フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

M53 かみのけ座の球状星団

3月27日の夜、約1か月ぶりの夜遊びの収穫です。

170327m53

かみのけ座と言えば系外銀河の宝庫とのイメージがありましたが、メシエナンバーの球状星団もありました。

左下隅に散開星団のようなものが写っているので調べてみると、NGC5053というこれも球状星団でしたが、どう見ても地味天・散開星団にしか見えませんねえ。

170327m53a

M53の撮ったままをトリミングしたものです。惑星状星雲もそうですが、面積の小さな天体は等級よりも明るく写る傾向があります。

これも150秒で中心が飽和してしまっています。

ステライメージでオートストレッチをした後、レベル補正ではなくデジタル現像で補正してみました。

170327m53b

中心部の星が少しは救えたようです。

2017年3月30日 (木)

今日の太陽 2017/3/30

白いフィルターを付けたような春霞ですが、予想していたよりはましな空で、何とか撮影出来ました。

170330b

南側の黒点群が発達しているのか分解し始めたのか・・・。

170330ls

西端に2か所目立つプロミネンスがあります。

2017年3月29日 (水)

今日の太陽 2017/3/29

雲越しのボンヤリしたオレンジ色の日の出からスタートし、昼前後には全面薄雲ながら撮影できる状態にまで回復。

170329b

黒点が賑わって楽しくなってきました(笑)。

170329ls

プロミネンス、ダークフィラメント、共に一休みでしょうか。

左下の小さな黒点の周りが明るいのはフレアでしょう。

この後夕方にかけてまた雲が厚くなっています。

2017年3月28日 (火)

今日の太陽 2017/3/28

昨夜からの快晴でしたが、撮影・画像処理を終えて外を見ると、雲が広がってきました。

今日から明日にかけてはお天気悪そうです。

170328b

昨日の黒点はさらに濃くなってきました。また、左下にも新たな発生があります。

昨日のHα画像を確認すると、プラージュが見えるので、すでに小さなものが発生していたのでしょう。

170328ls

東側に2か所、淡いけれど目立ったプロミネンスが見えます。

少し元気を取り戻したお天道さんです。

今日は、昨夜夜遊びをした後撤収しなかった赤道儀を使いました。

経緯台と違ってピント合わせが楽です。

2017年3月27日 (月)

今日の太陽 2017/3/27

雲の流れが速く晴れたり曇ったり時折小雨が降ったり、めまぐるしい天候ながら午後になってようやく晴れ間の方が多くなりました。

170327b

黒点が発達して目立ってきました。いい傾向です(笑)。

170327ls

プロミネンスの方は少しさみしくなりました。そして残念なことにこの撮影時間帯では、しっかり電線の影が出てしまいました。

♪電線に お天道さんが止まってた 

 それを悠々遊が カメラで撮ってさ

 調整してさ コンポしてさ 仕上げたら

 あらあら あらあら ダメ ダメ ダメ ダメ~(デンセンマンの電線音頭風に)

2017年3月24日 (金)

今日の太陽 2017/3/24

雲の多い晴れでした。

青空が安定しないので、撮れるうちに撮っておこうと、他の用事を後回しにしました。

170324b

東側に小さな黒点が出ています。

この黒点は一昨日から出ていたようです。

170324ls

北半球の東西にプロミネンスが出ています。

特に東側のものは久しぶりの中規模サイズだと思います。

2017年3月23日 (木)

これは何でしょう

Photo_2

自身、画像処理しての第一印象は爬虫類の皮膚の表面、でした。

で、正体は、ツルニチニチソウ。

Photo_3

庭に生えているこの蔓植物の葉の表面です。

光を通さない厚みのあるものなので、例によって葉の表面に木工ボンドを薄く塗りつけて1日放置。

観察しやすいサイズにカットし、乾いて透明になったボンドをピンセットでゆっくりはがし、プレパラートに。

X40

それがこれ。

部位やピントの位置、倍率によってさまざまな模様が現れます。

X100a

X100c

X100b

X400a

X400b

自然の造形にはいつも感動させられます。

2017年3月21日 (火)

蔵出し

「蔵出し」という言葉には異なった2つの意味があるようです。

ひとつは秘蔵品として大事に蔵に仕舞い込んでいたものを、特別な用途で蔵から出すこと。

もうひとつは表には出せない不良品や死蔵品だが、やむを得ない事情で蔵から出すこと。

で、今回の場合はどちらかと言えば後者。

撮影の時から今一つのコンディションで、画像処理しても期待できそうにないので撮りっぱなしでパソコンに眠らせていたものを、ネタが尽きたので引っ張り出してきました。

170312139

ほぼ満月状態でピントの山がつかめず、ティコのあたりも飽和してしまっています。

170317

四大衛星のうちカリストは遠く離れて収まりきれないのは承知だったので、これはまあ不満という訳でもなく。

170317_2

透明度が悪かったのか、今一つ模様がはっきり見えずピントもつかみづらかったのと、撮影中は大赤斑が見えていなかったのですが、こうして画像処理してみると正面あたりにあるのがなんとなくわかりました。

ガリレオ衛星もうっすらと見えているので、これはぎりぎり及第点にしておきます(笑)。

2017年3月20日 (月)

今日の太陽 2017/3/20

晴れていますが白っぽい青空です。

170320ls

小さなプロミネンス、ダークフィラメントが見られますが、全体におとなしいお天道さん。

相変わらず黒点は見えません。

これから天気は下り坂だそうです。

そろそろパソコン内に放置の動画をなんとかしなければ・・・。

2017年3月18日 (土)

月齢9.9のお月さん(2)

朝のうちは青空快晴だったのに、時間とともに白く濁った快晴に。

太陽観望では黒点見えず、プロミネンスも目立つものなしで撮影に及ばず。

前回3月8日のお月さん拡大画像の続きです。

170308221299

右端真ん中の目立つクレーターがティコ、その下の大きなクレータがクラビウス。

170308221599

真ん中より上が雲の海、双子のようなクレーターを挟んで左下が病の沼。

170308221799

雲の海の目立つクレーターがブリアドルス、中央付近が既知の海、真ん中にリフェウス山脈。

170308222099

リフェウス山脈の上が島の海、目立つクレーターがコペルニクス。

170308222399

コペルニクスの上にカルパチア山脈、さらに上に広がるのは雨の海。

以上が3月8日撮影の欠け際付近の画像でした。

昨晩は23時ごろに木星を撮ってみたんですが、撮影中から今一つの映像状態だったのでまだパソコンの中に放置したままです。

しばらく寝かせて熟成させればいい仕上がりになるかなあ(苦笑)。

2017年3月17日 (金)

今日の太陽 2017/3/17

ようやくの晴れ。

170317b

無黒点が続いています。

170317ls

プロミネンスも小さなものがちらほら。

お天道さんにはまだ春が来ていません。

2017年3月16日 (木)

3月8日 月齢9.9のお月さん(1)

3月8日、木星の前に撮っていたお月さんです。

17030899x14stitch

残念なモザイクになっていました(苦笑)。

でも欠け際はカバーできているので良しとしましょう。

ここからは拡大の1枚ものです。

170308213699

雨の海と虹の入り江付近です。

170308213999

雨の海に隣接の目立つクレーターはプラトー、その右には氷の海。

170308214299

氷の海とアリストテレス、エウドクソス

170308214599

氷の海の端から右方向に暗い円はエンディミオン、その右はフンボルト海・・・だと思います。光条の中心の明るく小さなクレーターの名前はちょっとわかりませんでした。

つづく。

2017年3月14日 (火)

3月8日の木星

日曜日の夕方からお天気が優れません。

なので3月8日に撮った蔵出し画像です。

170308

焦点距離1500mmではPCカメラでも惑星撮影には物足りません。

170308_2

かと言って3倍バローを使うとシーイングの影響がモロに出ます。

性能のいい2倍バローが欲しいけど、先立つものがありません(苦笑)。

170308_3

よく見ると、元画像に木星の向こうから現れたイオが、瘤のように写っていました。

2017年3月12日 (日)

今日の太陽 2017/3/12

薄雲の広がる晴れ。

今日は出かける予定があったので、9時になる前の観望と撮影にしました。

170312ls

西の端のプロミネンスがまだ頑張っています。

黒点は今日も出ていない様子。

画像処理まで済ませて出かけた先は、最近の天体観望の拠点五里五里の丘。

今日はここでスプリングフェスタがあります。

Img_3895

バンド演奏あり、

Img_3901

それを遠巻きで見る観衆あり、

Img_3899

出店あり、

Img_3904

ミニ新幹線あり、

Img_3905

パラグライダーの体験あり(子供限定でした)、

Img_3911

屋台あり、

Img_3921

フラダンスあり、

Img_3917

城陽市のキャラクターじょうりんちゃんと、京都府のキャラクターまゆまろも。

で、ここ五里五里の丘で収穫したお米を使った、先着600食の振る舞いカレーライスをちゃっかり頂き、山天同好会の例会に移動。

ちなみに、文化パルク城陽の周辺では市民マラソンがあって、周辺の道路に交通規制がありました。なのでちょっと遠回り。

いや~忙しい1日でした(笑)。

2017年3月11日 (土)

今日の太陽 2017/3/11

職場で仕事中、天井から吊り下げられた蛍光灯がゆっくり揺れて・・・あれから6年。

天気予報では昼から晴れのはずが、雲が一向になくならない。

そういえば、あの日テレビ画面の向こう側に見えていたのも、こんなどんより重苦しい空だった。

6年経っても、天災・人災から逃れた人たちに、世間からのさらなる人災が続いている一方、地位や名誉を重んじるはずの政治家や教育者が、破廉恥なことを行いながら、平然と嘘をつき言い逃れをするばかりで、真実には口をつぐんでいる様子。

これではいくら建前で道徳を説き、優秀な民族だから誇りを持てと言っても、良心があるなら子供たちに顔を上げられまい。

・・・。

170311ls

昨日のプロミネンスの名残が見えています。

雲と蜘蛛の巣電線の隙間で撮りましたが、今日はどちらの影響も受けてしまいました。

空も気持ちも重い1日です。

2017年3月10日 (金)

今日の太陽 2017/3/10

昼を過ぎて晴れ間が戻ってきました。

観望では気付かなかったけれど、画像を見ると太陽周りにはまだ少し薄雲があるようです。

170310ls

西端のプロミネンスが直ぐに目に飛び込んで来ました。

layout3さんの言っていた「プレゼント」が早速あったようです(笑)。

それとも、かひちやうさんの忠告でお天道さんが早速健康診断を受けたのかも(笑)。

2017年3月 9日 (木)

今日の太陽 2017/3/9

朝のうちは曇り、後徐々に晴れ、また曇り、夜になり晴れ。

今日は3か月に一度の心臓の術後観察で、9時前に宇治徳洲会病院へ。

今回も経過良好。

期外収縮はあるが心室細動は見受けられないとのことで、術後3年経ったので次は1年後に検査となりました。

ただ、近くの病院で毎月診察と心疾患の予防薬をもらっているので、無罪放免という訳ではありません。この薬が効いているのでしょう。

一病息災という訳ですか(笑)。

昼過ぎに帰宅しひと休みした後でお天道さんの撮影でしたが、冷たい風が強く吹き鏡筒がゆらゆらと。

170309ls

東西の縁に昨日よりは目立つプロミネンスあり。

ダークフィラメントも散見されますが、どれも小さくて頼りないですね。

黒点が発生しているようには見えないので、白色光用のミニボーグは出しませんでした。

2017年3月 8日 (水)

今日の太陽 2017/3/8

晴れ。

休養明けの太陽は、また元のすっかり寂しい姿に戻っていました。

170308b

170308ls

東の縁に極小のプロミネンスが散見されるだけ。

あと、北側に小さなダークフィラメントが見えます。

まだしばらくはこんな状態が続きそうです。

2017年3月 6日 (月)

しし座の銀河 M95,M96

改造カメラの中にも撮りっぱなしのデータが残っていました。

この夜は2対象目を撮り始めて4コマ目で雲の邪魔が入り撤収していたのでした。

なので収穫はこの1つだけです。

M95170224

暗めに処理するとノイズで酷いことになったので、軽めにしてネビュラスムースというソフトフィルター処理を初めて使ってみました。

ぼかしで誤魔化している気がしないでもありませんが、背に腹は代えられません(苦笑)。

2017年3月 5日 (日)

月のある風景

おかげさまで、ようやく腰痛が(ほぼ)治まりました。

天体ネタになるかどうか、撮ったままカメラの中に放置していた、朝の散歩でのお月さんのある風景。

いずれもKissX5にセットレンズの18-135を付けて、プログラムオートの楽ちん撮影です。

222

2月22日、電線に絡め捕られたお月さん。

Photo

同じ日、駅前マンションの上に掛るお月さん。

224

2月24日、雲の波の上に浮かぶお月さん。

この時の月齢は27で、翌日の散歩ではもう確認できませんでした。

そして・・・

昨日は五里五里の丘で観望会。

腰の痛みはほぼ無いものの、まだ油断はできないので、観望会を一緒にやっている星友Sさんにお願いして、Sさんの車で機材を運んでもらいました。

現地に着いた頃は空のほぼ90%は雲に覆われている状態でしたが、薄雲が半分の状態なので薄暗くなれば月の観望ぐらいはできるだろうと、望みをつないでお月さんを探しながら待つことしばし。

朝の天気予報とは逆に、徐々に晴れてくる気配のなか、日没前にお月さん発見。

月の観望メインでやっているうちにSさんや、同じく星友のYさんが金星発見、火星発見、すばる発見、オリオン大星雲発見・・・あたりが暗くなるとともにいつの間にかすっかり晴れ渡っていました。

参加者の中によほどHIGORO-NO-OKONAIの良い方がいたのでしょうね(笑)。

170304

同じ機材で撮ったお月さんと金星を合成でツーショット風に。

本当にこれぐらい接近していたらよかったけれど(笑)。

このあと、ゲストで来ていただいていた、文パル・プラネの解説員を21年勤めあげ現在フリーのS先生が、南の空低くにカノープスを発見。

私は別の方向に見当を付け探していたのですが見つからず、ここからは無理かと諦めかけていたのですが、さすが星の位置がきっちり頭に入っているS先生でした。

観望会参加の皆さんとともに、また少し寿命が延びたようです(笑)。

さて、今夜は月面Xだそうですが、あいにくの下り坂で空一面が真っ白に。

ようやく天体撮影ができる状態に戻ってきたというのに、そろそろ新月期も終わり・・・なんでやねん(涙)。

2017年3月 3日 (金)

あるいは答えのない質問

週の頭でぎっくり腰をやってしまい、ほとんど寝たきり状態でテレビを見て過ごすうち、こんなことを考えていました。

私はどちらかというと左派思考の持ち主です。日本共産党の国会での発言などに共鳴する部分が多いので、どちらかどころかはっきり左翼志向なのかもしれません。

でも共産主義に掲げられている、一党独裁の上から目線で人民を指導教育していくという思想には全く同意できません。それが個人であろうが集団であろうが「独裁」には傲慢さと胡散臭さと嫌悪感があるので。だから世間で期待されるような強いリーダーシップの持ち主にも胡散臭さを感じてしまいます。

さて本題。日本の独立と平和は何によって守られ、または守っていくべきなのでしょうか。私にはまだ明確な答えが得られていません。

私は上記したように左派思考の人間ですが、護憲派で言われているように「憲法第9条が日本の平和を守っている」とは思いません。理想を書いた条文で平和が守られるならそれは「護符」と同じで、神仏頼り神仏任せの無責任で危うい平和にしか思えません。

ただし、憲法9条を掲げ実践していくことで、周囲から戦争しない国として信頼を勝ち取っていく効果は期待できるでしょう。

しかし私は人間の本性は悪だという「性悪説」の持ち主でもあるので、自分が丸腰であなたに危害を加えるつもりは無いと言っても、ISISのような相手に通じるかどうかは疑問に思いますが。

反対に改憲派で言われるように国として当然の軍隊を持ち、武力で国を守り平和を維持することは可能でしょうか。これにも私は大いに疑問を持っています。

武力による平和は所詮矛と盾「矛盾」に他ならないからです。相手から身を守るためには相手より大きな力を持つ必要があります。相手にしても同じ考えでしょう。結果、軍拡競争しか答えは出てきません。GDPを食いつぶしながら軍備拡張していけば、戦争は抑止できても国も国民もいずれ疲弊してしまいます。潤うのは軍需産業だけです。

お互いが相手に仕掛けた爆弾の導火線を握り、いつ相手が導火線に火をつけてくるかびくびく恐れながらの平和が本当の平和かどうか。

東西冷戦の末、超大国の一方、ソビエト連邦が体制を維持できず崩壊したのも、こうした精神的・物質的疲弊に耐えられなくなったからでしょう。

国の独立と平和の維持に絶対的な効果がある方法があるのかないのか、無いなら次善の策は何なのか、答えが分からないままです。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »