フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2019/2/25 と月齢13.6のプラトー | トップページ | 今日の太陽 2019/2/26 »

2019年2月25日 (月)

沖縄の民意を尊重せよ 米軍基地がひとつ減って何が悪い

 辺野古の米軍基地建設をめぐる住民投票で、県民の反対の意思が示された。
 しかし投票率が52%程度だったことを根拠に、反対が県民の総意であることに疑問符をつける論調も一部マスコミにあるようだ。だとしたら選挙で30%や40%台の投票率で当選した議員は民意を反映していないから、議員当選を認めないということだろうか。1票の格差を問うて選挙無効を訴える裁判はあっても、低投票率を根拠に選挙の無効を訴えた裁判は聞いたことがない。これは二重基準ではないのか。
 安倍政権は丁寧な説明をすると言いながら、普天間の代わりが何故辺野古なのか、なぜ沖縄でなければならないのか一切説明をしてきていない。普天間の危険を早期に無くすためと論点をすり替えているにすぎない。
 私たち日本人の多くは子供のころから「自分がされて嫌なことは他人にもしない」と教えられてきたと思う。普天間の代わりを沖縄県外の日本に造ると言ったらほとんどの国民は反対というだろう。沖縄だったら何故いいのか。これはいじめの構図と一緒だ。
 日本人みんながいらないというなら、沖縄の米軍基地がひとつ減ってもいいではないか。国防力が落ちるというなら、治外法権の米軍基地ではなく日本の法律が及ぶ自衛隊の基地にしてもいいではないか。高い用心棒代を払いながら好き勝手されるのをみんな望んでいないだろう。
 米国の言いなりで自国民の悲鳴に知らんぷりを決め込む安倍政権は日本の政府なのか。それとも実は日本は独立を果たしていないという密約でもあるのだろうか。

« 今日の太陽 2019/2/25 と月齢13.6のプラトー | トップページ | 今日の太陽 2019/2/26 »

コメント

「今回の選挙結果を、真摯に受け止める。」と口にする一方で、「辺野古の埋め立ては予定通り行う。」と言い切った安倍首相。では、「真摯に受け止める。」というのは、一体何なのか?此の御仁の“日本語の理解力の無さ”、そして「僕ちゃんが決めた事は、絶対に遣り通すんだもーん!」という幼稚さを改めて感じました。

親戚にもそういう人物が居るのですが、心の中に「沖縄の人間が騒いでいるのは許せない!」という“差別意識”を持った人程、反対派を口汚く批判している。「“補償金”をしこたまふんだくっている癖に、何を言う!」と。確かにそういう人が居るのかも知れないが、其れは絶対多数では無いと思うし、居たとしても極めて一部でしょう。そんな一部を取り上げ、十把一絡げにして沖縄の人を罵る。若し自分がそういう地に住んでいて、同じ様な言葉を吐かれたらどう思うか?其れでも、「反対するなんて、とんでもない事だ!」と言えるのか?

giants-55さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。
安倍晋三氏は日本語の理解力がないというより、たびたびの論点すり替えにもみられるように、むしろ日本語に精通していて日本語の体系を破壊しようとしている節があるように見えます。
言語体系を破壊し混乱させることにより、国民の理解力を低下させる愚民化政策をもくろんでいるかも。深読みかな? それが彼自身によるものか、取り巻きの忖度集団による入れ知恵なのかわかりませんが。

件のご親戚の方を非難するつもりはありませんが、一般的に権力の強権的な政策に唯唯諾諾な人は、わが身に火の粉が降りかかるまで、事の本質に気づかない鈍感な人だと思います。他人の痛みに思い至らない想像力の欠如が原因でしょうね。

安倍さんは玉城知事と会って理解を求めるといっていますが、玉城さん一人を説得してもダメでしょう。辺野古移設反対の意志を示したのは沖縄県民なのですから、本気で「理解を求める」つもりなら、県民人一人とひざを突き合わせて話し合うべきでしょう。
それに「理解を求める」というのことは、沖縄県民にとっても同じでしょう。ですから、玉城さんが、沖縄県民の意志を持って、安倍さんに「理解を求める」こともあるわけですから、安倍さんも聞く耳を持って玉城さんとの会談に臨んで欲しいものです。
なぜ辺野古なのか。なぜグァムじゃダメなのか、こういう原点に戻って議論すべきですね。

雫石鉄也さん、こんにちは
コメントありがとうございます。
安倍晋三氏の「理解を求める」は自分たちの考えを一方的に押し付けるだけで、相手の言い分にも耳を傾け妥協点を探るという、交渉の初歩すら放棄していますね。後ろにいる米国の代理人・代弁者の立ち位置で、とても日本の最高責任者とは思えません。

昨今の日本を取り巻くアジア情勢から、米軍基地の県外・国外移転に安全保障上の危惧を主張する、有識者(?)なる人たちがいますが、それを言うなら北海道から沖縄まで、日本列島の日本海側の防衛ラインすべてに基地が必要なはずですね。
首都東京から2000kmも離れた沖縄に米軍基地の70%が集中していることこそ不自然で危険だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の民意を尊重せよ 米軍基地がひとつ減って何が悪い:

« 今日の太陽 2019/2/25 と月齢13.6のプラトー | トップページ | 今日の太陽 2019/2/26 »