フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

天体

2017年4月28日 (金)

今日の太陽 2017/4/28

快晴。

170428b

2か所の小さな黒点がある他は静かなる太陽。

170428ls

白色光画像では分からなかったけれど、東の端にプラージュが見えます。

新たな黒点が発生しているのか?

その下9時方向のプロミネンスがアクセントになっています。

2017年4月27日 (木)

今日の太陽 2017/4/27 と、4月初めの新月期に

昨日の雨は未明には上がったようですが、昼を過ぎてもすっきり晴れとはなっていません。

170427b

黒点は衰えつつ西に向かって移動中。

太陽望遠鏡で観望しましたが、薄雲フィルター越しの切れの無い太陽に小さなプロミネンスが見えるだけ。撮影は無駄と判断しました。

撮ったもののモニタ画像を見たときから結果が知れていたので放置していた画像・・・。

優秀な機材の助けを借りても、画像処理の技量が年年歳歳落ちてきているのか、それとも周囲の空の環境が悪化してきているのか、以前の方がまだよい結果が出ていたように思えてなりません。

りょうけん座のM51

170402m51

うしかい座のM3

170403m3x12

他にも何点か撮っているのですが、一番ましな結果がこの2つです。

23時を過ぎてからの撮影でも150秒でモニタ画面は飽和の一歩手前。

自分の技量では救い取れないので、今後は無理に露光を伸ばすのはやめようと思っています。

2017年4月25日 (火)

4月23日の木星

日曜日の夜に木星の大赤斑を狙いました。

170423x277

直焦点撮影に続いて、セレストロンのズーム・アイピースでアイピース・プロジェクション(リレーレンズ方式)での撮影も試してみました。

8-24mmのズームなので、先ず24mmで試してみましたが、直焦よりも小さくなってしまい拡大撮影になりません。

今度はテレ側の8mmにして撮影したのがこれ。

170423x229

1~2割がた拡大したように見えますが、画像の劣化のデメリットの方が大きいようです。

何枚ものレンズを通ることで光の劣化は避けられないのでしょう。

画像の質は置いとくとして、木星の向こうに隠れる寸前のイオを捉えられたことは、とりあえず収穫かな(笑)。

2017年4月24日 (月)

今日の太陽 2017/4/24

引き続き快晴。

170424b

成長も消滅もせず、小さいままの黒点が西に移動中。

170424ls

昨日注目のダークフィラメント、今日はあっさり消えていました。

かひちやうさんのコメントへの返事で、西端まで持ちそうと書いたのに、立場あらへんやんか!(苦笑)。

2017年4月23日 (日)

今日の太陽 2017/4/23

昨夜からの快晴が続いています。

170423b

予想通り次の黒点が出現していましたが、これも予想通り半月前のものが減衰している状態だと思います。

170423ls

小さなプロミネンスが東側のあちこちに出ていますが、11時方向のダークフィラメントがひときわ目を惹いています。

2017年4月20日 (木)

今日の太陽 2017/4/20

早朝の快晴が時間とともに白く濁ってきました。

これはうかうかしていられないと早めに撮影開始。

170420b

黒点がはっきりしてきました。

170420ls

プロミネンスも引き続き活発です。

この後は土曜日か日曜日までお預けになりそう…。

2017年4月19日 (水)

今日の太陽 2017/4/19

真上を見上げると、東に流れる層、南に流れる層、北に向かう層と、何層にも重なった雲が複雑に動いています。

2_2

太陽方向はさらに厚い雲。

1_2

望遠鏡を設置してしばらく待つと、ようやく晴れ間が近づいてきました。

170419

東に黒点が出ています。今月の初めごろに西に消えて行ったものが一回りしてきたのでしょうか。

170419ls

同じく東側に目立つプロミネンスも現れていました。

太陽撮影自体はほんの短時間ですが、雲が去るのを待つ忍耐が必要です(苦笑)。

2017年4月18日 (火)

2匹目のどじょうを狙いましたが・・・

前夜の大赤斑GETに気を良くして、翌日の14日夜も木星を狙ってみました。

しかし、この夜は裏庭で大赤斑の見える時間帯ではなく、しかも日中から白っぽい空で、多くは期待できないのは承知の上の撮影。

先ずはいつものようにガリレオ衛星から。

170414

4つとも木星の近くに集合でフレーム内に収まりました。

170414_2

前日のブログでおりおんさんから頂いたコメントではありませんが、大赤斑が「あるとき~、ないとき~」でずいぶん見栄え印象が変わりますね(苦笑)。

上の画像でも本体に近いガニメデとイオは見えていますが、もう少しコントラストを上げてエウロパとカリストも分かるよう浮かび上がらせてみました。

170414b

その分、木星の縞々がカリカリに仕上がってしまいました。

こんなコンディションなので、3倍バローの拡大撮影は残念ながら断念。

2017年4月17日 (月)

4月13日は大赤斑でした

JR大回りをした日は裏庭から木星の大赤斑が見える夜でした。

天気は良いし風もない夜だったので、昼間の勢いそのままで機材を持ち出し撮影。

先ずはガリレオ衛星から。

170413x135

3つまでは入りましたが、カリストは木星の右の方向、ガニメデより少し離れたぐらいのところにあり、収まりきれませんでした。

170413

でも、木星本体に露出を合わせて撮った内の1枚に、たまたまカリストも。

暗いのでコントラストを上げて描出しています。

170413x194

気流も透明度も良い条件がそろったらしく、木星本体も思っていた以上に良い結果が出ました。

なので、思い切って3倍バローでも。

1704133

これまでで一番だと自画自賛しています(笑)。

2017年4月16日 (日)

今日の太陽 2017/4/16

すっきりしない晴れです。

170416b

無黒点に戻ってしまいました。

170416ls

3時方向と10時方向のプロミネンスが目につく程度。

南側のダークフィラメントが気になりますが、全体にすっきりそっけない太陽です。

より以前の記事一覧