フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« お月さ~ん も最終回 嵐の大洋付近 | トップページ | どこかで妥協を・・・いえ、春闘の話ではありません »

2018年2月18日 (日)

いったいなんなんだ

昨年末に天体改造のKissX6iが壊れてしまったことをブログに書きました。

改造カメラはメーカー修理が効きません。

まして中古で購入なので泣く泣く廃棄したわけです。

メーカーが天体仕様で販売している機種は、とても高価で手が出せません。

もう赤い星雲は諦めるしかないのか、と思っていたところ、富士フィルムのミラーレスカメラがローパスフィルターレス仕様で、ノーマルでも赤いのがよく写るという評判を聞きつけました。

アストロアーツのホームページの投稿サイトを見ると、確かにノーマルで赤いのを撮っているのが目に付きます。

そこで価格コムで物色してみると、X-M1、X-A1、X-A2の3機種が天体撮影向きで値段お手頃。

早速一番最近発売のA2を2万円台で購入の運びとなりました。

一緒に純正品ではないTマウントとインターバルタイマーもお買い上げ。

今、裏庭観望所では赤い星雲は見当たりませんが、夏まで待ちきれず銀河祭りに投入することに。

180208m51x19

ダークフレーム用の画像を撮った後、フラットフレームを作るため、シャッター速度を1/20秒に変えて撮影し、その日は終了。

画像処理してみると、Iso6400で90秒という設定ながら、先ず納得の写りでした。

と、ここまでは一応順調。

ところが、別の日に撮影に入ろうとすると、露出ダイアルが30秒で止まってしまい、BULBモードにならない!

慌てて取説を調べるも、BULBに出来ない制限条件などどこにも書いてない。

ダメもとで撮影メニューなる項目をリセットしてみたら、無事解決で撮影開始。

180215m106x19

ところがところが!

昨夜になってフラットフレームに問題があることに気付き撮り直すことに。

撮り直した後、BULBに戻そうとしたが、再び30秒から先に頑として動かない。

連写モードから1枚撮りモードに変えると、ちゃんとBULBに出来るのに、連写モードにすると30秒まで・・・で、前回と同じく撮影メニューをリセットしてみるが、今度はてこでもBULB になりたくないらしい。

メーカーサイトからサポートメールで問い合わせていますが、土日なので回答は早くても月曜日以降になるでしょうね。

性格がイラチなものなので、何もせずじっと待っていられなくて、価格コムのクチコミ欄に情報を求める投稿をしたところ、早速返信コメントが複数あり。

しかし・・・どれも親切心に溢れたコメントながら、質問内容を理解していないコメントばかり。

現に何度かは連写モードで90秒露光のインターバル撮影ができている、と書いているのに「バルブ撮影はシャッターボタンを押している間だけ露光し、シャッターボタンを離したら撮影が終わるので連写はできない。連写モードではBULBは使えず30秒が限界」とか説明してくださるのには閉口(苦笑)。

このカメラ、BULBの件以外にも気になるところが。

撮影したすべての画像に、まだらな雲のようなノイズ?が出るんです。

分かりやすいよう強調処理したのがこの画像。

180213m81_82x10_2

一応チルトで本体からモニター部を離しているけれど、モニターには撮影中の秒数カウントなどが表示されたままだし、画面下部の方が顕著に出ているので熱カブリの可能性も?

それとも、受光部センサーの不良かな?

ダーク・フラット処理の有無にかかわらず出ているので、画像処理以前の問題であるのは確かでしょう。

ひょっとして不良品を掴まされたのか、と、つい疑ってみたくなる心境です(苦笑)。

EOS Kissから浮気をしたのが間違い?

追記

BULBの件、価格コムのクチコミでの質問で解決しました。

タイマーリモコン使用なのでカメラ側の設定は1枚撮影モードのままで連写できるという事でした。

キャノンのEOSもパナのLUMIXも、連写モードのBULB設定ができるので、そうするのが当たり前と思い込んでいたのですが、タイマーリモコン側でコントロールするので、1枚撮影モードで問題なく使えるという事だったんですね。

でも・・・X-A2で連写モードのBULB設定で使えた、というのは思い込みだったという事? そこのところはまだ何かすっきりしないのですが(苦笑)。

« お月さ~ん も最終回 嵐の大洋付近 | トップページ | どこかで妥協を・・・いえ、春闘の話ではありません »

コメント

おはようございます!
うわ~! 天体写真ですね。
実は私も太陽以外に天体写真を撮りに行ったりしてます。
先月の1月15日に月が出ていないのでマイナス8度のなか星雲7対象を撮影して来ました。あまり上手ではないですが(笑)
また自宅ベランダからは昼間は太陽。そして晩は惑星を狙っているんです。
太陽撮影はさいきん始めたばかりで大変ですが、いつもアドバイスを頂き感謝してます。結局が悠々遊さんと同じシステムでの撮影になりそうです。(笑)(遠回りし過ぎた感じです。)(^^)

こんにちは。
機材の理解に苦しむトラブルは本当に頭が痛いですよね。

富士フィルムの別の機種で似たようなスレを見つけました。
http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000002796/SortID=16618962/

フラットフレームを強調処理してみて下さい。
同じようなまだら模様が出るかどうかで何か分かるかもしれません。

悠々遊さん、こんにちは。

新しい相棒を購入して、新たな問題発覚ですね…。

悠々遊さんこんにちは
昨夜は夜遊びして今朝帰って来ました、矢張り南国とは言え寒かったです。
新機材購入で天体写真益々はまり込んで行きましたね。
でも思い通りに行かないと気分まで暗くなりますね、此処は一つ深呼吸して仕切りなおしで行かれてはどうですか、で問題解決しなければ、その道に詳しい方、近くに沢山いるので問い合わせして見ては如何ですか、機材やさん、カメラやさん以上に詳しいので気軽に相談出来ますよ。

JE4OXSさん、こんにちは
浅く広くがモットーで天体写真も楽しんでいます。
足(自動車)が無いので遠征せず、自宅裏庭の狭いスペースが撮影拠点です。
そうですか、同じシステムで太陽撮影になるんですね。
お役にたてるアドバイスが出来れば幸いです。

やまねももんがさん、こんにちは
ろくに知識もないのに新しいカメラに手を出して火傷してます(苦笑)。
BULB設定が出来ないとわかった時、私も検索でこのスレを見つけたんですが、ここはカメラレンズとの相性だったので原因がちょっと違うのかな、と・・・。
取説を見てもBULBに関する項目はマニュアル撮影のところに1か所記述があるだけで、設定制限などは書かれていません。
ファームウエアで解決されているかと確認しても手掛かりなしで、メーカー問合せにした次第です。

アドバイスいただいたフラットフレームの強調を試してみました。
まだら模様がより強調されるだけでした・・・なんなのでしょうね。
メーカーからBULBに関する回答メールが来たときに、この件も聞いてみようかと思っています。
頭が痛いというか、気持ちが萎えます(苦笑)。

layout3さん、こんにちは
新機材導入でつまずいて・・・何ですんなりと使えないんでしょうかねえ。
あれもこれもと新しい機能をてんこ盛りに付け加えても、肝心の基本的な事でエラーになるようなら本末転倒なんですけどね。
バルブモードで連写なんて、一眼レフのフィルムカメラの時代からの基本中の基本のはずだし。

夕焼け熊五郎さん、こんにちは
遠征お疲れ様でした。
向こうは良い天気だったんですか?
こちらは曇りで時々小雨がぱらつく夜でした。
ひょっとしたら私の涙雨だったのかも(苦笑)。
こたろうさんのような達人が近くにいたら、迷いなくカメラを持って教えを乞いに行くところですが、遠いな・・・。
メーカーの返答を待ちます。

こんばんは
新規導入の機材で気になる所があるとモチベーションが
下がりますね。
バルブ設定の連写問題は解決したようでなによりですが
問題はまだらなノイズの発生、iPad.iPhoneで見ていますが
残念ながら良く分かりません。
早く原因解明そして解決することを願っています。

テナーさん、こんばんは
ありがとうございます。
メーカーに問い合わせましたが、高感度と長時間露光による画質の低下と熱ノイズの可能性があり、ISOを下げコンポジット枚数を増やし、外部電源を使うしか回避手段はないという事でした。
先の2つは対応できても外部電源まではとても・・・。
X-A2を使うなら、まだらノイズとはうまく付き合うしかないようです(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/66406046

この記事へのトラックバック一覧です: いったいなんなんだ:

« お月さ~ん も最終回 嵐の大洋付近 | トップページ | どこかで妥協を・・・いえ、春闘の話ではありません »