フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 元日の三日月と 2日の月と金星の接近 | トップページ | 今年も関所を無事通過 »

2017年1月 4日 (水)

昨夜の月と火星の大接近撮影 成功か失敗か

前日の金星との接近に続き、昨夜は火星と大接近のお月さん。

ステラナビでチェックすると、最接近は15時後半から16時前半ごろで、まだまだ明るいうちなので、月はともかく火星は見えそうにない。

また、空模様は昼を過ぎてからべったり曇り気味のまま。

今夜は無理かと思って諦めていたら、ふと窓の向こうの18時を過ぎて暗くなった空に雲無く月光が見えました。

こりゃ月光・・・結構結構コケコッコウ(失笑)。

先ずは月の模様の見える露出から。

170103s400

火星も見えますがちょっと暗かった。

もう1段遅くしても良かったですね。

次に地球照を狙ってシャッター速度を1秒に。

1701031s

火星はばっちりですが、地球照が少し物足りないので、ちくしょうもう1秒追加。

1701032

今度は派手にゴーストが出てしまいました。

露出設定が難しい。

火星の右上に光るのはみずがめ座ラムダです。

ステラナビの事前チェックでは、少し離れて海王星も光っているはず。

ただし約8等級なので、焦点距離70mm、露光5秒に設定して撮り、あとでステラナビと見比べながら探してみよう。

170103

玄関先では電線の隙間を狙っての撮影になります。

2秒露光でゴーストが出たのは、電線に掛っていたからかもしれません。

で、海王星は撮れているのか、中央部をトリミングしました。

170103_2

ありました!

もう少しで電線に隠れるところ、際どくセーフ。

もろ手を挙げての成功とはいえないものの、及第点はもらえるでしょう。

自分に甘い悠々遊でした(笑)。

« 元日の三日月と 2日の月と金星の接近 | トップページ | 今年も関所を無事通過 »

コメント

悠々遊さん、こんにちは!

お月様と火星の大接近の撮影会?お疲れ様でした。
こうゆう時に限って、雲がモクモク湧いてきて…。
撮影時間が遅くなっちゃったんですね。
でも、無事にgetできて、良かったですね。

そして、海王星のgetもおめでとうございます!
私も撮りたかった…。

layout3さん、こんにちは
ここ2日間の月と惑星の接近写真は、皆さんそれぞれのスタンスで撮影され、興味深く拝見しています。
海王星はこんな時でもなければ、わざわざ小口径では狙わないですもんね。
ほんと暗い「点」では惑星と言われてもわからないし。

こんにちは
月と惑星の揃い踏み。
なかなか見応えのある冬の天体ショーですね。
もうひとつのしぶんぎ座流星群には肩透かしを
くらい新年早々のハズレ夜遊びでした。

悠々遊さんこんにちは
バッチリやりましたね月って簡単そうで結構難しいですね、私も昨夜ベランダに出っぱなし撮るには撮ったけどアップしようかしましか悩んでます。
地球照も処理してチキューショウと書こうと思いましたが先にやられちゃいましたガックリです。もっーやめたー(笑)

テナーさん、こんばんは
月と惑星が絡む天体ショーは光害地でもなんとか見られますが、流星群となるとグンと条件が厳しくなりますよね。
空が暗くて見晴らしの良い場所、となればもう遠征しかありません。
収穫なしも視野に遠征する根性が無いので、迷わずあきらめました(苦笑)。

こんばんは。
何の障害も無くあっさり撮影ができるより、あれこれ苦難を乗り越えて撮影ができた時のほうが何倍も(何十倍も)嬉しいですよね。
おやじギャグも絶好調じゃないですか。
それにしても、電線に関しては本当に綱渡りみたいな状況だったのですね。

夕焼け熊五郎さん、こんばんは
月も照らされているところと陰の間際の明暗差が大きくて、星雲の処理と同じくらい難しいような気がします。
まあ、圧倒的に光量があるので、星雲の処理ほどではないか…。
ギャグのレベルは熊五郎さんの足元にも及びません。
なのでぜひアップして叫んでください(笑)。

やまねももんがさん、こんばんは
そうですね、困難の山が高いほど、それを乗り越えた時の喜びは大きいですね。
ただ、諦めの良い性格なので、まだ大きな喜びを体験できていません(笑)。
玄関先の電線の巣、なかなかのものでしょ(苦笑)。
拡大動画撮影していて、急に暗くなって「あれ?」って思ったら、電線に掛ってたなんてのも結構ありです。

悠々遊さんは写真の出来に満足されていないようですが、天文素人の私にはドキドキしました。
この日、父が死去しました。大手企業の技師として出世をしながらも、血の気の多い親父で、降格・昇進とアップダウンクイズみたいな人生を送った男で。
占星術師でもありました。オカルトだけど。
駆けつけてくれた御弟子さんが、「君のお父様の支配星は火星だった!」
言われて、私も空を深夜に眺めていました。
不安定の星とされる月と近接する日に死ぬのも親父らしいかと。
マーズが支配星の割には、静かな最後でしたけど。座敷に連れていた飼犬が騒がねば家人が気がつかないくらいに眠るような最後でした。
個人的な話まで受け付けてくれる雫石さんに、
書きたくても書けなかった。手術に大成功して欲しいもの。
でも、誰かに聞いて欲しくて書きました。すみません。星空を眺める習性は親父譲りです。俺は天文には無関係に生きてきたけど。
気持ちが乱れるのに、星を見上げると気分が落ち着くのですね。宇宙って不思議です。

アブダビさん、こんばんは
月と火星が接近した日にお父さんが亡くなられたんですね。
そういう特別な日だと、より強く思い出されるでしょうね。
苦しまずに逝かれたという事であれば、せめてもの慰めですよね。
雫石さんの手術はきっと成功して、今頃はもう早く退院したくてうずうずされていると思いますよ。
なにせ半年我慢した酒が待ってますからね(笑)。
仰るとおり、星空を眺めていると、人間界のあれこれがちっぽけに思えて、心が落ち着きます。
私は撮影に夢中で星空を眺めていないこともありますが(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/64719162

この記事へのトラックバック一覧です: 昨夜の月と火星の大接近撮影 成功か失敗か:

« 元日の三日月と 2日の月と金星の接近 | トップページ | 今年も関所を無事通過 »