フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 地域猫 | トップページ | 今日の太陽 2018/7/9 »

2018年7月 5日 (木)

絶対は絶対無いとは禅問答?

四輪の運転免許証を持たない私には無縁の話題かもしれませんが・・・。

今朝の新聞の片隅に、国交省が公表したデータとして、昨年1年間に自動ブレーキによる事故が82件あったとの記事が。

実際には自動ブレーキの不具合情報は340件あり、十分作動しなかったのが88件、勝手に作動したのが249件で、うち物損事故が81件、歩行者の死亡事故が1件とされている。

車の自動ブレーキといえば昨今話題の自動運転の前駆的装置で、2016年生産分の車の66.2%まで搭載が進んでいるとか。

目的地を告げれば、あとは車が自動で運転し、乗っている人間は寝ていても目的地に着ける、そんな時代がもうすぐ目の前まで来ていると、浮かれ気分に水を差すようなデータです。

科学技術の向上は日進月歩で目覚ましく、SFの世界と思われていたことが次々現実化している現代ですが、そこに潜む人間の慢心を指摘したような言葉が、この記事を見ていて思い出されました。

20歳前後のころ、安易に使った「絶対」という言葉に対し、職場の上司から「絶対という言葉は軽々しく使うな、人間のすることに絶対は無い」のひと言。

また、同一人物だったかは定かでありませんが、「人間は必ずミスをする。だからミスをしない仕組みを作ることが大事」との言葉は、今も自分の思考のベースになっています。

「絶対は絶対に無い」、「ミスは必ず起きるから、ミスが起きない仕組みが必要」。

どちらも禅問答のような言葉ですが、要は「全てにおいて常に謙虚であれ」という事だと解釈し、人間を考えるうえで真理だと思っています。

しかし、現代は(というより私たち人間は)すぐに慢心し、謙虚さを忘れてしまいがちのように思います。

人間は不完全だから、完全を求めて常に努力し、議論する謙虚さが必要であり、「絶対安全」、「絶対正しい」などと慢心すれば、もうその先に明るい未来はないのだと、「絶対に信じたい」(苦笑)。

« 地域猫 | トップページ | 今日の太陽 2018/7/9 »

コメント

悠々遊さん、こんばんは。

「絶対」って言葉は意味深いですよね。
私自身、「機械は絶対に信じない」し、「人のする事でや発言も信じるけど絶対ではない」ですね。
相手が機械にしろ、人間にしろ「あくまで参考にする程度」っていっつも思っています。
だから「自動運転機能」や「誤発進抑制」も信じてません。
AIだって蓄積された情報量で結果が左右されるし。
所詮機械は人が作った物だから、人間以上にはならないだろうし、その人間自体も失敗するし。
失敗しそうならやめる(休む)とか工夫するからこそ、失敗しないと思ってます。
その結果が、「運転免許を取って30年無事故無違反」が自慢の私です!
(^_^)v

layout3さん、こんばんは
「運転免許を取って30年無事故無違反」、それは素晴らしい!
私も125ccバイクながら、ここ20年超は無事故でゴールド免許を維持していますが、自損転倒はあったし、捕まってないだけで10km程度のスピード超過は・・・いや、内緒です(苦笑)。
人間が完璧でない以上、人間の作った機械が完璧であるはずがない、とはその通りだと思います。
仮に機械が人間を超える存在になるとしたら、人間が内包する自己矛盾をすべて克服できたときでしょうね。
そんな日が果たしてくるのか疑問ですが。
それより問題は自己矛盾を抱えたままで人間の能力を超えた機械が登場した時が恐ろしいですね。
根っからのSFファンなのでついそんな想像をしてしまいます。

そうですね。「絶対」というモノは、この世にはないんですね。
絶対にミスしない人もいないし、絶対に故障しない機械もありません。
絶対真空もありません。どんな宇宙空間にも、ごくわずかでもなにかの分子はあります。絶対零度もありません。熱は分子の振動です。絶対零度はすべての分子が静止した状態でしょう。でも、さっきもいったように、どんなとこにも分子はあります。分子が物質に衝突したら、そこでごくわずか振動が起こります。熱が発生します。
地球は太陽のまわりを回ってます。太陽は惑星を引き連れて移動してます。太陽系の属する銀河は回転してます。そして宇宙は膨張してます。絶対静止してるモノは宇宙にないのです。
長年SFファンをやっていると「絶対」はないんだということを認識しますね。

雫石鉄也さん、こんばんは
強調したい気持ちが手伝って、つい「絶対」を使ってしまいがちですが、宇宙のしくみにも「絶対」は存在しないんですね。
まして自己矛盾を抱える人間には「絶対」は無い。
でも、「絶対」は絶対無い・・・やはり禅問答のようになっちゃいます(苦笑)。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

自動運転の車というのも然る事乍ら、空飛ぶ車というのも怖さを感じています。道路上を走る車の事故だけでも結構な数なのに、加えて空を飛ぶ様になったら・・・落下する車体等に巻き込まれる人達も出て来るだろうし、そうなると被害は相当な物になると思うので。

世の中に「絶対」なんて事は其れこそ「絶対に無い。」のに、全く根拠も無く「絶対に有り得ない。」と言い切る人結構居ますよね。そういう人達に限って、拡散されたデマ情報を精査する事も無く鵜呑みにし、拡散させるのだから困ったものです。

giants-55さん、おはようございます
2次元交通の今でさえ事故がたくさん起きているのに、空飛ぶ車なんて3次元交通が実現したらとんでもない事態が起きるでしょうね。
まず悪意ある運転をさせないためにも、完全自動運転化は必須でしょうが、完全機械任せがまた信用できないし。
映画や小説の中だけにしておいてほしいですね(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/66902986

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対は絶対無いとは禅問答?:

« 地域猫 | トップページ | 今日の太陽 2018/7/9 »