フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2018/10/8 | トップページ | 今年2度目のアンドロメダ大銀河 »

2018年10月 9日 (火)

今日の太陽 2018/10/9

快晴。

昨夜から夜遊びしていたので、出しっぱなしの赤道儀に載せての撮影です。

181009b_2

相変わらず黒点ありません。

181009ls_2

1時、4時方向のプロミネンスは健在です。

ところで・・・阪神タイガースのセ・リーグ最下位が確定してしまいました。

ぬる~い阪神ファンですが残念です。

優勝は無理でもせめてAクラス、最悪でも4位ぐらいには落ち着いてくれるだろうと、10月に入っても信じていました。

だって、シーズン初めに金本監督は「今年はこれまでで最強」と言ってましたから。

金本監督をケチョンケチョンにこき下ろすファンがいる反面、擁護するファンもたくさんいるのは知っています。

これまでろくに若手を育てずFAや外国人選手で中軸を賄ってきた体質を改めるため、掛布氏を2軍監督に招へいし、2人3脚で若手の育成に尽力してきた点は大いに評価しています。

おかげで有望株が何人も出てきたし、彼らが日替わりでヒーローになることで、生え抜きの層も厚みを増してきたことは確かです。

方針は間違っていないと思います。

でも一方で鳥谷選手に見られるように、ベテランの起用方法には疑問が付きます。

同じシーズンの中で守備位置を何度もコンバートし、調子を落としてしまうと今シーズンはとうとう連続出場記録を断ってしまいました。

ベテラン、若手に限らず調子の良い選手を起用し悪い選手は使わない、あるいは今は調子が悪くてもこれからどんどん伸びると確信がある選手は、誰が何と言おうが使い続ける、という方針が一貫しているなら、違和感は有りませんが、どうも中途半端に思えてしまうのです。

先の鳥谷選手で言えば、守備位置を2塁、3塁、遊撃とコロコロ変えられれば、ベテランと言えど守備だけでなく打撃にも影響が出てくるのは必至。一方で福留選手には無理をさせないよう5試合に1試合は休養日を与えているような配慮があります。

鳥谷選手を潰しにかかった、と言えば言い過ぎでしょうが、昨シーズン後、大和選手がFAで阪神を去ったのも、そんな雰囲気を彼も感じていたのではないかと。

監督就任1年目、2年目は若手育成のための我慢の時期と捉え、3年目の今年はいよいよ実力を試す時、と腹をくくってのシーズン入りだったのでしょう。

だから自ら招へいした掛布氏を、若手育成のやり方が合わないからと、2軍監督から解任してまで挑んだ今シーズン、3年間で最悪の結果を残したのなら、自らも潔く身の処し方を決めるべきではないでしょうか。

仮に今年のこの結果をバネに、来シーズン優勝することがあったとしても、昨シーズンオフから今シーズンここまでの、金本監督の采配に疑問を持ってしまった私には、素直に喜べない気がするのです。

ま、所詮はぬる~いファンの独り言です、お聞き流しください。

« 今日の太陽 2018/10/8 | トップページ | 今年2度目のアンドロメダ大銀河 »

コメント

悠々遊さん、こんにちは。

相変わらずですね。
でも、昨夜は多少のネタをゲット出来たようですね。
そして…。
今日の太陽の記事なのに野球ネタが7割超え?!
思わず笑ってしまった!
(^-^)

こんにちは~(^_^)
今日も良い天気…ですが…
Hα画像処理中に大変なことに気づきました。
8枚撮ったのに、No.7とNo.8が同じ場所を取ってました。(^_^;)
しかもあの4時方向が欠けてる。
しかたなく今撮り直して画像処理中です。
モザイク合成するには、
隣同士に2分以上時間差があるとつながらないことがあります。
なので、画像処理中に気づいても、すでに5-6分は経っているので
1から撮り直しとなります。
さて、がんばって画像処理します。

layout3さん、こんばんは
昨夜の夜遊び画像は久々の撮影で、使い物になってるかどうか結果が怖くてまだ開けてもいません(苦笑)。
めったに野球ネタでブログは書きませんが、今回はどうしてもひとこと言っておきたい気分だったので、長々と書いてしまいました(苦笑)。

かひちやうさん、こんばんは
8分割で撮ってるとたまにはそういうこともありますね。
月面拡大でも何分割化していると、この場所は今撮ったかこれから撮るところか、迷ってしまうことがあります。
Hα画像違和感なく繋がっているところを見ると、撮影成功でしたね。

書き込み有り難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

金本監督に付いては、藤浪投手の“懲罰投球”等、疑問を感じる点も在りましたが、大山選手を代表とした若手選手の育成という点では評価しています。唯、勝負の世界は結果を残して何ぼですから、そういう意味では交代(自らの意思で辞任となっていますが、高橋(由)監督同様に“外堀”を埋められての解任だったと思っています。)は止むを得なかったでしょうね。

我がジャイアンツ、後任監督は原辰徳氏で確定しそうですが、自ブログでも書いた様にすっきりしない気持ちが在ります。自身の都合でガタガタになったチームを放り出し、高橋監督を苦労させ乍ら、若い芽が出て来たと思ったら監督に復帰。郭公の托卵の様な形は戴けないし、何よりも「自分に逆らう人物は排除する。」という安倍首相的部分が早速顔を出した様で、きちんと結果を残している川相2軍監督の首が飛んだのは、反りが合わない原次期監督の意向と思っています。正直、来季は素直にジャイアンツを応援出来なそう・・・と、自分も繰り言許りが出てしまいます(苦笑)。

giants-55さん、おはようございます
昔から「名選手必ずしも名監督に非ず」と言われていますが、金本前監督にも当てはまったようです。
成功体験のある人は自分の経験をもとに、他者にもそれを求める傾向があり、各個人それぞれに適切なアプローチの方法があることを、軽視しがちではないかと思われます。
金本氏で言えば、自らを厳しく律し、他者に勝る練習を積み上げての成功があるため、選手にもそれを厳しく求め、ついてこれる選手だけに目を向けがちだったのではないかと。
金本流の指導方法に適応できた若手は伸びても、そうでないもっと多くの若手は力を出し切れなかった可能性があり、全体として若手の底上げが出来なかったのではないでしょうか。
同じような実力と可能性を持つ若い選手が各球団に入団しながら、広島のように上手に若手を育てているところがある一方、自球団の生え抜きが少なく、すでに実績のある選手をトレードやFAで得たり、外国人の獲得で結果を残す球団があるというのは、つまるところそういう事ではないかと。
阪神の新監督に決まった矢野氏が、2軍日本一の実績を生かしどんな指導をし、采配を振るうのか興味津々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/67255824

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の太陽 2018/10/9:

« 今日の太陽 2018/10/8 | トップページ | 今年2度目のアンドロメダ大銀河 »