フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

天体

2018年4月17日 (火)

遺跡公園で星座撮影

曇り。

先日、正道官衙遺跡公園でぐるぐるを撮っていた時、もう1台のカメラではポタ赤で星座撮影をしていました。

空が明るくて写る星があまりに星が少ないので、どうしたものか迷っていましたが、根が貧乏性なのと、明るい星だけでも星座自体はわかるはずとの思いで処理することに。

180410_2

180410_3

観望会で星座説明ぐらいには使えるかな(苦笑)。

180410

Photo

地上風景が写り込まない画像では、フラットエイドのお世話になって、カブリを抑えてみましたが、なんか不自然さを感じますね。

2018年4月12日 (木)

ふらりと遺跡公園へミニ遠征

昨夜から晴れのはずが、夜半には雷雨があり、明けても限りなく曇りに近い天気。

先日の夜、徒歩10分の遺跡公園にカメラ2台を持って行ってきました。

カメラ2台で星空を同時に撮影するのは、実は初めてのことです。

しょっちゅう薄雲が流れる今一つのコンディション。

ぐるぐる撮影開始は20時48分、まだ周囲が明るい状態でした。

61

KissX5 EF-S10-22 14mm ISO200、F5、15秒x217枚の61分撮影。

あまり雲が煩わしいので一時中断し、そのままの設定で昇ってきたばかりの木星を撮影。

木の間から見えるのが木星、右斜め上の明るいのはおとめ座のスピカです。

Photo

木星付近をトリミング。

Photo_2

雲が消えそうになく、一旦撤収しかけたんですが、そうすると北の空が晴れあがってくる。

もう一度、今度は23分撮影して引き上げました。

23

このままでは消化不良なので、次回は上弦の月がある頃にもう一度ぐるぐるを撮り直したいと思っています。

2018年4月 4日 (水)

黒目銀河M64はウインクしてくれたか 

透明度のすごく悪い快晴。

推定5km先の高層マンションが、霞んでほぼ見えません。

そのかわり太陽の光が柔らかい(笑)。

さて、3月中に撮影した写真も今日が最後の1枚です。

かみのけ座の系外銀河M64、通称黒目銀河です。

いつもと逆でトリミング拡大画像から出します。

180317m64

180317m64x30

はたしてこの撮影にウインクしてくれているでしょうか(笑)。

2018年3月23日 (金)

NGC4999 りょうけん座

曇りのち晴れ・・・まだ雲の方が多いけど、お天道さん撮れるかな?

3/13撮影の、銀河ファンにはお馴染みの不規則銀河です。

M94銀河群に属しているそうです。

180313ngc4449x26

焦点距離560mmの筒ではやはり小さいですね。

180313ngc4449

1200万光年の彼方にあって大マゼラン星雲と同じぐらいの大きさという事ですが、近くに主となる大きな銀河が見えないので、伴銀河ではなさそうですね。

2018年3月22日 (木)

NGC5005 りょうけん座

雨のち曇り。このまま天候回復か?

3/12に時間待ちに撮った9.8等級の系外銀河です。

180312_ngc5005x30

180312_ngc5005_2

視直径5.4’と惑星状星雲並みに小さくて、短い筒には厳しいサイズでした。

NGC5005の右下にはもっと暗いNGC5033も写っていましたが、こちらは視直径がNGC5005の倍ほどあるとの事なので、ここでは捉えきれていませんが淡い腕が広がっているようです。

180312_ngc5033

いずれにせよ、撮影対象としては二度とお目にかかることはないでしょう(笑)。

2018年3月20日 (火)

NGC4490 りょうけん座

今日も雨。

3/11、何を撮ろうかステラナビの星図を見ていたら、りょうけん座β星の鼻先に系外銀河がひとつ。

等級は撮影基準にしている9.4等級(四捨五入で9等級)より暗いけど、まゆ銀河という名前も付いているので気になって撮ってみることに。

180311_ngc4490x30fl

どうもいびつな形をしている様子。

拡大してみると、どうやらM51子持ち銀河と同じように2つの銀河が作用しあっているようです。

180311_ngc4490_2

なるほど、繭じゃなくて眉だったんですね。

2018年3月19日 (月)

M101 りょうけん座

♪雨の降る日は天気が悪い わるいはずだよ雨が降るチョイ

昔、フォーククルセイダーズの「帰ってきたヨッパライ」のB面に収録されていた「ソーラン節」の一節。雨の日にはときどき思い出します(苦笑)。

それはさておき、3/12に撮った系外銀河M101です。

180312_m101x30fl

斑ノイズが気になったので、久しぶりに『フラットエイド」のお世話になりました。

180312_m101

も少し明るめに処理しても良かったのかも。

2018年3月16日 (金)

M85 かみのけ座

雨のち曇り。

夕方になってようやく雨があがりました。

3/10に撮ったかみのけ座の系外銀河です。

180310_m85x27

この夜からISOを4000にして撮っています。

斑ノイズは相変わらず出ていて、ISOを変えてもあまり減らないという事は、高感度ノイズではないのかもしれません。

ノイズを目立たなく処理するほか無さそうです。

180310_m85

M85は私の画像では楕円銀河にしか見えませんが、楕円と棒渦巻の中間タイプだそうです。

下に見える小さい方はNGC4394(約11等級)で、こちらの方は棒渦巻銀河のようですね。

楕円銀河は姿がどれも同じように見えて面白くないので、たぶん次撮ることはない対象のひとつです(笑)。

2018年3月 5日 (月)

ISO5000でM3撮ってみた

雨が降っています。

2/24にISO5000、露光100秒で試写してみました。

あいにく薄々雲が頻繁に通過したようで、3対象撮った中で唯一使えたのがM3だけ。

180224m3x40_2

先に100秒で30枚撮り、あとで5秒を10枚の合計40枚をコンポジット。

180224m3

中心部の飽和寸前で画像処理を止めました。

処理の仕方によっては左下隅に斑ノイズが残ります。

180224m3_2

ISOをもう1段落とすべきか、画像処理で目立たなくしてこのままいくか・・・。

あくまでも自己満足のレベルなので(苦笑)、星雲を撮ってみるまで結論を急ぐ必要はないのかも。

2018年3月 1日 (木)

強風で空の彼方の巨大風車も M101

昨夜来の台風並みの強風も、そろそろ収まりかけ、青空も見えるようになってきました。

強風のせいではないと思いますが、宇宙の彼方の銀河も勢いよくまわっているようです(笑)。

180214m101x30

180214m101

2/14の試写の時の画像で、カメラ設定などにまだ改善するところはありますが、このままゴミ箱行は切ないのでアップしてみました(苦笑)。

より以前の記事一覧