フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

昨夜の木星とおまけの土星

月面はともかく惑星の撮影に関しては1500mmの直焦点では物足りない。

現在使用のフォトンの3倍ショートバローでは、十分なサイズを確保できるものの、光学系に難があるのかコントラストもピントも甘い像になってしまう。

手持ちのアイピースの中で唯一リレーレンズ方式で撮影できる、セレストロンのズームアイピースを試したが、テレ側8mmにしても直焦より若干像が大きくなるだけで、質の低下は免れない。

テレビューの4万以上もするバローレンズは高評価ですが、とても手を出す気にはなれない。

という事で、ビクセンの普及品の方の2倍バローを入手し昨夜初使用。

先ずはいつものように直焦で。

170428200310msx412

170428200580msx46

2倍バローで。

170428202950msx407

何とか使えそう。測ってみたら2倍より少し大きなサイズです。

23時過ぎには土星も姿を見せるので、せっかくだしそっちもと思い赤道儀を追尾させたまましばし放置。

で、気が付いた時には家の陰に隠れる寸前。大慌てで撮影しましたが、思いのほか高度が低くて裏庭での撮影はちょっと難しいかなという印象です。

直焦で。

170429010875msx214

2倍バローで。

1704290114100msx48

動画の撮影時間が短く、上位20%で50枚弱のコンポジットでは、強い処理がかけられず、課題は次回に持ち越しです。

とはいえ、この2倍バロー実売価格3000円ちょい(税込)を考えると、善戦してくれているように思います。

巷の評価はあんまり芳しくないですが。

2017年4月28日 (金)

今日の太陽 2017/4/28

快晴。

170428b

2か所の小さな黒点がある他は静かなる太陽。

170428ls

白色光画像では分からなかったけれど、東の端にプラージュが見えます。

新たな黒点が発生しているのか?

その下9時方向のプロミネンスがアクセントになっています。

2017年4月27日 (木)

今日の太陽 2017/4/27 と、4月初めの新月期に

昨日の雨は未明には上がったようですが、昼を過ぎてもすっきり晴れとはなっていません。

170427b

黒点は衰えつつ西に向かって移動中。

太陽望遠鏡で観望しましたが、薄雲フィルター越しの切れの無い太陽に小さなプロミネンスが見えるだけ。撮影は無駄と判断しました。

撮ったもののモニタ画像を見たときから結果が知れていたので放置していた画像・・・。

優秀な機材の助けを借りても、画像処理の技量が年年歳歳落ちてきているのか、それとも周囲の空の環境が悪化してきているのか、以前の方がまだよい結果が出ていたように思えてなりません。

りょうけん座のM51

170402m51

うしかい座のM3

170403m3x12

他にも何点か撮っているのですが、一番ましな結果がこの2つです。

23時を過ぎてからの撮影でも150秒でモニタ画面は飽和の一歩手前。

自分の技量では救い取れないので、今後は無理に露光を伸ばすのはやめようと思っています。

2017年4月25日 (火)

4月23日の木星

日曜日の夜に木星の大赤斑を狙いました。

170423x277

直焦点撮影に続いて、セレストロンのズーム・アイピースでアイピース・プロジェクション(リレーレンズ方式)での撮影も試してみました。

8-24mmのズームなので、先ず24mmで試してみましたが、直焦よりも小さくなってしまい拡大撮影になりません。

今度はテレ側の8mmにして撮影したのがこれ。

170423x229

1~2割がた拡大したように見えますが、画像の劣化のデメリットの方が大きいようです。

何枚ものレンズを通ることで光の劣化は避けられないのでしょう。

画像の質は置いとくとして、木星の向こうに隠れる寸前のイオを捉えられたことは、とりあえず収穫かな(笑)。

2017年4月24日 (月)

今日の太陽 2017/4/24

引き続き快晴。

170424b

成長も消滅もせず、小さいままの黒点が西に移動中。

170424ls

昨日注目のダークフィラメント、今日はあっさり消えていました。

かひちやうさんのコメントへの返事で、西端まで持ちそうと書いたのに、立場あらへんやんか!(苦笑)。

2017年4月23日 (日)

今日の太陽 2017/4/23

昨夜からの快晴が続いています。

170423b

予想通り次の黒点が出現していましたが、これも予想通り半月前のものが減衰している状態だと思います。

170423ls

小さなプロミネンスが東側のあちこちに出ていますが、11時方向のダークフィラメントがひときわ目を惹いています。

2017年4月20日 (木)

今日の太陽 2017/4/20

早朝の快晴が時間とともに白く濁ってきました。

これはうかうかしていられないと早めに撮影開始。

170420b

黒点がはっきりしてきました。

170420ls

プロミネンスも引き続き活発です。

この後は土曜日か日曜日までお預けになりそう…。

2017年4月19日 (水)

今日の太陽 2017/4/19

真上を見上げると、東に流れる層、南に流れる層、北に向かう層と、何層にも重なった雲が複雑に動いています。

2_2

太陽方向はさらに厚い雲。

1_2

望遠鏡を設置してしばらく待つと、ようやく晴れ間が近づいてきました。

170419

東に黒点が出ています。今月の初めごろに西に消えて行ったものが一回りしてきたのでしょうか。

170419ls

同じく東側に目立つプロミネンスも現れていました。

太陽撮影自体はほんの短時間ですが、雲が去るのを待つ忍耐が必要です(苦笑)。

2017年4月18日 (火)

2匹目のどじょうを狙いましたが・・・

前夜の大赤斑GETに気を良くして、翌日の14日夜も木星を狙ってみました。

しかし、この夜は裏庭で大赤斑の見える時間帯ではなく、しかも日中から白っぽい空で、多くは期待できないのは承知の上の撮影。

先ずはいつものようにガリレオ衛星から。

170414

4つとも木星の近くに集合でフレーム内に収まりました。

170414_2

前日のブログでおりおんさんから頂いたコメントではありませんが、大赤斑が「あるとき~、ないとき~」でずいぶん見栄え印象が変わりますね(苦笑)。

上の画像でも本体に近いガニメデとイオは見えていますが、もう少しコントラストを上げてエウロパとカリストも分かるよう浮かび上がらせてみました。

170414b

その分、木星の縞々がカリカリに仕上がってしまいました。

こんなコンディションなので、3倍バローの拡大撮影は残念ながら断念。

2017年4月17日 (月)

4月13日は大赤斑でした

JR大回りをした日は裏庭から木星の大赤斑が見える夜でした。

天気は良いし風もない夜だったので、昼間の勢いそのままで機材を持ち出し撮影。

先ずはガリレオ衛星から。

170413x135

3つまでは入りましたが、カリストは木星の右の方向、ガニメデより少し離れたぐらいのところにあり、収まりきれませんでした。

170413

でも、木星本体に露出を合わせて撮った内の1枚に、たまたまカリストも。

暗いのでコントラストを上げて描出しています。

170413x194

気流も透明度も良い条件がそろったらしく、木星本体も思っていた以上に良い結果が出ました。

なので、思い切って3倍バローでも。

1704133

これまでで一番だと自画自賛しています(笑)。

2017年4月16日 (日)

今日の太陽 2017/4/16

すっきりしない晴れです。

170416b

無黒点に戻ってしまいました。

170416ls

3時方向と10時方向のプロミネンスが目につく程度。

南側のダークフィラメントが気になりますが、全体にすっきりそっけない太陽です。

2017年4月15日 (土)

JR大回りの旅 ~本編

お待たせしました。

長池駅から大回りの旅の始まりです。

3

乗車中や乗継待ちの退屈しのぎに、肩掛けバッグにナンプレの冊子を入れていたのですが、出発駅の駅名看板を見て停車駅ごとにこの看板を撮って行こうと閃きました。

が、これが間違いのもと。

駅ごとに停車位置と看板の位置が異なり、乗降客の邪魔にならないよう気を付けながら、車両内を右往左往、席を温める暇がありません。

全行程79駅のうち、快速や新快速電車も使ったので通過駅が14駅ありましたが、それを除く65の停車駅で撮影出来なかったのは2駅、草津線の寺庄駅と奈良線の宇治駅だけでした。

なので乗継駅の看板だけをとりあえずアップしていきます。

4

最初の乗継は、学研都市線のターミナル駅であり、奈良線、関西本線、大和路線の合流するハブ駅でもある木津駅。

5

8_2

加茂駅から西は大阪まで6両ないし8両編成ですが、東は亀山駅まで、1両または2両編成のワンマンカーになります。

6

加茂駅では乗継に時間の余裕があるので、ホームから駅舎を撮影。

7

唯一の自撮り写真(笑)。

10

柘植駅は草津線のターミナル駅で関西本線との乗換駅。

Img_4155

実はここが時計回りから反時計回りに変更することになった原因の駅。

時計回りでは乗り継ぎ時間2分の間に跨線橋を渡って別のホームまで移動する必要がありましたが、反時計回りでは降りたホームの向かい側から草津線に乗り換えできます。

しかも乗継時間はたっぷり23分! 何でこういう時間割なのか?

少し遅い昼食をここで取りました。

21

柘植では撮り忘れましたが、草津線の電車です。

11

琵琶湖線の主要駅で草津線のターミナル駅でもあります。

今回の大回りで乗継駅で改札の内側に売店があるのは、ここと米原駅、京都駅だけでした。

当初はここで新快速に乗る予定でしたが、駅名看板を撮る目的ができたため、21分早い発車の各停に乗り米原へ。

12

米原駅は当初予定では乗り継ぎ駅ではなく、乗降客が少なくなる北方面対策で連結を短くするための切り離し待ちがあるだけでしたが、米原止まりの各停に乗ったので結果的に乗継駅になりました。

缶ビールの贅沢を味わいつつ、草津で乗る予定だった新快速を待つことに。

13

滋賀県の最高峰、伊吹山には雪が解け残っています。

14

近江塩津駅は滋賀県最北端の駅です。

滋賀県最南端の駅が柘植駅のひとつ北にある草津線甲賀駅なので、JRの南北縦断を果たしました(笑)。

琵琶湖線は琵琶湖の東側を走りますが、ここで西側を走る湖西線に乗り換えます。

15

近江舞子から新快速になる姫路行の車両。

Img_4217

近江今津駅では、米原とは逆に乗降客の増える南方面対策で、車両を増やす連結待ちで約9分。

16

京都駅に到着が17時前。

観光客に加え、下校の学生や花金の仕事帰りの会社員が増え始め、ホームは人でごった返していました。

17

奈良線のホームにたどり着くも、みやこ路快速は満員状態で、停車駅の駅名看板を撮る余裕などありません。

18

無事、城陽に帰りつきました。

途中1度も検札に合うことなく、自動改札機に乗車券をすべり込ませて、7時間を超えたJR大回り終了。

19

自宅までの徒歩15分を、余韻を味わいながら帰りました。

めでたしめでたし・・・でも疲れた~(苦笑)。

*****

エピローグ

駅名看板、一応撮れたものの、撮影場所が遠かったり位置が悪かったりで、ちょっと残念なものもありました。

20

関西本線佐那具駅

停車側のホームでは位置が悪く、向かいのホームのものを撮りましたが・・・。

22

草津線石部駅

後ろの車両まで移動しないと撮れない位置。すぐドアが閉まるので無理。

Img_4214

湖西線永原駅

望遠ズームの端(135mm)でとってもこれじゃ遠すぎる。

Img_4235

奈良線東福寺駅

読めないことはありませんが・・・時計の表示で鉄道ミステリーのアリバイの証拠に(笑)。

駄文にお付き合いありがとうございました。

2017年4月14日 (金)

JR大回りの旅 ~プロローグ

と、その前に今日の太陽 2017/4/14。

空全体が薄曇りしています。

170414b_2

自転による黒点の移動以外変化なし。

170414ls

あちこちに細やかなプロミネンスが出ています。

南端近くのダークフィラメントがちょっと気になりますね。

・・・・・

さて今日の本題。

「JR大回り」のことを知ったのは何年も前の山天例会の時でした。

会員さんに「鉄ちゃん」がいてそんな話題が出たのですが、その時はまだ興味が無く聞き流していましたが、最近になって急に興味が湧いてきて調べてみました。

鉄道に関心がある人はすでに知っておられるだろうし、ネットで調べればいくらでも情報がアップされているので、ここでは簡単におさらいだけ。

東京の山手線や大阪の環状線のように一回りして元の駅に戻ってくる線路の場合、隣の駅までの一駅分の切符を買って1周して一駅手前で降りれば、違法乗車にならないというのが「JR大回り」の大前提。

ただし、これは路線の複雑に入り組んだ大都市とその近郊だけの特例であり、他にも同じ駅を2度通過したり戻ったり改札を出たらその時点でアウト、などルールがいくつかあります。

今月に入ってネットの路線案内などを調べて立てたのが、奈良線-湖西線-琵琶湖線-草津線-関西線-奈良線と経由して、出発駅の一つ手前の駅に戻ってくるというものです。

最初は時計回りの計画を立てたのですが、1時間に1本のローカル駅での乗り継ぎ時間が2分。しかも跨線橋を越えて別のホームに移動しなければならないことが分かって、普段から運動不足の身には厳しいと考えて断念。

乗継に間に合わなくて次の電車まで1時間も待つのは嫌だし、急いで走って階段で転んでは楽しい思い出にはならないし(苦笑)。

調べ直してみると、逆回りだと所要時間が少し増えるけれど、乗継で急ぐこともなく回れることが分かり、いつ実行するかの段階に移行。

当初予定は今週の月曜か火曜でしたが、あいにくの嵐のような天気になってしまったので、久しぶりに晴れた昨日の出発と相成りました。

朝、太陽撮影を済ませてから、カメラだけを持って家を出発。

最寄りの城陽駅ではなく、奈良方向に一駅隣の長池駅まで徒歩で約30分。途中のコンビニで昼食用におにぎりとお茶を買い、各停しか止まらない長池駅に到着。

Img_4121

2年前に建て替えられて立派になった駅舎です。

Photo

券売機にて一駅分の切符を買いました。

普通ならこれで城陽駅まで約3分乗っておしまいですが、いよいよJR大回り初体験、約7時間の旅の始まりです。

で・・・この後たくさんの写真がありますので、本編は明日に譲るという事で・・・。

2017年4月13日 (木)

今日の太陽 2017/4/13

1週間のご無沙汰でした。

170413b

東側に極小の黒点がポツンと有るきりで、すっきり寂しい太陽に戻っていました。

170413ls

プロミネンスもほとんどありません。

1週間ゆっくり休んだので、そろそろ元気を出してくださいって(笑)。

今日は、この太陽画像を撮った後、JRの大回りをしてきました。

140円の運賃で、乗継待ちの時間も含めれば約7時間の電車の旅でした。

面白いけれど疲れました。

詳細は明日ご報告という事で・・・。

2017年4月12日 (水)

ミクロ・ワールド サクラ

雨はようやく上がりましたが寒い。

ここ数日の雨と嵐のような強風で、近くの桜並木は半分ほど花が落ちてしまったようです。

170407

雨の前に撮っていた花粉の写真。

170407_2

これは加水したもの。170407_3

花粉を付けたままの雄蕊を40倍で撮ってみました。

光を強く当てて、露出も長めにしましたが、花粉の粒が透明感を持ってきれいです。

さて、暗くなってきてから晴れてきましたが、木星は大赤斑が見える時間でないし、お月さんは満月過ぎで雲のベールをまとっている様子。

機材を出したものか迷っています。

2017年4月11日 (火)

ミクロ・ワールド スノーフレーク

今日も1日中雨。

明日には上がるそうですが、梅雨のような日が続きうっとおしい。

寒いのはいやだけど、降るなら雨よりも雪の方が良いと思うのはなぜだろう(苦笑)。

170407

今年も玄関下の一隅にスノーフレークの花が咲きました。

170407_2

米粒のような姿の花粉です。

170407_3

水を含むと丸くなります。

昔、人間は歳をとるとともに(性格が)丸くなると言われていましたが、今どきの高齢者はまだまだ結構尖がった人が多いようです。

だから寿命が延びるのでしょうか。

2017年4月 9日 (日)

ミクロ・ワールド ヒイラギナンテン

この家に引っ越してきたときから、裏庭の北東の隅にその木はありました。いわゆる鬼門と呼ばれる方角です。

なので鬼や魑魅魍魎が嫌うというヒイラギ、何を転じる(避ける)というナンテン、両方の名前を持つこの木が植えられたのでしょう。

170407_6

この時期、直径1cm足らずの可愛い花が来ます。

覗き込むと雄蕊に花粉がありました。

170407_8

丸くてすべすべした感じの花粉です。

170407_9

水を1滴加えると平べったい真ん丸になりました。

2017年4月 8日 (土)

ミクロ・ワールド クリスマスローズ (追記しました)

雨が降ったり止んだりの天気です。

こんな天気なのでしばらくミクロワールドが続きます。

170407

庭に咲いたクリスマスローズ。

クリスマスローズは品種改良でいろんな花があるようで、ネット検索で画像を見るとこの花が本当にクリスマスローズなのか、自信が持てなくなってきます(苦笑)。

170407_2

採取したての花粉。

170407_4

水を1滴加えた花粉。

170407_5

そして花びら。ここにも気孔が見えます。

(追記)

ミクロスケールが間違っていたので、画像を修正しました。

2017年4月 7日 (金)

家電の寿命

しばらく前から洗濯機が稼働中に異音を発するようになっていた。だんだんひどくなるので先月、近くの家電量販店に相談に行くと、寿命かも知れないとのこと。

2007年製だから10年は使ったことになる。家電の中でもモーターを使う製品は寿命が短いらしい。

洗濯機に限らず家電製品のメーカー保証は通常1年。代金の5%ほどを上乗せする家電量販店の延長保証もだいたい5年(メーカー保証を差し引くと実質4年)が上限だ。

部品の保存期間は法律で決められていて、その部品を使う製品が製造を終了してから7年間。それを過ぎると故障しても部品交換が必要な修理はできないことになる。

という事はメーカーはその製品の寿命を7年と見込んで製造しているという事だろう。

一時期部品の製造会社に勤務していたこともあり、製造メーカーのスタンスはある程度理解しているつもりで、必要最低限の品質性能はもちろんクリアするが過剰品質は好まない、というのが大方の会社方針だろう。

求められる品質以上のものを製造するラインにはコストがかかり過ぎるので、必要最低限の少し上あたりで安定して生産できる設備が良いラインという事になる。

それでも検査基準ぎりぎりで合格するものもあれば、基準を楽々超えて合格する製品もある。

運よく良い個体を手に入れられれば、使い方とメンテ次第で7年、10年どころか15年も20年も使い続けることができるが、たいていは保証期間を過ぎた頃に故障となる・・・かも知れない。

結局嫁さんが気に入った洗濯機に買い替えることになった。

デフレのおかげか、10年前とさほど変わらない価格で買えたのは幸いだが、昔と違って今は年金しか収入の道が無い身ゆえ結構痛い。

さて、洗濯機の買い替えから半月足らずで、今度は冷蔵庫が故障した。冷凍も冷蔵も冷えていないのだ。

こちらは2011年購入だからまだ6年しかたっていない。早すぎる!

保証書を探してみると販売店の6年保証を付けていて、今年の5月半ばまで残っていた。これはラッキー!

しかし、このメーカー数年前にパナソニックに吸収合併されている。しかも、販売店の方も数年前にエディオンに吸収されて、何店舗かがフランチャイズとして生き残っているだけ。当然、買った時の店舗はエディオンに替わっている。

果たして保証期間内無料修理は可能なのか、一抹の不安を覚えながらエディオンに電話。

先方で調べてくれたところ、京都市内のフランチャイズ販売店で当時のデータを保存管理していて、保証は生きているとのこと。また、修理はエディオンの方でやりますとの返事。

やれやれ・・・。

その電話からしばらくしてエディオンから連絡があり、エディオンのメンテではなく、パナソニックのメンテから修理に伺いますとのこと。部品の調達の関係らしい。

メンテの人が今日来てくれて調べたら、温度調整のコンピュータの故障で、冷えすぎないようOFFになった後ONが働かなくなっているとのこと。

マイコン基盤をそっくり交換して見事冷蔵庫君、復活してくれた。

これであと5年は・・・いや10年は頑張ってもらいたいものだが、さて・・・。

2017年4月 6日 (木)

4月4日のガリレオ衛星

厚い雲に覆われて生暖かい風が吹いています。

今にも降りだしそう。

つい2日前まではほとんど咲いていなかった近所のサクラが、この暖かさで一挙に満開となりました。

Photo

Photo_2

1704063

 

4月4日に日付が替わったころ、41Pタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星を撮ってみました。

17040441p

やまねももんがさんの写真を見て、この明るさなら裏庭からでも撮れるかなと思ったんですが・・・甘かった。

画像崩壊しないところまで精一杯処理してこの程度ですから・・・。

5等級程度まで増光しないと裏庭では厳しそうです。

同じく4日の夜、薄雲があるようなので星団・銀河は諦めて、木星の衛星をメインに撮影。

170404

ここから家の陰に木星が消えるまで、1時間16分かけて1分ごとのインターバル撮影をし、動画にして衛星の動きを追ってみるつもりでしたが・・・甘かった。

この程度の時間幅では動きがほとんど分かりません。

動画は諦めて、76枚の画像を比較明合成したのがこちら。

170404_2

こうしてみると、イオはほとんど動きなしでも、エウロパとガニメデは左へ移動、カリストは右に少し移動しているのが分かります。

衛星の動きがギザギザなのは、トリミングの精度が悪いからで、決してこんな風に動いているわけではありません・・・念のため(苦笑)。

動画にするなら一晩、4~5時間はかける必要がありそうですね。

2017年4月 5日 (水)

今日の太陽 2017/4/5

薄雲が空一面を覆うようになりました。お天気は下り坂です。

170405b

薄雲のフィルターのおかげで、東の小さな黒点が見えづらくなっています。

170405ls

北半球側にプロミネンスが出ています。

 

3月27日の夜遊びの最後の1枚です。

170327m107x7

M107は今回が初めての撮影でした。

2017年4月 4日 (火)

今日の太陽 2017/4/4

引き続き少し白っぽい快晴です。

170404b

西端にあった黒点は見えにくくなり、東から出てきた小さな黒点は数を増しています。

170404ls

今日の主役は黒点でもプロミネンスでもなく、西端に達した黒点周りに発生しているフレアではないでしょうか。鋭角に噴出しているところに激しさを感じます。

170404lsb

 

さて、先月27日の夜遊びの収穫M101ですが、昨年撮影のものに比べ見劣りしたものになってしまいました。

170327m101x9

薄靄のようなすっきりしない空が災いした…と責任転嫁しておきます(苦笑)。

2017年4月 3日 (月)

今日の太陽 2017/4/3

引き続き快晴です。

170403b

西の端に来た黒点が少し成長しているように見えます。

また、東端に新たに小さな黒点が出現しています。

170403ls

東西の黒点まわりが非常に明るくなっている様子でも、この領域が活発に活動していることが分かります。西側のはフレアでしょう。

それに引き替え大きな黒点群は大人しいですね。

プロミネンスも落ち着いてきたようです。

2017年4月 2日 (日)

アルデバラン蝕と、今日の太陽 2017/4/2

昨日は木津川運動公園(五里五里の丘)で観望会。

まだ日が沈まないうちから準備を始めましたが、朝の曇り空が嘘のようにお天気が回復で、我々も元気回復。

水星の東方最大離角とアルデバラン蝕の2大テーマでの観望会でした。

水星の方は日没後30分以上過ぎてから双眼鏡でようやく確認、そして望遠鏡で観望。

少し遅れて月のそばにアルデバランも見え始め、影の部分に近づき隠されていく様子を参加者に見てもらえました。

ところが、カメラの取り付けにモタモタしていて、潜入の撮影は失敗。

観望会もそろそろ撤収という約1時間後、月の明るい方から出現のところは捉える事が出来ました。

シャッター速度を変えながら、お月さんの模様とアルデバランが両方写せるところを探りながらの撮影になったので、ばっちり捉えたとは言い難い心残りはありますが、及第点は取れたと自己満足(笑)。

170401_

出現直前の地球照。

画像中心部をトリミングしています。以下同じ。

170401__2

出現しました。

170401_2

まだすぐ近くに。

170401_3

お月さんの模様が少しわかりますがまだオーバー。

170401_4

模様が分かるようになった分、アルデバランが暗くなりました。

170401_5

アルデバランがますますしょぼく。

170401_6

このあたりの露出がベストでしょうか。

お待たせしました。今日の太陽です。

昨日からの晴天が続いています。

170402b

昨日からの黒点も続いています。

170402ls

西側のプロミネンスが派手になってきました。

このままのお天気が晩までもてば、今夜は庭で夜遊びも・・・。

2017年4月 1日 (土)

京の太陽 2017/4/1

今日から4月。4月初日は雨から曇り、晴れへと回復傾向。

14時を過ぎてようやく安定した晴れ間が出来た、と思って準備をしましたがまだちょっと薄雲がありました。

170401b

南側の黒点が成長していました。これはもう眼視級で間違いないでしょう。

170401ls

プロミネンスは東側で元気になっています。

今夜は五里五里の丘で天体観望会をやるのでこれから準備です。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »