« 散開星団シリーズ31 M37 | トップページ | 散開星団シリーズ33 NGC1893 »

2022年1月24日 (月)

散開星団シリーズ32 M38とNGC1907

引き続き、ぎょしゃ座の散開星団。

M38ngc1907_211204_1

M38 光度6.4等級 視直径21’

光度、密集度、視直径ともM37に次ぎ、すぐ隣りにNGC1907まであるのでお得感あり。

700x700ピクセルで切り出し

M38_211204_700

NGC1907 光度8.2等級 視直径7’

500x500ピクセルで切り出し

M38ngc1907_211204_500

« 散開星団シリーズ31 M37 | トップページ | 散開星団シリーズ33 NGC1893 »

コメント

悠々遊さん、こんにちは。

大きくて見応えのあるM38ですね。
隣りのNGCが引き立て役かな?
さて、この後はどこに主砲を向けたのでしょうか?
楽しみに待っていますね!

layout3さん、こんにちは
早速にコメントありがとうございます。
視直径が20’を超えると見応えがありますよね。
散開星団3兄弟、無事アップしましたが、ぎょしゃ座にまだ2個ストックがあるので、
先ずはそっちを優先して出しますね。

悠々遊さんこんにちは
散開星団シリーズ32絶好調星の色がきれいです。

こんにちは
ぎょしゃ座のビッグな散開星団、どれも見応えのある仕上がりになってますね。
この位大きくメリハリのある星団なら撮って楽しい見て綺麗。

夕焼け熊五郎さん、こんにちは
お褒めいただきありがとうございます。
散開星団シリーズもうしばらくお付き合いお願いいたします。

テナーさん、こんにちは
お褒めいただきありがとうございます。
散開星団もこのクラスになると、地味天とは言えない個性がありますよね。
星雲・銀河と違い星だけなので画像処理は楽です(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 散開星団シリーズ31 M37 | トップページ | 散開星団シリーズ33 NGC1893 »

フォト

気になるサイト

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ