« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月31日 (木)

3年前の画像発掘

3年前、所用でパラオに行ったときに撮った星野写真のうち、自宅周辺でもおなじみの星座を撮ったものは、未処理のまま放置していた。

今、ストックが無いまま天気が不安定なこの時期、使えそうなものはないかと見返していくつか処理。

_20190106_2342

_190106_2349

_190106_2353

改めて見直せば、自宅周辺でこの露出条件では光害にまみれてこんなに星は写らないな。

画像発掘して良かった良かった(笑)。

2022年3月30日 (水)

今日の太陽 2022/3/30

220330b30

大きな黒点や黒点群に目が行きがちですが、よ~く見ると微小黒点もあちこちにあるような。

220330ls30

プロミネンスもほどほどに出ています。

南側の黒点群の周囲のプラージュがでかい。

2022年3月28日 (月)

今日の太陽 2022/3/28

透明度の悪い白っぽい青空に薄雲が目立ち始めやがて雲が厚みを増していく流れ。

なので9時過ぎに撮ったが少々出遅れたか。

雨降るんかなぁ、だったら昨日の夜遊びで出しっぱなしの赤道儀回収しないと・・・。

でも夜は天気回復の「朝刊」の天気予報、信じたい気持ちも・・・。

220328b30

9時方向に大きめの黒点登場!

220328ls30

プロミネンスもちょっと賑やかになってきました。

ぜひこの調子でお願いします、お天道様!

2022年3月27日 (日)

今日の太陽 2022/3/27  画像追加

雲は少々あるが、青空が戻ってきたー!

220327b25

北側の黒点群には半暗部を伴った肉眼でも確認できる大黒点。

南側の小黒点は単独になってしまった模様。

220327ls25

Haでも大黒点は目を惹きます。

プロミネンスはそれなりに。

追記)

今日は13時から京都花山天文台からの太陽画像と講演のライブネット配信あり。

残念ながら素人丸出し、スムースとは程遠い進行とピンボケ画像でちょっぴりイライラ。

配信が終わる前に中断して玄関側に太陽望遠鏡を出して、イライラ解消に本日2度目の撮影をしました(苦笑)。

220327ls25_3

朝の撮影画像ではほぼ見えていなかった、4時方向の淡いループ状のプロミネンスをとらえられた。

上記ネット配信中の太陽面を何かが通過。

ちょっと戻してみたがこれは鳥か?

Photo_20220327160801

_2

2022年3月26日 (土)

銀河画像をやり直してみましたが・・・M82 M108 M106

天気が悪いしストック画像もないので、1か月ばかり前にブログに上げたASI224MCによる銀河の画像を、練習がてらやり直してみました。

以前の画像はこちらの太陽画像の下。

今日の太陽 2022/2/28: 悠々遊きまぐれ写真館 (way-nifty.com)

手直ししてみたのがこちら。

M82_220224_2

M108_220224_2

M106_220224_2

あんまり変わりませんかねぇ。

 

2022年3月25日 (金)

今日の太陽 2022/3/25

朝から空全体が白っぽいうえ薄雲迄たなびく状態。

明日、明後日とも雨の予報なので遅ればせながら、朝のうちに撮影を済ませお寺にお彼岸のお参りに行ってきました。

どうぞ大きな黒点と飛び切りのプロミネンスが出ますように・・・違う違う(笑)。

家族とも無事息災に暮らしてます、感謝・・・と報告してきましたよ。

帰って一息ついてから朝の画像処理という次第です。

220325b25

東側南北の大小黒点群とも無事を確認。

220325ls25

5時方向のプロミネンスは薄くなってましたが、8時9時方向にもそれなりに出ているので、及第点といったところ。

夜遊びが叶わなかったので、土曜日曜は連休になりそうです。

2022年3月24日 (木)

今日の太陽 2022/3/24

すっきりとはいきませんが、やっと雲の切れる時間がやってきました。

220324b25

9時方向に黒点群が。これは昨日から見えていたようですね。

その下の方にも小さな黒点群が見えます。

西側の影は流れ来る雲のせい。

220324ls25

5時方向に久しぶりに中サイズのプロミネンスがあり。

でもまだまだ足りないなぁ。

NGC4449 りょうけん座の不規則銀河

晴れとは言うものの雲が多くてまだ出番なし。

撮りためていた夜遊び画像もこれが最後の1点。

Ngc4449_220308_2228_1

Ngc4449_220308_2228_700

このまま天候不安定が続けば、しばらく春休みに突入です(苦笑)。

2022年3月23日 (水)

りょうけん座のお馴染み M51

昼前まで待ってみたけど、お天道さま撮れる状態にあらず諦めました。

M51_220309_2335_1tif

M51_220309_2335_700

う~さぶぅ~。

2022年3月22日 (火)

銀河祭り 獅子の後ろ脚

夜中からの雨。

昼過ぎには止み、夕方には晴れるという予報だけど、本当かな。

M6566_220309_2220_1

2022年3月21日 (月)

今日の太陽 2022/3/21 と、獅子の腹の下

昼前になってようやく天気回復。

220321b25

しかしお天道さまの表面に回復傾向無し。

220321ls25

大気層もまた然り。

獅子の腹の下あたりの銀河祭り。

M9596_220308_2114_1

2022年3月20日 (日)

今日の太陽 2022/3/20

2日ばかり見ない間にすっかり寂しくなっていたお天道様。

220320b25

220320ls25

もっと、もっと~賑やかにな~れ!

2022年3月19日 (土)

ゴミ箱行の画像で試してみました

先月のある晩の夜遊びで撮ったバラ星雲。

撮り始めてすぐに雲に隠されてしまったまま隣家の陰に去ってしまいました。

何とか使えそうなのは5枚のみ。

とりあえずステライメージで下ごしらえしたけれど。

Ngc2244_220211_1905_5

わがスキルでは手の施しようもなく、これ以上先に進める気力が無く放置していました。

そして今日、ごみ箱に捨てる前にダメもとでいじってみることに。

作業をペイントショップ・プロに移して、元画像から星だけを抜き出し彩度を上げて保存。

1_20220319221701

今度は元画像を少し暗めに補正。

2_20220319221701

この画像から星だけの画像を減算。

3_20220319221701

トーンカーブで赤いのを引き出し。

4_20220319221701

これと星だけの画像を加算合成。

5_20220319221701

さらにトーンカーブ補正。

6_20220319221701

もう一度ステライメージに戻して、バックグラウンドスムースとノイズ低減をかけ、周辺減光補正をかけて完了。

7

これとは別に、いつもの手順で処理してみたのがこちら。

9

今回の手順の方が多少手間をかけた分、色を生かせているようにも思えるが気のせいかも。

画像処理って難しい・・・そして面倒(苦笑)。

NGC2683 ヤマネコ座

3月になって撮影した銀河を続けます。

Ngc2683_220308_1952_1

焦点距離448mmで撮るには小さな銀河でしたが、形状だけは捉えられたと思います。

2022年3月18日 (金)

M40?とM109 おおぐま座

M40_220310_2230_1

M40とされる2重星ですが、正式には認定されていないのか、ステラナビゲーターやビクセンのカタログリストでは採番されていません。

なので自動導入するにはおおぐま座のメグレズを指標に星図頼り。

M109_220228_2215_1

その点M109はおおぐま座のフェクダも目印にはなりますが、M109で自動導入できるので楽ちんです(笑)。

2022年3月17日 (木)

今日の太陽 2022/3/17 と昨日の月

白っぽい青空。

今日はこれから下り坂なので早めの撮影。

220317b25

黒点群は衰え気味。

220317ls25

プロミネンスもそれなりに出ていますが低調。

昨夜の朧月。

136_308_220316_700

22時半過ぎに就寝。

それから約1時間後に東北でまた強い地震があったんですね。

気が付きませんでした。

被害が大きくなっていませんように。

2022年3月16日 (水)

今日の太陽 2022/3/16 とM106

220316b25

220316ls25

白色光、Ha光とも取り立てて目新しいことはなし。

なので、銀河祭り画像はちょっとだけ賑やかに(笑)。

M106_220227_2306_1

2022年3月15日 (火)

今日の太陽 2022/3/15 とNGC2841

雨上がりで透明度は良好。

220315b25

南半球の大きな黒点はそろそろ見納め。

220315ls25

プロミネンスは11時方向に目立つぐらい。

銀河は、おおぐま座NGC2841です。

Ngc2841_220228_2059_1

2022年3月14日 (月)

M97&M108 おおぐま座

M97m108_220227_2150_1

おおぐま座の定番ペアのひとつ。

撮影と画像処理に自信があれば、個別に大写しで撮るんですが(苦笑)。

自動導入自動追尾とデジタル機器のおかげで、大したスキルが無くても自宅庭撮りでこんな画像が撮れる時代。

有難いことです。

2022年3月13日 (日)

今日の太陽 2022/3/13は白色光だけ M81・M82も

朝から透明度の悪い空に雲がどっかり。

昼過ぎに日差しが強くなったのも束の間で白色光を撮るのが精一杯でした。

220313b25

後続の黒点群は育たんなあ。

そろそろ銀河祭りの画像も消化しておこうと思いまして、M81&M82。

M81m82_220227_2026_1

万年初心者の手慰みをご笑覧いただき、ありがとうございます。

銀河画像も順次アップしてまいります。

2022年3月12日 (土)

今日の太陽 2022/3/12

白っぽい晴れ。靄がかかっている様子。

220312b25

9時方向に小黒点が出ました。

4時方向の黒点群は明日がお別れのようです。

220312ls25

プロミネンスは昨日より少し盛り返したか?

もっと、もっと!

2022年3月11日 (金)

今日の太陽 2022/3/11

薄雲の広がるすっきりしない空。

220311b25

10時方向の黒点群の全容がはっきりしてきました。

220311ls25

プロミネンスの方はまたおとなしくなってしまった。

もっと、もっと~!

2022年3月10日 (木)

今日の太陽 2022/3/10

晴れとは名ばかりの霞空。

220310b25

眼視級黒点が一層目を惹きますが、10時方向にも新たに期待の黒点群が登場してきました。

220310ls25

新たな黒点群の所でフレアも見られます。

プロミネンスもそれなりに見応えが。

2022年3月 9日 (水)

きりん座 NGC2403

春は名のみの夜の寒さよ。

Ngc2403_220227_1

画像処理とは名のみの処理の拙さよ。

2022年3月 8日 (火)

今日の太陽 2022/3/8

昨日は結局1日中天気が悪く日課を果たせず。

今日は白っぽい青空、いざ鎌倉・・・じゃなくて裏庭に!

220308b25

西側の黒点群が薄く小さくなり、東側の黒点群が濃く大きくなっています。

220308ls25

1時、5時、8時方向に中規模のプロミネンス。

さあ今夜は夜遊びもできるかな?

2022年3月 6日 (日)

今日の太陽 2022/3/6

220306b25

南東側の黒点が眼視級になってきました。

220306ls25

プロミネンスも元気を取り戻してきた様子。

もっと、もっと~!

で、昨日の観望会で雲の切れ目から出た細いお月さんをスマホで。

20220305_194457

2022年3月 5日 (土)

今日の太陽 2022/3/5

220305b25

目玉のようだった黒点は3時方向の端に片目だけが見えています。

東から現れた黒点群は大きく育っています。

220305ls25

プロミネンスは南半球で目立ちますが、ダークフィラメントは北側でも大きなものが出ています。

2022年3月 4日 (金)

今日の太陽 2022/3/4

layout3さんとかひちやうさんの「もっと、もっと」の呪文が効いたようですよ(笑)。

220304b25

南東側の端に新たな黒点群が出現。

220304ls25

南東側の黒点群に近いところにフレアが発生しているようです。

9時方向のプロミネンスは噴水のように見えますね。

もっと、もっと・・・の呪文、効き目ありそう(笑)。

2022年3月 3日 (木)

今日の太陽 2022/3/3

3月になって最初の太陽撮影は、太陽の周りが白っぽい晴れ。

220303b25

2日間空いたらすっかり様変わり。

南東側の黒点群が成長してる半面、北東側の黒点は微小のまま。

220303ls25_2

プロミネンスも南側の方で、より活発な様子。

2022年3月 2日 (水)

散開星団シリーズ44 M44

ストックの最後はかに座のM44、プレセペ星団。

M44_220110

M44(NGC2632) 光度3.1等級 視直径85’

実は狙っていました・・・シリーズ44回目にM44で、シーズン(4)終了(4)。

これからしばらくは裏庭から散開星団を撮る機会が無いので、シーズン再開は8月中旬以降になると思います。

それまでは、春の銀河祭りと初夏の球状星団にひっそりと参加予定(笑)。

2022年3月 1日 (火)

散開星団シリーズ43 M67

3月は曇り空のスタートになりました。

午後には雨に変わるそうです。

散開星団シリーズのストックはあと2つ、どちらもかに座で先ずこちらから。

M67_220211_1

M67(NGC2682) 光度6.9等級 視直径30’

かに座の散開星団といえばM44プレセペが代名詞のようなものですが、星団としての見栄えはむしろこっちでしょう。

700x700ピクセルで切り出し。

M67_220211_700

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »