フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 昨日の太陽 2017/2/28 | トップページ | 月のある風景 »

2017年3月 3日 (金)

あるいは答えのない質問

週の頭でぎっくり腰をやってしまい、ほとんど寝たきり状態でテレビを見て過ごすうち、こんなことを考えていました。

私はどちらかというと左派思考の持ち主です。日本共産党の国会での発言などに共鳴する部分が多いので、どちらかどころかはっきり左翼志向なのかもしれません。

でも共産主義に掲げられている、一党独裁の上から目線で人民を指導教育していくという思想には全く同意できません。それが個人であろうが集団であろうが「独裁」には傲慢さと胡散臭さと嫌悪感があるので。だから世間で期待されるような強いリーダーシップの持ち主にも胡散臭さを感じてしまいます。

さて本題。日本の独立と平和は何によって守られ、または守っていくべきなのでしょうか。私にはまだ明確な答えが得られていません。

私は上記したように左派思考の人間ですが、護憲派で言われているように「憲法第9条が日本の平和を守っている」とは思いません。理想を書いた条文で平和が守られるならそれは「護符」と同じで、神仏頼り神仏任せの無責任で危うい平和にしか思えません。

ただし、憲法9条を掲げ実践していくことで、周囲から戦争しない国として信頼を勝ち取っていく効果は期待できるでしょう。

しかし私は人間の本性は悪だという「性悪説」の持ち主でもあるので、自分が丸腰であなたに危害を加えるつもりは無いと言っても、ISISのような相手に通じるかどうかは疑問に思いますが。

反対に改憲派で言われるように国として当然の軍隊を持ち、武力で国を守り平和を維持することは可能でしょうか。これにも私は大いに疑問を持っています。

武力による平和は所詮矛と盾「矛盾」に他ならないからです。相手から身を守るためには相手より大きな力を持つ必要があります。相手にしても同じ考えでしょう。結果、軍拡競争しか答えは出てきません。GDPを食いつぶしながら軍備拡張していけば、戦争は抑止できても国も国民もいずれ疲弊してしまいます。潤うのは軍需産業だけです。

お互いが相手に仕掛けた爆弾の導火線を握り、いつ相手が導火線に火をつけてくるかびくびく恐れながらの平和が本当の平和かどうか。

東西冷戦の末、超大国の一方、ソビエト連邦が体制を維持できず崩壊したのも、こうした精神的・物質的疲弊に耐えられなくなったからでしょう。

国の独立と平和の維持に絶対的な効果がある方法があるのかないのか、無いなら次善の策は何なのか、答えが分からないままです。

« 昨日の太陽 2017/2/28 | トップページ | 月のある風景 »

コメント

こんにちは。
悠々遊さんは優しいですね٩( ᐛ )و
本当に性悪説を持ってるなら、悪は圧倒的恐怖で押さえつけるしかないと回答を出すはずですもんね。悪ですから消去すればいいんですよ٩( ᐛ )و
私なら圧倒的な恐怖で押さえつけます。
私も性悪説な人間ですからね(笑)

こんばんは。
「理想を実現しようとする意志」だと思います。改憲派が完全に書き換えて葬り去ろうとしている「憲法前文」の方が9条よりも理想を謳っていますけど、それを実現しようという意志を持ち、それに向かって努力していることを示す事だと思います。

世の中には戦争したくてたまらない人がいるみたいですが、よくよく観察してみると戦争によって利益を得る人と、それに操られている人です。後方で戦争を賛美している人は怪我したり死んだり大事なものを失ったりはしないもの。戦争で被害を受けるのは大多数が一般人です。歴史を振り返ってみると、それが真理のように見えます。これはほとんどの人に共感できる思いだと信じてます。

現実に目を移せば、理想を現実に合わせよう、なんてバカげてます。軍拡競争に税金を投入するより、若い人が活き活きと暮らせる国を作った方が良いに決まってます。

冷静になって考えてみれば、北の某国がミサイルをどこかに1発打ち込めば世界中から袋叩きにあうでしょうし、パンダの国も「世界の工場」でいるためには買ってくれる人が必要です。はたして暴発してそれに見合う利益が得られるでしょうか、例えば小さな島々を占拠したとして。

利益を得ようとして他人を扇動する集団を「鼻で笑う」くらいに地球の人々が成熟すれば地球上に平和が訪れるかも、ですね。

自分も左寄りな人ですが(笑)、もともとの左な人とは実は意見が対立しがちです。

最近、身近の愛知であった例では、沖縄で落ちたオスプレイは問題外でダメだとしても、自衛隊のブルーインパルスがダメで三菱の新型機MRJは問題なく受け入れる、というのは納得できませんでした。なんの実績もないMRJが市街地の上を飛ぶ方が危なく思えるんですけどねえ…
(^^;)

長文失礼しました。

こたろうさん、こんばんは
優しい、は褒め言葉と取っていいのでしょうか(笑)。
性悪説に立つ人間は相手を信用しないのが前提なので、相手に対しバリアーを作りますよね。法律で縛るなんてのもバリアーのひとつで。
政治家が「裏切られた」とか「あんなやつだと思わなかった」なんてのを、抜け抜けと言うのを見ていると、「狸のくせに白々しくよく言うよ」と思ってしまいます(苦笑)。
昔見たマカロニ・ウエスタンだったかで、主人公が若い相棒に「絡まれてもケンカはするな。しかしどうしてもやらなきゃならないなら、相手が戦意を喪失するまで徹底的にぶちのめせ」というのを見た記憶があります。
その論法でいえば、やむにやまれず戦争をするときは、敵を完全に滅亡させ禍根を残さないようにする覚悟でやれ、という事になりますね。

さとうさん、こんばんは
同感ですね。
現実を見つめることはもちろん大事ですが、理想を鼻先で笑うような人は一生現実から抜け出せないでしょう。
現憲法を理想として、そのために外交手腕を磨きあらゆる平和的努力を惜しまず、世界中から「手本であり侵してはいけない国」と認められるよう手を尽くす、それしかないのかなとも思います。
でも、それこそ並大抵じゃないですね。清濁併せ呑むダークなハトか。

ぎっくり腰の件で。
おそらく整形外科や整骨院の先生は説明しないと思うので。
ぎっくり腰は身体防御の反射作用です。
反射とは脛を叩くとピコと足が動くあれ。
くつろいで寝転がる時の寝返りや、起きぬけに起きません?

昼寝や起床時に起きるのは、脳が覚醒していないからです。目覚めていない時に、起きようとモゾモゾ動くと、脳が起動してないので、
その動きをゴルフのフルスイングくらいの力と誤解するのです。
その瞬間に、身体を護る為に体幹部の筋肉を強く収縮させます。しかし現実にはそんな大きな動作はしていないので、収縮した筋肉の移行部(筋肉が軟部組織→腱になって骨に付着する部分)の軟部組織に亀裂が入って傷みます。
これがぎっくり腰です。

対応は、仰向けになり両膝を立てて合わせます。その両膝をゆっくりと左右に倒して下さい。それで徐々に収縮した筋が伸ばされます。
整骨院のホームペジを探せば、たいていは紹介の映像を添付してます。

予防として。

①昼寝の時
前にお話ししましたが、濃い茶か、薄目のコーヒーを飲んでから横になる。
カフェインが脳に行くには、脳関門を通過するので30分~45分かかります。
目覚める時に脳に到達してるので、不覚醒での
起床を避けられます。

②起きる時に布団の中で数分ぐたぐたする。
起床していきなり布団をはね除けず、脳が起動してくるのを待つ。この時に日光や蛍光灯の光を眺めるとさらに効果が高まります。
起床時には身体の外面、つまり筋肉までは冷えています。起床と同時に交感神経が作動して体を温めますので、それまで待つ。
急に冷えたままの身体で、動くのを止めれば、
発生率は下げられるはずです。
ただリラックスした時に動いてなるのは仕方ないです。緊張してばかりでは生きてゆけませゆから。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

自ブログで何度か書いていますが、自分は「多様性を一切認めず、自身の主張&思考だけを唯一無二的に正しいと考え、其れ等を他者に強いる連中が大嫌い。」で、概して極右とか極左という人達にそういう傾向が見受けられる為、シンパシーを全く感じ得ないでいます。逆に言えば、どういう主張&思考を持とうとも、他者に対して最低限の敬意を持ち得る人達には好意を持てる。

立ち位置としては、自分も悠々遊様同様、左に少し足を踏み入れている人間。民進党よりは理論的な部分が在ったり、一貫性を感じ得たりするので共産党には頑張って欲しいという思いは在るけれど(大きな問題が浮かび上がった際、証拠集めや追及の点で、此の政党は必要不可欠と思っています。)、だからと言って与党になって欲しいとは思わない。知人の知人に元共産党員が居るのですが、彼曰く「入るのは簡単だけれど、抜けるのは非常に困難。」と。宗教もそうですが、入るのも抜けるのも、個人の意思を尊重しない組織は駄目と考えていますので、そういう体質が変わらない限り、政権を握るのはNGと考えていますので。

国を守る為には、残念だけれど最低限の軍備は必要。でも、だからと言って軍事増強を続ければ国が守れる訳でも無い。結局は軍事増強合戦に巻き込まれ、世界的な戦争に移行してしまう可能性が高いので。最低限の軍備と、一番大事なのは“理知的な交渉力”ではないかと。「押す所」は押し、「引く所」は引く。全て自分に最善な結末なんて在り得ず、何処に落とし所を作るか。其れが肝要でしょうね。

アブダビさん、おはようございます
仰向けに寝て両膝立てて左右に倒す・・・以前に整骨院でやってもらった時に覚え、怪しいなと思ったら時々思い出してやっています。
今回は望遠鏡を外に出し、覗こうと中腰で屈んだ時にビリッとやってしまいました。
貴重なアドバイス、起きるときの心得とします。
ありがとうございました。

giants-55さん、おはよございます
人は経験を積み重ねることで、それまでと180度考えが変わることもあり得ますよね。
外から見てそれが進歩なのか後退なのかはともかく、そんなとき外の力が働いてそれを制限するのは嫌ですね(明らかに他人に害を及ぼすような行為は別ですが)。
政治や宗教に限らず、そうした圧力をかける勢力には加わりたくありません。
最低限の軍備はそれが悩ましいというか問題なんですよねえ。
警察予備隊に始まって来年度の防衛省の予算はGDPの1%を超えるとか。
自衛隊も装備拡張してきているわけですが、専守防衛と言っても仮想敵の規模の大小で、それに応じて最低限の基準が変わってくるわけで、日本を仮想敵とみなしている国が自国防衛の最低限として軍拡すれば、こちらもそれに応じざるを得ない。
仮に国連などで軍備はどの国も一律GDPの1%以内に制限すると決めたとしても、経済大国と発展途上国では軍事力に圧倒的な差ができ、発展途上国Aにとって仮想敵となる経済大国Bは脅威になるでしょう。
結局「最低限」は底なし沼ではないのかと。

トランプは日本を裏切る!
シンゾー君は対中国包囲網で御満悦てす。
でも、ティラーソン国務長官はゴリゴリの親中派です。いずれパイのデカい中国へ、対中国融和路線に走るのは時間の問題と思います。
その時にシンゾー君はどうするのでしょうかねぇ?(笑)

よくNHK大河では。黒船が来ると庶民が大八車に家財を乗せて避難する映像が写るのですが、
あれは大嘘です。
徳川250年で軍事・政治から遠ざけられた庶民は、将棋を差しながら、
「公方様はどうするかねぇ?」
「見物してやるか」
と笑ってました。政治に参加できない庶民は、それが大抵でした。
私も先祖と同じ気分です。

アブダビさん、おはようございます
江戸時代の庶民の反応がどうだったかは知りませんが、少なくとも今は戦争が始まってすぐに逃げ出すのは島国では無理でしょうね。
結局戦争が始まれば一番被害を受けるのは庶民です。

悠々遊さんへ。貴兄には聞いて欲しい事があります。俺、もう右翼できそうにない!
例の幼稚園のニュースてそう思いました。
その想いは静さ石さんの学園の記事にコメントしてます。
俺、右翼辞めます!
悠々遊さんには、正直にアパホテル反対デモに参加した事を書きました。
右翼仲間は俺を裏切り者として、Webで断罪を初めてます。いずれアブダビという慣れ親しんだハンドルも棄てねばならぬと思います。
幸いに強硬でも紳士的な連中だから、私が関わったブロクに文句を付けるような事をしませんが。でも読者は違う。
でも俺には半島や大陸出身の学友や仲間がてるのです。彼らが迫害を受けるような日本は許さない!
嫌だ!
近いうちにハンドルネームを変えます。
悠々遊さんは軽蔑するだろうけれども、そうします。許して下さい。

アブダビさん、おはようございます
以前にも書いたように私はどちらかというと左寄りの思想の持ち主です。
でも左翼思想が唯一正しいとは思わないし、右翼思想にも共感できるところはあります。
だから自分たちの思想以外は攻撃対象とみなす、極左や極右は嫌いです。
たぶんアブダビさんの立ち位置も思想的には逆でも、私と同じじゃないかと想像していましたが、間違っていたらごめんなさい。

要は信頼できる相手の言葉であっても、鵜呑みに信じるのではなく、一応は疑ってかかり自分の頭で考えてみる慎重さが必要だと思います。
それは何かあった時に、相手を信じたからと言って責任を相手に転嫁するのではなく、自分で判断したから自己責任を取るという事でもありますね。

森友学園事件(あえて事件と書きます)や東京の豊洲問題で名前の挙がっている人たちを見ると、いずれも責任者の肩書がありながらも、責任逃れ、責任転嫁に汲々とし自己責任を取ろうとしていないように見えます。
そんな人たちに限って他人には道徳を押し付けようとしています。だからそんなエセ右翼のような人は私は信用できないのです。

しつこいのは承知で悠々遊さんの御意見を伺いたいのです。許されよ。

私がアパホテル反対デモに参加した事で、所属した右翼団体から除名追放されました。
幸いに雫石さんの読者でもある仲間はSF仲間で、私が貴兄や雫石さんのブログで遊ばせていただいている事は沈黙してくれる約束です。
荒しとかは心配しないで下さい!
SF者の結束は強いのです。

私は最近、安部総理を奉る保守は非現実的と思うようになりました。続く

二つの項目から書きます。
① 中国の崩壊期待論
②日本の核武装論

① 安部総理を奉る人達は中国崩壊シナリオが大好きです。
でも。それは非現実的と思います。
中国は日本の二つや三つは沈没する位の不良債権を抱えてますが崩壊してない。
仮に経済崩壊しても、習主席の終身在任が成立したら、私は中国は10年で乗り越えると感じています。

私はかつてヤクザのフロント企業のサラリーマンとして、中国に佐川急便の廃トラックを売ったり、そびえて崩壊蹟のロシアに、産業廃棄物をハバロフスクの埋立資材として売ったりしてました。
その時の経験から思うのです。
経済崩壊には、彼らのような独裁性が高い国の方が強い!
人民に無理を強制できるから!

ロシアはプーチンの登場から10年で大国に復帰しました。
中国は文革てズタズタになりながら、40年で世界覇権をアメリカと争う地位になりました。
彼らは独裁的だからこそ、復元力が高い!
それは国としてサバイバル能力が高いという事です!
彼らは経済破綻しようと、他国が侮るような位置には墜ちません!

そして核武装です。
私には新疆でミサイル士官だった学友がおり、
父と兄が原潜の砲術士官である彼らは学友がいます。
彼らから聞いた話では、核弾頭を持っても、それを運用するシステムを構築するには 20年は必要となります!

仮に中国がバブル崩壊して、日本が政治的に一息つけても間に合わない!!
北朝鮮じゃあるまいし、持っただけでは通用しないのです!

憲法改正して軍拡して、仮に核武装できても間に合わない!
ならば別の道を模索するのが現実的対応と思われます!
でも、そういう私の意見は組織には許せなかったようで、追放されました。

でも、現実的な対応を模索する意見に体して、
潰しにかかる組織には幻滅しました!
ファンタジーを愛する事と、愛国は違う!!
日本は核武装とは違う道を模索するべきです!

彼らは結局、ファンタジーを愛したいので、愛国とは違う!!!

アブダビさん、おはようございます
経済的な話題には疎くて、よく理解できないのですが、確かに独裁国家は経済的危機に強いですね。
民主主義を標榜する国なら、北朝鮮のような状態では政権は1年も持たないでしょう。

核武装論でもアブダビさんの仰るとおりだと思います。
仮に百歩譲って今すぐに核武装システムが運用できたとしても、狭い島国で大都市が集中している日本に対し、一部のひとたちが仮想敵国としているような、広大な国土に大都市が点在している相手国に、同等のプレッシャーをかけようとすれば、数倍に勝る報復攻撃能力を保持していなければ抑止力にはならないでしょう。
核ミサイル3発で日本は致命傷を負うでしょうが、広大な国土を持つ仮想敵国は3発では全治1か月程度で済むでしょう、これでは抑止力になりません。それが現実だと思います。

愛国心についても人に押し付けるものではなく、社会的弱者を思いやり、国民が互いを尊重しあえる社会であるなら、自然に身に着くものだと思います。
産み育て慈しんでくれた親や社会を憎む人間など、本来ありえないのですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/64965369

この記事へのトラックバック一覧です: あるいは答えのない質問:

« 昨日の太陽 2017/2/28 | トップページ | 月のある風景 »