日記・コラム・つぶやき

2023年1月 6日 (金)

年明け最初の夜遊び決行

年が変わってからずっと不安定な空模様で、ゆっくり時間をかけての夜遊びはできていません。

まして上弦過ぎのお月様が夜空を支配している状態では、散開星団狙いとしてもちょっと辛い。

というわけで2023年初の夜遊び相手はお月様。

ポルタⅡにMAK127SPを載せDMC-G7でのお手軽撮影です。

131_230105

この夜遊びから遡ること10時間余り前には、300mmの望遠ズームを空に向け雲と飛行機を撮っていました。

_5124

諸般の事情で空港遠征ができないので、自宅上空を飛ぶ旅客機の捕獲・・・高度があって機体が小さいので期待も小さく(笑)。

それでも短時間で9機捕獲出来ました。

9_230105

2022年12月 1日 (木)

外を気にして1日が暮れた

時折日が差す曇り空。

機材を出して待つもすぐ曇って一度に必要枚数が撮れない。

そんなこんなで1日を無駄に過ごしてしまった。

まあこんな日もあろう・・・明日に期待。

2022年8月30日 (火)

新機材投入

未明からの雨。

室温は26度ながら湿度76%、ちょっと動いただけでも汗がじっとり浮いてくる。

さて、これまで自宅周辺での太陽黒点撮影メインで使ってきたminiBORG60ED。

たまに観望会に持ち出すことはあっても、リュックに突っ込んでの移動という雑な扱いでした。

今回、短焦点を生かした電子観望にも使おうと思いつき、ミニ遠征用に収納ケースを調達。

Amazonで物色してこれを入手。

20220830-090538

内面のクッション材には100均のスチロールボード。

A_20220830092201

これを不器用者が雑にカットして間仕切りも付けて完成。

内寸の幅が41.6cmなので、普段の太陽撮影用から天頂プリズムを外しただけの状態で収納可能。

他に57mm径の延長筒類、6x30ファインダー、CMOSカメラも収納。

Img_4708

上蓋には自作フィルターや0.5倍レデューサーなどの小物も収納。

Img_4710

これでいつでも持ち出し可能・・・あとは観望会時のお天気次第という事で。

2022年8月20日 (土)

舐めてかかってました・・・

先月の事ですが、ステラナビゲータの星空の画面を背景に、自前の月の写真を合成してジグソーパズルを試作してみました。

背景の星空は月を撮った日時にして、星座線や主だった恒星名も入れてあり、104ピースなので小学生でも30分もあれば簡単に組み上げることができるだろうと踏んでました。

月例観望会で星が見え始めるまでの時間つぶしになるだろうと。

しかし届いたパズルを見本画像がないまま崩し、組み上げてみたらこれが意外と難しい(苦笑)。

組み上げてからそのままコピーを取って見本画像にしましたが、これ小学生低学年で30分では無理か・・・。

Img_20220721_0001

2022年8月 4日 (木)

Windws11に切り替え

本日Windwsを10から11へ変更しました。

しょっちゅうというか、しつこくというか「無料なんだから変更しろ変更しろ」と度々画面表示されてついに根負け(苦笑)。

実は前回8.1から10に無料変更したとき、使い勝手が非常に悪い印象で、使い慣れた方が良かったと苦労して8.1に戻した経験があり、二の足を踏んでいたんですが。

あの後で機種の買い替えでは10の選択しかなく、使いにくさの原因の一つが元のパソコンのスペックの低さにもあったと後で分かったんですが。

もう一つ危惧していたことは、フリーソフトの11との相性でした。

使い慣れたソフトが11で使えなかったら一大事ですから。

まだいつも使うソフト、いつも使う機能の全部を試したわけではありませんが、今確認できた範囲では使えないものはありませんでした。

ただ、一部ソフトでは10の時とは使い勝手が違っていて、慣れるまで間誤付きそうなのもあります。

以下確認したフリーソフト。

Open Office4.12 Draw・・・マイクロソフトオフィス互換ソフトのドロー機能

Snipping Tool・・・画面の必要な部分を切り取り保存するソフト

Image Composite Editor・・・分割撮影した画像のモザイク合成を自動で

Regi Stax6・・・自動スタッキング、ウェーブレットの定番ソフト

Auto Stakker(AS!2)・・・自動スタッキングがRegi Stax6よりも軽快な定番ソフト

starnetGUI・・・星雲画像から星像だけを消すソフト

まだいくつか、処理すべきファイルが無くて検証できていないソフトがありますが、そちらも撮影等でファイルが確保でき次第確認せねば。

新しいプラットホームに改良されることで使い勝手や安全性が向上するのは結構だけれど、使い慣れていることによる「使いやすさ」というのもあるわけだから、だんだん融通が利かなくなってきた高齢者には痛し痒しのバージョンアップです。

2022年7月 1日 (金)

事件です! 追記あり さらに追記

梅雨が明けてさっそく夜遊びモード。

FMA230+QBPとEOS700D(改)のペアでの撮影はおよそ半年ぶりです。

ダークファイル、フラットファイルと撮って、1番目の目標はくちょう座のサドル付近。

ステライメージ9でダークファイルRAW画像を読み込んで・・・なんかおかしい!?

ダークファイル、通常はこんな画像表示になるはず。

D_thu

ところが今回はこう。

D_kon

矢印の先のチャンネルパレットのグラフもいつもと違う。

フラットファイルRAWも通常は、

F_thu

それが今回は、

F_kon

やっぱりグラフが出ていないし。

いつもJpegとRAW両方記録しているので、ライト画像を見ると、

Jpeg

Jpegの方はグラフ出てるけど、

Raw

RAWの方はやっぱり・・・左下の白い影は薄雲があったようですが、今回の現象とは無関係。

念のためこのままベイヤー・RGB変換してみると、

Kounatta

変換はできたけど、相変わらずグラフに反応はないし画像も変。

名探偵さんに謎解きと解決方法を乞う!

 

やまねももんがさんとみゃおさんから頂いたアドバイスをもとに、画像を追加しました。

SI9はステライメージでRAW画像をそのままベイヤー・RGB変換だけしたもの

PSPの左上はペイントショップでそのまま現像したもの

PSPの中下はSI9のオートストレッチに近い処理をPSPでしたもの

Psp_si9_2

カメラはそのまま、レンズをFMA230からEFレンズの300mmにして風景を撮ったもの

Mati

昨年12月に撮ったダーク画像と、今回(6月)に撮ったダーク画像をそれぞれ1000%に強拡大したもの

D_kakudai1000

さらに追記

layout3さんからメールで、レベル調整の幅を広げてみてはどうか、とのアドバイスをいただきました。

そこまで見ていなかったのですが、言われてみれば確かにチャンネルパレットのグラフで▲と△の幅が1の差しかありません。

レベル調整のヒストグラム縮小を繰り返したところ、今まで見えなかったグラフの山が見えてきました!

撮影時のカメラモニターのヒストグラムの山の位置を思い出しながら調整。

これをワークフローで他の画像にも適用し、冬バージョンのダーク/フラットを使って処理。

コンポジット、オートストレッチまでした画像がこれ。

Photo_20220702065301

いつもPSPへ受け渡すところまでの補正をしたものがこれ。

_2_20220702065301

という事は、SI9のRAW読み込みの所で不具合が起きているのかなあ?

2022年6月19日 (日)

あおによし 撮ってきました

4月29日から京都・奈良・大阪を結ぶ近鉄の新しい特急電車「あおによし」が運航されています。

ロケーションはよくないですが見通しのよさそうな近くの踏切に撮影に行ってきました。

豪華な印象の外観ですね~、一度は乗ってみたい気もしますが。

220517_kintetu-2

こちらは従来から近鉄奈良線で走っている特急車両です。

220517_kintetu-1

2022年6月 3日 (金)

嬉しいニュース

おはようございます。

3度目の心臓アブレーション手術を無事終えて、予定よりも早く昨日退院してきました。

この話を書くと病気自慢が長くなるので今回は省略(笑)。

退院してみるとKADOKAWAから本が届いていました。

KADOKAWAの集める図鑑シリーズ「星と星座」(6月8日発行)という大型本です。

「角川の集める図鑑GET! 星と星座」 永田 美絵[学習図鑑] - KADOKAWA

実は2月の初めごろに、書籍の編集制作をしているという会社のスタッフさんからメールがあり、今度KADOKAWAから出る予定の図鑑に、当ブログに載せているダブルダブルスターの写真を使わせてもらえないか、というお話。

もちろん嫌なはずはなく二つ返事で「どうぞどうぞ」と答えたものの、何かうますぎる話の気がして半信半疑のままで事が進み・・・。

途中でゲラの確認があり、私のミスに気が付いて修正してもらう場面も。

担当者の方からは「出版が確定するまでは他言無用に」との事だったので黙ってきましたが、本が届いたのでもうバラしてもいいですよね(笑)。

児童向けのしっかりしたつくりの図鑑の77ページに当の写真が、183ページに[写真協力]として悠々遊がクレジットで載っています。

これで自慢の種がひとつ増えました(笑)。

77p_183p

書店で見かけたらぜひ手に取ってみてください。

 

2022年6月 1日 (水)

ただいま病室から

6月になりました。

当初5月29日入院、6月6日アブレーション手術と聞いていたのが、急遽入院翌日の手術に決まり当日は約2時間弱のアブレーション、その日のうちに絶対安静も解け、翌日となる昨日の夕方までに術後検査を終え、常置点滴も外れるという順調な経過。

頻拍発作の引き金になっていた期外収縮(脈飛び)は、今もちょくちょくあるものの頻脈には繋がらず。

というわけで、明日の退院となりました。

入院前の1週間ほどは毎日のように頻脈が起き、処方されている薬も効かず救急車のお世話になることもあった状態から、やっと解放されました。

退院後しばらくはおとなしくしていたほうが良いようだし、半年ほどは要観察になるそうですが、ぼちぼちと日常が取り戻せるかと。

ご心配、お気遣いをいただきましたこと、個別にはお伝えしていませんでしたが、感謝しています。

ありがとうございました。

2022年5月24日 (火)

ストック最後の1点 M57 としばらくお休みのこと

今月に撮っていた画像の残り1点。

夏の定番M57です。

M57_220504_0055_1

さて、ここしばらく続いている心臓の不調がますますひどくなり、急遽、今月中に入院、来月初旬に手術をすることになりました。

という訳で当分の間天体観望、太陽撮影はお休み。

無事手術を終え復帰するまでの間、ブログ更新も休み、いただいたコメントにも返事ができなくなりますが、どうかご容赦を。

より以前の記事一覧