フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 銀河祭りの次は球状星団祭りのはずが・・・ | トップページ | 今日の太陽 2018/4/28 »

2018年4月26日 (木)

しっぱいにめげず M3

晴れ。

散歩に出るときは曇っていた空が、約1時間の散歩を終える頃に青空が広がってきました。

太陽が撮り頃になる時間には、もっと晴れ間が広がるかな。

さて、さんざんな結果に終わった新月期の夜遊びでしたが、まったく収穫が無かったわけでもなく、多段階露光は出来なかったものの、それなりの球状星団画像は手に入れました。

りょうけん座のM3。

180420m3x24

M3

自己採点60点。

自分に甘いな~(笑)。

いろいろ課題が噴出しましたが、改善のヒントも掴んだ(ように思う)ので、次回新月期が楽しみでもあります。

« 銀河祭りの次は球状星団祭りのはずが・・・ | トップページ | 今日の太陽 2018/4/28 »

コメント

悠々遊さんおはようございます。
やっと良いお天気になりましたね。GW前半までは何とか持ちそうです。
春の大三角アルクトゥルスとコルカロリ結んで真ん中辺り、ここは毎年撮ってて片目瞑っていても導入出来ます(両目ではファインダー見れません)(笑)
星の色も綺麗に出てますね良い画像と思います。

夕焼け熊五郎さん、おはようございます
こちら薄雲が広がっていますが、透明度は良さそうです。
そろそろ木星が見ごろになってきましたので、そちらも気になりだしました(笑)。
天体の場所、自動導入に頼っているので、目に見えない天体は未だに手動での導入は怪しいです(苦笑)。

悠々遊さん、こんにちは。

球状星団って撮影の設定値が難しいですよね。
露光長いと真ん中が真っ白になっちゃうし、撮影場所によってもISOが全く違うし…。
挙句に処理すると飽和…。
悠々遊さんみたいに星々の色合いを残して、綺麗に処理したいなぁ〜。
お見事です!
m(_ _)m

こんにちは
球状星団は市街地でも良く写り楽しめますね。
春の銀河から夏の星雲に移る間に多くの
球状星団が撮れるので多段階露光での
お試しも良いんじゃないですか。

layout3さん、こんにちは
球状星団や明暗差の大きい天体には多段階露光が有効だと思います。
ただ、今回失敗の大きな要因の一つは、短時間露光の分もきっちりダーク&フラット画像を作っておかなかったことだと、今更ながら反省しています。
たとえ5秒、10秒露光の画像でも、周辺減光はあるし、無視できる程度だとは思うけれど、ISO感度が高ければそれなりのノイズはあるわけだし。
layout3さんは私のような失敗はしないでくださいね(苦笑)。

テナーさん、こんにちは
星団は光害地の味方です(笑)。
今回多段階露光はしていたんですが、ちょっとした気の緩みから失敗してしまい、短時間露光の画像を使うことが出来ませんでした。
後悔先に立たず、原因に気が付いた時には時すでに遅し・・・。
いい教訓になりました。

こんばんわ。
球状星団は自宅からでも楽しめる天体ですね。
でも撮影するとなるとなかなか難しいなと思いました。
始めて撮影したときは、たっぷり露光して、デッカイこんぺいとうが写りましたから(笑)

大きな口径だと粒粒感があってより、楽しめそうですね。

ワタシの筒だと、サっと短時間露光して、球状星団ごとの違いをみるのが楽しいかもです。

ともさん、こんにちは
恒星主体の星団は光害地の強い味方です(笑)。
球状星団は多段階露光が必須だと思いますが、無理せず短時間露光で違いを楽しむというのも、確かにありですね。
今度試してみようっと(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/66651859

この記事へのトラックバック一覧です: しっぱいにめげず M3:

« 銀河祭りの次は球状星団祭りのはずが・・・ | トップページ | 今日の太陽 2018/4/28 »