フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« JR大回りの旅 ~プロローグ | トップページ | 今日の太陽 2017/4/16 »

2017年4月15日 (土)

JR大回りの旅 ~本編

お待たせしました。

長池駅から大回りの旅の始まりです。

3

乗車中や乗継待ちの退屈しのぎに、肩掛けバッグにナンプレの冊子を入れていたのですが、出発駅の駅名看板を見て停車駅ごとにこの看板を撮って行こうと閃きました。

が、これが間違いのもと。

駅ごとに停車位置と看板の位置が異なり、乗降客の邪魔にならないよう気を付けながら、車両内を右往左往、席を温める暇がありません。

全行程79駅のうち、快速や新快速電車も使ったので通過駅が14駅ありましたが、それを除く65の停車駅で撮影出来なかったのは2駅、草津線の寺庄駅と奈良線の宇治駅だけでした。

なので乗継駅の看板だけをとりあえずアップしていきます。

4

最初の乗継は、学研都市線のターミナル駅であり、奈良線、関西本線、大和路線の合流するハブ駅でもある木津駅。

5

8_2

加茂駅から西は大阪まで6両ないし8両編成ですが、東は亀山駅まで、1両または2両編成のワンマンカーになります。

6

加茂駅では乗継に時間の余裕があるので、ホームから駅舎を撮影。

7

唯一の自撮り写真(笑)。

10

柘植駅は草津線のターミナル駅で関西本線との乗換駅。

Img_4155

実はここが時計回りから反時計回りに変更することになった原因の駅。

時計回りでは乗り継ぎ時間2分の間に跨線橋を渡って別のホームまで移動する必要がありましたが、反時計回りでは降りたホームの向かい側から草津線に乗り換えできます。

しかも乗継時間はたっぷり23分! 何でこういう時間割なのか?

少し遅い昼食をここで取りました。

21

柘植では撮り忘れましたが、草津線の電車です。

11

琵琶湖線の主要駅で草津線のターミナル駅でもあります。

今回の大回りで乗継駅で改札の内側に売店があるのは、ここと米原駅、京都駅だけでした。

当初はここで新快速に乗る予定でしたが、駅名看板を撮る目的ができたため、21分早い発車の各停に乗り米原へ。

12

米原駅は当初予定では乗り継ぎ駅ではなく、乗降客が少なくなる北方面対策で連結を短くするための切り離し待ちがあるだけでしたが、米原止まりの各停に乗ったので結果的に乗継駅になりました。

缶ビールの贅沢を味わいつつ、草津で乗る予定だった新快速を待つことに。

13

滋賀県の最高峰、伊吹山には雪が解け残っています。

14

近江塩津駅は滋賀県最北端の駅です。

滋賀県最南端の駅が柘植駅のひとつ北にある草津線甲賀駅なので、JRの南北縦断を果たしました(笑)。

琵琶湖線は琵琶湖の東側を走りますが、ここで西側を走る湖西線に乗り換えます。

15

近江舞子から新快速になる姫路行の車両。

Img_4217

近江今津駅では、米原とは逆に乗降客の増える南方面対策で、車両を増やす連結待ちで約9分。

16

京都駅に到着が17時前。

観光客に加え、下校の学生や花金の仕事帰りの会社員が増え始め、ホームは人でごった返していました。

17

奈良線のホームにたどり着くも、みやこ路快速は満員状態で、停車駅の駅名看板を撮る余裕などありません。

18

無事、城陽に帰りつきました。

途中1度も検札に合うことなく、自動改札機に乗車券をすべり込ませて、7時間を超えたJR大回り終了。

19

自宅までの徒歩15分を、余韻を味わいながら帰りました。

めでたしめでたし・・・でも疲れた~(苦笑)。

*****

エピローグ

駅名看板、一応撮れたものの、撮影場所が遠かったり位置が悪かったりで、ちょっと残念なものもありました。

20

関西本線佐那具駅

停車側のホームでは位置が悪く、向かいのホームのものを撮りましたが・・・。

22

草津線石部駅

後ろの車両まで移動しないと撮れない位置。すぐドアが閉まるので無理。

Img_4214

湖西線永原駅

望遠ズームの端(135mm)でとってもこれじゃ遠すぎる。

Img_4235

奈良線東福寺駅

読めないことはありませんが・・・時計の表示で鉄道ミステリーのアリバイの証拠に(笑)。

駄文にお付き合いありがとうございました。

« JR大回りの旅 ~プロローグ | トップページ | 今日の太陽 2017/4/16 »

コメント

悠々遊さんこんにちは
面白く拝見しました、若いときに行った駅もありました。

こんにちは~(^_^)
待ってました、大回りの旅。
140円でこれだけ電車に乗れるんですから、
遊園地より安い。(^^)v
今回は桜の季節でしたが、
次回は是非是非雪の降っているときに行ってください。
余呉湖の辺りは「墨絵の世界」になります。
このときは缶ビールではなく、
前日にワンカップを買って温めておいてください。(^_^)

悠々遊さん、こんにちは。

プチ旅レポート、ありがとうございます。

土地勘が無いので、あとでゆっくり路線図で悠々遊さんの7時間の旅を散策?して見ますね。
このプチ旅での軌跡?は西村京太郎さんもびっくりかも!

悠々遊さんの自撮り、ミラーを使って、うまいこと撮りましたね。
(笑)
私も真似して自撮りしてみよっかな!

夕焼け熊五郎さん、こんにちは
ありがとうございます。
平日の通勤時間外という事もあって、関西本線や草津線などは、ご同行(?)の大回りの高齢者がほとんどでした。
暇はあるが金はないという高齢者の遊びに持って来い、という事でしょうね(笑)。

かひちやうさん、こんにちは
大変お待たせしました(笑)。
これだけ遊べて140円なんて、値打ありすぎですね。
天気と体調が良いときに、今度は和歌山方面にもっと大回りしてみたい気も。
さすがにもう駅名看板撮影はやめますが(苦笑)。
大回りとは別に、雪景色の湖北めぐりは一度してみたいと思っています。
冬休み期間の18切符がいいかも。

layout3さん、こんにちは
関西本線や草津線の一部の駅以外は、以前に一度は下りたり通過したことのある駅がほとんどですが、今回は初体験の新鮮な旅でした。
仕事をリタイアして年金暮らしでも、楽しみを見つける気があればいろいろあるものです(笑)。
ミラーを使った自撮りは左右逆の鏡像になるので、画像処理で左右反転にしました。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

若かりし頃に暗記物をする為、山手線を使っていました。1周で略1時間という事で、「此の間に、是が非でも〇〇頁分を暗記するぞ!」と“タイマー替わり”に使っていたのですが、後からそういう利用法(切符)はいけない事と知り、以降は止めましたけれど。(*≧m≦*)ですので、今回の企画を興味深く読ませて貰いました。

以前から考えていた事で、自分では出来ない為、誰かトライしてくれないかなあと思っている事に、「駅をどんどん周り、駅名で文章を作る。」という物。例えば「伊丹」→「東京」で「伊丹と右京」みたいな感じで、文章を作って行く。アホらしさ満点ですが、長文が出来上がった時は、結構感動しそう。capricornus

giants-55さん、おはようございます
♪ぐるり回るは山手線~
大阪の環状線もそうですが、乗り換えなしに1周して元の駅に戻ってくる路線は、いろんな遊びに使えますね。
ただし、そういう乗車方法そのものは「大回り」以外は違法乗車になってしまいますが(苦笑)。
駅名をつなげて文章を作るのは相当難度が高そうですね。発想力と根気が必要な作業で私にはとても無理です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/65152769

この記事へのトラックバック一覧です: JR大回りの旅 ~本編:

« JR大回りの旅 ~プロローグ | トップページ | 今日の太陽 2017/4/16 »