フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

雨の季節には アガパンサスも似合います

雨の季節に似合う花と言えば、真っ先に思い浮かぶのはアジサイですが、すらっとした姿と涼しげな色をしたアガパンサスもよく似合います。

ということで今年もまた撮ってしまいました。

170628

170628_2

170628_3

花粉は今年が一番上手に撮れた気がします・・・と自画自賛(笑)。

2017年6月29日 (木)

主権者たれ

 テレビドラマで「すれ違い」シーンが繰り返されるものがある。戦後に放送され、女湯が空になったとの伝説が残る「君の名は」など、その最たるものだろう。

 根がイラチということもあるのだろうが、こういうドラマを見るとイライラして、よほど面白くない限り以後そのドラマを見ることはない。

 もちろん現実にすれ違いが起こらないわけではないが、何度も繰り返されると、あざとい作為を感じ(作品なのだから作為は当たり前だが(苦笑))、白けてしまうのだ。

 閑話休題。

 共謀罪審議や森友学園、加計学園の疑惑をめぐる、安倍政権の言動を見ていると、野党の質問・追及を何とかかわそうと、わざと論点をすり替えた答弁を繰り返し、「すれ違いを」演出しているように映る。

「批判を真摯に受け止め、誠実・丁寧に説明を尽くしたい」などと首相なこと・・・もとい、殊勝なことを言いながらも、現実にはその機会を求められても応じず、他方、問題点をすり替えた発言を繰り返す。また、そんなあざとい手法に毎回乗せられ支持率が大して下がらないのだから、国民の方もどうかしている。

 鶏は三歩歩めばそれまでのことを忘れている、というジョークがあるそうだが、国民は鶏と同じレベルか? 少なくとも時の権力者はそう考えている節がある。

「すれ違い」も「すり替え」も無い方が良いに決まっているが、この人たちの頭の中はいったいどういう構造になっているのだろう。国民の安心安全、公平公正の実現に向かっているのだろうか、それとも、自らの地位と名声と権力の維持に向かっているのだろうか。

 とかく世間は強いリーダーを求めたがるようだが、裏を返せば独裁者を求めているのと同じだ。 また、清廉潔白だが無能なリーダーより、多少悪いことをしても有能なリーダーの方が良い、という考えも世間にはある。清濁併せ呑む度量の大きなリーダーが理想像なのだが、果たしてそうだろうかと最近になって思うことがある。

 有能で強いリーダーについていくことは、自らは無責任でいられる心地よさがある。たとえは悪いかもしれないが、親に庇護された子供、狼から守ってくれる羊飼いの下にのんびり安心して草を食む羊たち。

 しかし、その親がとんでもない親だったら、子供は命さえ失いかねないし、羊たちは狼からは守られても、いずれ肉となり人間の胃袋に収まる。

 逆説めくが、我々にはむしろ正直だが頼りないリーダーの方が良いのではないだろうか。頼りないリーダーだから、選択を誤らせぬようみんなでしっかり責任を持って監視することで、主権者責任の確立した社会が形成される。誰も他人任せの逃げは許されない。

 即断即決を迫られる事態が起きた時にどうする? やはり有能で強いリーダーシップが必要ではないか? そんな疑念は当然ある。

 しかし、世間や世界を見回してみればわかるが、本当にそうした事態が生じたときは、たいていは誰がどう即断してもすでに手遅れなのだ。有能なはずのリーダーは責任を取らず、責任を押し付けられているのはいつも末端にいる者たちのほう。だから「トカゲのしっぽ切り」などという言葉が生まれてくる。

 むしろ、即断即決、一発大逆転といった事態に至らせないよう、日頃から危機管理ができてこそ有能なリーダーのはず。

 小悪党の籠池理事長や文科省職員を「トカゲのしっぽ」にして終わりでいいわけがない。

 心ならずも成立してしまったいわゆる「共謀罪法案」を有効活用するためにも、警察・検察にはまず真っ先に総力を挙げて、森友学園と加計学園の疑惑に首相官邸、内閣官房、文科省、近畿財務局、大阪府らの共謀がなかったか、徹底的に捜査していただきたいものだ。

2017年6月28日 (水)

ミクロ・ワールド カンパニュラの花粉

和名をフウリンソウというのだそうです。

170602

これもお隣さんに咲いていたのを、了解をとって花粉採取。

170605_2

丸い形にイガイガトゲトゲがたくさんあります。

170602_2

水を加えると膨らんでイガイガが分かりにくくなりました。

170605_3

ガクの一部を切り取って40倍で撮影してみました。

ガクの縁にたくさんの毛が生えています。

2017年6月27日 (火)

ミクロ・ワールド マツバボタンの花粉

お隣さんの玄関わきのプランターで咲いていたのをいただきました。

お店で買った来られたのでしょう、名札が挿してあったので名前を調べる手間が省けました(笑)。

170605

170605_2

ベビーカステラをイメージさせる色と形ですね~。

170605_3

水を加えると一気に膨張してしまいました。

2017年6月26日 (月)

はくちょう座γサドル

昔は、サドルの名前で真っ先に思い浮かぶのは、自転車の座席部分でしたが、はくちょう座のγ星サドルも思えば自転車のサドルと同じような位置にあるような(笑)。

5/21の撤収前に撮ったものです。

170521x9j

120秒露光で少しは赤い星雲が出ました。

サドルの上方には散開星団NGC6910も見えています。

元画像を見るともっと伸ばせたかもしれませんが、経験から裏庭では180秒ぐらいで全体が白っぽく飽和を始めるようです。

2分と3分の差がどれほどの結果の差になるのかわらないので、つい無難な方に流れてしまいました。

5月に撮った夜遊び画像はこれでおしまい。サードーすル・・・。

2017年6月25日 (日)

お蔵入りから引っ張り出したM16 わし星雲

朝の散歩に出ようとしていたら、ゆるい揺れが来ました。

長野県で震度5強の地震があったようです。

*****

5/20に撮ったM16です。

170520m16x8j

露光不足は明らかですが、この日は追尾がもうひとつうまくいかなくて、星も若干流れています。

それにRAW現像の方も何度やってもうまくいかず、とうとうさじを投げてJPEG画像の方で処理しました。

庭撮りで高度の低い対象は難しい・・・と、言い訳しておきます(苦笑)。

ま、創造の柱がなんとかわかるので、ゴミ箱ではなくお蔵に入れておきました。

2017年6月23日 (金)

今日の太陽 2017/6/23

はっきりとはわかりませんがうす雲があるようです。

でもほぼ快晴。

梅雨の中休みで太陽がギラリ。

170623b

東に黒点が出ています。西側にも小さなものが見えますが、これは以前見えていたものが衰えた姿でしょうか。

170623ls

黒点のところには明るいプラージュも。

プロミネンスは東西どちらにも、目立つ姿で出ています。

そしてダークフィラメントもたくさん。

かひちやうさん、これならモザイクできますか?

2017年6月22日 (木)

5/21の球状星団3連発

時折薄日はさしますが晴れる気配はありません。

Photo

昼過ぎに玄関を出ると、日暈(ひがさ)がでていました。

5/21に撮っていた球状星団3連発、と言っても小粒なものばかりなんですけどね(笑)。

わし座のNGC6760

170521ngc6760x11

たて座のM26

170521m26x8

同じくたて座のM11

170521m11x5

小さい方から順に並べてみました。

2017年6月21日 (水)

望遠レンズをこぎつね座に向けた

前回の新月期には望遠レンズでも星を撮っていました。

こと座のM57ドーナツ星雲は200mmでは小さすぎて、等倍トリミングしてやっと見えるという感じでしたが、こぎつね座のM27アレイ星雲はもっと大きいので、何とかなるだろうとタカをくくって撮影。

170530m27x11

甘かった(笑)。

等倍トリミングして、

170530m27

こぎつね座でもう一つの人気の天体が、コートハンガーの愛称で知られる星の並び。

170530x12

ちょっとわかりにくいですね。

後の祭りですがソフトフィルターを使えばよかった。

線を入れるとわかるかな。

170530

撮り終えてから気が付いたのですが、おうし座のM45すばると同じぐらいの視直径なんですね。

2017年6月19日 (月)

今日の太陽 2017/6/19

一夜明けて今日は快晴、でも暑い。

9時過ぎの観望と撮影の10分足らずで、額と背中に汗がじんわり滲んできました。

170619b

真ん中に来た黒点、今日も元気ですよ。

170619ls

黒点周りの活動域、西の黒点群そばのプラージュ、ダークフィラメント、4時半方向のプロミネンスと、小規模ながら見どころはたくさんあります。

2017年6月18日 (日)

M57 560mmと200mmで撮ってみた

朝からずっと曇りで、お天道さんはお休み。

前回新月期に撮りためた画像の蔵出しをしておこう。

夏の定番、こと座のM57。

170520m57x9

560mmでは小っちゃい。

170530m57x11

200mmだともっと小っちゃい。

なので思い切って等倍トリミング。

170520m57

170530m57

200mmのほうはそれでも小さかった。

2017年6月17日 (土)

今日の太陽 2017/6/17

今朝もうす雲のある晴れか・・・と思いきや、真っ青な快晴。

170617b

黒点は今日もしっかり出ていました。

170617ls

10時方向のプロミネンスが元気。

170617

かひちやうさんとこ、この天気ならLUNT君の有給休暇撤回かと思ったんですが、ちゃんとお休みさせているようです。

どこかのブラック企業と違い、しっかりとした信念をお持ちの雇用主です(笑)。

2017年6月16日 (金)

今日の太陽 2017/6/16

うす雲が覆うすっきりしない晴れ。

170616b

真ん中の黒点(群)は少し発達しています。

170616ls

東のリムのプロミネンスは10時方向に見えています。

南半球にあったダークフィラメントは西のリムに到達し、小さなプロミネンスが見えてきました。

晴れは明日まで続きそうですが、今日のような曇りがちの晴れから次第に下り坂の予報です。

2017年6月15日 (木)

今日の太陽 2017/6/15

快晴、暑い、梅雨を越して真夏の気候です。

170615b

真ん中あたりにも小さな黒点が出ました。

170615ls

その黒点あたりにプラージュが出ているのがわかります。

もしかしてフレア?

東のプロミネンスは少しおさまってきたのか。

2017年6月14日 (水)

今日の太陽 2017/6/14

そよ風が吹く気持ちの良い晴れ。

気持ちよく観望と撮影。

170614b

思ったほど大きくはなかったけれど、黒点がはっきり見えてきました。

170614ls

東のプロミネンスが豪華になってきました。

南半球のダークフィラメントは少し薄くなっていますが、もうすぐ西のリムに届きそうです。

2017年6月13日 (火)

今日の太陽 2017/6/13

青い空に白い雲・・・カラ梅雨が続いています。

170613b

11日の山天例会でakitaさんから東のリムに黒点が出ているとの情報があったので、2日後に移動しているだろう辺りを目を凝らしてみるも分からず。

と、その時リムに黒い影が・・・これが情報の黒点? にしては移動量が少なすぎ・・・。

分かりますか?

170613b_2

いずれにしても、akitaさんからの情報がなければたぶん見過ごしていたでしょう。

170613ls

黒点のすぐ下あたりにはプロミネンスが宙を舞っています。

その右の方にほんの少し明るい部分、プラージュが見えるあたりに黒点があったのかもしれません。

2017年6月11日 (日)

ヘルクレス座 M92 560mmと200mmで

予報通り曇っています。

先月の新月期に撮影したM92です。

170520m92x13

同じヘルクレス座のM13と比べると見劣りしますが、堂々とした球状星団です。

170529m92x12

それでも200mmではやはり物足りない。

なのでトリミングしました。

170529m92

梅雨のこの時期、ゴミ箱に手を突っ込んでの救出大作戦が続きます(笑)。

2017年6月10日 (土)

今日の太陽 2017/6/10

朝のうちは薄雲が広がる空でしたが、昼からはそれもほぼ消えて、白っぽいながらも快晴。

170610b

今日も無黒点状態が続いています。

170610ls

9時方向のプロミネンスと南のダークフィラメント以外はおとなしいお天道さんです。

2017年6月 9日 (金)

今日の太陽 2017/6/9

雨、曇りと続いてようやく晴れました。

170609b

黒点も雨で洗い流された? まさかね(苦笑)。

170609ls

Hアルファ画像もおとなしくなっています。

中央やや西側の、黒点があった辺りが激しく活動しているようにも見えますが、プラージュが発生するほどでもない様子。

170609

面白半分でカラー反転してみました。

あと南側にフィラメント、2時と9時の方向に小さなプロミネンスが見える程度です。

 

不安定な状態が続くデスクトップパソコンに業を煮やし、ついに昨日の11時ごろからリカバリを開始しました。

購入時の状態に戻すリカバリ自体は30~40分で済みましたが、そこからインターネット環境の設定、外付け機器の接続、常時使うアプリのセットアップ&カスタマイズ、退避していたファイル類のコピー戻しと続き、8時間ほど費やしました。

そして今朝パソコンを一旦点けて、終了とともにWindowsの更新が延々3時間ほど続き・・・いつも思うのですが、できればリカバリはしたくないなあ。

2017年6月 8日 (木)

焦点距離を変えて撮ってみた M13

5月19日の夜、今年初のM13を撮りました。

170519m13

5月29日には、望遠レンズのズーム200mmでトライしてみました。

170529m13x12

片やオートガイドで120秒、片やノータッチの60秒での撮影です。

500ピクセル四方でトリミングしてみると、

M13560mm

M13200mm_2

まあ、それぞれに持ち味があったな、という事で・・・(苦笑)。

2017年6月 6日 (火)

今日の太陽 2017/6/6

晴れ。

これから明日に向かって下り坂とのこと。

しばらく太陽が撮れそうにないからと、意気込んで撮影に取り掛かりましたが・・・。

170606b

小さな黒点群が消えそうな雰囲気。

170606ls

やっちまいました。

いつもと同じ露光で撮り、いつもの処理をしたら、なぜかこんなことに。

昔はよく露光を間違えてやらかしていたんですが、最近は安定していたのに(涙)。

悔しいので、いつもと違うパターンであれこれ処理を試してみて、ようやくこんなところまでこぎつけましたが、原因が分かりません。

170606lsb

いよいよ認知症が始まったのでしょうか・・・。

2017年6月 5日 (月)

今日の太陽 2017/6/5

晴れ。

今日は気がかりだったピントの甘さを、いつものリレーレンズ法と直焦点で撮影し、見比べることにしました。

170605b

170605b4000

上がリレーレンズ方式で、下が直焦点です。

はっきり見える黒点群の右にも極小の黒点が出ています。

170605ls

170605ls320_2

Hα画像も同じくです。

東の端9時方向に、淡いプロミネンスが出ていました。

露光やサイズが異なるので、できるだけ同じ仕上がりになるように処理をしました。

直焦点の方はカメラレンズ+アイピースが無い分、シャープな印象ですが、ことピントに関してはあまり差は無いように見えます。

どうしたものか・・・。

2017年6月 4日 (日)

今日の太陽 2017/6/4

晴れ。

今朝は既往の観望会の報告書を書き上げ、他にも雑用をこなしているうちにお昼。

慌てて太陽撮影を済ませて、所用で外出・・・と、バタバタ過ごしてしまいました。

170604b_2

最近どうもリレーレンズ方式での撮影でピントが甘い。

モニターで拡大表示しながらピント合わせしているのにピントの山が掴めない、というより、山が無いような状態。

ミラーレスのレンズに取り付けているフィルター口径変換のプラスティックのアダプターが甘くなって、ガタが出ているのでそのせいで光軸がずれているのかもしれません。

変換アダプタを買い直すか、直焦点撮影にするかそろそろ考えた方がいいのかも。

今日の黒点も、眼視ではちゃんと分解しているのが分かるのに、カメラを付けてモニター越しにピントを合わせても、モヤッとした感じにしかなりませんでした。

残念。

170604ls

黒点まわりのプラージュが今日も目を惹きます。

170604lsb

というか、注目すべきはこの辺だけのようです。

表面から飛び出しているのは北朝鮮のミサイルではありません。

念のため。

2017年6月 3日 (土)

今日の太陽 2017/6/3

雲の多い晴れでした。

それでも撮影に支障なし。

170603b

東の黒点が群れを成しています。

170603ls

プロミネンスはまた大人しくなってしまいました。

今日は木津川運動公園五里五里の丘で観望会があり、その準備でブログのアップが遅くなってしまいました。

五里五里の丘の観望会は閉園時間の関係から、18時スタート、20時前の終了となり、昼の時間の長い5月から8月のころは太陽が沈む前から始めるため、最初の1時間ぐらいは月しか観望対象がありません。

明るい時間帯をどう乗り切るかが大きなテーマです。

小学生低学年や幼児も参加するので、星や星座の話を20分もやればダレてしまいます。

そこで今回は、太陽系を疑似体験してもらう企画を立ててみました。

太陽系の各種データを数字で示しても単位が大きすぎてピンとこないので、地球を直径1cmの球と仮定してこんな図面を作りました。

Photo

太陽は長さ1.1mの突っ張り棒を代用し、そこに上図から切り抜いた地球と月を30cmの間隔で貼り付けるという、大ざっぱなもの。

これを屋内で参加者に見せながら解説したうえで、今度は屋外の公園に出て、予め巻尺で測っておいた位置に、上図から切り出した水星、金星、地球をCDケースに貼り付けて置いて行き、太陽から各惑星がどれぐらい離れているか、太陽から地球を見ればどれぐらいの大きさかを疑似体験してもらいました。

地球が1cmの大きさだとしてもさすがに火星以遠は遠すぎるので、観望場所の公園を中心としたこんな図を作って、皆さんに配っておきました。

Photo_2

じっと座ってお話だけ聞くよりも、実際に歩いてみてその大きさと距離を実感してみるのは、結構新鮮だったようで子供たちははしゃいで楽しんでくれたようです。

平坦かつ直線で120m以上ある広い公園だからこそできる疑似体験学習? でした。

そうそう、肝心の観望会は、今夜はお月さんと木星がメインで、うしかい座のアークトゥルスやおとめ座のスピカがようやく見えだした頃に解散となりました・・・。

2017年6月 2日 (金)

今日の太陽 2017/6/2

昨夜来の雷雨も明け方には収まったようで、昼前には青空は広がってきました。

空中の浮遊物が洗い落とされて、見事な青い空です。

風が強めなのが難ですが、贅沢は言えません。

170602b

昨日フレアがあったところに黒点が出現。

期待しましょう。

170602ls

フレアはまだ活発なようです。

西のプロミネンスは収まってきた様子ですが、地球が3つぐらい入りそうなループになっています。

2017年6月 1日 (木)

速報! 今日の太陽 2017/6/1

今日も無理と判断し、朝のうちにミクロ・ワールドをアップしましたが、雲の間から太陽が見える時間が多くなってきたので、急きょ出動。

白色光では、相変わらずの無黒点。

170601b

ところが、Hαで覗いたら、で、出てました!

170601ls

東にくっきりフレアが!

170601ls_2

西には久しぶりの中規模プロミネンスも!

170601ls_3

6月は幸先が良いスタートです。

ミクロ・ワールド チドリソウと? 追記-解決

昨日は夕方から夜にかけて雷雨がありました。

おかげで今朝はひんやり過ごしやすい。

玄関わきの側溝と舗装道路の隙間から、自生えの野草の花が咲いています。

昨年、隣家の方に名前を教えてもらっていました。

チドリソウというのだそうです。

170526

1円玉程度の大きさの花がたくさん付いて豪華です。

170526_4

170526_2

170526_3

今年はお隣さんの玄関先にも野草の花が咲いていたのですが、残念ながら名前が分かりません。

撮影から2週間ほどして花が散ってしまい、根元から引っこ抜かれていました・・・。

170526a

  -追記-

夕焼け熊五郎さん、やまねももんがさん、五里五里の丘の学芸員さんからのアドバイスにより、この花はヤグルマギクと判明しました。

ありがとうございました。

花粉画像のデータも差し替えました。

170526

170526_2

花粉はこれまで見たことのない、薬のカプセルのような形をしています。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »