フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 蔵出し | トップページ | 今日の太陽 2017/3/24 »

2017年3月23日 (木)

これは何でしょう

Photo_2

自身、画像処理しての第一印象は爬虫類の皮膚の表面、でした。

で、正体は、ツルニチニチソウ。

Photo_3

庭に生えているこの蔓植物の葉の表面です。

光を通さない厚みのあるものなので、例によって葉の表面に木工ボンドを薄く塗りつけて1日放置。

観察しやすいサイズにカットし、乾いて透明になったボンドをピンセットでゆっくりはがし、プレパラートに。

X40

それがこれ。

部位やピントの位置、倍率によってさまざまな模様が現れます。

X100a

X100c

X100b

X400a

X400b

自然の造形にはいつも感動させられます。

« 蔵出し | トップページ | 今日の太陽 2017/3/24 »

コメント

悠々遊さんこんにちは
久しぶりのミクロ画像まるでジグソパズルの様な不思議な模様ですねこれはアートです、素晴らしいです。

悠々遊さん、こんにちは。

お月様のクレーターのどアップかと思っちゃいました。
(汗)
夕焼け熊五郎さんの仰る通り、これはアートですね。
いやぁ〜びっくり!
イイ物を見せて頂き、ありがとうございました。
m(_ _)m

冥王星の表面!!
……外れました😖⤵
WebNEWSで惑星の新基準が天文学会に提示されていて、通ると冥王星が惑星に復帰する…(ただし月が惑星に加わる)という記事から。植物の表面の形だったのですねぇ。
ミクロとマクロって実は縮尺を外すと似ているんですね。面白いけど頭が🌀😱する
そういえば子供の頃に観た「ミクロの決死圏」
て映画に出てきたサルバドール・ダリのデザインによる人体内部は、すごく宇宙ぽかったです。ちょっと職場で盛り上がりました。

おぉ~!! これは何とも言えない造形。
象かサイの皮膚かと思いましたよ(笑)
う~ん、じっくり見入ってしまいますね。
まさに小宇宙。これは楽しいですね。

夕焼け熊五郎さん、こんばんは
確かにジグソーパズルのような模様もありますね。
ミクロの世界はワンダーランドです。

layout3さん、こんばんは
これまでの葉っぱと同じく、気孔が目立つ程度と思っていたので、私も見た時はビックリでした。
宇宙もミクロの世界も、覗く向こうにはワクワクがありますね(笑)。

アブダビさん、こんばんは
冥王星! さすがにそこまでは・・・(笑)。
仰るように、ミクロも原子レベルまで行くと宇宙との類似性が増してくるようですね。
恒星の周りを惑星が回るように、原子核の周りを電子が回っていたり、と。
「ミクロの決死圏」は当時の特撮技術では群を抜いていましたね。
ワクワクしながら見ていたのを思い出しました。

おりおんさん、こんばんは
象かサイの皮膚・・・なるほど、そうも見えますね!
ミクロの世界は新鮮な驚きがあるので面白いです。

蝸牛の殻の構造から“汚れない壁”、蜂の巣から“軽量で強度の在るハニカム構造”等々、自然界に存在する物から我々人間は、多くの役立つ製品を作って来た。今回の画像もそうですが、森羅万象の複雑さや凄さには本当に驚かされますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/65054948

この記事へのトラックバック一覧です: これは何でしょう:

« 蔵出し | トップページ | 今日の太陽 2017/3/24 »