フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月17日 (金)

今日の太陽 2018/8/17

湿度が低く爽やかに暑い晴れ。

180817ls

比較的大きいけれど淡くて目立たないプロミネンスが南東の方角に出ています。

それとは対極の北西方向には、これも淡い1本柱も。

180817b

14日に現れたプラージュには、やはり黒点が出来ていました。

小さいけれどコントラストのあることから、しばらく楽しめそうです。

2018年8月16日 (木)

高度が低いから撮影の機会が少ないM2

曇り時々にわか雨。

新月期に入ったばかりの8月3日夜に撮った天体から。

M2180804

おそらく初めて撮ったM2。

M2

多段階露光の効果が出せているのかな?

怪しいですね(苦笑)。

2018年8月15日 (水)

ペルセウス座流星群 2018/8/14

曇り時々小雨。

日付が変わった14日午前零時過ぎから始めた観望は11個の流星を目視できましたが、帰宅後すぐの撮影画像確認では3個しか写っていないようでした。

が、その後ゆっくり念入りに再確認したところ、新たに7個写っているのを見つけました。

合計10個ですが、2個は画角から飛び出す残念な光跡でした。

分かりにくいものが多いので、光跡に矢印を付けて時系列順に。

180814_0113

180814_0119

180814_0126

180814_0129

180814_0153

180814_0202

180814_0207

180814_0214

180814_0249

180814_0300

これまでの流星群撮影は、2階のベランダにカメラを放置して寝ている間に、というパターンが多く、成果が乏しかったのですが、今回は真面目に遠征(?)して撮ったので、それなりの結果が出たのかもしれませんね(笑)。

薄雲が無ければ、比較明のモザイク合成もしてみたかったのですが、それは次にお預け。

矢印を付けなくても一目瞭然の明るい流星も撮ってみたいなあ。

それには流れ星熊五郎さんに弟子入りしないと(笑)。

2018年8月14日 (火)

今日の太陽 2018/8/14 とミニミニ遠征撮影地紹介

雲の多い晴れ。

朝から月1の検診&薬補給のため、主治医のいる近くの病院に行ってきました。

そのため撮影は帰宅後の昼飯前に玄関側から。

180814ls

1時方向と4時方向のプロミネンスは少し大きくなり、9時方向のはこちら側に入ってきたため小さくなりダークフィラメントへ変化しつつあります。

8時方向に地球サイズのプラージュが出ています。

黒点が有るように見えますが白色光では撮っていません。

さて、

大塔・星の国で惨敗に終わったペルセウス流星群観望に、昨夜は近所のガレージで再挑戦してきました。

少し仮眠をとった後の、午前零時過ぎに出かけたころには薄雲が少しある程度だったのが、その後増減を繰り返し撤収の3時ごろには全天を覆い尽くしてしまいました。

Photo

撤収前最後の1コマ。17mm、ISO800、F2.8 30秒露光。

ヒアデスが昇り、オリオンが半身を見せた出したころの撤収は、残り少なくなった後ろ髪を引かれる思いでしたが、雲の幕引きには勝てません。

カーテンコールも虚しく撤収を始めたとき、ふと思いついてガレージの様子をカメラに収めてきました。

露光はいずれも星空撮影の30秒から10秒に変更しています。

Photo_2

東向き。

ガレージ内の照明が正面奥にあるので、星の撮影は左端に写る車の陰に隠れるように三脚を設置します。

1灯だけでしかも低い位置なのが救いです。

Photo_3

南東方向。ガレージへの侵入方向です。

正面のお宅の2階の1部屋は撮影中から煌々と明かりが点いたままだったので、フェンスに隠れるよう三脚の脚は短めに。

Photo_4

北西方向。ガレージから出ていく方角。

この街灯の明かりを避けるため、画面右側に並ぶ数台の車の陰に回り込んで撮影しています。

そして、昨夜は撮影中のカメラの横に寝転んで、睡魔と闘いながらの観望だったわけです(笑)。

約2時間半の観望で、はっきりそれとわかる明るさの流星は11個。

帰宅後にざっと見たところ写っていたのは3個だけでした。

2018年8月13日 (月)

大塔星の国惨敗と今日の太陽 2018/8/13

昨日から山城天文同好会の有志と、奈良県・大塔の星の国に一泊二日の遠征をしてきました。

目的はペルセウス流星群観望と天の川撮影でしたが、見事に曇られ霧雨にまで見舞われて、手も足も出せず完敗惨敗の巻。

翌日の今朝もその名残りで東西南北この調子。

西の空

Photo_2

南の空

Photo_3

北の空

Photo_4

そして太陽のある東の空

Photo_5

しかし、よく見ると北の空から徐々に青空が広がってきている様子で、宿をチェックアウトするころには晴天に。

ま、星の国温泉に浸かっておいしいものを食して、のんびり骨休めしたと思っておきましょうか。

その割に疲れが一向に取れてませんが(苦笑)。

家までかひちやうさんに送迎してもらい、帰宅と同時に休む間もなく玄関先にて太陽撮影。

180813ls

9時方向と1時方向にプロミネンスあり。

かひちやうさん、アダチさん、モリモトさん、ありがとうございました。

出来れば来年リベンジ!

2018年8月11日 (土)

今日の太陽 2018/8/11

雲の多い晴れ。

雨は無いもののすっきりしない空模様が続いていますが、今日はやっと晴れ間が見えました。

180811ls

4時方向のプロミネンスが目立つ程度の、相変わらずおとなしい太陽です。

そろそろ元気を取り戻してほしいですが、わが身のほうは暑気疲れがたまってきています。

2018年8月 9日 (木)

土星と三裂干潟と

蒸し暑い曇り。

台風の影響でしょうか。

8/7の晩、近所のガレージにポタ赤を持ってミニミニ遠征。

目的はタイトル通り、木星とM8、M20を同一画面に収めること。

事前に望遠ズームレンズの200mmでちょうど良いと確認。

M8m20180807_2

明るい星雲なのでISO800、30秒露光でもちゃんと写ってくれています。

今回はダークフレームもフラットフレームも作らなかったので、周辺減光の処理が出来てません。なので少しトリミングしました。

30秒露光といえど次回にはしっかり作りましょう。

いろいろわかる範囲でやってみましたが、星雲の色が出せません。

一夜漬けの勉強では身に付きませんね(苦笑)。

2018年8月 7日 (火)

今日の太陽 2018/8/7

昨日に引き続きすっきりしない晴れ。

180807ls

大きくはないけれど、プロミネンスはそれなりにあちこちに出ています。

小さなダークフィラメントも見受けられますが、黒点は相変わらず見当たりません。

2018年8月 6日 (月)

今日の太陽 2018/8/6

曇りがちな晴れ。

厚い雲が途切れても薄雲が取れません。

180806ls

4時方向にプロミネンスあり。

他にも小さなものは散見されます。

北側のダークフィラメントは薄くなっています。

東から活発な領域が表れました。

白斑は見られますが黒点はまだ出ていません。

2018年8月 5日 (日)

今日の太陽 2018/8/5

薄雲に覆われた晴れ。

180805ls

目立つプロミネンスは4時方向のみ。

北側のダークフィラメントは少し濃くなったようです。

黒点は見当たりません。

2018年8月 4日 (土)

今日の太陽 2018/8/4

快晴。

雲に邪魔されないこういう天気だと、さっと出してパシャパシャ撮ってパッと撤収ができるので、暑さもそれほど苦になりません。

180804ls

東に大きめのプロミネンスが出現。

その右上には淡いダークフィラメントも見えます。

今日も黒点の気配無く、撮影はしていません。

2018年8月 3日 (金)

今日の太陽 2018/8/3

とにかく暑い晴れ。

ピント位置を確かめていると雲がやってくる。

通過するまで待つ間に額から汗が滴り落ちる。

汗をぬぐっていると日が射してくる。

ピント位置を確認しているファインダーの中を雲が覆っていく。

通過するまで待つ間にさらに汗が眼鏡に滴り落ちる。

塩分込みの水滴だから水道水で洗い流している間に晴れてくる。

大急ぎで望遠鏡に戻り、ピンと合わせてパシャパシャパシャ・・・。

とまあ苦労した割に結果はご覧のとおり。

180803ls

180803b

プロミネンス・バーゲンは終わって売り場は閑散。

昨日出た黒点は見事に消えている。

ぼやきたくなりますねえ(苦笑)。

とにかく太陽のもとに5分もいると汗、です。

2018年8月 2日 (木)

今日の太陽 2018/8/2

曇りのち晴れ。

180802ls_2

派手に出ていたプロミネンスは終息を迎えつつあるようです。

今日も黒点は期待薄という判断で観望だけで撮らなかったんですが、

国立天文台・太陽観測所のホームページを見たら、白斑のあったあたりに黒点が出ている様子。

急きょ玄関側で待ち受けての追加撮影です。

180802b

目視では分かりませんが、画像処理をしていくとごく小さな薄い黒点を見つけました。

ようやく出ましたね。

 

7/29のPCカメラ、ASI224MCのファーストライトの土星です。

1807291933_2

そして火星も。

1807292147_2

火星はやはり砂嵐の真っただ中のようです。

2018年8月 1日 (水)

今日の太陽 2018/8/1

ほぼ快晴の晴れ。

180801ls

1時から3時方向のプロミネンスは西に消えましたが、7時から9時にかけて東側が活発に見えてきました。

話変わって。

PCカメラASI120MCの撮像品質が落ちてきたように感じていたので、あっさりポチリ菌に感染してしまい、火星大接近に間に合うよう少しだけ上位機種のASI224を購入してしまいました。

7/29に土星でファーストライト。

その画像は近々アップするとして、火星の方は相変わらずほぼ模様のわからないオレンジの円のまま。

どうやら撮像品質不良と思われたのは、火星の砂嵐が原因でPCカメラが全く悪いとは言い切れないのかもしれません。

事前に付属のレンズを使い室内でテストしていたのですが、その時点でも解像度に少しの差は有ったので、ASI120MCの劣化は間違いないのですが。

原因は星もとで中古で買ったASI120MCには保護カバーを兼ねたフィルターが付いてなく、しょっちゅうゴミが写りこむので、頻繁にクリーニングしていて受光素子にダメージを与えてしまったのかも。

全く使えないというわけでもないので、付属の広角レンズを付けて流星群の時などに使う手もあるかな。

さて、新たに購入のASI224MCはカバーフィルターもちゃんと付いてるし、性能も若干上という事なので、土星撮影の後、火星のお出ましまでの間に、惑星以外を撮ってみることに。

18/7/29 19:59 M57

MAK127P+ASI224MC gain400 gamma50 露光21秒X11枚

M57x16180729

18/7/29 20:08 M56

MAK127P+ASI224MC gain400 gamma50 露光15秒X13枚

M56x17180729

極軸をいい加減に合わせていたのでドンドンずれてしまい、半分近くにトリミングを余儀なくされました。

PCカメラとしての性能は十分ですが、それを月、惑星以外にも使いこなすには、自分のスキルがあまりに貧弱でした(苦笑)。

« 2018年7月 | トップページ