フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 塩漬けしていたお月さん 9/10 | トップページ | 塩漬けにしていたお月さん 10/10 »

2018年10月 4日 (木)

だから電話は嫌いだ

 

電話は嫌いだ。

 

だからよほど親しい相手以外に電話番号を教えていないし、名刺にも載せていない。緊急時の連絡手段として大変便利であることを筆頭に、電話には様々な利点があることは十分承知しているが、それでも電話が嫌いだ。

 

嫌いな理由はいくつもあるが強いて挙げればふたつ。

 

ひとつは電話の会話では内容の証拠が残らないこと。ひとつは電話が無遠慮に相手の生活に割り込んでくること。

 

ひとつ目の理由については後述するとして、電話が相手の生活に遠慮なく割り込んでくることについて少し詳しく書いてみたい。

 

食事の最中、トイレで用足し中あるいは入浴中に電話が鳴り、急いで出たら間違い電話だったという経験は誰しもあるだろう。「間違えました」の一言があれば良い方で、いきなりガチャンと切られたり、無言のまま切られたりということもある。

 

夜中に電話がかかってきて、一抹の不安とともに受話器を取ったら、聞き取りにくい声でいきなり「○○やが、××に代わってくれ」「失礼ですがどなたですか?」「ん? おまえ誰や」。酒に酔って友人を呼びだしたと推測するが、番号を間違っているのに気が付かないで、逆切れしてくるのには閉口した。

 

間違い電話は誰しもあることなので、ある程度は仕方ないと思っている。自分にも覚えが何度かあるし。しかし迷惑この上ないのが勧誘電話の類。親しげな口調で一方的に用件をしゃべりだし、こちらが迷惑そうな声で応対してもお構いなし。

 

一度などはこちらが何度も断っているのに執拗に食い下がってくるので、「もう結構!」の一言で電話を切ったら、すぐにもう一度かかってきて「こちらが説明している最中にいきなり切るとは失礼な奴だ!」とまくし立ててガチャリ! なんなんだこいつ、と呆れてしまったことがある。

 

以来、ナンバーディスプレー表示の電話に替え、登録している電話の呼び出し音を変え、それ以外の電話がかかってきても原則出ないようにしている。電話帳への記載も断っているが、すでに以前の電話帳などでデータとして拡散しているのだろう、いまだにフリーダイヤルから様々な勧誘電話があるがすべて無視。たまに番号を控えてweb検索してみると、ほとんどはここ最近使われだした所有者未登録のもの。

 

そんなわけだから、必要に迫られてこちらから電話するときも、相手の生活にいきなり踏み込んでしまうことに対し、申し訳ない気持ちが先に立ってしまう。

 

もうひとつの理由、会話の証拠が残らないということについては、多分に自分の性格も絡んでくる。頭の回転の鈍さというのもあるだろう。

 

若いころから他人との会話が苦手だった。会話のキャッチボールが苦手で、アドリブで返したり、即答することがなかなかできない。感情がすぐ表情や声に出るらしく、それを感じた相手の表情をこちらも読んでしまうからだろう。

 

気持ちや考えをうまく言葉にして相手に伝えるのが苦手というのはコミュニケーション能力が劣るということだが、感情的になってつい真意とは違う言葉を口走ってしまうこともある。言葉は発した瞬間から消えていくので、相手を誤解させてしまうと解くのが難しい。

 

その点、文章にして相手に伝えるのは、慎重に言葉を選ぶ時間があるし相手に渡すまでにもう一度読み直して、感情的な部分を取り払う冷静さが少しは持てる。性格が災いして失敗もあるが、概して口頭会話より手紙、電話よりメールのほうが自分の考えを相手に伝えやすいように思っている。

 

また、前述のように言葉は発した瞬間から消えていくので証拠が残らない。後で言った、言わないと水掛け論に陥ることがあるが、その点文章にすれば形として残るので言い逃れができないし、思い違いの場合も気づくことができる。つまり責任の所在をはっきりできるということ。

 

最近もB氏から電話がかかってきて、スケジュールの打ち合わせをする機会があったのだが、双方で日付認識に1週間のずれが生じていることが今日分かった。こちらが思い違いで間違えて伝えたこともあり得るが、同じ用件で先にA氏とメールで調整し、そのメールを見ながらB氏と電話でスケジュール調整していたので、メール上の日付を見ながらその1週間後の日付をB氏に伝えたということは、まさか無いだろうと思っている。しかし電話である、私が正しく伝えていたという証拠はない。

 

B氏は私がメールで日付を確認しながら電話応対していたことは知らない。だから、私の方が間違った日付を伝えたと思っているかもしれない。こんなことでお互い気まずくなるのは本意でない。

だから電話は嫌いだ。

 

« 塩漬けしていたお月さん 9/10 | トップページ | 塩漬けにしていたお月さん 10/10 »

コメント

自分も、昔から電話は苦手です。人と会話するのは好きですが、相手の表情が判らない状態での会話、即ち電話はどうも・・・。

又、勧誘の電話は、本当に嫌ですね。相手も仕事でしているというのは判っているので、無碍な態度は取りたくないけれど、くどくどと話されると「御用件は何ですか?」と言ってしまう。で、宗教だ売り込みだと明らかにした所で、「興味在りませんので。」と言って、丁重に電話を切るのですが、悠々遊様と同様に“逆切れ”して掛け直して来たアホも過去に居ましたね。

「電話番号非表示は、一切受け付けない。」という設定にしているけれど、其れでも迷惑な電話は在る。電話番号を表示してもして来るといのは、相手が“飛ばし電話”(電話番号が表示されても、追跡されない。)というケースも在るのでしょうね。

giants-55さん、こんばんは
1年ほど前から、あらかじめ登録してある番号の呼び出し音を変え、それ以外の呼び出し音の電話には出ないようにしています。
おかげで最近は迷惑電話がずいぶん減りましたが、最近懇意になった方たちの番号を登録する「空き」が少なくなってしまい、これはこれで困っています。
便利な道具も使い方次第で困ったものになってしまう例ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/67239807

この記事へのトラックバック一覧です: だから電話は嫌いだ:

« 塩漬けしていたお月さん 9/10 | トップページ | 塩漬けにしていたお月さん 10/10 »