フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

今日の太陽 2018/3/31 とNGC5466

今日は透明度のやや悪い快晴。

180331b

プラージュは有りますが黒点は見えません。

180331ls

プロミネンスは目立つものがひとつになり、彩層面もプラージュが見えるぐらいです。

3/14撮影のうしかい座のNGC5466。

180314ngc5466x18

180314ngc5466

疎らな球状星団です。

2018年3月30日 (金)

今日の太陽 2018/3/30 とM100

引き続き快晴。

今日は比較的透明度が良さそうです。

180330ls

2時方向3時と9時方向に目立つプロミネンスが出ています。

3時方向に昨日はダークフィラメントは無かったように思うので、撮影以降に新しく発生したのでしょうか。

画像処理で9時方向にプラージュが出ていたのに気が付き、玄関側で撮影できるのを待って、白色光でも撮影しました。

180330b

しかし、プラージュはあっても黒点は見当たりません。

微小黒点の名残なのか、それともこれから出現してくるのか。

3/14撮影のM100。

180314m100x30

180314m100

メシエ天体だから撮影していますが、やはり単焦点には厳しいサイズ・・・というより、私の技量レベルでは厳しい対象です(苦笑)。

2018年3月29日 (木)

今日の太陽 2018/3/29 とM94

晴れ。

透明度はやはり昼になるにつれ悪くなりますね。

180329ls

昨日見えていた西側のプロミネンスは消え、代わって7時と9時方向に現れました。

東側で見えると正面に回ってくる方なので、今後どうなるか気になります。

3月もあとわずかになり、今月撮った画像をそのままストックしておくのもどうかと思い、晴れた日にもアップしていきます。

3/14に撮影のM94

180314m94x36

180314m94

焦点距離560mmには荷の重い対象ですが、明るいM天体なので撮らないわけにはいきません(苦笑)。

2018年3月28日 (水)

今日の太陽 2018/3/28

快晴。

透明度は撮影時にはまだよかった方ですが、時間がたつにつれ悪くなってきています。

春霞または花霞という状況でしょう。

180328b

ほぼ20日ぶりの白色光撮影ですが、やはり黒点は出ていません。

180328ls

3時と6時の方向に目立つプロミネンスが出ています。

2018年3月27日 (火)

今日の太陽 2018/3/27 と、りょうけん座 NGC4631

穏やかな晴れ。

透明度が悪く薄雲があるのは昨日と同じですが、薄雲の影響がない頃を見計らっての撮影。

180327ls

今日も不発でした。

そっけない太陽をそっけなく出すだけではなんですから・・・。

3/14撮影のNGC4631。

KissX5での最後の撮影対象にしたNGC4631を、X-A2でも撮ってみました。

180314ngc4631x19

NGC4631をトリミング。

180314ngc4631

右下の不規則銀河? NGC4656。

180314ngc4656

X6での画像よりは良くなっているのではないかと・・・。

2018年3月25日 (日)

今日の太陽 2018/3/25

薄く白いベールがかかったような晴れ。

露光をいつもの1/160秒から1/125秒に落としても、まだ露光不足気味でRAW現像で露出補正をかけています。

180325ls

2時方向に目立ったプロミネンスが出ています。

8時方向にも薄く細長いプロミネンスが微かに写っていますが、眼視では気が付きませんでした。

お天気はもうひとつですが暖かい日和です。

お彼岸は過ぎましたが、混雑を避けわざとずらしたお寺参り、これから行ってきます。

2018年3月24日 (土)

今日の太陽 2018/3/24

晴れ。

前回の撮影が3/17だったので1週間ぶりの撮影です。

180324ls

小さなプロミネンスはいくつも出ていますが、ダークフィラメントは見当たりません。

小さな黒点の目印になるようなプラージュも見えません。

春眠暁を覚えず、もしくは未だ冬眠さめやらず、といった感じですね。

2018年3月23日 (金)

NGC4999 りょうけん座

曇りのち晴れ・・・まだ雲の方が多いけど、お天道さん撮れるかな?

3/13撮影の、銀河ファンにはお馴染みの不規則銀河です。

M94銀河群に属しているそうです。

180313ngc4449x26

焦点距離560mmの筒ではやはり小さいですね。

180313ngc4449

1200万光年の彼方にあって大マゼラン星雲と同じぐらいの大きさという事ですが、近くに主となる大きな銀河が見えないので、伴銀河ではなさそうですね。

NGC4449 りょうけん座

2018年3月22日 (木)

NGC5005 りょうけん座

雨のち曇り。このまま天候回復か?

3/12に時間待ちに撮った9.8等級の系外銀河です。

180312_ngc5005x30

180312_ngc5005_2

視直径5.4’と惑星状星雲並みに小さくて、短い筒には厳しいサイズでした。

NGC5005の右下にはもっと暗いNGC5033も写っていましたが、こちらは視直径がNGC5005の倍ほどあるとの事なので、ここでは捉えきれていませんが淡い腕が広がっているようです。

180312_ngc5033

いずれにせよ、撮影対象としては二度とお目にかかることはないでしょう(笑)。

2018年3月20日 (火)

NGC4490 りょうけん座

今日も雨。

3/11、何を撮ろうかステラナビの星図を見ていたら、りょうけん座β星の鼻先に系外銀河がひとつ。

等級は撮影基準にしている9.4等級(四捨五入で9等級)より暗いけど、まゆ銀河という名前も付いているので気になって撮ってみることに。

180311_ngc4490x30fl

どうもいびつな形をしている様子。

拡大してみると、どうやらM51子持ち銀河と同じように2つの銀河が作用しあっているようです。

180311_ngc4490_2

なるほど、繭じゃなくて眉だったんですね。

2018年3月19日 (月)

M101 りょうけん座

♪雨の降る日は天気が悪い わるいはずだよ雨が降るチョイ

昔、フォーククルセイダーズの「帰ってきたヨッパライ」のB面に収録されていた「ソーラン節」の一節。雨の日にはときどき思い出します(苦笑)。

それはさておき、3/12に撮った系外銀河M101です。

180312_m101x30fl

斑ノイズが気になったので、久しぶりに『フラットエイド」のお世話になりました。

180312_m101

も少し明るめに処理しても良かったのかも。

2018年3月17日 (土)

今日の太陽 2018/3/17

晴れのち快晴。

雨上がりのすっきりした青空です。

180317ls

黒点の兆候はこの画像からはわかりません。

小さなプロミネンスはちらほらあります。

北半球のダークフィラメントは健在です。

2018年3月16日 (金)

M85 かみのけ座

雨のち曇り。

夕方になってようやく雨があがりました。

3/10に撮ったかみのけ座の系外銀河です。

180310_m85x27

この夜からISOを4000にして撮っています。

斑ノイズは相変わらず出ていて、ISOを変えてもあまり減らないという事は、高感度ノイズではないのかもしれません。

ノイズを目立たなく処理するほか無さそうです。

180310_m85

M85は私の画像では楕円銀河にしか見えませんが、楕円と棒渦巻の中間タイプだそうです。

下に見える小さい方はNGC4394(約11等級)で、こちらの方は棒渦巻銀河のようですね。

楕円銀河は姿がどれも同じように見えて面白くないので、たぶん次撮ることはない対象のひとつです(笑)。

2018年3月15日 (木)

今日の太陽 2018/3/15

引き続き快晴、引き続きも透明度悪し。

180315ls

3時方向に目立つプロミネンス出現。

11時方向に小さなダークフィラメント確認。

黒点の気配なし。

今夜から下り坂だそうです。

2018年3月14日 (水)

今日の太陽 2018/3/14

引き続きすっきりしない快晴。

でも、昨日よりはましかな?。

180314ls

引き続きすっきりした太陽。

よく見ると西側に薄々が2か所あります。

今日のピント合わせは3時方向のプロミネンスを使いました。

連続の快晴日も明日の午後から崩れる、という予報があります。

今週の夜遊びは今日がラストチャンスかな。

でも透明度の悪い空なので、銀河撮影に期待できそうにないな・・・。

2018年3月13日 (火)

今日の太陽 2018/3/13

引き続き快晴。

今日の透明度は(と、窓の外、推定5km先の高層マンションを眺望)・・・悪いですねー。

180313ls_2

もう何も申しません。

2018年3月12日 (月)

今日の太陽 2018/3/12

快晴ですが白っぽい青空。

180312ls

眼視では10時方向の極小さなプロミネンスしか見えません。

相変わらず黒点の痕跡も認められません。

今日は画像処理の最終段階で、アプリの「自動修正」をクリックしてみました。

すると、画像全体はモヤッと切れの悪い印象になりましたが、4時方向や9時方向の薄々プロミネンスが際立ってきました。

「自動修正」も案外いい仕事すると思ったものの、良く見ると縁周辺のノイズ荒れが目立ちます。

やはりどこかで無理な処理をしているのでしょうね。

2018年3月11日 (日)

今日の太陽 2018/3/11

快晴。

7年前のこの日、会社の事務所で揺れのようなものをかすかに感じ、天井を見上げると吊り下げた蛍光灯がゆっくりと揺れていました。

社長が「地震や」と言ってテレビをつけると、そこに映し出されていた光景は・・・。

あれから7年、節目の日が来るとマスコミが特集を組みますが、他の天災戦争事件事故同様、過ぎてしまえば何事もなかったように日常の話題に戻ってしまいます。

私たちもそれは同じ。

多少の後ろめたさは感じつつも、当事者でない限り四六時中そこにわが身と気持ちを置いたままで生活するわけにはいかないから。

しかし、忘れてはいけないこともあります。

地震、津波、原発事故の被災者は「被害者」であって「お荷物」ではないという事。

震災直後からいわれのない中傷、風評被害で二重に苦しむ被災者に、当事者の一方である東電、国、地方自治体がどれだけより添えているのか。

キャッチフレーズに「復興五輪」を掲げ、「福島(の原発事故)はコントロールされている」と、国のトップ自らが嘘をついて招致した東京オリンピック開催に浮かれていていいのか。

ちょっと違うよなあ・・・。

今日もお天道さんに大きな変化はありませんでした。

180311ls

2018年3月10日 (土)

今日の太陽 2018/3/10

曇りのち晴れに移行中。

180310ls_2

黒点は見えません。

プロミネンス、ダークフィラメントともに小さなものが見えるだけです。

2018年3月 9日 (金)

白鷺の首がにゅーっと

本日も曇りなり。

五里五里の丘の野鳥撮影の続きです。

アオサギはこれまでもよく見かけるのですが、シラサギをじっくり見たのは初めてかも。

Img_4721

Img_4722

Img_4725

カメラを構えそろりそろり近づいて。

Img_4734

このあともう一歩踏み出したところで逃げられてしまいました。

2018年3月 8日 (木)

箸休めの飛びもの

春の嵐第3弾が近づいているらしい。

太陽見えず星の画像もネタ切れ。

先日、望遠レンズを付けて五里五里の丘に鳥を撮りに行った時の写真を引っ張り出して、少しいじって遊んでみました。

Img_4625_a_2

Img_4625_2

Img_4627_a_3

Img_4627_3

露出はPモード、オートフォーカスに手振れ補正ONで撮っているのに、腕がついて行っていません。

アラを隠すための画像処理です(苦笑)。

2018年3月 7日 (水)

今日の太陽 2018/3/7

昨日の夕刊の天気予報欄→ 午前6時晴れ、正午曇り。

昨夜9時ごろのGPV気象予報→ 午前3時ごろまで晴れ、それ以降薄曇りから曇りへ。

今朝の朝刊の天気予報欄→ 午前6時晴れ、午前9時曇り。

さて、正解はどれでしょう。

180307ls

黒点は相変わらず無さそうなので、Hα画像のみ撮影しました。

薄雲の影響が強いので1/100秒で撮影。

昨日よりプロミネンスの数は増えています。

特に10時方向のが気になります。

ダークフィラメントは消長が活発のようです。

これから週末にかけて天気が悪そうです・・・本当かな?

2018年3月 6日 (火)

今日の太陽 2018/3/6

昨日はまたまた大荒れの天気でした。

春二番だったのでしょうか。

今日は打って変って上天気です。

180306b

空のチリ同様風に吹き払われたかのように、黒点ひとつ見当たりません(笑)。

180306ls

プロミネンスも彩層面もさびしいままです。

4時方向の淡いプロミネンスは観望では気が付きませんでした。

2018年3月 5日 (月)

ISO5000でM3撮ってみた

雨が降っています。

2/24にISO5000、露光100秒で試写してみました。

あいにく薄々雲が頻繁に通過したようで、3対象撮った中で唯一使えたのがM3だけ。

180224m3x40_2

先に100秒で30枚撮り、あとで5秒を10枚の合計40枚をコンポジット。

180224m3

中心部の飽和寸前で画像処理を止めました。

処理の仕方によっては左下隅に斑ノイズが残ります。

180224m3_2

ISOをもう1段落とすべきか、画像処理で目立たなくしてこのままいくか・・・。

あくまでも自己満足のレベルなので(苦笑)、星雲を撮ってみるまで結論を急ぐ必要はないのかも。

2018年3月 4日 (日)

今日の太陽 2018/3/4

晴れ。

180304b

黒点は今日も見当たりません。

1/2500秒で撮ってみました。

180304ls

にょっきり目立つプロミネンスが出ています。

ダークフィラメントも増えました。

今日は山天の例会があります。

例会で10cm太陽望遠鏡覗けるかな。

2018年3月 3日 (土)

M106 りょうけん座の系外銀河

晴れのち曇り。

今日も太陽撮影、いけると思ったんですが、9時前には大量の薄雲発生。

その後も増え続け濃くなって、撮影できず残念でした。

2/15にX-A2で試写したM106。

180215m106x19

180215m106

何度か画像を処理するうち、徐々に斑ノイズを抑えるコツがわかってきたような気がしますが、それでも気にならないところまで抑え込むことはできませんでした。

やはりISOを下げないとどうにもなりませんね。

空の狭い裏庭からの撮影で、総露光時間をたっぷり、というわけにもいかないので、

総露光時間(60分以内)/最低30枚=1枚の露光時間

という式はできているのですが、出来るだけ暗い星(星雲・銀河)も写し込みたい欲があるので、ISOをどこに持ってくるか、まだしばらく試写が続きそうです。

2018年3月 2日 (金)

今日の太陽 2018/3/2

突風というほどではなくなりましたが、まだ時折強い風があります。

快晴かと思えば急に雲が広がるなど不安定な空模様。

180302b

黒点は見当たりません。

180302ls

目立つプロミネンスが2か所。

北半球にダークフィラメントが見えます。

先日まで黒点のあった辺りにプラージュが見えるのは名残りでしょうか。

2018年3月 1日 (木)

強風で空の彼方の巨大風車も M101

昨夜来の台風並みの強風も、そろそろ収まりかけ、青空も見えるようになってきました。

強風のせいではないと思いますが、宇宙の彼方の銀河も勢いよくまわっているようです(笑)。

180214m101x30

180214m101

2/14の試写の時の画像で、カメラ設定などにまだ改善するところはありますが、このままゴミ箱行は切ないのでアップしてみました(苦笑)。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »