フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2017/2/26 | トップページ | あるいは答えのない質問 »

2017年2月28日 (火)

昨日の太陽 2017/2/28

朝から快晴。

玄関先で撮れるようになる11時過ぎまで待ってから機材を出しても良かったのですが、午後に向かってどんどん雲が広がる傾向が、ここ何日も続いていたので、早めに玄関下道路を挟んだお向かいさんのガレージにて観望&撮影。

170227b

前日見えていた西側の小さな黒点は見えず、真ん中右側の黒点の左側(ややこしい)に、小さな黒点群が発生しています。

170227ls

2時方向と11時方向に小さなプロミネンス。

新たに発生した小黒点の周りにプラージュが見えています。

で、

なぜタイトルが「昨日の太陽」なのかといいますと・・・。

昨日、機材を設置し、アイピースを覗こうと中腰になったその時、腰のあたりにビリッと痛みが!

激痛とまではなかったのでそのまま撮影を続け、機材を撤収するときは慎重にしたのですが、だんだんと痛みが増してきたのでカメラにデータを残したまま、患部に湿布し鎮痛剤を飲んで安静にしていました。

約1日半おとなしくしていたのですが、画像が気になってとりあえず周回遅れで処理とアップをしたという次第。

まだあまり痛みが撮れていないので、上天気ですが今日は欠測。

今週末には五里五里の丘で天体観望会をやるので、それまでには治しておきたいので、しばらくは大人しくしておきます。

しかしよりによってこんな上天気が続く新月期に、腰痛が起きるかなあ・・・よほど日ごろの行いが悪いんでしょう(トホホ)。

« 今日の太陽 2017/2/26 | トップページ | あるいは答えのない質問 »

コメント

こんにちは。
くれぐれもご無理はなさらぬように。
ときどきやってしまう私にとって、とても他人事とは思えません。
気を付けていても、ちょtっと気を抜いたときにやってしまうのですよねえ。

悠々遊さん、こんばんは。

太陽観測出来たのに…。
やっちゃったんですか…。
無理しないで、ちゃんと治してくださいね。
明日の観測会は大丈夫なんですか?
ご自愛くださいね。
お大事にぃ〜。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

腰の具合、少しは良くなられましたでしょうか?自分はもう20年以上前、オフィスの引っ越しを手伝っていた際、調子に乗って重い荷物をぐっと持ち上げた所、ぎっくり腰を遣ってしまいました。色々聞いてはいましたが、こんなにも腰が痛く、歩くのも不自由になるとは思ってもいなかった。腰の重要さを再認識させられた次第ですが、悠々遊様も決して無理をなさらず、完治に努めて下さいね。

今晩は~(^_^)
腰のビリビリ、やりましたかー。
重いモノを持たずともやってしまうのがギックリですね。(^_^;)
「日にち薬」しかないので、安静にして五里五里に備えてください。

やまねももんがさん、おはようございます
ありがとうございます。
今朝は布団から出るときは少し楽でしたが、朝食をとるうちまた痛くなってきました。
なので、布団に潜り込み腹這っての横着な格好で、ノートパソコンからこのコメントを書いています(苦笑)。

layout3さん、おはようございます
ありがとうございます。
せっかく機材を出したところなので必死になって撮りましたが、無理は禁物ですね。
観望会は週末なので、それまでは大人しくしています。

giants-55さん、おはようございます
ありがとうございます。
まだ一進一退、3歩進んで3歩下がる状態です。
日にち薬だと思って大人しくしておきます。

かひちやうさん、おはようございます
ありがとうございます。
油断したつもりはないのですが、まさかの中腰でやってしまいました。
普段から体が硬いのが一番の原因だそうです。
私はタコになりたい(苦笑)。

あのう…太陽を観ていてふと疑問に思うのですが、我々の銀河系の太陽つまり恒星は、だいたい「同い年」なのでしょか?
生年月日が数億年~数十億年くらい前後する事はあるのでしょうか?
かような事をお聞きしますのは、気体としての酸素(地球でも酸素を含有する大半は鉱物なのだそうです)をもち、液体としての水が存在し、地球型の生物の存在する可能性のある惑星が七つ発見されたという報道で思ったからです。

よく宇宙人とか、地球外生命体とのコンタクトって話に「可能性の話」が発展するのですが…

地球が発生してから50億年くらいですか?
海を泳いでいた多細胞生物が、体液を浸透圧から護る為にカルシウムを蓄えるようになって骨が生まれ、その骨格に沿って神経節を並べて脊椎となった。つまり脊椎動物が産まれてから十数億年くらいしか間がない。
文明を持ったのは7000~8000年前。産業革命と科学発展はわずかに200年。

かように考えると、コンタクト可能な時期が実に狭い事が解ります。エイリアンがいるとしても、地球創世期に来てもらっても無意味!
人類が訪ねても同様。

ファーストコンタクトに期待する人たちは、常に宇宙に生命が起こる確率ばかり口にします。
それは「空間的隔たり」は埋めるけど、「時間の隔たり」は考慮してないと思うのですが。
同じ時間軸に、高等生物段階まで進化した二種が「同時期」に存在するのは、生命が産まれる確率より「遥かに低い」と思われます。

そこで質問の最初に戻るわけですが。
この疑問、全ての恒星がビックバンの後に、同じ頃に産まれてた「同世代」なら解決が着きます。誕生日に数億年以上の年齢差があるならば時期が億単位でズレるから、生命の有無に係わらずコンタクト不可能て事になりません?

深夜に失礼を致します。アブダビの従兄弟のアジュマーンです。
一緒に飲んでいて。熱弁を振るいながら、書きこみしてました。なので、どんな内容を語ったか想像がつきます。従兄弟ながらこいつはバカです。スマホを取り上げてかいてます。
アブダビは酔いつぶれて寝ています。
ご迷惑をおかけいたしました。従兄弟はバカなりに純真な奴です。
何を書いたのか(想像はつきますが)ご迷惑をおわび致します。
バカでも邪気のない男ですので、見捨てないでやって下さい。重ね重ね親族として御迷惑をお詫び致します。

アブダビさん、こんにちは
銀河系の恒星の年齢については、私の知識も乏しいので受け売り程度のことしかわかりません。
恒星は大部分が水素で作られていて、内部の圧力(核融合)により比較的軽い元素が作られていき、星の終焉の大爆発の強力な圧力により重い元素まで作られるそうです。
太陽より大きく重い恒星ほど内部の圧力が高く核融合が速く進むため寿命は短くなり、太陽の数倍の星では数億年、数十倍重い星では数千万年で最後の大爆発を起こすそうです。
大爆発でまき散らされた星の破片のガスや塵が引力で引かれあい、数千万年かけて再び恒星になるというサイクルで成り立っています。
私たちの太陽は現在50億歳という事ですから、何度か爆発を繰り返してきた星たちの残骸からできていると考えられますね。
逆に太陽より小さく軽い星では核融合がゆっくり進んだり、核融合が起こせるほど内部圧力が高くない星もあり、そうした星の中にはビッグバンの後に生まれた第一世代の恒星があるかもしれません。
つまり銀河系を作っている星の年齢は様々という事です。
銀河系には1000億から2000億の恒星があるといわれていますが、少なく見積もって1万分の1の恒星に生命が存在できる惑星があり、そのまた1万分の1に地球人と同等かそれ以上の文明を持つ宇宙人がいると仮定して、1000から2000の恒星に文明を持つ惑星があることになりますね。結構な数です。
一方で、地球人類の文明は宇宙に関心を向けてからまだ5000年ほどで、すでに核戦争で滅亡するかもしれないような危うい状態を迎えています。幸い馬鹿な自滅行為をしないとしてもあと10万年、文明を維持できるでしょうか。
ほかの星の文明にも同じような状況を当てはめた時、宇宙の年齢130億年の中で10万年の寿命の文明同士が出会える確率は・・・。
以上が私の結論です(笑)。

アジュマーン さん、こんにちは
少なくとも私のところには迷惑に思うような書き込みはありません。
なのでお気遣いなく。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の太陽 2017/2/28:

« 今日の太陽 2017/2/26 | トップページ | あるいは答えのない質問 »