フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2018/3/10 | トップページ | 今日の太陽 2018/3/12 »

2018年3月11日 (日)

今日の太陽 2018/3/11

快晴。

7年前のこの日、会社の事務所で揺れのようなものをかすかに感じ、天井を見上げると吊り下げた蛍光灯がゆっくりと揺れていました。

社長が「地震や」と言ってテレビをつけると、そこに映し出されていた光景は・・・。

あれから7年、節目の日が来るとマスコミが特集を組みますが、他の天災戦争事件事故同様、過ぎてしまえば何事もなかったように日常の話題に戻ってしまいます。

私たちもそれは同じ。

多少の後ろめたさは感じつつも、当事者でない限り四六時中そこにわが身と気持ちを置いたままで生活するわけにはいかないから。

しかし、忘れてはいけないこともあります。

地震、津波、原発事故の被災者は「被害者」であって「お荷物」ではないという事。

震災直後からいわれのない中傷、風評被害で二重に苦しむ被災者に、当事者の一方である東電、国、地方自治体がどれだけより添えているのか。

キャッチフレーズに「復興五輪」を掲げ、「福島(の原発事故)はコントロールされている」と、国のトップ自らが嘘をついて招致した東京オリンピック開催に浮かれていていいのか。

ちょっと違うよなあ・・・。

今日もお天道さんに大きな変化はありませんでした。

180311ls

« 今日の太陽 2018/3/10 | トップページ | 今日の太陽 2018/3/12 »

コメント

悠々遊さん、こんにちは。

早いもので、あっと言う間に7年がたちましたね。
あの日、私は都内の事務所居て、会社から「事務所待機命令」が出て、事務所で余震のある中でひたすらネット徘徊をしていました。
翌日、JRが動くとの情報で事務所を出たものの…。
帰宅困難者でめちゃ混んでる電車に乗れず、迂回の迂回で市内の反対側の駅に到着…。
そこから更に2時間の徒歩…。
結局、事務所からいえまで4時間半くらいかけての帰宅でした。
あんな思いは、もうイヤですが、相手が自然ですから、無理ですよね。
だんだんと、記憶が薄れてきていますが、ここらでもう一度あの時の事を思い出して、常備品の再チェックをする時期ですね。

ところで…。
肝心のお天道様は…。
こちらも自然相手ですから…。
逆に待つしかないですね…。

昨夜の自然相手はどうでしたか?

layout3さん、こんばんは
私のような(ほぼ)傍観者と、実際に被災された方とでは7年間の重みが違うのだろうと思います。
これは阪神淡路大震災にも言えることですが、それぞれ立場の違う人が同じ時間を共有するというのは、本当は難しいのでしょうね。
時間とともに記憶が薄れるというのも、心のセーフティーガードと聞いたように思います。
でも忘れてはいけないことがある、だから1年に1度は記憶よ呼び覚ます機会が必要なのでしょうね。
昨日の夜遊びは・・・ガイドの暴走でてこずりました(苦笑)。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

「阪神淡路大震災」の悪夢の如き光景は未だに忘れられませんが、実際に大揺れを体験した「東日本大震災」の光景も、同様に忘れられません。恐らく死ぬ迄、彼の光景は忘れられない事でしょう。

先日、某ドキュメンタリー番組で「東日本大震災により故郷を追われ、被災者用の団地に移り住んだ被災者達。」の姿が報じられていました。道を挟んで建つ団地なれど、片や「原発事故により、家に留まる事を禁じられ、移り住んで来た人々が住む棟。」で在り、片や「津波によって家を失い、移り住んで来た人々が住む棟。」なのですが、同じ被災者で在り乍ら、両者の間には深い溝が存在していた。(御互いに交流を深める事で、其の溝は大分埋まって来た様では在りましたが。)津波によって追われた人々にとっては、「自分達は満足な保障すら受けられないのに、原発事故で追われた人々は多額の保障を受けている。」という思いが、そして原発事故で追われた人々には「好きで故郷を離れた訳では無く、今も帰りたいと思っている。なのに、震災で儲けた様な言われ方をするのは、本当に辛い。」という思いが。何方の気持ちも判るのだけれど、同じ被災者の間でも“いがみ合い”が生じてしまうという悲しい現実。「弱い立場の人間が、より弱い立場の人間を叩く。」という風潮が昨今は強いけれど、そういう風潮を為政者は利用して“ガス抜き”を図っている面も在る。遣り切れないです。

giants-55さん、こんばんは
自分も含め当事者になるまでは、どんな大きな災害事件事故であろうと「傍観者」であり、どこか他人事との冷淡さがあるように思いますね。
弱者に寄り添うという事は思っているほど簡単なことではないと思います。
でも、自分がその状況に置かれたら、と想像することはそんなに難しいことではないはず。
想像する努力を放棄すれば、自分自身と目の前にあるものしか見えなくなり、気持ちがとげとげしくなるのではないでしょうか。
少なくとも自ら望むことなく弱い立場に置かれている人を、さらにいたぶるような立ち位置にだけは絶対立ちたくないものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/66483445

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の太陽 2018/3/11:

« 今日の太陽 2018/3/10 | トップページ | 今日の太陽 2018/3/12 »