フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« そして遠くて近い国パラオへ 8 | トップページ | 今日の太陽 2019/4/26 »

2019年4月24日 (水)

そして遠くて近い国パラオへ 最終

 食事を終わってホテルに戻ると、Tさんが10月のパラオ行で見つけてくださった、残る2組の家族と会えるよう、M君に頼んで電話連絡を取ってくれます。しかし、留守だったり電話に出た相手の要領が得なかったりで、なかなか連絡が付かないまま時間だけが過ぎていきます。
 この時点で、私としては母との接点がはっきりしていた花子さんの家族に会えただけで満足していたし、何よりウエキ氏から母たちの生活の一端が、間接的ながらも知れたことが何よりの収穫だったので、それでもう十分との気持ちでした。しかし消極的な私に代わってTさんはこのまま諦めるのはもったいないと、ぐいぐい背中を押してくれるのです。
 すっかり暗くなった18時前、ようやく片方の家族と連絡が付きました。写真では草原に一人ぽつんと立つ男性が写っているだけで、顔もはっきりわからないので、10月にTさんに写真を託した時もその縁者を探すのは無理だろうと思っていたのですが、こちらに来て写真を見せると案外すぐに誰かというのが分かったそうです。男性はすでに亡くなっていましたが、彼の姪のレイチェル・テルコ・ベチェスラークさんがコロールで健在だったのです。
 遅い時間なので押し掛けるのもどうかと思ったのですが、先方がウエルカムというので、急いでタクシーでその方の家を訪問。リビングでテルコさんとひと時の歓談を持つ事が出来ました。

 ホテルに戻り、残る一組の家族に再び電話攻勢。あとで思うに、ひょっとしてTさんが私に一番合わせたかったのがこの家族だったのかもしれません。
 少し微笑んでいるようにも見えるワンピース姿の少女が写った写真。母との接点は分かりません。でもパラオでこの写真を見せたら、誰もが知っているという有名人の少女時代のものでした。私は今回の一連の流れで知ったばかりでしたが、中島敦という作家が戦前のパラオに一時期滞在した時知り合い、短編「マリヤン」のモデルとしたマリア・ギボンさんだというのです。
 中島敦が滞在した時期とその時のマリア・ギボンさんの年齢、母の年齢を重ね合わせると、ひょっとして母との接点というより、写真家の叔父のほうに接点があって写真を撮っていたものを母が譲り受けていた、とみるのが正解のように今は思えるのですが。
 21時半を過ぎたころ、マリアさんの娘でパラオで2人しかいないという女大酋長グロリア・ギボン・サリーさんとようやく連絡が付きました。酋長という言葉からは一般的に未開の民族の男性権力者というイメージがあると思うのですが、母系社会のパラオでは尊敬を集める王族階級の女性という意味合いがあるらしく、現にグロリア・サリーさんはパラオでは「クイーン」とも呼ばれる人物だそうです。
 会いに行く手はずで家までの道順を聞いていると、ホテルまで迎えを寄越すとのこと。外に出てしばらく待っていると、四駆の大きな車が入ってきて、運転手兼秘書?の女性とともに降りてきたのが当のグロリア・サリーさんでした。夜の遅い時間に向こうから出向いてくれたことにまず感謝。Tさんとの再会のあいさつの後、私が紹介され、ロビーで写真を見てもらいながら歓談。
 パラオ人の写真で、まだ所在が分からないものについて、何か手掛かりをご存知ないかと尋ねてみると、一人については意外にもすぐに、この人はKiyarii Delutaochさん 子どものCarl Delutaochさんが博物館に至る道のすぐ近くに住んでいる、とすらすらと答えてくれました。もう一人については、多分この人で間違いないと名前は教えてもらえましたが、消息まではご存知ないようです。話しぶりから何か曰くありそうな雰囲気を感じて、それ以上突っ込んで聞くことはできません。1時間ほども話していたでしょうか、名残惜しく別れ帰って行かれました。

 今回のパラオへの旅で期待していた事は100%、いや200%満たされた気分でした。もっと時間と経済的余裕ががあれば、母の夫、兄たちの父親が戦死したペリリュー島にも行きたかったし、最終日の最後に判明した人物の家族とも会う事が出来たかもしれません。しかし、それは現時点では果たせぬこと。写真に写る日本人の手掛かりはまだ誰一人ありません。
 帰国に向けて荷物をまとめ、しばしの仮眠をとることにしました。
 ふと目が覚めると日付は1月10日。出発時間と決めていた午前1時半になっています。慌てて部屋を出るとTさんたちはすでにロビーで待っていて、予約してあるタクシーも到着していました。3人とも私を空港まで見送りに来てくださるとのこと。
 外は雨です。タクシーで一路コロール空港へ。
 中国や韓国からの団体さんでいっぱいの受付カウンターを横目に、スムーズに手続きを終え、Tさん、Yさん、M君、それに初日からずっと世話になったタクシー運転手のおじさん(ごめん、名前をしっかり覚えてなかった)の見送りに手を振って、搭乗ゲートへ。
 4時10分の予定をやや遅れて離陸。予定通り9時仁川到着。空港内のフードコートで昼食をとり、13時10分仁川出発。15時無事関空に到着。何事もなく手続きを終え入国。南海電車、JR大和路快速、JRみやこ路快速を乗り継いで、18時前に帰宅。
 こうして私の5泊6日のパラオの旅は終わりました。

 かつて多くの日本人移民が暮らし、やがて戦場となった日本から南に約3000kmの小さな島国パラオは、私にとって遠くて近い国です。日本が統治した時代を知る人はどんどん減っています。かつて日本人が建てた家屋はほとんど残っていません。パラオ語とともに公用語だった日本語も今や英語に変わっています。
 しかし、かつての公用語で今の日本では死語になっている言葉が、パラオ語として今も使われています。例えば日本ではブラジャーと言っている女性の下着が、パラオではチチバンドとして通じるのだそうです。大正生まれの母が使っていた言葉です。
 パラオでは現在外国人が単独で土地を取得したり商売することは禁じられています。コロールでは中国資本がどんどん入り、99年租借で土地を得てパラオの富裕層と共同でホテルやレストラン経営を行い、そのあおりで賃貸料が高騰して中小規模の日本人経営者は苦戦しているそうです。旅行客も中華系や韓国人の方が日本人よりも多いそうです。日本人旅行客が減ったことで日本からの直行便は今はもうありません。
 しかし、今もパラオの人たちにとって日本は特別な国、日本人は敬愛を持って迎えられる存在のようです。日本人ももう少しパラオに目を向けてもいいのではないでしょうか。そしてTさんたちが行っている、バラマキではなく彼らの自立のための地道な支援活動が大きな実を結び、この良好な関係がいつまでも続いてほしいと願うばかりです。

 最後に。
 新聞記事にしてくださったことで今回の一連のきっかけを作って頂き、さらに多くの貴重な情報を教えて頂いた京都新聞南部支社長の大橋様。
 ベラウ国立博物館に写真を寄贈する橋渡しをしていただいた台湾のパラオ民俗研究者陳様と京都大学職員内堀様。
 パラオでの関係者探しに尽力頂き、旅の手配から現地で背中を押し続けるなど何から何までお世話になったNPO法人愛未来の理事長竹下様。揺れ動く気持ちに優しく寄り添って下さった山崎様。通訳を引き受けて遠い昔の話に付き合ってくれた佐賀大学の松本君。
 旅の中で知り合いお世話になったたくさんの方たち。
 そして、一庶民のファミリー・ヒストリーの長い駄文に付き合っていただいた皆さんに感謝。ありがとうございました。

2019_img_2279
テルコさんの家にお邪魔して
2019_img_2283
2019_img_2287
グロリア・サリーさんと記念の1枚

« そして遠くて近い国パラオへ 8 | トップページ | 今日の太陽 2019/4/26 »

コメント

悠々遊さん、こんにちは。

パラオ滞在記、楽しくそして驚きながら拝見させていただきました。
お母様は、それで無くとも大変な時代なのに更にご苦労なさったんですね。
戦争を体験していない私達の世代にとっては「映画」か「小説」の中の話に思えちゃいました。
「移民」だなんて、まさに歴史の授業か映画の世界ですよ。
もうすぐ、新しい「令和の時代」が始まりますね。
「平成の時代」同様に「戦争の無い平和な時代が続いて欲しい!」とつくづく思いました。
貴重なお話しを読ませて頂き、ありがとうございました。

遠くて近い国・・・そんな感じがしますね。御母様と縁の在った方々も、“今”は鬼籍に入られた方が多いという事実に、過ぎ去った年月の長さを感じました。今回の“連載記事”、夢中になって読ませて貰いました。色々考えさせられる事も多く、唯々感謝です。有り難う御座いました。

layout3さん、こんにちは
コメントありがとうございます。
現在の私たちにとって日本人の移民や海外出稼ぎの歴史は、どこか他人事のように思えますよね。
中国大陸へ一獲千金を夢見て出かけた日本人は南洋方面の何倍もいて、幼少期に悲惨な引揚げ体験をした人は、私の周りにも何人かいました。
戦争は、少なくとも一般庶民には百害あって一利なしの災厄です。
一部の勇ましい人たちの発言が多く取り上げられるように思える昨今、そんな人たちの口車に乗せられないよう用心深くありたいと思っています。

giants-55さん、こんにちは
つたない文章の手記に毎回コメントをいただきありがとうございす。
旅行記をブログにアップする際どんなタイトルにするか考えたとき、北朝鮮に対してよく使われる「近くて遠い国」とは真逆のタイトルが浮かびました。
「同じように接してきたのにパラオは親日で中国、朝鮮は反日がいつまでも激しい」と、近い国を非難する論調にパラオを引き合いに出す人がいます。
日本の統治時代を正当化したいのか、いつまでも謝罪を求める国に対し反論したいのか。
その気持ちが分からないではありませんが、パラオと中国、朝鮮とでは、日本の統治に至るまでの長い歴史・文化に明らかな違いがあり、それを抜きに両者を同じ視点で論じることは無理があるでしょうね。
遠くて近い国の継続とともに、近くて近い国の実現も願いたいものです。

悠々遊さん、こんばんはヽ(・∀・)ノ
詳細な記録記事お疲れ様でした^^
読んでいてとても臨場感が伝わってくる内容でした^^
実際にあった出来事でも、当事者がいなくなり教科書の1ページになってしまうと、途端に“過去の歴史”になってしまい、教わっても自分とは違う世界の話のように感じてしまいがちですが、今回の悠々遊さんの訪問のように生身の人間同士で接点を繋ぐと、やはり伝わる情報量が全然違いますね^^
国民感情を左右させる政治やマスコミ世論といった大勢の難しい問題はありますけど、やはり国を作っているのは国民ひとりひとりなので、少しでも相手を尊重したり悪印象をもたせないような行動を心がけたいですね^^

あーちゃーさん、こんにちは
コメントありがとうございます。
そしてつたない文章に過分のお言葉ありがとうございます。
今もどこかでテロや紛争が繰り返されていますが、いつも一番の被害者は名も無き庶民であり子供たちですね。
人類皆兄弟、話せばわかる何事も。
世界の指導者たちがそれを大原則にしてくれれば、世界はもっと良くなるはず。
そんな指導者を選ぶ賢い庶民でありたいものです。

こんにちは
お母様の足跡の旅読ませていただきました。
物心つく前の両親の歩んできた道のりは私自身も定かではありません。
まして戦前から人々が時代に翻弄され、混乱の戦後は生きることが最優先の生き様を強いられ両親から言葉では耳にしていますがそれは実際の何十分の一かそれ以下か。
国策としての海外移住は小学低学年の頃、話題にもなり身近で実際渡った方もありました。
その時代、時代の背景で人の生き方が定められた事を考えれば今の時代は幸せなんでしょう。

テナーさん、こんにちは
コメントありがとうございます。
国策に翻弄されながらも生き抜いた親たちの世代があったから今の我々がある。
そう思うと今はいい時代ですね。
このいい時代を子供や孫の世代にも引き継ぐことが、私たち世代の使命だと思えば、政治に無関心やぼーっと生きているわけにはいきませんね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そして遠くて近い国パラオへ 8 | トップページ | 今日の太陽 2019/4/26 »