フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2019/1/4 | トップページ | 今日の太陽 2019/1/13 »

2019年1月11日 (金)

1週間のご無沙汰でした

昨日パラオから帰ってきました。

そして今日ブログに帰ってきました(笑)。

今回のパラオ初訪問は約90年前に起因する家族の物語をたどるもので、そのことについてはいずれ別の機会に書くとして。

パラオと言ってもすぐわかる日本人は多くない時代になりました。

ダイビングが好きな人にとっては、世界の3大聖地にあげられるダイビング・スポットですが。

一方で、パラオってどこにあるの? 中南米あたり? などと問い返す人が多いのも確か。

日本から真南に約3000km、フィリピンの東、オーストラリアの北に位置する絶海の島国です。

太平洋戦争末期には日本とアメリカの激戦地となり、1万数千人の日本の兵士がここで戦死しています。

今回の訪問のきっかけとなる出来事もこの戦争が深くかかわっていますが、日本人星屋にとって南の島国と言えば暗い空と普段お目にかかる機会の少ない星空ですよね。

というわけで、昼間の用件を進める一方で夜も寝ずに頑張りましたよ(笑)。

ただし、荷物の関係から追尾装置は持って行けず、三脚固定での撮影になってしまいました。

露光は拡大しなければ星が点に写る範囲という事で、大半は17ミリで20~30秒露光にしています。

日本では地平線に近いカノープスですが、こんなに高いところにありました。

カノープスの真下で木々のすぐ上にはちょっとわかりにくいですが、うっすらと大マゼラン星雲も写っているようです。

Img_0134

そしてもちろん最大の関心はサザンクロス南十字ですよね。

右上はηカリーナ星雲。

これは50ミリにして撮りました。

Photo

ラッキーなことに、下の画像では南十字の右下すぐのところに流星も写っていました。

Photo_2

粘って撮影していたら金星がギラギラと昇ってきたので、日本では考えられない金星と南十字とのツーショットも。

Img_0320

ただ、残念な事は滞在したコロール島はパラオで一番の人口集中都市で、光害の無い所に行くにはタクシーを利用するしかなく(私は運転免許が無いのでレンタカーを借りるわけにはいかず)、治安の面からも一人で暗い所に出かけるのは不安。

そんなわけでホテルから近い岸壁の端が撮影場所となったので、真っ暗な夜空に満天の星とまではいきませんでした。

それでも同じ条件下の日本では、これだけの星空は望むべくもないでしょうね。

泊まったホテルを前景に沈む前のおうし座M45すばるを撮ってみました。

Photo_3

到着の前日までは天気が悪かったそうで、空港に着いた時には蒸し暑く路面も濡れていましたが、滞在中の4日のうち3日間の夜が晴天に恵まれたのも幸運でした。

帰国の最終日はまたまた雨が降り、スコールに見送られての離陸になってしまいましたが(苦笑)。

« 今日の太陽 2019/1/4 | トップページ | 今日の太陽 2019/1/13 »

コメント

お帰りなさ~い。(^_^)
高いカノープス、南十字、マゼラン、…
いいお年玉になりましたね~。(^^)v
こちらは曇の日が多く、
部分日食も雲を通してちょこっと見えただけでした。
それと、まだまだこれからの人が亡くなるという悲しい出来事も…
あと11ヶ月半、いい年(亥年)になってくれればいいのですが…

かひちやうさん、こんにちは
ただいま~。
はい、あちらでよいお年玉をいただいてきました。
移動日の寒暖の差30度以上に体は疲れましたが(苦笑)。

帰ってきてすぐのメールで訃報を知り驚きました。
入会からの1年ほど例会でお会いするぐらいの付き合いでしたが、人生も仕事も脂の乗ってきた歳なのに本当に残念でしたね。

悠々遊さん、ブログにお帰りなさい!
そして、旅からもお帰りなさい!!

寒い日本を離れ、暑いパラオにお出掛けだったんですね。
旅も羨ましいけど、南十字星にマゼラン大星雲とは、凄いお土産でしたね!
良い物を見せて頂き、ありがとうございます!

リフレッシュ出来ましたか?
さあ、まだまだ新月期ですよ!
お天道様に星空にと、たくさん撮ってくださいね!

layout3さん、こんばんは
ただいま~。
昼間は用件をこなすのに緊張の連続でしたが、夜は逆に目の保養が出来ました(笑)。
カノープスも最初はそれとわからず、おおいぬ座の後ろに何か明るい星があると思って、星空手帳の星図で確認したらそれがカノープスでした。
今はまだ旅の疲れと虚脱感で、夜遊びする気力がありません。
せめて晴れれば明日から、太陽観望から始めたいとは思っています。

こんばんは
ブログ更新が途切れていたので病欠かと思い心配して
いましたが南の方へ外遊て聞き安心しました。
カノープス、マゼラン、サザンクロスなど贅沢な
メニューに目が点です。
ご自分へのご褒美でいいんじゃないですか。

お帰りなさい!「1週間書き込みが出来ない。」との事でしたので、「検査入院か何かなのかなあ?」と心配しておりましたが・・・全く違って良かったです。dog

「家族の物語を辿る。」、大昔「ルーツ」というドラマが在りましたが、年を経る毎に「自分は、どういう道を辿って今が在るのだろうか?」というのを知りたい気持ちが増しています。以前にも書いたと思うのですが、亡き父が今の自分よりも若い頃、唐突に「家系図を作って貰おうかな。」と言い出した事が在りますし(結局は、何もしませんでしたが。)、母方の親族が自分で色々調べ、3世代前迄の家系図を作り、配布してくれた事も在ります。人って多かれ少なかれ、「家族の物語を辿る。」という事に関心を持つ物なのでしょうね。だからこそ、「ファミリーヒストリー」が受けるのでしょう。

今回の旅の記事、楽しみにしております。

テナーさん、こんばんは
返事が遅くなりごめんなさい。
ご心配かけてしまいました。
別目的での旅行だったんですが、一度は見たいと思っていたサザンクロスを見ることが出来て、昼も夜も充実したパラオの旅になりました。
南国の星空を網膜にもしっかり焼き付けてきましたよ(笑)。

giants-55さん、こんばんは
返事が遅くなりごめんなさい。
ご心配かけてしまいました。
「ルーツ」、懐かしいタイトルですね。
人は現在の自分があることを無意識のうちにも肯定したいため、その出自に関心を持ち調べてみたくなるのでしょうね。
今回の旅は最初から、「もしあの戦争が無かったら、母親も兄たちも苦労することはなかっただろう。しかし私が生まれることもなかった」、という少々複雑な心境を持っての旅でもありました。

悠々遊さん、こんばんはヽ(´ー`)ノ
パラオ行かれていたのですね^^
マゼランもイータカリーナも見たことが無いので、一度は見に行きたいです^^
夜にゆっくりとリフレッシュ出来て良い旅になりましたね^^
自分の親父は昭和20年生まれで、祖父は駆逐艦でラバウルに居たらしいのですが、物心付く前には他界してしまったので、当時の話をほとんど聞けなかったことが悔やまれます(´;ω;`)
でも、あの当時も今と同じ星空が静かに広がっていたんだろなと思うと、人の営みがいかにちっぽけなものか、、と思うことがよくあります^^

あーちゃーさん、おはようございます
南十字もηカリーナも、もちろんマゼランも見たのは初めてでしたが、天頂にオリオン座がかかっていたのも新鮮でした。
今回、新月期の旅程でしたが、亡き母親が戦前にパラオに住んでいたことがあり、満月の月明かりだけで新聞が読めたといっていましたが、確かに星空が近いと感じましたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/67579431

この記事へのトラックバック一覧です: 1週間のご無沙汰でした:

« 今日の太陽 2019/1/4 | トップページ | 今日の太陽 2019/1/13 »