フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2018/1/3 と、ふたご座の兄弟星 | トップページ | 今日の太陽 2018/1/6 と、実地検証で分かったこと »

2018年1月 5日 (金)

太陽撮影にピンチ到来

昨日は半年に1度の恒例の京大病院詣でをしてきました。

腎癌で左の腎臓を摘除してから10年、半年ごとの定期検診でしたが、ついに無罪放免の沙汰が下りました。

前回検査項目にあった前立腺癌の兆候もなく、完全無罪を勝ち取りました(笑)。

と、ここまでは朗報なのですが、実は昨年末から天体撮影に関わる物入り事態が続いておりまして・・・。

SXW赤道儀によるオートガイド撮影が不調で、SX2赤道儀に買換えたことはすでに書きましたが、その後天体改造カメラEOS Kiss X6iが故障してしまいました。

中古で買ったカメラで購入先のスターショップさんはすでに店を畳んでおり、改造ゆえメーカーでの修理は受けられず、泣く泣く不燃ごみとして処分。

手元には非改造のX6iがあるので、星団、系外銀河を撮る分には支障が無く、当面はこれでいこうと思っています。

ところが今度は太陽撮影に使っているLumix G5が挙動不審を頻発する事態に。

このカメラ、夏の頃にも勝手にシャッターが切れる誤動作が起きていたことは以前に書いています。

その時は夏の直射日光のせいで一時的な現象かも、と高をくくっていたのですが、このくそ寒い時期に再発。

しかも今回は連写の2コマ目に勝手に露光オーバーを起こし、「電源を入れ直してください」のメッセージを出してエラー停止する現象まで加わりました。

どうやら内臓のマイコンチップが暴走しているようです。

販売店に相談すると、修理料金は最低でも15000円はかかるそう。

まだ何とか撮影できている今のうちに、次の手当てをしておく必要に迫られています。

もちろんPCカメラによる動画撮影が、現時点でのベストな選択肢であるのは承知していますが、赤道儀とノートパソコンの準備など、機材が大掛かりになり、毎日撮影を続けることが困難になるのは、ものぐさ太郎の自分にはよくわかっています。

ポルタ経緯台とデジイチ(ミラーレス)の組合せがあればこそ、晴れ間があればサッと出し、パパッと撮ってすぐ撤収、という今のスタイルを維持できているのですから。

さて、G5はすでに製造中止機種で、中古市場でも見つからず。

別のメーカー、別の機種まで範囲を広げて候補を探すべきか。

ここで迷うのはLumixカメラに付属の現像ソフトSILKYPIX Developer Studioの存在。

10年以上太陽撮影してきて、カシオ、オリンパス、キャノンと試してきた中で、パナのG5のHα光の解像度の良さは、かつてのデジカメの名機Nikon Coolpix990には劣るものの、小型軽量カメラとしては秀逸と信じられたし、上記ソフトとの相性の良さで自分のイメージに近い画像が得られていたからこそ、今日まで同じ組み合わせが続いた来たわけで。

だから先ずはLumixシリーズからの選択が最優先になりそう。

現在新品で手に入るのはG6からで、新品43000円強が相場で中古は約半値。

次のG7は新品47000円弱、程度の良い中古との価格差は12000円ほどしか無く、ここはあえて中古を選ぶ意味はない。

次のG8は85000円程度と一気に価格は跳ね上がる、が、スペックで「ローパスフィルターレス」とあるのが気にかかります。

というのも、Hα光での撮影画像で解像度が落ちるのは、望遠鏡やカメラ本体の性能というより、ほぼこのローパスフィルターに起因するものだという事らしいからです。

前述のNikon Coolpix990にはこのフィルターが無く、逆に最近のカメラの多くがこのフィルターを組み込むことで、一般の撮影向きに適した画像になるよう工夫されてきているとか。

だから、太陽撮影に限定するならG8の方がより良い画像を得られることになる?

また、別のメーカー、別の機種だと、望遠鏡への接続方法から考え直さなければならなくなる。

撮影に関しては極力光のロスを防ぎ解像度を得るためにも直焦点がベストだと思うのですが、フォーサーズチップのG5でも直焦点では小さな画像しか得られません。

手元にある2倍バローを使ってみましたが、今度は大きすぎて画角に全球が収まりませんでした。

なので、今は廃番のビクセンのデジカメアダプターとLVアイピース、それにLumixの20mm単焦点レンズを組み合わせて撮影しているのですが、フォーサーズ系のカメラ以外の選択肢となると、その辺の見直しも必須になってきます。

APS-CチップのKissX6iとG5で1500mm直焦で月を撮り比べたことがありますが、G5で画角からはみ出した満月が、X6iではぎりぎり全球収まっています。

太陽のプロミネンスのことを考えると、太陽望遠鏡に1.5倍か2倍バローレンズを着けて750mmないし1000mm直焦点なら何とかなるかな。

そうなると太陽望遠鏡に負担の少ない小型軽量かつ安価な、(解像度の良い)デジイチorミラーレスでの直焦点の選択肢もありか・・・。

いずれにしても、頻繁に起きるG5の症状を見ていると、タイムリミットはもうあまり残されていないようです。

さあ、どうする・・・。

« 今日の太陽 2018/1/3 と、ふたご座の兄弟星 | トップページ | 今日の太陽 2018/1/6 と、実地検証で分かったこと »

コメント

悠々遊さん、こんにちは。

昨年からいろいろいかれちゃったんですね…。
赤道儀にカメラ2台…。
お財布事情を考えると、かなりの痛手ですね。
でも、健康面では、本当に良かったですね!
新相棒の事を考えると、コッチは最高ですね!
でも、カメラかぁ〜。
私は浅草にある「ハヤタカメラ」さんで買いました。
比較的安価で、程度の良い物を売ってるんですよ。
ご存知ですか?
http://www.hayatacamera.co.jp/category/astrophotography/
たまに特価品があります。
フラッシュ故障とか。
どうせフラッシュ要らないし、こうゆうのを狙うしかないかな…。
来週、カメラ屋さんに行く用事があるので、聞いてみましょうか?

こんにちは。
題名に続いて本文の1行目を読んで、びっくりしちゃいました。
おそるおそる読んでいったら、、、。
本当に良かったですね。
まあ機材は体あってのものですからね。

layout3さん、こんばんは
ありがとうございます。
でも懐事情は厳しさが募ります。
病気治療でお金を使う事になるよりはましですけど(苦笑)。
ハヤタカメラさんはネット検索で見つけてお気に入りに入れていますが、まだ決心がつきません。
夏から秋にかけての赤い星雲を撮るにはまだ時間があるので、ゆっくり考えたいと思います。
それより、太陽撮影用のカメラが・・・。

やまねももんがさん、こんばんは
ありがとうございます。
そうですね、元気でいられればこその趣味三昧ですから。
とはいいつつ、やはり元気なればこそ次の欲が出てしまい・・・(苦笑)。

こんばんは。
今回は最初にして図々しく聞いてすみませんでした。
私はPCカメラでの撮影後の画像処理に何時間もかけるやり方が段々、気に入らないようになり悠々遊さんのやり方が良いと私も改めて確信した次第です。しかし、カメラの中古はなかなか無いしVIXENのデジタルカメラアダプターの入手は難しそうなので余計、頭をかかえています。(笑)
今、手持ちで私もX6i天文改造を持っていますが主に星雲を撮影しています。これを太陽撮影に使おうかとも思っていますがどうなんでしょうか?でも太陽を撮るなら「パナのG5」相当がいいんですよね。今夜は頭が痛いです。(笑) また別方向で考え直してみます。有難うございます。(^^)

JE4OXEさん、こんばんは
あまりお役に立てなくてごめんなさい。
デジタルカメラアダプターの入手は確かに困難ですね。
昼過ぎにミニボーグ60EDで、2倍バロー+Tリング+X6iの直焦点で遠方のビルを試写してみました。
結果はいつものリレーレンズ方式のLVアイピース+アダプタ+20mmカメラレンズ+G5と、2倍バローを間に入れた場合のちょうど中間よりやや大きめの像になりました。
この像のサイズならLS60THaで太陽全球を入れて少し余裕がありそうです。
すでにX6i改をお持ちとの事なのでTリングもお持ちでしょうから、あとビクセンの2倍バローの追加で直焦点、RAW画像で撮ってイメージに合う処理を探ってみるというのも、ありかと思います。
私の方もフォーサーズ3機種に絞り込みつつあります。
また、天気が回復したら、LUNTでもX6i+2倍バローの直焦点を、実地検証してみるつもりでいます。
出来れば出費は避けたいので(苦笑)。

カメラの件は大変ですが、個人的には悠々遊様の御病状が「全く問題無し。」となった事が非常に嬉しいです。おめでとう御座います!!!

giants-55さん、こんにちは
ありがとうございます。
ようやく無罪放免されました(笑)。
毎回、体調はよくても検査結果を聞くまでは一抹の不安があったので、そのストレスからも解放されてほっとしました。
あとは無理せず趣味など楽しんでいきたいものです。

普通のカメラで撮影できるのかなぁと思ってましたが
なかなか太陽撮影も一筋縄ではいかないんですね!
この太陽が続くよう
陰からカメラ見つかるよう応援しておきます~~
どんな応援するんじゃろう(笑)

道端小石さん、こんばんは
はい、普通のデジカメでもとりあえずは写せます。
ですが、どんなに頑張ってピントを合わせても、たいていのカメラではピンボケみたいになります。
Hα光とローパスフィルターかカメラ内の処理アルゴリズムの相性があるようです。
PCカメラでは基本撮って出しなので間に余計な処理が入らないのがいいのでしょうね。
なのでデジカメでも撮影はRAW画像でやってますが、パナのLumixGシリーズのカメラと添付の画像処理ソフトに出会うまで、自分のイメージに合う処理が出来ていませんでした。
応援ありがとうございます。
自分を納得させる儀式みたいなものでブログ記事にしていますが、そろそろゴールが見えてきた気がします(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/66243255

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽撮影にピンチ到来:

« 今日の太陽 2018/1/3 と、ふたご座の兄弟星 | トップページ | 今日の太陽 2018/1/6 と、実地検証で分かったこと »