フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 月齢13.6のシッカルト | トップページ | 今日の太陽 2019/3/18 »

2019年3月17日 (日)

月齢13.6のマニリウス

曇り時々雨。
昨日から天候が激しく変化しています。
月齢13.6シリーズから。
周縁部から内陸部の画像に移ります。
2234190218_2028
2436190218_2045
この辺りは「海」と呼ばれる暗いところが山脈やクレーターと、複雑に絡み合っていて、満月前後でも楽しめるところですね。
マニリウスやプリニウスは古代ローマの人物ですが、ドーズは近代イギリス人で望遠鏡の解像力実験で有名な「ドーズの限界」で知られます。
はい、今回も物の本からの受け売りですく(笑)。

« 月齢13.6のシッカルト | トップページ | 今日の太陽 2019/3/18 »

コメント

悠々遊さん、こんばんは。

晴れの海や静かの海と言えば「アポロ17号」や「ルナ21号」の着陸地がありますよね。
悠々遊さんの画像でもその場所が特定できますね!
海は溶岩の塊だけあって本当に黒いですよね。
ちなみに、晴れの海に見える「サーペンティンリッジ」は全長500kmなんですって!

layout3さん、こんにちは
月面には人類が送り込んだ飛行物が今もそのまま残っているんですね。
そしてこれから先もずっと変わらず・・・すごいですね。
すごいと言えばサーペンティンリッジ。
晴れの海に何本もありますよね。
全長500kmですか!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月齢13.6のマニリウス:

« 月齢13.6のシッカルト | トップページ | 今日の太陽 2019/3/18 »