« ミクロの世界 ニガウリの花粉 | トップページ | 今日の太陽 2023/6/16 »

2023年6月15日 (木)

ミクロの世界 トケイソウの花粉

ニガウリ(ゴーヤ)のプランターを置いているところには、トケイソウも蔦を這わせていてグリーンカーテンになっています。

凄い生命力で四方八方に新しい蔦を這わせ、伸びすぎて邪魔になる所はしょっちゅう剪定しているありさま。

日替わりで花を咲かせるので、それはそれで見ていて楽しいのですが(笑)。

Tokeisou_hana

以下、採取した状態の花粉に下から光を当てた透過光て撮影したもの。

230614_tokeisou_100x

230614_tokeisoub_100x

斜め上から光を当てて反射光で撮影したもの(暗視野撮影)。

230614_tokeisou_ansi_100x

230614_tokeisou_ansib_100x

水滴を落とし透過光で撮影したもの。

花粉壁がすぐに壊れ、撮影に入る前に中味が流出するものが多い。

230614_tokeisou_kasui_100x

230614_tokeisou_kasuib_100x

« ミクロの世界 ニガウリの花粉 | トップページ | 今日の太陽 2023/6/16 »

コメント

こんにちは。

まん丸な花粉なんですね。
スジの模様もあるみたいですね。
加水するとすぐに分解しちゃうんだぁ〜。
珍しいタイプですか?
ってことは雨に濡れると流れちゃう?
この時期に咲くのに子孫繁栄は大丈夫なのか?

layout3さん、こんにちは
加水するとすぐに破裂してしまう花粉はむしろ多い方で、ゴーヤのように長持ちするのは少数派でした。
なので加水してすぐに撮影しないと周囲の水が濁ってしまうので大急ぎになります(苦笑)。
多くの花で雨の後は花粉の採取が難しくなるように思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミクロの世界 ニガウリの花粉 | トップページ | 今日の太陽 2023/6/16 »