« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

NGC2420

ふたご座の散開星団。

視直径と星の数、密集度のバランスが取れた小ぶりの星団とお見受けいたしますが。

Ngc2420_240111_2156

Ngc2420_240111

2024年1月30日 (火)

こども食堂観望会で撮っていた木星

今年最初の子ども食堂は幸い天気に恵まれましたが、満月過ぎのため月の出が遅くて観望会には間に合いませんでした。

その代わり木星の観望には絶好で、ご一緒している星友と共に接眼鏡での目視と電子観望で、参加の親子に楽しんでもらいました。

画像は電子観望中に動画撮影していたものを処理したもの。

1枚目はイオ本体と影が木星の前面にあるとき。

_240127_1819

2枚目はイオが木星から出てきたとき。

_240127_1825

この画像では分かり難いので強拡大。

赤い矢印がイオの影、白い矢印がイオ。

約6分の時差です。

Io_240127

2024年1月29日 (月)

NGC2169

オリオン座の散開星団

Ngc2169_240111_2109

Ngc2169_240111

20240129-123522

2024年1月28日 (日)

今日の太陽2024/1/28

3日ぶりのお天道さまご対面。

9時方向に小黒点が出ています。

240128_b25

240128_ls25

2024年1月27日 (土)

NGC1807と1817

おうし座にある二重星団。

有名なペルセウス座のそれと違い、視直径こそ同程度ながら様相が異なる散開星団のペアです。

Ngc1807_1817_240111_2022

Ngc1807_1817_240111

2024年1月25日 (木)

kyounotaiyou 今日の太陽2024/1/25 昨日分も

昨日は15時を過ぎて蜘蛛の巣電線を通過する頃に撮影の機会がありました。

240124_b25

240124_ls25

一転、今朝は裏庭からの撮りごろには上天気になっています。

240125_b25

240125_ls25

2024年1月24日 (水)

昨夜の月240123

雲が散在する程度に晴れていたので、前夜に続きお月様を。

12_240123_2019_

拡大撮影も出来たので、日本の月面着陸船スリムが下りたあたりを矢印で。

太陽が照らしているところなので発電が復活すると良いですね。

20_32_24_g4_ap4367

2024年1月23日 (火)

今日の太陽2024/1/23

天気が下り坂という事なので少しでも条件の良い時にと、近所のお宅の屋根から昇ってきたばかりのところを撮りました。

低空で大気のメラメラに加え薄雲のベールもあり、条件良しとは言えないけど、この後すぐに雲が厚くなるので致し方なし。

240123_b25

240123_ls25

昨夜はCAPRIちゃん+664Cで、雲の隙間のお月様を狙いました。

動画で200コマ分撮ったところで雲の中・・・50%のスタックでの仕上げです。

MAKくんに載せ替えて拡大も撮りたかったんですが、そてもそんな空模様ではないのでそこは断念。

109_240122_1928

2024年1月22日 (月)

今日の太陽2024/1/22

雑用にかまけていたら、いつの間にか晴れていてびっくり。

慌てて蜘蛛の巣電線の隙間からの撮影となりました。

240122_b25

240122_ls25

やはり日課ができると気分がいい(笑)。

M44

メシエナンバーの散開星団としては、おうし座のM45に次ぐ視直径のあるM44。

しかしM45に比べ撮影される機会が圧倒的に少ない気がしますねえ。

究極の地味天か?

M44_240104_2325

2024年1月21日 (日)

NGC2264

いっかくじゅう座の散開星団NGC2264。

正確にはコーン星雲を含むクリスマスツリー星団の総称だそうです。

この画像でも星雲の一番明るい部分は見えています。

Ngc2264_240104_2225

2024年1月20日 (土)

M35

M35はふたご座のカストルの足元にある散開星団で、すぐ近くにNGC2158、少し離れてIC2157という小さな星団も見つかります。

この3つはM35を中心にしたとき、APS-Cサイズ焦点距離450mmで下の画像のように収まり、同じく焦点距離300mmであれば昨日紹介のNGC2129も画角内に収めることができます。

M35_ngc2158_ic2157_240102_2123

NGC2158

M35_ngc2158_240102

IC2157

M35_ic2157_240102

NGC2158とIC2157、続き番号のように見えてもカタログがNGCとICそれぞれ違うので、時々こんがらがって全く違う対象を導入してしまいそうになります(苦笑)。

ちなみにNGC2157は南の空(かじき座)で、すぐ近くには大マゼラン雲が広がり、IC2158のほうはおおいぬ座の後ろ足近く(はと座)に位置します。

どちらも残念ながら我が裏庭撮影所からは見ることができません。

2024年1月19日 (金)

今日の太陽2024/1/19

昼を過ぎてようやく晴れてきました。

今日の画像を確かめて、諦めなくてよかったと(笑)。

240119_b25

240119_ls25

NGC2129

ふたご座の散開星団NGC2129

双子の兄カストルのつま先にある星団。

小さくても存在感があります。

Ngc2129_240109_2043

Ngc2129_240109

2024年1月18日 (木)

NGC1647

おうし座の散開星団NGC1647

視直径45’ 6.4等級と、大きな星団ですが星数が少ないのか割とまばらな印象。

Ngc1647_240104_1945

20240118-090900

2024年1月17日 (水)

今日の太陽2024/1/17

本日は風もなく快晴なり。

太陽の当たる所は暖かいが日陰に入ると一気に寒い。

風邪気味なので注意注意!

240117_b25

240117_ls25

2024年1月16日 (火)

今日の太陽2024/1/16

今日は朝のうちに撮影し、所用で出かけて帰宅に画像処理、夕方のアップとなりました。

小さいながら東から続々と黒点が回ってきています。

240116_b25

プロミネンスはちょっと寂しい。

240116_ls25

2024年1月15日 (月)

NGC2281

ぎょしゃ座の散開星団で9等級より明るいものの最終便。

五角形から外れた東に位置しています。

Ngc2281_240104_2129

Ngc2281_240104

2024年1月14日 (日)

今日の太陽2024/1/14

晴れてます。

黒点は継続中。

240114_b25

3時方向のプロミネンスが濃くてビッグサイズ!

8時方向も低いながら大きな規模。

240114_ls25

2024年1月13日 (土)

NGC1893

ょしゃ座の9等級より明るい散開星団の最後のひとつも無事確保できました。

これも小さな星団ですが、背景と区別がつくと思います。

星団の周りに淡く星雲がある様子も見てとれます。

Ngc1893_240111_1936

Ngc1893_240111

さて、この日最初に撮ったのがNGC1893で、最初の1枚をJpeg撮って出しがこれ。

N1893_1936

最後に撮ったのが、かに座のM67でその最初の1枚のJpeg撮って出しがこれ。

M67_2325

ともにISO1600、露光2分で光害カットフィルターLPR-Nを付けています。

NGC1893撮影時は日没後約2時間で、周囲の住宅地は(我が家も含め)まだ明かりも多く、こんなものかと思うのですが、M67を撮り始めた23時半近くと言えば、深夜帯に近く空もすっかり暗くなっているはずなのに、たった2分の露光でまだこの明るさ!

おそらくはLED照明の影響なのでしょうが、これではブロードバンドタイプの光害カットフィルターの効果があまり期待できないようで悲しい。

2024年1月12日 (金)

今日の太陽2024/1/12

今日は昼近くになってようやく撮影条件が整ってきました。

240112_b25

240112_ls25

2024年1月11日 (木)

今日の太陽2024/1/11

昼を過ぎてからようやく「お天道様こんにちは」

9時方向少し下側から新たな黒点が登場。

240111_b25

そこの所が明るいのはプラージュかフレア発生か?

240111_ls25

NGC1857

引き続き、ぎょしゃ座の散開星団です。

これも小さい星団ですが、天の川の中にあっても存在感はあります。

Ngc1857_240109_1944

Ngc1857_240109

2024年1月10日 (水)

NGC1778 今年の初撮り

星団と銀河は今年も9等級より明るい対象に限って撮っていこうと思っています。

ただ年明け早々から能登地震が起きて、さすがにその夜にのんきに夜遊びという気持ちにはなれず、一晩おいての撮影としました。

ぎょしゃ座の散開星団です。

Ngc1778_240102_2026

Ngc1778_240102

ぎょしゃ座の散開星団は、あと2つ撮り残しがあり、そのうちひとつは昨夜確保できました。

あとひとつは今シーズン中に撮影できるかな?

2024年1月 9日 (火)

今日の太陽2024/1/9

ほぼ快晴。

9時方向に黒点登場。

240109_b25

9~10時方向のプロミネンスが濃い。

どんなダークフィラメントが回ってくるのか?

240109_ls25

2024年1月 8日 (月)

今日の太陽2024/1/8

雲は多いが概ね晴れ。

240108_b25

240108_ls25

2024年1月 7日 (日)

今日の太陽2024/1/7

朝の快晴から一時雲が東の空を広く覆うも、撮影できる頃合いにはまた快晴に戻りました。

240107_b25

240107_ls25

2024年1月 6日 (土)

今日の太陽2024/1/6

早朝の快晴から急激に悪化中。

一時的に広がった晴れを逃さず日課達成。

240106_b25

240106_ls25

2024年1月 5日 (金)

今日の太陽2024/1/5

快晴です。

240105_b25

240105_ls25

2024年1月 4日 (木)

今日の太陽2024/1/4

朝から降ったり止んだりで今日は無理かなと諦めかけていたら、昼前後からようやく青空が南の空にもやってきました。

雲の方がまだまだ圧倒的なので、白色光とHa光を連続で撮ることができず、約1時間の時差撮影です。

240104_b25

240104_ls25

クラゲ星雲

昨年末に撮った画像の最終は、頭から湯気を出しているクラゲ星雲。

私の機材、撮影環境、画像処理技能から、よくぞここまで写ってくれた、という自己満足でした(笑)。

右上端には散開星団のM35とNGC2158、IC2157も。

Ic443_231221_2250

2024年1月 3日 (水)

モンキー星雲

元日の能登地震・津波被害に続き、2日にはその被災地に救援物資を運ぶはずだった海上保安庁の飛行機が、日本航空の旅客機と滑走路で衝突しクルー6人のうち5名が亡くなるという惨事。

穏やかならぬ年明けになりましたが、災難去るとの願いも込めてモンキー星雲。

Ngc2175_231221_2126

2024年1月 2日 (火)

今日の太陽と月2024/1/2

快晴で太陽も早朝の月も撮れました。

しかし能登地方の地震と津波の事を思うと素直に喜んでもいられません。

G199_240102_0639

240102_b25

240102_ls25

2024年1月 1日 (月)

今日の太陽2024/1/1

今年も無事日課の太陽撮影からスタート出来ました。

身内に不幸がありまして、新年のご挨拶は遠慮させていただいていますが、

本年もよろしくお願いいたします。

240101_b25

240101_ls25

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »