フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

旅行・地域

2018年5月26日 (土)

伊丹空港に行ってきました 6

曇り。

シリーズ最終回はANA機の飛びもので締めくくります。

プロペラ機は1/125~1/160で撮り、プロペラの回転が止まってるように見えないよう気を付けましたが、その分ブレのリスクが高まります。

レンズの手振れ防止機能フル稼働です。

Img_5850

Img_5913

Img_5982

Img_6083

Img_6015_2

同じような機体、同じようなANAのデザインに見えていて、撮った画像をよく見ると少しずつ違っていました。

ANA機は奥が深いな~(笑)。

夢中になって撮っていたら、日が西に傾いていました。

Img_6534

Img_6550

やがて日も沈み、良い子はおうちに帰る時間になってました。

Img_6582

機体の左下に見える光点は木星です。

よく夜遊びするおじさんは、もう少し粘ってから20時ごろに撮影地を離れました。

途中で夕飯を食べ、家に帰りついたのは23時。

午前様にはなりませんでした。

2018年5月23日 (水)

伊丹空港に行ってきました 5

肌寒い雨の日。

3日ばかり途切れましたが、このシリーズも終盤に入りました。

今回はJAL機の飛びものです。

Img_5805

Img_5883

機体後部垂直尾翼のJALマークをアップ(笑)。

Img_5895

ジェット機はシャッター優先の1/1600~1/2000で撮っていたんですが、プロペラ機ではプロペラが止まって見えるので1/125~1/160で撮ります。

手振れ補正をしていても、望遠で飛びものを追いかけてブレなく写すのは難しい。

一番ましなものを選びましたが、これもブレてます。

Img_6131

この日唯一見たラッピング機。

関空の方は外国の航空会社が多く、ラッピング機も多いようですが、伊丹はあちらに比べると地味。

Img_6143_

機体が夕日を反射してキラリ光るところを狙ったんですが・・・期待通りにはいかないものでして。

Img_6384

次回はANA機の飛びもので締めます。

2018年5月19日 (土)

伊丹空港に行ってきました 4

曇り。

滑走路の着陸側にいると、接近して頭上を通過する飛行機の轟音に迫力があります。

Img_6105_2

Img_6471

着陸時の魅力の一つは何と言ってもタッチダウンの瞬間、タイヤが地面に接し白煙を上げる瞬間でしょう。

Img_5796

Img_5965

Img_6058

昼間と違い夕方の刻々と暗さが増してくる頃には、魅力が一段と増す気がします。

Img_6557

Img_6544

Img_6565

Img_6584

Img_6624

Img_6633

午後8時前に撮影地を離れ家路につきました。

次回は着陸前の飛行中をとらえた写真を予定しています。

2018年5月18日 (金)

伊丹空港に行ってきました 3

曇り、のち雷雨の予報が出ています。

 

伊丹空港シリーズの3回目は離陸直前・直後。

とは予告してましたが、滑走路の南端からの撮影では、これって結構地味な画像になるんですよねえ。

飛行機のお尻側から撮って、離陸するにつれてどんどん小さくなっていくわけですから・・・。

6033

助走していくところなんか、ほとんど着陸した後と見分けつかないし(苦笑)。

離陸助走ではジェットエンジンからの気流で空気の揺らぎが見えますが、着陸ではエンジンを止めているので揺らぎが見えない、この違いぐらいですかね。

Img_5826

180514_5947

昼間の離陸上昇中。

Img_6158

夕日を反射して機体がキラリ。

もっとズームアップするには1000mmぐらい欲しいです。

180514_6539

Img_6625

夕刻の離陸上昇中。

やっぱり地味ですね。

次回は着陸直前・直後を予定しています。

2018年5月17日 (木)

伊丹空港に行ってきました 2

薄日は射すもののほぼ曇り・・・今日も太陽を撮る予定はありません。

 

離陸のため滑走路に向かうANA機です。

飛行機を撮るのは好きですが、機種が分かるほどの知識はございません。

Ana_5969

Ana_787_6025

上の2機は同じように見えても、主翼の端が真っ直ぐか跳ね上がってるかで、機種が違うのでしょうね。

Ana_6532

こちらは上の2機種より大柄でずんぐりした機体です。

Star_ana_5817

Ibex_ana_5833

機体や垂直尾翼に描かれた絵柄や文字の違いを見ていて飽きが来ません。

伊丹空港(大阪国際空港)はJALよりもANAの方が種類が多いような気がしました。

便数自体はさほど変わらないかもしれません。

また、プロペラ機など小型の機体は、離陸までの滑走が短くて済むので、こちらが待つ滑走路の端の方まで来てくれず、300mmでも豆粒のようなので撮るのをあきらめました。

次回は離陸直前直後です。

2018年5月16日 (水)

伊丹空港に行ってきました

雲の多い晴れ・・・なのでいまのところ太陽を撮る予定はありません。

14日に伊丹空港に「飛びもの」を撮りに行ってきました。

伊丹詣で3度目の今回は、阪急電車宝塚線曽根駅から徒歩約20分の千里川土手が撮影場所。

地図右下の「←ここ」です。

Photo_5

EOSKissX5に望遠ズーム、予備に標準ズームを付けたもう1台、予備バッテリー、三脚、しめて10kgほどの機材を持って、えっちらおっちら、体力のないわが身が恨めしい(苦笑)。

昼過ぎに家を出て約2時間ほどで現地に着くと、平日にもかかわらずすでにギャラリーがたくさん。

Photo_3

中には、600mmズームを買ったので名古屋から初めて来ました、とおっしゃる会社員風の中年男性も。

名古屋といえば中部国際空港もあるでしょうに。

皆さん飛びものがお好きですね~私もですが(笑)。

さて、飛びものとはいっても、いきなり飛ぶのはいかがなものかと考え、先ずは止まりものから始めたいと思います。

止まりもの 第1回目。

Photo_4

じゃなくて、JAL機から。

Jal2_6318

Jal_5786_2

Jal_jair

天気の悪い日が続きそうなので、しばらく飛行機にお付き合い願います。

2018年5月 7日 (月)

にわか撮り鉄してきました

今日は雨。

5月5日、初夏の陽気に誘われて、宇治川にかかるJR奈良線の鉄橋に電車を撮りに行ってきました。

時たま気が向いたときに電車を撮ることはありますが、撮り鉄というわけではなく電車の型番など全く分かりません。

撮影場所に到着すると先客が4名。

鉄橋にカメラを向けて電車の来るのを待ち構えています。

103

JR奈良線ではおなじみのグリーンカラーの普通電車、時々区間快速。

型番は103系というのだそうです。

以前は時々ブルーカラーの車両も走っていましたが、最近は見かけません。

先客の撮り鉄さんのお話しでは、この車両は今ではJR西日本内で奈良線ぐらいでしか走っていないとか。

東海道線など主要幹線で走った後、最終的に奈良線に回されて引退するのが定番なのか?

205

これは103系に代わる普通電車として、最近順次導入されてきている205系。

確か以前、東海道線の普通電車として見かけた記憶があります。

2211

そしてこれが主にみやこ路快速として運用されている221系。

時間帯によっては区間快速や普通電車として走っていることもあります。

ちなみに、画面右端に見える建物は京阪電車宇治線の終点、京阪宇治駅の駅舎で、画面左方向にホームが続いています。

221

快速電車なんだから、スピード感を出すためにわざとシャッター速度を遅くして、電車をブレさせてみました。

103_2

約1時間半、電車を撮りながら過ごした後、撤収間際に線路際に寄って(もちろん踏切の外側ですよ)、正面近くをパチリ。

205_2

2018年3月 9日 (金)

白鷺の首がにゅーっと

本日も曇りなり。

五里五里の丘の野鳥撮影の続きです。

アオサギはこれまでもよく見かけるのですが、シラサギをじっくり見たのは初めてかも。

Img_4721

Img_4722

Img_4725

カメラを構えそろりそろり近づいて。

Img_4734

このあともう一歩踏み出したところで逃げられてしまいました。

2018年3月 8日 (木)

箸休めの飛びもの

春の嵐第3弾が近づいているらしい。

太陽見えず星の画像もネタ切れ。

先日、望遠レンズを付けて五里五里の丘に鳥を撮りに行った時の写真を引っ張り出して、少しいじって遊んでみました。

Img_4625_a_2

Img_4625_2

Img_4627_a_3

Img_4627_3

露出はPモード、オートフォーカスに手振れ補正ONで撮っているのに、腕がついて行っていません。

アラを隠すための画像処理です(苦笑)。

2017年8月12日 (土)

今年初の釣行してきました

今月初めの宮島・尾道・福山への小旅行中に、娘から「今年は釣りに行かへんの?」と水を向けられて、二つ返事でよし行こうということに(笑)。

今回の目的地は尼崎市立魚つり公園。

どうせ始発電車に乗っても向こうに付くのは、朝の時合いが過ぎた8時ごろになり、昼の暑い時間帯の釣りになるので、のんびり昼からの釣行ということになりました。

嫁さんは暑いのが苦手ということで娘と二人、昼ご飯を少し早目にとり、JRと阪神電車を乗り継いで武庫川駅には14時半ごろ到着。

駅から少し離れたところに送迎のマイクロバスがあるので、それに乗せてもらって魚つり公園に着いたのが15時前だったか。

サビキ釣りでしたが第一投目から20cm超のサバをゲット。

その後もすべての針に鈴なりとはいきませんが、切れ目なく釣れ続け3時間半ほどで8リットルのクーラーボックスが満タンになってしまいました。

家に帰ってから鰓や内臓を取る下処理をしながら数えてみると、

サバ ~22cm 17尾

サッパ(ままかり) ~17cm 5尾

イワシ ~13cm 11尾

そして、豆アジ ~15cm 78尾

の釣果でした。満足満足(笑)。

イワシは指だけつかっての骨取りなどができるので、さっそく三枚(?)におろして、刺身でいただきました。

釣り人だけが味わえる新鮮なイワシの刺身、美味でございました(笑)。

でも、釣りの最中はそれに没頭、帰ってからは新鮮なうちにと下処理に忙殺され、写真を撮る間がなく、それが唯一の心残り。

とりあえず一夜明けた冷凍保存中の成果だけでも。

Dsc00373

サバは刻みしょうがと一緒に味噌煮込みかなあ。

アジはやっぱり素揚げの南蛮漬けでしょうか。

サッパは・・・数が少ないしどうするかサッパリ思いつきません。