フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

今日の太陽 2019/07/31

雲が多めの晴れ。
上空に水蒸気が多いらしく、白っぽい青空が続いています。
しかし暑い。
190731ls28
1時方向のプロミネンスは良好。
他にも小さなものがあちこちに見えます。
真ん中を過ぎたダークフィラメントは、かろうじて識別できる程度。
黒点はなさそうです。

2019年7月30日 (火)

今日の太陽 2019/7/30

晴れ。
太陽周辺での雲の邪魔が激しいので、安定してきた昼過ぎに玄関側に出動。
190730ls29
2時(1時?)方向のプロミネンスが今日も頑張ってくれています。
26日に初撮影して以来、ずっと勢力を維持しています。
3時方向、9時方向にも見えていますが、こちらは自転での移動量が大きいので、いつまでもつやら。
真ん中に来たダークフィラメントは衰えてしまいました。
昨夜は久しぶりに裏庭に機材を出して「星座を作る星」を撮っていました。
3つばかり撮影して、次に移ろうとしたところで雲の襲来を受け、そのままジ・エンド。
恒星目的の30秒20本勝負なので3対象確保できましたが、星団目的だったら1対象もまともに撮れずに完敗するところでした。

2019年7月29日 (月)

今日の太陽 2019/7/29

晴れ。
梅雨が明けてもはっきりしない天気が続いていましたが、ようやく「夏」を実感できる日になりました。
とはいっても午前中はまだ薄ぼんやりした青空でした。
撮影したものをパソコンに取り込んでみると、案の定薄雲の影が・・・。
午後になり日差しが強くなったところで、もう1回撮り直しをしました。
190729ls27
2時方向のプロミネンス、真ん中に移動してきたダークフィラメントともに健在。
他にも小さなプロミネンスが点在しています。

2019年7月28日 (日)

今日の太陽 2019/7/28

ほぼ曇りの空に時々薄日が差しています。
190728ls28
こんな天気なので撮影しても冴えない画像ですみません。
ダークフィラメントと2時方向のプロミネンスは健在のようです。
今日は天気が良ければ、宇治天体精機さんの大口径で木星の撮影をさせてもらえる予定でした。
しかし、午後を過ぎて中止と決まりました。
天気が冴えない、画像も冴えない、気分も冴えない。
気分を変えようにも、気の利いたギャグが思いつきません。
こんな日は早く寝たほうがよさそう(苦笑)。

2019年7月26日 (金)

今日の太陽 2019/7/26

青空に白い雲が映える晴れ。
午前中に一度裏庭にスタンバイしましたが、撮ろうとしたらすぐに大きな雲がわいて邪魔されました。
昼を少し過ぎたところで、お天道さんの周りに邪魔ものがないことを確認して、玄関前にて撮影。
190726ls28
東側のダークフィラメントは濃くないけれどしっかり見えています。
プロミネンスは2時方向が目立つぐらい。
日向ぼっこには暑すぎます(苦笑)。

2019年7月25日 (木)

今日の太陽 2019/7/25

晴れ。
昨日梅雨明け宣言がありました。
夏になりました。
暑いです。
190725ls28
9時方向のプロミネンスは移動してダークフィラメントとして見えています。
小さなプラージュはかすかに白い小さな点として、西の端に近いところに見えます。
実はこの写真を撮影する前、ピント合わせを済ませて撮ろうとしてリモコンボタンに指をかける直前、飛行機が太陽面の真ん中を通過していきました。
こんな感じです(これは合成です)。
Photo_20190725161301
いや、機影はもう少し大きかったかもしれません。
もう1秒早くシャッターを切っていたら、ひょっとしてドンピシャでこんな風に撮れていたかも・・・ちょっぴり残念です。

2019年7月24日 (水)

今日の太陽 2019/7/24

薄雲が空全体を覆う青空に白い雲。
昨日と同じようなコンディションのもとの撮影となりましたが、2日連続で撮影できたのはいつ以来かな。
190724ls27
9時方向にまとまったプロミネンスあり。
10時方向のは少し小さくなっています。
で、いつ以来か調べてみたら6月24、25日以来でした。
1か月も前だったんですねえ。
そろそろ梅雨明けですか?

昨日の太陽 2019/7/23

曇り時々晴れの天気の中、撮影し処理も済ませていたのに、ブログアップのタイミングを逃してしまいました。
1日遅れの今日の太陽です。
190723ls27
接眼鏡をのぞいてまず目に入ったのが10時方向のプロミネンス。
次いで1時方向のものでしたが、どちらも「やった~」というほどの感動無し。
黒点も無さそうなので白色光はパスしました。
今日は撮れるかな?

2019年7月17日 (水)

今日の太陽 2019/7/17

やっと梅雨の晴れ間です。
190717b28
今日もシミひとつ無いつるりん、すべすべの綺麗なお肌でした。
190717ls27
プロミネンスも寂しい限り・・・と思ったら、4時方向に極薄が隠れていました。
1
目視では見えませんでしたけどね。

2019年7月12日 (金)

今日の太陽 2019/7/12

曇りのち晴れ。
午後になって日差しが安定してきました。
190712ls27
3時方向に小さなプロミネンスが見えます。
10時方向には細長く立ち昇る淡いプロミネンスが見えます。
今日は白色光は、黒点望み薄のため望遠鏡も出していません。

2019年7月10日 (水)

今日の太陽 2019/7/10

晴れ間のある曇り。
その晴れ間を待って撮りました。
190710b26
消えてしまったようです。
今回も短命な黒点でした。
190710ls27
3時方向に中規模のプロミネンスが出ました。
これぐらいのが出ると「やった!」感があります(笑)。
でも西端なので、晴れたとしても明日にはどうなっているやら。

2019年7月 7日 (日)

今日の太陽 2019/7/7

雲の多い晴れ。
長いブランクのあと。七夕の朝にお天道さまが戻ってきました(笑)。
朝パソコンONでメール確認。
かひちやうさんから「出ました」の速報が入っていました。
外を見るとちょうど厚い雲から太陽が抜け出す直前。
よっしゃ!
速攻で機材を出して撮影開始。
190707b27
かひちやうさんからの「出ました」は、もちろんこの黒点の事。
小さいながらカメラモニタを通してはっきり見えたので、これでピント合わせ。
190707ls27
黒点のところにはプラージュが見えます。
この黒点が活発という証拠です。
2時から4時方向にかけてプロミネンスも見えます。
目立つのは4時方向のものですが、よく見ると10時方向にも淡い塊が宙に浮かんでいるのが見えました。
休養明けで元気を取り戻してくれたのかな。
もう少し様子を見ないと即断はできませんが、今後のお天気は?

2019年7月 4日 (木)

今年は他所でもらったアガパンサスの花粉

くもり。
今年はどういうわけか6月に入っても一向に茎が伸びず、花が見られなかった玄関わきのアガパンサス。
毎年梅雨のころの楽しみだったので残念。
幸い近くの公園の隅に咲いていたので、茎の先にたくさん花をつけている中から、ひと花だけもらって恒例の花粉の撮影をしました。
190629
まずは雄しべの先端丸ごと。
_40x_190629
たくさんの花粉がくっついています。
_40x_190629_20190704094701
倍率を上げて100倍でも撮影。
_100x_190629
いつ見ても米粒のような姿に見えます。
この撮影から1週間たった今日、庭の別のところから初めての花が咲きました。
似たような葉だとは思っていたのですが、これまで一度も茎をのばして花をつけたことが無かったので、アガパンサスだと気づかずにいたんです。
これでようやく梅雨の実感がわきました(苦笑)。
さあ、ストック画像が無くなりました。
どうしよう・・・。

2019年7月 2日 (火)

星座を作る星19 こと座ζ

引き続き降ったり止んだり。
星座を作る星19回目は、こと座ζ星
フラムスティード番号6
距離約154光年
眼視等級4.3
絶対等級1.0
スペクトル型A 白色
_190523x20
このシリーズを始めた基準からすれば対象外の星ですが、ダブルダブルスターを取り上げた以上、外すのもどうかと思った次第。
Photo_20190702102101
α(ベガ)とε(ダブルダブルスター)とζ(この星)で、ほぼ正三角形を構成しています。
さながら夏の小三角(笑)。
この星も小型&低倍率で重星とわかります。
_190523

2019年7月 1日 (月)

星座を作る星18 こと座ε

引き続き雨。
星座を作る星18回目は こと座ε星、別名ダブルダブルスター。
フラムスティード番号5
距離約160光年
眼視等級4.6
絶対等級1.1
スペクトル型A 白色
Ww_190523x20
5等級と暗くても、こと座では欠かすことのできないスターが、このε星です。
だってダブルダブルスターだもんね(笑)。
小口径、低倍率では2つに見える連星系で、上の画像では上がε1、下がε2ですが、100倍以上で見ると、それぞれがさらに連星系であることが分かります。
Ww100815
ベガのすぐ近くにありますので、星好きなら1度は見ておきたい観光名所です。
Photo_20190701103701

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »