フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

ケフェウス座 NGC7380 &カシオペア座 NGC281

太陽撮影がないときにアップしようと残していたら、いつの間にか9月も最終日。

8/31撮影のストックを消化しておこう。

ケフェウス座の散開星団、NGC7380。

170831ngc7380x10

いつも通りの処理・仕上げ。

でも何か赤いものも写ってるし、ちょっと強めに処理しなおしてみました。

170831ngc7380x10_2

周りの微光星がうるさくなって散開星団が目立たなくなりましたが、ま、これぐらいもいいか。

続いてカシオペア座の散光星雲、NGC281、またの名をパックマン星雲。

170831ngc281x12

悠々遊の性格と同じちょっと控えめに処理(笑)。

やっぱり赤いのはもう少し強調した方がいいかな。

170831ngc281x12_2

やっぱり派手なものは派手に仕上げた方がいいのでしょうか。

これで8月も終わりました。

今日の太陽 2017/9/30

9月最終日は・・・昼近くになって撮影のチャンス到来。

170930b

西の小さな黒点は、今後のお天気具合からも今日明日が見納めか。

170930ls

プロミネンスはおとなしいですね。ダークフィラメントも小さく細いものが10時方向付近に見えるぐらい。

2017年9月29日 (金)

今日の太陽 2017/9/29

快晴でした・・・夕方までは。

170929b

170929ls

小粒な黒点ながらその周囲で活発な対流が起きていることが見えます。

夕刻から雲が増え始め、空のほとんどを覆っています。

明日にかけての予報は晴れなんですが。

2017年9月28日 (木)

ケフェウス座 NGC7235 IC1396

8/31撮影のケフェウス座の散開星団、NGC7235。

170831ngc7235x12

これまた小さな星団ですが、天の川の中にあっても、はっきりそれと分かる存在感がありますね。

同じくケフェウス座の散開星団、IC1396。

170831ic1396x12

こちらは散開星団としてよりも、散光星雲の方が知られています。

以前にも撮っていますがその時よりは少し星雲感が出たかな。

象の鼻と呼ばれるところも何となくわかるのですが、先にテナーさんの撮られた画像を拝見して、単独で出すのは恥ずかしくて2個セットにしました(笑)。

2017年9月27日 (水)

今日の太陽 2017/9/27

今日から明日にかけて天気が崩れるとの予報。

機材を出して観望中に既に、うろこ雲が空を覆って広がってきます。

迷っている暇がありません。さっさと撮らなくちゃ。

170927b

白色光ではなんとか影響は最小限に。

しかし・・・。

P1100730

Hα光での撮り初めにはすでにこの状況。

P1100738

撮影中のわずか1、2秒ほどの間にこれだけ流れていきます。

なのでコンポジットして仕上げるとこうなりました↓。

170927ls

注目すべきところは隠されていないので、ま、いいか(笑)。

2017年9月26日 (火)

昨日と今日の太陽 2017/9/26 と、昨日の釣果

撮影に影響の無い程度に薄雲あり。

170925b

170926b

2日連続で見れば一目瞭然。

大フレアで世間を騒がせた黒点活動域が、太陽をひと回りして戻ってきました。

170925ls

170926ls

プラージュもプロミネンスも昨日より活発の様子。

さて、2日連続の比較が目的で昨日のアップを見送ったわけではありません。

釣りに行きたいー! の誘惑に勝てず、昨日はとうとう撮影後に尼崎魚つり公園にGO!してきました。

釣果の方は、20cmまでのまだ小さなサヨリと豆イワシを、それぞれ50尾。

1709255050

帰宅後すぐにさばいて、サヨリとイワシ各1尾を刺身にして、試食と称してペロリ(笑)。

あとは一塩振って冷蔵庫に。

今朝はサヨリ数尾を味噌汁の椀だねにしました。

さて残りをどう料理して食すか・・・。

第一候補として豆イワシは唐揚げにて、レモン汁かゆずポンをかけて骨ごと。

サヨリのほうは無難に塩焼きにでもしようかな。

2017年9月24日 (日)

今日の太陽 2017/9/24

晴れ。

昨日は五里五里の丘の観望会の日でしたが、朝からの曇りがそのまま夜まで続き、あえなく不発。

それでも大人子供合わせて24人の参加者があり、見られるはずだった星の解説をした後、JAXAのホームページからダウンロードした星座早見盤の紙工作を楽しんでもらいました。

1日違いでこの天気になるなら・・・天気の神様も意地悪だ(笑)。

170924b

小さな黒点が孤軍奮闘です。

170924ls

眼視観望では8時、9時方向のプロミネンスに気を撮られて気が付かなかったけれど、10時方向にも淡くて大きめのが出ています。

2017年9月23日 (土)

はくちょう座 NGC7063

ところどころ青空ものぞきますが、ほぼ曇り空。

8/31撮影のはくちょう座の散開星団、NGC7063。

170831ngc7063x12

天の川の端のあまり濃いところではないので、背景とは区別がつきます。

でもやっぱり地味天です。

8/30と8/31に撮ったはくちょう座の天体はこれでおしまい。

天気が思わしくなく星を撮る機会が少ないと、それと反比例するようにネットの天文ショップを閲覧したり、望遠鏡カタログを見る機会が増えます。

資金もないのに物欲だけはふつふつと湧いてくるので困りものです(苦笑)。

2017年9月22日 (金)

はくちょう座の散開星団 NGC7039

今朝方5時過ぎまで夜遊びし、2時間ほど寝ている間に空がすっかり雲に覆われてました。

太陽撮影は無理なので、朝食後に撤収。

ゴミ出しして戻ってきたら、玄関横のグリーンカーテンに白いものが。

170922

先日の完熟ゴーヤで最後と思っていたら、長さ5cmほどの白ゴーヤがひとつ生っていました。

気温が下がり、すっかり秋めいてきたので、大きく育つかなあ。

閑話休題。

8/31に撮った、はくちょう座の散開星団NGC7039です。

北アメリカ星雲の南東側にあります。

170831ngc7039x12

視直径が25'となっているので、見かけの大きさはぎょしゃ座のM37とほぼ同じくらいですが、明るさが7.6等級なのでずっと暗くて天の川に埋没していますね。

かなり前に流行ったフレーズを使うと、

「わっかるかなー、わかんねえだろうなー」ってことになる地味天さん(笑)。

ちなみに真ん中あたりの明るめの星々は6等級です。

2017年9月21日 (木)

今日の太陽 2017/9/21 Hα光追加

太陽の方向にだけ雲がある。

カメラを向けると雲がかぶさってくる。

毎度おなじみのパターン。

それでもじっと我慢の子で撮りました。

170921b

西の黒点とはそろそろお別れです。

東に黒点が見えています。

ニューフェイスか前回のお馴染みさんか?

Hα望遠鏡で覗いた感じでは特徴が無いうえ、薄雲が居座ったので撮影断念。

機材を撤収し終わってしばらくすると、うそみたいに青空が。

これもいつものパターン。

まとまった青空が見えたので、昼に玄関先にてHα光を追加撮影しました。

170921ls

これで朝からのもやもや感解消。

気分すっきり、お天道さんもすっきり。

空は相変わらずすっきりせず。

2017年9月19日 (火)

今日の太陽 2017/9/19 と、完熟ゴーヤ

早朝はスカッとした晴れだったんですがねえ、いつの間にか薄雲が出てきちゃいました。

170919b

ぽつんとひとつだけの黒点がさびしそうです。

170919ls

ぽつんと9時方向の小さなプロミネンスが寂しそうです。

東に見える活動領域に、そろそろ黒点が現れそうな気はするんですがねえ。

ところで、庭先に植えていたグリーンカーテンのゴーヤが、秋を迎えて収穫を終えました。

家族は苦味が苦手なので、塩茹でして苦みを抜き、ほかの野菜と混ぜてサラダにしたり、小さく刻んだソーセージと炒めたりして、おいしくいただきました。

最後の1つだけは、ほんのり緑色を残した黄色に色づくまで待って収穫し、そのまま常温で2日ばかり完熟するのを待ちました。

Photo

皮にひび割れが生じてきたので割ってみると、中から真っ赤に熟した実が。

Photo_2

完熟ゴーヤは店頭にはまず出ませんが、自家収穫された方ならご存知だと思いますが、この実が甘いんですよね。

ブドウのデラウエアの甘さに、ごくわずかな苦みが混じり、大人の甘さといったところでしょうか(笑)。

完熟するとゴーヤ自体も苦みがなくなり、そのまま手でちぎっておいしく食べられます。

でもちょと頼りない味かな。

ゴーヤは連作が出来ないそうなので、来年は何をグリーンカーテンにしようかな。

2017年9月18日 (月)

本日2度目の更新 今日の太陽 2017/9/18

お寺参りを済ませて帰ってくる頃から、少し青空が広くなってきたようです。

14時過ぎに玄関先にて撮影。170918b

東端に近いところに白斑が見えますが、黒点があるかどうかまではわかりません。

170918ls

7時方向のプロミネンスだけが目に付きます。

電線の影響で太陽が陰ってしまいました。

太陽が出るとカーッと暑くなります。

大気中のごみが吹き払われて、熱線が直に肌に刺さる感じです。

はくちょう座 地味天シリーズつづき

昨日は17時頃から徐々に風が強まりだすものの、懸念された雨はほとんどなし。

本格的に吹き荒れだしたのはすっかり暗くなった20時ごろからでしたが、それでも雨は思ったほど降らず、地元城陽では雨台風というより風台風でした。

風の方も夜半過ぎにはほぼ収まり、安普請の家に被害なく、ほっとしながら夢の中に落ちていきました。

一夜明けて台風一過の青空がのぞき、さあ今日は太陽撮影できる、と思ったのもつかの間、すぐに雲の大群に空いっぱい覆われてしまいました。

8/31撮影の地味天、はくちょう座のIC1369。

170831ic1369x12

散開星団よりもその下に広がる暗黒星雲の方が目立ちますね(笑)。

さて、ところどころ青空はあるものの、撮影できるかどうか微妙なので、今日はこれからお彼岸を避けてお寺参りに行ってこようと思います。

我が家に台風被害が出なかったお礼も兼ねて。

2017年9月16日 (土)

はくちょう座 IC5146 モグラの穴に梅干しひとつ

8/30撮影の最後の画像に梅干しがひとつ写っていました。

170830ic5146x12

台風18号の影響で朝から雨が降り続いています。

だんだん雨脚が強くなってきました。

これから風も強くなると思います。

くれぐれもご用心を。

2017年9月15日 (金)

はくちょう座の散開星団 NGC7031

今日も日は射しますが薄曇りのぼんやりした空です。

かひちやうさんから「星もと」が中止の情報をいただきました。

残念ですが台風接近と重なるので仕方ありません。

さて、8/30撮影のNGC7031です。

170830ngc7031x10_2

はっきり言います。

これぞ地味天です。

2017年9月14日 (木)

今日の太陽 2017/9/14

薄ぼんやりした曇り空。

天然のソフトフィルター越しでコントラストが悪い。

170914b

黒点小さいし、Hα撮れる状態ではないし・・・なので遊んでみた。

170914bo

色温度を下げてみた。

170914bb

色温度を上げてみた。

170914

プロミネンスを造ろうとしてパラメータをいじっていたら、ゴルフボールみたいになってしまった。

これ以上遊ぶとお天道さんから叱られそうなので、お・し・ま・い。

2017年9月13日 (水)

今日の太陽 2017/9/13

10時前に狭い雲間を狙って白色光だけ撮影。

その後12時前になって晴れ間が広がってきたので、玄関先に移動して撮り直しとなりました。

170913b

すっかり寂しくなりましたが、この時期は黒点の一つもあるだけラッキーかもしれません。

170913ls

Hα光による太陽画像も撮れました。

やはりさびしいですね。

でも曇り・雨が続いているので、撮れただけでもラッキーと思っておきます。

2017年9月12日 (火)

今年も撮った網状星雲 NGC6992

今朝は雷鳴と激しい雨音に起こされました。

はくちょう座の網状星雲のもう一方、NGC6992です。

170830ngc6992x12

撮影した12枚全部でコンポジットできました。

Ngc6992

NGC6960より40分ほど遅れての撮影開始だったので、Jpeg元画像の方も、少し星が分かるようになって、薄らと星雲が見えなくもない状態です。

2017年9月11日 (月)

今年も撮った網状星雲 NGC6960

今日は曇りから雨に向かうようです。

8/30撮影分から、はくちょう座の網状星雲の西側、NGC6960です。

170830ngc6960x9

星が米粒状になるガイドエラーが3枚あり、9枚のコンポジットになりました。

Ngc6960

撮影開始が20時過ぎということもあり、元画像は3分でこの状態です。

RAW画像での処理でないと、Jpeg画像では歯が立ちません。

2017年9月 9日 (土)

久々にPCカメラで お月さんこんばんは

先月にPCカメラで月を撮ろうとしたものの、キャプチャーソフトにカメラが認識されないというドジをやらかしてしまいましたが、昨夜はばっちりOK。

170908188

miniBORG60EDで直焦点で全体を撮影。

170908

2倍バローを入れて、晴れの海、静かの海付近を撮影。

こたろうさんにチューンアップしてもらって、極軸合わせが楽になり、追尾精度も上がったGP2ガイドパックが、いい仕事をしています。

2倍バローで焦点距離700mmになっても、ほとんどずれが発生していません。

もっとも、月は恒星時追尾では徐々にずれていきますが(笑)。

こたろうさん、改めて、ありがとうございます。

今日の太陽 2017/9/9

なぜか太陽の近くにだけ薄雲が発生する(ほぼ)快晴(苦笑)。

なるべく避けて撮影しましたが、若干の影響はあるかも。

170909b

大フレアを起こした黒点群の領域は、今日でお別れのようです。

170909ls

フレアも大分おとなしくなりました。

プロミネンスが2か所に出ていますが、そろそろ平穏な日常に戻りそうです。

2017年9月 8日 (金)

今日の太陽 2017/9/8 大規模フレアの名残り

曇りから晴れへ

170908b

曇りや雨の日が続いたため欠測している間に、あっと驚く為五郎現象があったようです。

残念ながらそのおいしいところは見られませんでしたが、名残りはしっかり見えています。

170908ls

大規模フレアは名残りでも明るいですね。

通信障害等が懸念されていますが、今のところ日常生活に支障はないようですね。

2017年9月 5日 (火)

とかげ座の散開星団 IC1434

8時前までは快晴の期待もあったのですが、その後雲が増え始め撮影の頃合いには曇り。

これから下り坂で、金曜までは曇りか雨の日が続く予報が出ています。

8/30撮影分から、とかげ座のIC1434

170830ic1434x12

ケフェウス座に近い天の川の中の散開星団です。

裏庭で狙える9.4等級までの天体を撮影対象にしており、とかげ座の対象はこれにて完了。

2017年9月 4日 (月)

今年最初のアンドロメダ銀河

今日はほぼ曇り空なので、太陽の観望&撮影はお休み。

先月末の30、31日と2日間、裏庭での夜遊び撮影でいくつかの画像を確保できました。

ほとんどは例によって地味天散開星団ですが、唯一メシエ天体も撮ったので今回はそこからスタートします。

M31、M32、M110

170830m31x9

今回は多段階撮影を忘れてしまい、180秒12本勝負に出て、うち3枚が少し流れていたので、9枚のコンポジットでした。

ISOを高めに設定しているからなのか、コンポジット枚数がまだまだ少ないからなのか、相変わらずザラついた画像になってしまいました。

これでもバックグラウンドスムースをかけたり、仕上げ段階でトーンカーブで少し暗めにしたりと、せこい手を使ってバックの(見かけの)ザラつきを抑えてはいるのですが(苦笑)。

多分両方の問題なのでしょうが、裏庭の極狭い空を思うとISOを抑えて露光を伸ばし、撮影枚数も増やすという選択になかなか踏み切れません。

2017年9月 3日 (日)

今日の太陽 2017/9/3 困ったゾ

午前中は雲が多くて撮影にならず、昼から玄関先にて撮影。

170903b

よ~く見るとあちこちに黒い粒が出ています。

170903ls

2時、7時のプロミネンスは少し大きくなっている様子。

10時のは終息したようです。

さて、撮影を終えて望遠鏡からカメラを外そうとすると、カメラに触れる前にシャッターが切れます。

シャッターはいつもケーブルリモコンで切っています。

モニタ画面にタッチシャッターの機能はありません。

もちろん私に念力の超能力などあるはずもないし。

カメラを外す間にもシャッターは不規則に切れます。

これに近い症状は一昨日の撮影の時にも一度起きました。

一旦電源をOFFにして、部屋に戻ってから、カメラの設定を調べようとしますが、設定モードボタンを押す間にもシャッターが連続して切れます。

シャッターが切れると設定モードが解除され撮影モードに戻ってしまいます。

もう一度OFFにし、再度ON。

今度は設定モードに無事入れて、各種設定を確認してもノータッチでシャッターを切るような機能はどこにもありません。

電気系統、おそらくマイコンの故障でしょうね。

購入時期を調べてみたら、4年前の8/15にHα画像を撮影したのが、ファーストライトでした。

保証期間はとうに切れています。

以前、保証期間内に別の個所の故障で修理に出したことがありますが、「修理受付ました」の連絡もないまま1か月放置された経験があります。

このカメラ、ほぼ太陽撮影専門で、時々顕微鏡撮影も兼務。

とりあえず今は撮影はできますが、この先いつ暴走するかわかりません。

さて、どうしたものでしょう。

2017年9月 2日 (土)

今日の太陽 2017/9/2

晴れ。

大きな雲が流れていきます。

お天道さんを隠していた雲が過ぎ去るのを待って撮影。

170902b

大きな黒点間をつなぐように小さな黒点群が現れました。

黒点が見ごろを迎えています。

170902ls

2時方向に加え7時方向、10時方向のプロミネンスも目立って来ました。

これで5日連続で太陽撮影。

お天道さんも元気だし、いい感じです。

2017年9月 1日 (金)

地味天2題

8月も月末になって天気が良くなり、30、31日と庭撮りが出来ました。

また、ここ数日太陽撮影もできているので、24日と27日の夜すっきりしない空に筒を向けて撮った地味天の出番がなくなりそう。

というわけで月も変わったので、この際在庫処分のつもりで(笑)。

はくちょう座NGC6910。

170824ngc6910x12

サドルのすぐ近くにあり、560mm直焦点では一緒に写り込みます。

赤い星雲もうっすら写りました。

こぎつね座NGC6940。

170827ngc6940x12

天の川を背景に大きく広がった様子が分かりますが、天の川の濃いところならきっと埋もれてしまいそうな微光星の集団です。

今日の太陽 2017/9/1

9月になりました。

昨日に引き続き、真っ青な空、快晴です。

天高く馬肥ゆる秋・・・が実感できる気候です。

170901b

西の黒点はそろそろ退場を迎えていますが、真ん中右寄りに新たな黒点が二つ誕生しています。

昨日の画像をよく見ると、すでに出ていましたが小さく淡くて気付きませんでした。

170901ls

2時方向にプロミネンス発生。

7時方向のものはほぼ終息しています。

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »