天体

2024年2月26日 (月)

春の銀河祭り NGC2903

青空はあるのに晴れてこないもどかしさ。

日が射したと思う間もなくまた陰る。

今日の銀河はしし座のNGC2903

Ngc2903_240212_2238

2024年2月25日 (日)

春の銀河祭り NGC2841

また雨の1日に逆戻りしました。

おおぐまの前足近くにあるNGC2841も春告げ銀河のひとつ。

右上隅に光る恒星は明るい方が6.1等星です

Ngc2841_240213_2201

2024年2月23日 (金)

春の銀河祭り NGC2403

春の銀河祭り、ストックのM天体は出し終えたので、残るはNGCナンバー4対象となります。

きりん座のNGC2403

Ngc2403_240212_1959

2024年2月20日 (火)

春の銀河祭り M108

今日も曇りと雨の1日の様子。

おおぐま座のM銀河としては暗い方のひとつ M108。

M108_240213_2241

相方のM97は銀河と違うので今回は撮ってません。

2024年2月19日 (月)

春の銀河祭り M66

予報通り朝から雨・・・春雨じゃ 濡れて参ろう・・・なんて風流人ではないので、家の中でくすぶってます(笑)。

しし座の後ろ足にある2つのM銀河のうち、M66だけをとりあえず収穫。

M66_240212_2333

残るM65は今後のお天気次第です。

2024年2月18日 (日)

春の銀河祭り M82

昨夜の観望会は大半が曇り空、ちょこっと晴れ間ができてはまた曇り、という繰り返しが19時半過ぎまで。

その後一気に晴れ間が広がるも、30分ほどでまた雲の大襲来。

観望予定の半分ぐらいしか見られませんでしたが、逆にいえば半分も見ることができたのが不思議なくらいのお天気でした。

マイ春の銀河祭り、今日はM82。

M82_240212_2143

2024年2月16日 (金)

鳥撮りとM81

2日前、暖かい上天気に誘われて毎月観望会をしている木津川運動公園に、野鳥の撮影に行ってきました。

ここ数年見掛けなかったカモが戻ってきていて、格好の撮影対象になってくれましたよ。

P1040552

P1040660

P1040674_2

さらに思いがけないモデルさんも飛び入り参加。

これまでの人生で初めてカワセミに遭遇。

焦ってしまってなかなかピントが合わず、結局この1枚だけでした。

P1040602_2

思い切りトリミング!

P1040602_3

銀河祭りの続きはM81。

M81_240212_2051

2024年2月15日 (木)

主砲にCMOSカメラで銀河祭りに参加 手始めにM51

本日2度目のブログアップ。

我が主砲CAPRI-80EDにNeptune664Cを付けて、月面全球を一度で撮影出来ることはすでに試しました。

満月が画角いっぱいに撮れるなら、視直径30’未満の銀河もアップで撮れるかも、というのが今回の目論見です。

事前にゲインと露光時間を色々変えて試し撮りをしたうえで、2月12、13両日にゲイン500、露光15秒を150枚、総露出時間37.5分と決めて本番に入りました。

先ずは見栄えするよう2/12の最後に撮ったM51から。

M51_240213_0051

従来のものぐさ癖に加え年齢からくる制約もあってか、最近は大好きなはずの天体撮影も億劫に感じてしまう今日この頃。

安近短軽楽の5要素で趣味を少しでも長く楽しめますように(苦笑)。

という次第で、裏庭から軽い装備で楽して短時間にこの画像なら、はい!満足です。

2024年2月 5日 (月)

M67

かに座のもう一つの主役。

かに座の散開星団と言えばM44プレセぺが代表格ですが、私はむしろこっちの方が星団としての魅力を感じます。

M67_240111_2325

2024年2月 2日 (金)

NGC2395

ふたご座の散開星団

星数は割とある方に見えますが微妙にばらけていて、地味天と呼ぶにふさわしい? 星団ですね。

ここはむしろメデューサ星雲(sh2-274)の方が主役なのでしょう(苦笑)。

惑星状星雲を撮るには露光不足ながら、うっすらとその存在は分かります。

Ngc2395_240111_2238

Ngc2395_240111

より以前の記事一覧