フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« いったいなんなんだ | トップページ | M97 M108とイリジウム・フレア? »

2018年2月20日 (火)

どこかで妥協を・・・いえ、春闘の話ではありません

前回記事にした富士フィルムのミラーレスカメラ・X-A2のBULBモードで連写の件、各方面をお騒がせしてしまいましたが無事解決しました。

タイマーリモコン側で制御するので、カメラ側では1枚撮りモード+BULB設定で連写が出来るとわかりました。

Canonのデジイチなら1枚撮りモード、連写モードともにBULB設定できるので、それが当たり前と思っていましたが、メーカーによってまちまちなんですね。

取説にそこら辺の説明が無いのはちょっと不親切かな・・・それとも常識?。

さて、もう一つの課題、まだら模様のノイズの件も、富士フィルムのサポート担当者様から回答をもらいました。

>>

追加で頂戴しておりますご質問につきまして、伺っている撮影時設定と
処理内容からは、大変恐れ入りますが、回避することは出来ない状況
であるものと拝察いたします。

ISO6400と90秒の高感度と長時間露光により画質の低下が生じる
ことは否めず、また、コンポジット処理とレベル補正処理によって強調
されていることで、より目立つようになるものと考えられます。

モニター画面はカメラから離しているとの事ですが、CMOSセンサーは
カメラ内部にあり、各種回路やバッテリーなどにより熱ノイズ等が生じる
可能性はございます。

上記となりますので、ISO感度を下げてコンポジット枚数を増やす方法や、
ACパワーアダプター AC-9VとDCカプラー CP-W126による外部電源
利用などをご検討くださいますようお願いいたします。

※気温等の影響も考慮する必要がございますので、上記などでも
 万全の対策にはならないかと思われます。

>>

結論を言えばこのカメラでこの設定ではどうしようもない。

という事ですね。

出来るだけシンプルに短時間で「そこそこの赤い星雲」画像を得たいという、安易な希望はあっさりと否定されてしまいました(苦笑)。

天体撮影はやっぱり元のKiss X5に戻して赤いのは諦めるか。

そこで2/18に、少し薄雲の影響はありましたが、M81、M82のペアをKiss X5でiso6400・90秒露光・30枚コンポジットで試し撮りしてみました。

180218m81_82x30_2

まだらノイズの代わりにざらざらノイズが目立ちます。

今度は2/13にX-A2で同じところを同じ条件で撮っていた画像を再度処理。

180213m81_82x30n

同じ露出条件なのに、X-A2の方が感度がいいみたい。

X5は2011年の発売、A2は2015年の発売、4年の歳月で高感度対策が進歩しているようですね。

ただし、まだらノイズはしっかり出るし、ニュートラルグレーにしたのに黄色が勝ちすぎてしまいます。

で、RGB補正で黄色味を抑えるなどもう少し手を加えてみることに。

できるだけシンプルにがモットーで、手間をかけたくないのが本音ですが。

180213m81_82x30

自分なりには及第点かなと思ったんですが、どうなんでしょうね~。

どこかで妥協するしかないですよね~。

« いったいなんなんだ | トップページ | M97 M108とイリジウム・フレア? »

コメント

悠々遊さんこんにちは
今日は良いお天気太陽撮影良いじゃないですか。
車やテレビと同じで各メーカー大分似通って来ましたが、それでも特徴がありますね。
私もキャノン3台とニコンのコンデジ4台体制ですが、全部キャノンにまとめようかなと思ってます。

悠々遊さん、こんにちは。

難しい現実に直面しているんですね…。
私も赤道儀を買って一年間ミラーレスでやってきましたけど、やっぱり赤いのを綺麗に撮りたくて結局改造カメラ買っちゃったし…。
悠々遊さん、赤道儀も新調した事だし、これからの趣味を活かすために、中古の改造x7iを買うしか無いのでは?
ハヤタさんで値が下がってますよ。
頑張ってください。
コレって悪魔の囁き?

こんばんわ\(//∇//)\
6400使わず3200までにしたら良いのではないですかz。F4クラスなら3分で済むはずですよ。
それならオートガイドも要らんでしょ\(//∇//)\
あえてそこまでの高感度を使う理由がよく分からんのですd( ̄  ̄)

夕焼け熊五郎さん、こんばんは
太陽撮りましたが、相変わらずさみしい姿だったので出すのを止めました。
カメラの統一も良い方法ですね。
少なくともマウントアダプタやレンズは使いまわしできるし(笑)。

layout3さん、こんばんは
改造カメラを壊してから臆病になってしまいました。
それでも遠征で赤い星雲をたっぷり撮れるなら、まだ色気も出るんですが、裏庭族では撮れる対象も限られてしまうので「そこそこ撮れればいいや」と、そこのところは早々に妥協してしまっているんです(苦笑)。
悪魔の囁きには負けないゾ(笑)。

こたろうさん、こんばんは
コメントありがとうございます。
こたろうさんだったらそう言われるだろうなと覚悟していました(苦笑)。
3200に設定を変えることはその方向で考えています。
あとは1枚当たりの露光をどうするか思案中。

敢えて高感度を選択する理由はいくつかあります。
まず、遠征できない(4輪車の免許がない)ので、狭い空の裏庭限定の撮影。
そうなると総露光時間は最大で2時間弱、対象によっては1時間弱のものも結構ある。
なので、出来るだけ1時間以内で撮り切りたい。
いっぽう、以前こたろうさんのアドバイスにあったように、強めの処理に耐えるためにはコンポジットの枚数が必要。
短時間で多枚数撮る条件で、折り合いをつけたのが6400&90秒でした。

それより根本的なところは自身の性格にあると思っています。私いらちで根気がありません。
こたろうさんやおりおんさんはじめ、素晴らしい画像をものにされる方たちのように、ひとつの対象にじっくり時間をかけて丁寧な処理をしていく、というのが性に合わないというか(苦笑)。
なので、一晩にたくさん撮って、そこそこの処理手順でそこそこ自己満足できる画像を得たい、となってしまうのです。
もちろん、毎年撮っているような対象は、今度こそじっくり取り組みたいという思いはありますし、とりあえず撮っておきたい対象を一通り撮り終えれば、本気で撮りたい対象に十分時間をかけてみたいというのもあります。
が、やはり今は質より量なんですよ(笑)。

うちの会にFinePix S2 Proを使って天体撮影されていた方がいらっしゃるのですが、この方曰く、この時代(2002年ごろ)のFinePixは赤い星雲が赤く写ってさらに低ノイズだったとか。
作例も見せていただきましたが、2枚コンポジットですごくきれいに映ってました。
富士フィルムが天体写真復活なんですかねー

これからバンバンいっちゃってください!
楽しみにしてまーす

こんばんは
カメラの問題は解決黒頭巾とはなかなかいかないようですが、
市街地での夜遊びは露光、ISOはじめ枚数など暗い山の中とは
違い悩みどころが多いでしょう。
私も始めた頃は田圃畦道で撮りましたが写っている事に
一喜一憂。最近まで質より量で楽しみましたが、撮影対象が
一巡二巡すると考えも変わってきます。
しかし、条件の厳しい市街地で楽しみ方は悠々遊さんご自身が
1番良くお分かりかと思います。
ご自分のスタイルで太く長く楽しむのがベストでしょう。
チョット的の外れたコメントになったかも!

道端小石さん、おはようございます
昨年の秋ごろ家電量販店の望遠鏡売り場で店員さんと話をしていた時、「キャノンは赤いのが写りにくいでしょ。じぶんは富士を使っていますが赤いのに感度がいいですよ」と言われました。
その時は話半分に聞き流していましたが、実際FinePixは評判がいいようですね。
富士のデジイチクラスは手が出ないけれど、ミラーレスの初心者クラスもその流れを引き継いでいると思います。
このクラスのカメラに見合った設定で撮る、というのが必要なんでしょうね。
期待しすぎて高望み設定していたようです(苦笑)。

テナーさん、おはようございます
正直、暗い空で撮られた写真を見ると、ISOや露光など自分とあまり変わらないのに、天体撮影を始めたばかりの方でもここまで写るの! とびっくりすることがしばしば。
もちろん画像処理にかけておられる手間や情熱を抜きに見てしまってますが(苦笑)。
たとえ遠征できても、面倒嫌いの性格ではあそこまでの仕上げは無理だろうと、十分理解しております。
やはり身の丈に合った楽しみ方が長く続けられるコツでしょうね。
勇気をいただきました。
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/66413877

この記事へのトラックバック一覧です: どこかで妥協を・・・いえ、春闘の話ではありません:

« いったいなんなんだ | トップページ | M97 M108とイリジウム・フレア? »