フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2019/6/9 | トップページ | 今日の太陽 2019/6/11 »

2019年6月10日 (月)

星座を作る星12 おおぐま座ε

雨・・・そろそろ関西も梅雨入りか?
星座を作る星12回目は、おおぐま座ε星アリオト。
と、その前に・・・11回目でアップしたミザールでデータの取り違えがありました。
恒星の半径から表面温度までのデータは今回アップのアリオトのもので、ミザールはそのデータがありませんでした。
訂正させていただきます(ミザールの回の該当データは削除しました)。
 
あらためておおぐま座ε星アリオト。
フラムスティード番号77
距離約81光年
眼視等級1.8
絶対等級-0.2
スペクトル型A 白色
半径3.7R
質量3M
光度108L
表面温度約9400k

_190522x20_5

ところで恒星までの距離なんですが、1000光年未満では年周視差による測定法が精度が高いということで、以前星友が作った恒星データでもステラナビゲータVer8で年周視差を読んで、インターネット上にあった海外製のヒッパルコス星表と照らし合わせて確定しています。
その後ステラナビゲータVer10では、年周視差とともに距離も記載されるようになり、星友製のデータと合致するので間違いないと思うのですが、インターネットのWikipediaでは例えば今回のアリオトが約83光年(ステナビでは約81光年)、ミザールが約86光年(同78光年)となっています。
つまりアリオトよりミザールの方が遠いことになっています。
こまめに調べていけば、おそらくこういったデータの食い違いはもっと出てくると思いますが、年周視差に間違いがないのならなぜこういうことになるのでしょうかねえ。

« 今日の太陽 2019/6/9 | トップページ | 今日の太陽 2019/6/11 »

コメント

悠々遊さん、こんにちは。

「星座を作る星シリーズ」つづきますね。
ここ迄撮っていたとは驚きました。
恒星一つでも調べるといろいろあるんですね。
私も梅雨の間のネタを探さないと・・・。

layout3さん、こんにちは
このシリーズ、始まったばかりでこれからどんどん続きますよー(笑)。
でもあくまで暗くなるまでの本命待ちで、これをメインに据えて・・・しまおうかな(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の太陽 2019/6/9 | トップページ | 今日の太陽 2019/6/11 »