フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2019/6/25 | トップページ | トケイソウの花粉 »

2019年6月26日 (水)

城陽・寺田から撮ったぐるぐる

午前7時現在、雲の多い晴れ。
この先下り坂予報なので太陽が撮れる高さに来る9時以降、果たして晴れたままかどうか。
昨晩は21時半から23時半ごろにかけて、木星の大赤斑が見えるので準備していました。
しかし20時過ぎの時点で南空に雲が居座っています。
さらにGPV気象予報で確認すると、雲が増す一方の様子。
なので早々に諦めて就寝と相成りました。
 
そこで、その前日に久しぶりに撮った日周運動の画像をアップしました。
総露光時間90分余りです。
_190624
城陽寺田の国道24号線沿いに出来た京都郵便局と、府道城陽宇治線近くにある城陽シティホール間を東西に結ぶバイパス道路が昨年に完成しましたが、そこに撮影スポットを見つけていて、一昨日夜に快晴となったのでようやく重い腰を上げたというわけです。
23時を過ぎて車の通行が少なくなったとはいえ、予想通りの空の暗さ(明るさ?)でした。
星の数は多すぎず少なすぎずといったところでしょうか。
左右の北斗七星とカシオペア座を分かりやすくするため、途中の計20枚を除外してコンポジットしました。
__190624  
フィルムカメラで日周運動を撮っていたころには、こういう写真を時折見かけましたが、最近は流行らないのか目にすることがないように思います。
フィルムでこういう写真にするには、露光途中でタイミングを見計らってレンズの先を黒い紙などで覆っては外す、という一発作業が必要でしたが、デジタルの今では撮ったコマ数から必要数を外してコンポジットするだけ。
簡単になった分、腕の見せ所がなく魅力が失せたということでしょうか(苦笑)。
2

« 今日の太陽 2019/6/25 | トップページ | トケイソウの花粉 »

コメント

悠々遊さんこんにちは。
これまた見事なぐるぐる流石、城陽のぐるぐるマスター良い感じですね。先日のキャンプ体調悪くキャンセルしました。残念です。

夕焼け熊五郎さん、こんにちは~
ぐるぐるマスターにほめられた!
ありがとうございます(笑)。
けさ、おりおんさんがキャンプレポートをブログアップされているのを見て、集合写真に熊五郎さんのお姿が見えないので、もしやと思っていました。
体調不良で不参加だったんですね。
次回キャンプはお互いスケジュール合わせ、体調万全でお会いしましょう。

悠々遊さん、こんにちは!

延べ90分のながぁ〜いぐるぐる、完璧ですね!
さすがです。
そして、なかなか良い撮影スポットですね。
街明かりがアクセントになっていて、私は良いと思いますよ!
新星景写真ならぬ新都市星景写真!?
(笑)

layout3さん、こんにちは~
ありがとうございます。
途中で雲がわいたりで、60分の壁が越えられなかったので、今回の90分越えは素直に喜んでします。
新都市星景写真・・・おお、なんと響きの良い名前(笑)。
街明かりを生かせるような星景写真、そんなのがほんとに撮れるようになりたいですね。

こんにちは
昔は手間の掛かる撮影作業でしたが今は本当に楽々モードでグルグル点像入りができますね。
北斗七星とカシオペア座が対峙する絵は好きですよ。

テナーさん、こんばんは~
ありがとうございます。
根がせっかちなのか、レンズの前を黒い厚紙で覆いながら、腕時計をにらんでまだかまだかとイラついたものでした(苦笑)。
ただ、フィルムの方が星色がよく出てきれいだった気がします。
今は星色を出すのにいちいち画像処理の手間がかかるのが難点で。

悠々遊さん、こんばんはヽ(・∀・)ゞ
なるほど!!
ぐるぐるは星座の並びが分かりにくいのが難点だなぁ・・と思っていたのですが、、こんな方法があったんですね!!
しかもフィルム時代から存在していたとは・・・全然知りませんでした( ;´∀`)
大変お勉強になりました^^
それにしても拓けた場所ですね!
住宅街が遠くて地平線のように平らなのが面白いです^^

あーちゃーさん、こんばんは~
20代前半のころは赤道儀で追尾なんて、高嶺の花の上にそれ相応の追尾撮影のワザが必要でしたから、初心者は固定撮影でぐるぐる撮るほうが多かったように思います。
もちろん私もその一人で(笑)。
撮影場所は城陽が都会ではなく衛星都市のベッドタウン、という実情を如実に知ることのできるスポットですね。
高層ビルなどなく、田んぼと戸建て住宅が境を接していて、田んぼの一方の端にバイパス道路が出来ました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の太陽 2019/6/25 | トップページ | トケイソウの花粉 »