具でガードしたのが工夫と言えば工夫。アルミ削り出しなどで作ることが出来るなら不要の部品ですね。

木片と金具の接着は最初木ネジでの固定も考えたのですが、どうせ台座の固定ネジで鏡筒側へ圧着固定されるのだし、ボンド接着で十分と判断しました。

不器用者が紙工作以外に手を出したので造りは雑ですが、一応使用には耐えられそうです。

2020年9月 5日 (土)

今日の太陽2020/9/5

晴れ。

風もそんなにありません。

嵐の前の静けさか。

あ、一句浮かんだ・・・静けさや 嵐の前の せみ時雨・・・かなり盗作っぽい(苦笑)。

黒点は今日も見えません。

なので画像は省略します。

200905ls35

3時、9時方向にプロミネンスが見えます。

北半球にはまだ活動領域が見えています。

同じく北半球には小さなダークフィラメントもいくつかあります。

2020年8月24日 (月)

今日の太陽2020/8/24 と天体小物2点

白っぽい青空に多数の雲塊あり。

その分太陽の下でもいくぶん暑さはしのぎやすいか・・・。

連続撮影16日目。

黒点は出ていませんので画像は省略します。

200824ls33

9時方向に極小のプロミネンスが見えるくらいで、こちらも静かちゃん。

 

観望会用の小物、今回は日食メガネを真似てメガネタイプを作ってみました。

型紙はこちら。

Megane1

これを印刷して、厚紙に糊付けして切り出し、メガネ部分と耳掛け部分を接着。

Megane

メガネ部分は黒の厚紙に貼り付け、今回は片目だけ切り取りました。

Megane3

Megane4

上手く片目がつぶれない子供には、片目タイプの方が使いやすいとも聞きますので。

常から眼鏡をかけている自分には、眼鏡+メガネで却って使いにくいのですが、眼鏡無しの人にはいいのかも。

 

次はバーティノフマスク。

これまで厚紙タイプのものを自作していましたが、素材が紙なので耐久性に難あり。

最近、透明タイプのものが市販されていると知り、調べてみると透明樹脂製のものがありました。

素材が透明だと従来の不透明のものより光量があり、ピントの光状がはっきり見やすいらしい。

ただしサイズにより5,500~10,000円以上と従来品に比べ高額。

ならば100均の透明タイプのファイルホルダーが手元にあるのでそれで自作しよう。

100均のコンパスカッターが最近大活躍です(笑)。

Masuku1_20200824131001

望遠鏡に被せる筒台座は、紙媒体で作っているものをそのまま流用します。

こんな具合。

Masuku2_20200824131001

紙媒体よりも耐久性はあると思いますが、果たしてこんなものでも役に立つのか?

実際にはカメラの望遠レンズに付ける、一回り小さなものも作って、そちらを使ってみました。

Masuku3

薄明の残る19時ごろ、300mmでベガを視野に入れて撮ったもの。

十分実用です。

10,000円節約やー!

2020年8月16日 (日)

惜別の歌

好きな歌のひとつに「惜別の歌」があります。

はじめて聴いたのは小林旭のレコードからでした。

その後、多くの歌手がカバーしていますが、中央大学の学生歌でもあると最近知りました。

大学(または旧制高等学校)の寮歌が、そのまま流行歌になり広まった例はいくつもあり、この歌もそのひとつかなと思っていました。

興味が湧いて調べてみると、元詞は島崎藤村の「高楼」という詩で、妹が嫁ぐ姉との別れを惜しむ会話という形になっています。

なので1番の歌詞中、本来なら”悲しむなかれ わが姉よ”となるところ、「惜別の歌」では”悲しむなかれ わが友よ”となっているのにまず違和感があります。

また、作曲者が、明治生まれの島崎藤村よりもずっとのちの昭和生まれの藤江英輔という事も知りました。

島崎藤村の詩に曲を付けた段階で、何かの理由があって別れの対象が姉から友に意図的に改変された、と考えるのが妥当でしょう。

もう少し調べを進めてみると、作曲者藤江英輔氏の作曲にまつわる手記と呼ぶべきものが、あるサイトに載っていました。

http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/04/post_4858.html

読み進むうちに胸の詰まる思いがしてきました。

 

昨日は太平洋戦争の敗戦記念日。

式典でこの国の首相は空疎な平和実現の式辞を読み上げたそうです。

彼を支持する声の大きな人たちは、先の戦争は欧米に搾取され続けるアジア同胞を解放するための正義であり、国体護持と国民を守るための止む終えない戦争だったと考えているようです。

だから侵略戦争ではないし、アジア同胞に非道もしていないと。

しかし、職業軍人や徴兵された兵隊の少なからずが、「敵」に殺されたのではなく、武器も食料も乏しい過酷な環境の中で、降伏することを許されず自決したり、病気や餓死で命を奪われていった事実に、目をつぶり口をつぐんでいることに恥ずかしさを感じないのだろうか。

「特攻」の勇敢な美名のもと、若者の将来を奪い使い捨てしてきたこの国が、アジア同胞には非道を働いていないと、どうしたらそんな思考回路が出来上がるのか。

この国が、権力者が、まず国民を殺していたのですよ、そんな国を復活させたいのですか。

 

単なる別れを惜しむ歌として「惜別の歌」を聴くことはもうできません。

2020年8月10日 (月)

新型コロナウイルス対策小物 まとめ

試行錯誤を重ね、アドバイスをいただきながら一応の完成を見た、星空観望会での新型ウイルス対策用小物。

観望会をしておられる方の参考になればと、まとめとして整理してみました。

*****

観望会でのコロナウイルス対策用小物を作ってみました。

新型コロナウイルスが広がる日常では、星空観望会も今までのようなスタイルでは行えなくなってしまいました。3密を避けるために参加者の定員を減らしたりと・・・。

観望会をやった経験者なら、使った後のアイピースのレンズが皮脂油で汚れているのを、クリーニングした経験がおありでしょう。顔の脂分がまつ毛によってレンズにこすり付いた結果です。この皮脂汚れが新型コロナウイルスを含んでいたら・・・まつ毛とアイピースを媒介に眼から感染し、観望会がクラスターの発生源にでもなったら笑い事ではなくなります。全くあり得ないと笑い飛ばせない怖さが、未知のウイルスの特性です。

アイピースを覗かない一番の方法は、電視観望でしょうか。カメラに望遠鏡を覗かせ、それをモニターで見る・・・望遠鏡に近づかない、一度に複数人で観望できる、モニターに写る天体を指しながら解説できるなどメリットがありますが、反面、ビデオを見ているようで臨場感が無い、という声もありそうです。

そこで。アイピースを安全に覗く観望が出来ないかと考えてみました。結論から言えば眼やまつ毛がアイピースレンズに触れなければいいという事。

出来るだけ安価で、しかも簡単に工作できるアイガードを考えてみました。

工具は100均で手に入るカッターナイフ、円切りカッター、定規。

材料は100均で手に入る2mm厚ぐらいのウレタンシートと硬質カードケース、クリップ、あとはプリンター用紙に入っているような厚紙ボール紙、トイレットペーパーの芯。接着剤として両面テープ、ボンドも100均のもので十分でしょう。

1)トイレットペーパの芯は縦に切り離し、円周に沿って20mm幅にカットしたものを複数作っておきます(仮称Aテープ)。

2)ウレタンシートも20mm幅にカットし長さはアイピースの円周分とします(仮称Bテープ)。

3)Aテープ1枚とBテープを両面テープで20mmぐらい重ねて繋ぎます。

4)これをアイピースに緩めに巻き付け、接着剤か両面テープで繋ぎながら、残りのAテープで補強していきます。少し厚みのある筒が完成。

5)厚紙を前方後円状にカットします。円の直径は4)で作った筒と同じか5mmほど大きく、四角い部分は円の端から10mmほど長く取ります(台座A)。

6)台座の円の中央に直径20~30mmほどの穴をあけます。

7)同じものを硬質カードケースでも作り(台座B)、台座Aと貼り合わせます。台座完成。

8)先ほどの筒と台座を接着します。筒の中心と台座の円の中心が一致するように接着するのが肝です。筒台座の完成。

9)台座と同じ寸法のものを作りますが、円の中心の穴は10mm未満で、その周囲を黒く塗っておきます。これをアイガードまたはアイカードと呼びます。材質は使い捨てなら厚紙で、繰り返し使うならカードケースから切り出します。工作はここまで。

アイピースに筒台座を被せ、台座の上にアイガードを重ねてクリップで固定すれば完成。

アイカードの覗き穴は観望時のひとみ径に近く小さくしてあるので、眼を近づけてもまつ毛がレンズに触れるのを防ぐ効果を期待し、大きなレンズ径のアイピースで起こりがちな、斜め視線によるブラックアウトを防ぐ意味もあります。

アイカードからレンズまでの距離が短いと感じるなら、筒の内側奥に細い幅のテープを1周巻いておくだけで、ストッパーの役割でその分の距離が稼げます。

観望者がアイピースを覗き込んでも、眼や顔が触れるのはアイガードだけなので、アイガードは観望者個人専用にそれぞれ1枚渡しておきます。

使い捨てなら観望会終了後に廃棄、繰り返し使うなら主催者が回収し、ぬるま湯に洗剤を溶かし入れて漬け置きしたうえで洗浄、乾燥しておけば次回の観望会でも利用できます。

自作した物の写真を掲載しておきますのでご参考までに。

 

写真下左から、筒側から見た状態、台座側から見た状態、アイガード。中段はストッパー役のウレタン製巻き帯。

Img_a

アイピースの接眼レンズとアイガードが近い時は、このウレタン製巻き帯を筒の内側に仕込みます。

Img_b

筒台座はアイピースに被せて置き、観望者がアイガードを被せてクリップで固定して使用。

Img_c

今回作った台座、アイガード共通の寸法表。

Img_d

台座とアイガードの寸法は自作した時のものですが、アメリカンサイズであればアイピースの太さが違っても筒だけそれぞれに合わせて作れば、台座とアイガードは共通で使えるはずです。

 

2020年8月 7日 (金)

コロナ対策小物 一応完成

天体観望会における新型コロナウイルス対策を考えて、天体小物を作ってきました。

作るたびに一時的な自己満足と、新たに浮かぶ課題の克服(そんなたいそうなもんやあらしませんけど)。

そしてついに一応の完成を見ました(たんに、そろそろ飽きてきたというのが本音かも(苦笑))。

それがこれ。

Img_2509

左端のものは試作4号で、真中と右のが完成形で、手前のものがアイカードです。

眼鏡を外してアイピースを覗いた時、鼻がぶつかるため四角い台紙の角を落とし、ついでにアイカードの抜き差しをしやすく改良したのが試作3号でした。

それならいっそアイピースに被せる筒に合わせて丸い形にし、カードの抜き差しはストッパーを工夫することで、アイカードが小さく扱いにくくなるのを回避できると考えたのが試作4号で、子供の興味を引くよう、カードをロケットの形にして炎の部分をストッパーにしてみました。

しかしこれではまだ、みゃおさんから出された「スライド枠や台紙部にも顔が触れてしまう」との課題は克服できていません。

しかもこの4号機、考え事をしながら作業していて、台紙のスライド枠側を筒にくっつけてしまいました。

細い隙間にカードを差し込むのは、明るいときならともかく、暗い観望時に結構厄介、という事もすっぽり頭から抜け落ちていました。

良いアイデアだと思っていたけれど、スライド式カードは工作も手間がかかるし一旦白紙。

アイピースの上にペタンと置くだけで両手フリーで使えるアイカードが出来ないか?

安価で簡単な工作と、回収して繰り返し使えるアイカードという条件も外せない。

で、またまたひらめきました(笑)。

原点回帰、シンプル・イズ・ベストです。

アイピースに被せる筒に丸い台座をくっつけるところまでは同じですが、その台座の形を前方後円形にして、同じ形に作ったアイカードを載せて、クリップで留めればいいじゃん!

台座とアイカードの角ばったほうに印をつけておいて、そこを合わせてクリップで挟むだけ。

顔に触れるのはアイカードだけ。

台紙もアイカードも100均の硬質カードケースで作っているので、乱暴に扱わなければ折れたり変形することはありません。

PL32mm、PL25mm兼用と、ズームアイピース用の筒台座を作り、アイカードは兼用としたのが上の画像です。

めでたく完成。

手先の器用な人なら、筒と台座を一組作るのに10分もかからないでしょう。

カードは台座と同じものなので、慣れれば短時間に数をこなせるはず。

工具も材料も100均で手に入るものばかり、あとはトイレットペーパーの芯(笑)。

みゃおさんからのもう一つの宿題、「マスクをつけてアイピースを覗き込むとき、冬場だと眼鏡やアイピースが曇る」、これは私の手には負えません(苦笑)。

やっぱりこの課題への対策は、電視観望しか思い浮かびませんでした。

2020年8月 6日 (木)

コロナ対策小物 使って見て分かったこと

第2弾として作った対策小物ですが、実際に即して使って見ると、頭で考えていただけでは分からなかった「使い勝手の悪さ」を体験。

私は眼鏡派なので接眼部から少し離れた位置で覗くことになるので、今回眼鏡を外して覗こうとしたところ、台紙の端の方に鼻がぶつかってしまいました。

台紙もアイカード(形状からアイガードじゃなくアイカードと呼び変えます)も安全のために角を取るだけでなく、もっと大きくカットする必要がありました。

結果こういう形になりました。

アイカードの使い勝手が悪くならないなら、もう少し全体のサイズを小さくしてもいいのかも。

Img_2502

もう1点は、アイカードの抜き差しで、いったん差し込んだアイカードが抜きにくかったので、台紙の方に切り込みを入れてみました。

Img_2503

なお、右の透明の方は試作3号で、100均で買っておいた硬質カードケースから切り出したものです。

こちらは先に作ったものより太い径のセレロン・ズームアイピース用に筒を調整していますが、台紙・アイカードは同じ寸法なので、アイカードは共通で使えます。

以上、やってみないと分からない、使って見ないとわからない、を実践した結果報告でした。

2020年8月 5日 (水)

天体観望用小物 第2弾

一昨日、天体観測会でのコロナ対策用に自作小物を紹介しました。

簡単安価に作れるという事で自己満足に浸っていたのですが、みゃおさんに痛いところを指摘されてしまいました(苦笑)。

自分でも作っていて気になっていたのが、この小物を使うとき片手が塞がってしまうのと、うまくアイピースに当てられるかという事。

もうひとつはプラ板を通して見ることで天体像の質の低下です。

プラ板は柔らかい素材なので傷が付くと尚更透明度が下がる。

みゃおさんからのアドバイスで、ふと思い出したことがありました。

そしてそこからひらめきが(笑)。

今回も紙工作ですが、前回よりは少し工程が増えます。

材料は厚紙、トイレットペーパーの芯、100均のウレタン?シートの残り、接着剤と両面テープも100均で買ったもの。

今回はPL32mmアイピースを使い作成します。

1)事前の部材切り出し

トイレットペーパーの芯を半割に切り、さらに円周に沿って20mm幅にカットしたものを3枚用意しました。これを厚紙テープと呼びます。

ウレタンシートは長さをアイピースの円周分、幅は20mmとして1枚。これはウレタンテープと呼びます。

厚紙は70mm角を1枚切り出し、直径25mmの穴をあけます。これは台紙と呼びます。

厚紙から70mmx60mm角を1枚切り出し、直径10mmの穴をあけ、穴の周囲10mm幅を黒く塗ります。これがアイガードになります。

厚紙から別途、5mmx70mmを4枚、10mmx70mmを2枚切り出します。

Aig1

2)筒の作成

ウレタンテープの端に厚紙テープを1枚両面テープで繋ぎます。1~2cm重ねて貼っておけばいいでしょう。

ウレタンテープを内側にしてアイピースに巻き付けます。きっちりではなく少し緩めに巻くのがいいでしょう。

厚紙テープの残りは、補強のため外側に貼り足して筒の完成。

Aig2

3)台紙と筒を接合

ここがこの工作の一番の肝。台紙の中心と筒の中心を慎重に合わせて接着します。

Aig3

4)台紙のスライド枠の作成

厚紙5mm幅を2枚、10mm幅を1枚、長辺の片側をそろえて貼り合わせたものを2組作ります。

5mm幅の面に接着剤を付け、台紙の両端に貼り付けます。

Aig4

これでほぼ完成。

台紙とアイガードの四隅を安全のためカットし、台紙の枠に沿ってアイガードを差し込みます。

差し込み方向を間違わないよう、矢印を付けておきます。

Aig5

Aig6

アイガードの穴を10mmとしたのは、アイピースを覗き込むことに不慣れな子供たちが、斜めから覗き込んでブラックアウトを起こさせないよう、わざと見口を小さく絞り込んだためと、接眼レンズに眼を近づけすぎないようにすることでコロナ対策としました。

アイピースのレンズから距離をとることでレンズの皮脂汚れを防げるなら、プラ板のバリアは不要なので素通しの穴でいいでしょう。

ただ、アイガードに眼(まつ毛)が触れることに変わりはないので、アイガードの方は参加者個々に配りたいし、強度性の問題もあるので、台紙部分も含めここはプラ板か、それに代わる強度の素材で作り、回収・洗浄して繰り返し使うのがベターでしょうね。

ただそうなると穴あけ加工をどうするか・・・電動ドリルの出番かな・・・なにしろ不器用ものなので紙工作以外自信がありません(苦笑)。

Aig7

ともかくも、これでアイガードを差し込んだ後は両手が空き、安定して観望が出来ますよね。

今また自己満足に浸っていますが、果たして評価のほどは(笑)。

より以前の記事一覧