フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 明けの明星と今日の太陽 2018/11/11 | トップページ | カシオペア座 カフ »

2018年11月12日 (月)

宇治天体精機さんで観望会

曇り。

昨日は山天例会(11月は総会)があり、役員方からこの1年間の活動報告、決算報告と来年度の役員選出があり、皆さん留任でシャンシャンと滞りなく終了。

その後腹ごしらえを済ませ、宇治田原町の宇治天体精機さんに行ってきました。

山天と宇治天体精機さんは懇意にしていて、年に1度は大きな望遠鏡での観望をさせてもらっています。

今回は口径40cmカセグレン反射と口径22cmのアクロマート屈折との2本立てでの観望になりました。

Img_7421

Img_7422

Img_7437_2

予め観望させてほしいと伝えてあったので、厳密に極軸を合わせていないとの事でしたが、そこは覗き見だけで済まないのが我々の悲しい性、私とY氏がデジイチを持参し、かひちやうさんとA氏がPCカメラを用意してきていました。

手始めに沈む直前の土星を急いで直焦点1枚撮り。

1111

火星が南中しているのでこれも直焦点で連写。

左が1枚撮り画像で右はスタックしトリミングしたもの。

かすかに模様が見えるかな。

1

次に2インチ50mmアイピースで拡大撮影。

50mmでは直焦点とあんまり変わらんか・・・でも大口径の集光力はさすがです。

Photo

アンドロメダ座β星のアルマクは、白鳥座のアルビレオを小さくした感じ。

オレンジとブルーの対比がアルビレオと同じで美しい重星です。

色を分かりやすくするためピントは少しだけずらしています。

Photo_2

観望の最後は昇ってきたばかりの低い位置のオリオン座M42.。

焦点距離が4800mmと長いので、直焦点でも中心部のトラペジウムあたりしか画角に収まりません。

極軸が合ってないので露光時間を伸ばすのは勇気がいりますが、10秒と30秒で合成してみました。

M421111

空全体が薄雲に覆われる時間帯もあり、透明度ももう一つでピントが甘くなってしまいましたが、大口径での観望を堪能できたひと時でした。

Img_7439

宇治天体精機さん、コーヒーに紅茶、お茶菓子までいただきありがとうございました。

次回は撮影目的でいらっしゃいとの嬉しいお誘い、はい! 是非とも(笑)。

« 明けの明星と今日の太陽 2018/11/11 | トップページ | カシオペア座 カフ »

コメント

悠々遊さん、こんばんは!

どれも大きな凄い機材ですね。
これで観望とは羨ましい!
一度でいいから、こんな大きな機材で宇宙を観てみたいです。
どの写真もいい記念写真ですね。
次回は撮影ですか!
楽しみですね!

layout3さん、こんばんは
望遠鏡製造メーカーが近く(車で30分圏内)にあるメリットですね。
ここは天文台向けの大きなものを主力に作っているので、40cm砲でも小ぶりな方で、倉庫の中には50cmや60cmも鎮座していて、眺めるだけでも壮観ですよ。
ただ、口径が大きいほど気温への順応に時間ががかるので、この夜のピントの切れは今一つでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇治天体精機さんで観望会:

« 明けの明星と今日の太陽 2018/11/11 | トップページ | カシオペア座 カフ »