フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

天体

2018年2月17日 (土)

お月さ~ん も最終回 嵐の大洋付近

曇りから雨に。

雨! 急いで出しっ放しだった赤道儀を回収!

11/2撮影の大きなお月様画像も、今回が最終回です。

1711022023

嵐の大洋と言えば餅つきするうさぎさんの背中から腰のあたり。

西洋の読書する夫人のお尻あたりですね。

新月期なのに晴れません。

2018年2月16日 (金)

お月さ~ん 晴れの海付近

曇り時々薄曇りの晴れ。

晴れでも薄曇りなので太陽撮る気になれない。

撮ってもどうせ見られたものじゃない。

というわけで、11/2撮影の拡大お月さ~んの続編。

厭味ったらしく「晴れの海付近」(笑)。

1711022021

昨日の「静かの海付近」とかなり重なっていますが、ご愛嬌という事で。

今日は朝から散髪、その続きにスーパーにウォーキングシューズを買いに行き、午前中だけで8500歩歩いてきました。

8000歩を超えること自体久しぶりという、最近我が身の体たらくに喝!

2018年2月15日 (木)

お月さ~ん 静かの海付近

正真正銘の曇り。

薄暗く重たい空がかぶさっています。

11/2撮影のお月さ~んシリーズから。

1711022018

この辺に影のできる月齢だと、コーカサス山脈、アペニン山脈とも凹凸感がくっきり出るんですが、月齢13に近いと単なる模様です。

 

日本郵便(株)による切手乱発に嫌気がさして、切手収集終了宣言してはや3年。

年賀切手だけはまだ細々と収集を続けているものの、新切手の発行にすっかり疎くなってしまいました。

昨日、かひちやうさんの「天体切手を買ってきた」とのコメントを見ても、以前から続いている星座切手のことだろうと思っていました。

ところが! 今朝、所要で近くの郵便局に行って、新切手発行の告知を見てびっくり。

2/7にこんなシリーズが始まっていたんですね~。

宇宙が好きでかつて切手収集をしていた者としては、大いに購買意欲をそそられてしまいます。

日本郵便さん、罪なことをしてくれますね!

2018年2月11日 (日)

お月さ~ん 湿りの海付近

雨は止みましたが曇りです。

11/2に撮影したお月さん拡大写真から。

1711022010

太陽に斜めから照らされ影が際立った方向は、立体感があっていいですね。

お月さ~ん、まだしばらく続きます。

2018年2月10日 (土)

お月さ~ん 豊の海付近

珍しく天気予報が当たって曇り、オマケに小雨も降った様子。

予報では明日も明後日も太陽観望は望めないらしい。

黒点が気掛かりです。

去年11月2日に撮影の拡大画像から。

1711022006

太陽光が一番当たっているペタヴィウス・クレーターが、少し飽和してしまいました。

この後に続く部分は、11/5にアップしています。なので、明日はその先から。

2018年2月 5日 (月)

おつきさ~ん 危機の海付近

一応晴れてますが、濃淡のある濃いめの薄雲が空全体を覆い、初っ端から戦意をくじかれました。

11/2撮影のお月さんの拡大画像の続きです。

1711022003

正面から太陽光を浴びている方向なので、影が無くのっぺりとして立体感がありません。

明るい部分が飛んでしまわないよう、気を配りながら処理してみました。

2018年2月 3日 (土)

おつきさ~ん プラトー付近

今日も曇り。

昨年11月2日撮影の続きです。

1711021958

特定のクレーターなどを狙うならともかく、ある程度全体の地形が分かるように撮るなら、これぐらいの拡大がいいかもしれません。

2018年2月 2日 (金)

お月さ~ん 雨の海付近

曇り。

溜まっていた音楽ファイルの整理をしていたら、ついのめり込んで時間を忘れてしまいました。

遅くなりましたが、19時を過ぎて今日のアップです。

1711021954

他にネタが無いので、しばらく、お月さ~んが続きます。

2018年2月 1日 (木)

1/31の皆既月食、結果は・・・

外はこの冬初の本格的な降雪が続いていて、家の屋根、車の屋根が白くなってきています。

さて、昨日の皆既月食は・・・。

満月の間は薄雲もまだ薄々フィルターでいい感じだったんですが、だんだんに濃くなったり、たまに薄くなったり、ムラのあるフィルターになってきました。

もともと期待できない天気予報もあり、自宅での撮影を予定し、裏庭から撮れる仰角50度以上になる20時半をめどに撮影開始。

1801312133

月の模様をメインに、想定していたよりも長めの露光で。

1801312147

さらに雲の厚みが増した様子。

1801312218

皆既中は肉眼でうっすらお月さんの存在が分かる程度。

まさかの30秒露光です。

これでも一番透明度のいいものを選び、背景の星も確認できたので、お月さんメインの構図から本当に撮りたかったシーンに切り替え。

1801312222

焦点距離を300mmから70mmに変えて、かに座のM44を構図に入れてみましたが、薄雲が邪魔をして分かりにくいです。

ここまでは撮って出しの画像にデータを書き足しただけでしたが、ほんの少し手を加えてコントラストを上げてみました。

1801312222b

M44・プレセペを取り囲む甲羅の4つの星もなんとか入っていました。

本当はすっきりした空のもとで、M67まで撮り込みたかったんですが・・・。

一度は完全にあきらめかけたぐらいですから、撮れただけでも良しとしましょうか。

2018年1月29日 (月)

M97 M108 おおぐま座

厚い雲の隙間から薄雲のかかる白っぽい青空がのぞいています(10:11)。

1/20に撮影のおおぐま座の惑星状星雲と系外銀河。

180120m97108x16

2種類の比較的明るい天体が一度に撮れる美味しいところですね。

久しぶりにアストロアーツの天体写真投稿ギャラリーを見て、凄い撮影をしておられる方を発見!

https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/44198.html

https://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/45236.html

望遠鏡とミラーレスカメラの直焦点でISO6400、15秒露光を1000枚以上撮って星雲や銀河を撮影してるんですね。

太陽や月、惑星をPCカメラで動画撮影し、数千枚をスタックする方法は一般になってきていますが、それをミラーレスカメラでコマ撮りして星雲や銀河の撮影に応用するとは!

しかも15秒という短い露光でくっきり仕上がっているのにはビックリ!

短い露光でノイズを抑え、多枚数コンポジットで強い処理に耐える画像を作っているのでしょうが、ここまで鮮明な画像を得られるとはにわかには信じがたい気持ちです。

次の新月期に一度試してみるか・・・しかし今季の続かない私にはコンポジットが無理でしょうね(苦笑)。

より以前の記事一覧