フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

今日の太陽 2017/1/31

連日の曇り空に時折の晴れ間あり。

昨日はその晴れ間を逃してしまいましたが、今日は何とか白色光だけでも撮れました。

170131b

小さな黒点がいくつかあるだけの、なんだかすっきりし過ぎのお天道様です。

明日に期待しましょうか。

2017年1月29日 (日)

玄関先で金星撮ったど

太陽がすっかり沈んでから、玄関先に今までと違った機材を出して金星の撮影。

170128x247

さらに3倍バローを使って拡大。

170128x241

マクストフ1500mmに3倍バローを加えると、惑星目的の拡大率は自分としては十分なれど、露光の設定はちょっとアンダーだったかな。

これまでも西向きの玄関先でSXWに長焦点を載せての撮影をしたいと思ってきましたが、

1、北極星が見えない

2、道路に面していて街灯などで光害が裏庭の比ではない

3、蜘蛛の巣電線で撮影できる空が狭い(これに関しては長焦点の方が有利ですが)

などの制約があり、ポタ赤とそれに見合う軽量短焦点での撮影に限定していました。

しかし、今回はほかにネタもないことで、思い切ってやっちゃいました(笑)。

極軸はおおよそのあたりを付けてのアバウトな設置、あとは自動導入時のアライメントを頼りの自動修正追尾に任せての短時間撮影、RegiStaxのコンポジット機能頼りという、機材任せの無責任撮影です(苦笑)。

今後もたまにはこういったスタイルで撮ることがあるかもしれません。

2017年1月28日 (土)

今日の太陽 2017/1/28

朝から快晴でしたが、昼を過ぎて薄雲が出てきたようです。

170128b

大きくはないけれど、まだ黒点はあります。

170128ls

プロミネンスはまた少しさびしくなってしまいましたが、4時方向に薄いものが見られます。

2017年1月27日 (金)

カノープス再チャレンジ

星友Sさんからお誘いがあり、昨夜カノープス観望&撮影に行ってきました。

家を出る前に空を見上げると、所々に薄雲が懸っている状態。

もしかしたら今夜もダメかも・・・ふとそんな弱気の虫の囁きがありましたが、とにかく行ってみることに。

バイクで5分足らずの古墳公園に着くと、Sさんがすでに居られ、早速おおいぬ座からたどってカノープス探し。

地上付近は市街地のため明るいものの、公園の松の木の枝葉の横にすぐに見つかりました。

170126

オリオン座、おおいぬ座、うさぎ座なども入れて撮影。

170126s

ソフトフィルターを付けて輝星を強調・・・のつもりがカノープスには効果薄(苦笑)。

地上のカブリを抑え気味に画像処理しました。

最後に135mmでカノープスにズームアップ。

170126_2

さあこれで、あの世からお迎えがくるまで長生きができます(笑)。

2017年1月26日 (木)

今日の太陽 2017/1/26

久々に雲一つない快晴。

すっきりしたスカイブルーに目は痛いほど。

170126b

西の黒点のすぐ横に赤ちゃんが生まれた?

170126ls

11時方向のプロミネンスは成長し、3時方向のは衰えています。

フレアは相変わらずありますが、これも衰えてきている様子。

あと、小さなダークフィラメントが目立つようになりました。

今朝はかひちやうさんに先を越されてしまいましたが、昨日撮影のHα画像に貴重な飛行物体が写っているのを公開されています。

http://kaichau.web.fc2.com/sun2017/sun2017-01.htm

2017年1月25日 (水)

今日の太陽 2017/1/25

晴れのちどんどん曇る様子。

170125b

大きめの黒点に近くにも小さなものが見られ、東の方にペアの黒点が出現。

170125ls

東の黒点にはフレアも発生しています。

プロミネンスは3時方向と11時方向が目立ちます。

かひちやうさんより10分早く撮影していました。お先です~(笑)。

2017年1月24日 (火)

たまにはミクロの世界 サザンカの花粉

天体画像が尽きて、苦しいときのミクロ頼り。

今年も庭のサザンカが咲きました。

Photo

Photo_2

Photo_3

赤く咲いても 冬の花 春はいつ来る 山茶花の・・・。

2017年1月23日 (月)

文パル観測会で撮ったのは

文パルの機材であるビクセンVC200L(旧型)と、最近入手したCLSフィルター付きKissX6i(無改造)で直焦点撮影してきました。

先ずは西の空にギラギラ輝く金星から。

170121

焦点距離1800mmなので強トリミングしましたが、カラーバランス調整を忘れてしまい、緑がかった金星です(苦笑)。

金星の左上に控えめに光っていた火星。

170121_2

同じ画角にトリミングしたので、金星に比べさらに小さな火星。

赤っぽくないのは、これもカラーバランス調整を省略した結果。

最後は薄雲の向こうにボヤ~っと見えていたM42。

170121m42

30秒露光を4枚に、10秒、1分、2分を各1枚コンポジット。

極軸をまともに合わせていなかったのに、無謀にも2分露光に挑戦しましたが、思いのほか星が伸びていなかったのが救い。

多段階露光したので中心部のトラペジウムが飽和せずに見えるのが収穫かな。

 

これまで文パルのプラネ解説や観測会を主導してこられたSさんが、今年度末を以て退職されることになったと聞きました。

Sさんが京都市北区にある中学校の1年先輩であると知ったことなどが縁で、観測会のボランティアとしてお手伝いをさせてもらってきましたが、そろそろそのお手伝いが辛くなってきたので、これを機に私もボランティアを卒業させてもらおうと考えています。

なので、たぶん・・・文パル機材を使っての撮影は今回が最後になるだろうと思って、記念のつもりで撮ってきた3画像です。

Sさん、お疲れ様でした。

2017年1月22日 (日)

おおぐま座の系外銀河といえば真っ先に思い浮かぶのは

はい、その通りです。

170107m8182x13

空の状態がもうひとつだったのか、カメラが調子悪いのか、これまでと同じようにやっていてもRAW画像での処理がうまくいかず、JPEG画像の処理で何とかゴミ箱行きを免れた画像シリーズの最後の1枚です(苦笑)。

ホームページの「星の部屋」を更新しました。

昨夜は文パルの天体観測日でした。

ピリッとしない天候でしたが、何とか晴れそうなのでデジイチを持っての参加。

モヤッと感のある夜空に煌々と輝く金星。その横の火星、まだ低い位置に昇ったばかりのオリオン大星雲を、施設の望遠鏡ビクセンVC200L(旧タイプ)で撮ってきました。

画像は明日ということで。

2017年1月21日 (土)

今日の太陽 2017/1/21 と、NGC2841

雲の多い晴れですが、それなりにまとまった青空もできます。

ただ、空全体が靄っているようで、すっきりシャープな青空ではありません。

170121b

以前に見えていた黒点群は衰退しながら西に移動し、東側に新たな群が出ています。

170121ls

東の黒点群の周囲に明るい部分が発生していますが、この明るさはフレアではないかと思います。

170121lsb

フレアの並びの先にはプロミネンスのアーチがうっすらと見えています。

さて、今年初めの夜遊びの収穫のひとつ、おおぐま座の系外銀河 NGC2841。

170107ngc2841x13

小さな渦巻銀河です。

収穫の最後のひとつは、同じおおぐま座のM81とM82。

明日アップします。

2017年1月20日 (金)

カノープスは見えず

昨日は夜が更けてからようやく晴れたので、22時半頃に古墳公園にカノープスを見に行ってきました。

が・・・。

Photo

地上近辺が明るすぎるのか、予想外に靄っているのか、あるべき位置にそれらしい星が見えず、ただ高圧電線鉄塔の照明が虚しく点滅しているのみ。

念のため18mm、F3.5、ISO1600、2.5秒露光の設定で写真も撮ってみましたが、拡大で確認してもやはり星像は見えず。

中央上辺の木の枝に一部隠されて見えるのはおおいぬ座。本来ならこの真下あたり地上より少し上にあるはずなんですけどね。

このまま手ぶらで帰るのはちょっと悔しいので、いくつかの星座を撮ってきました(苦笑)。

設定はいずれも

 三脚固定 EOS KissX5 EF-S18-135/3.5-5.6 18mm F4 ISO1600 10秒露光

の2~4枚コンポジット、トリミングのみ。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

同じ設定で冒頭のアングルで撮ると・・・。

B

明るすぎて何も見えず~完敗でした。

2017年1月19日 (木)

きりん座 NGC2403

晴れるのを期待して待ってみましたが、空を覆う雲が消え去る気配はありません。

今年になって撮った直焦点写真です。

きりん座の銀河、NGC2403

170106ngc2403x15

系外銀河のほとんどは小さくて、CAPRI-80EDの焦点距離560mmでは物足りません。

しかし、そうはいってもこれからしばらくは地味天・散開星団はじめ、銀河の他に撮るものがほとんど無いんですよね~裏庭からは。

それに、何といっても系外銀河には撮りたくなる魅力がいっぱいあります。

で、強トリミングして明るめに処理してみました。

Ngc2403x15

直焦点で天体を撮られる諸先輩方も、春のしばらくは銀河祭りを堪能されるんでしょうね。

2017年1月18日 (水)

今日の太陽 2017/1/18 と、しし座の銀河

早朝は穏やかな快晴でしたが、天候は下り坂という事で徐々に薄雲が広がってきました。

撮影も早めがいいと思い9時半にしましたが、すでに少し影響が出ていたようです。

170118b

ペアになった黒点の上の方がさらに分裂しています。

大きく成長するかと期待しましたが、分裂で小さくなっていくようなら期待外れ。

170118ls

Hα望遠鏡では10時方向に尖がりプロミネンスが登場。

ダークフィラメントもいくつか見受けられます。

1月7日の直焦点撮影は、しし座のトリオ・ザ銀河(笑)。

170107m6566ngc3628x15

没寸前のところ拾い上げましたが、市街地の空で短時間で撮れたと思えば、ま、自己満足範囲です(相変わらず自分に甘くてすいません)。

2017年1月16日 (月)

今日の太陽 2017/1/16 と、そっくりさん

昨日は昼からテレビの前で都道府県対抗女子駅伝を見ていました。

途中で何度も吹雪で画面が白くなるほどの中、めまぐるしくトップが入れ替わるスリリングな展開がゴールまで続き、目が離せませんでした。

で、京都チームが16度目の優勝! おめでとうございます。

さて、今日もまだ強烈な寒波の中、時折風が吹いたり雪はちらつくもののおおむね晴れ。

170116ls

3時方向に少し目立つプロミネンスがありますが、あとは小さなものがいくつか。

黒点近くのプラージュが目立ちます。

170116b

大きい黒点と思っていたものは実は2つの黒点のペアでした。

昔風に言うと黒点のアベック(笑)。

で、この黒点の並び、見覚えがある。

上下を反転すると、

170116

今年初の夜遊びで撮った、しし座の銀河の並びにそっくりやん。

170107m96105x13

2017年1月15日 (日)

ふたご座の散開星団 NGC2129とNGC2420

昨夜からちらほら舞っていた雪が一晩のうちに降り積もり、今朝窓の外を見ると屋根の上に5㎝ばかり積んでいました。

朝からも激しく降ったり日が射して止んだりの繰り返しです。

地元で雪が積もるのは1年に1度有るか無し。

さて、今年初の夜遊び裏庭撮影の収穫? です。

170106ngc2129x9

ふたご座の散開星団 NGC2129

双子の兄カストルの足先にありM35の近くです。

撮り始めて予定の半分を過ぎたころから、次第に屋根の向こうに去っていきました。

170106ngc2420x15

同じくふたご座の散開星団 NGC2420

双子の弟ポルックスの肩のあたりです。

規模は小さいですが、たくさんの星がぎゅっと集まっています。

2017年1月14日 (土)

今日の太陽 2017/1/14

雲の流れが速く時折雪のちらつく天候。

雲の途切れるころを見計らい、ワンチャンスにかけて撮影しました。

170114b

昨日確認の黒点が、はっきり姿を現してきました。

この大きさ、久しぶりかも。

170114ls

東西とも活発なプロミネンスが見られます。

期待できそうですね。

期待と言えば・・・今年最初の夜遊びの結果ですが、センサーにゴミが付いたらしく、黒い影がくっきりで期待外れの結果でした。

それと、RAW画像からの処理がうまくいかず、画像が荒れ放題。

これまでよりも多めの枚数でコンポジットしているのに何故かなぁ。

ダーク・フラット補正用の画像を毎回撮らず、以前のものを使いまわしているのが原因でしょうか・・・でもそれは、今に始まったことではないんですが。

あまりに悲惨な状態だったので、この日の収穫8対象全部ゴミ箱行きも考えましたが、そこは貧乏性の悲しさ。

もったいない精神発揮で、JPEG画像から何とか処理したものを、順次アップしていきます。

期待はもちろんしてもらってないと思いますが、念のため(苦笑)。

ひとつ目は、撮影時間が早すぎてコントラストに欠けるバラ星雲。

170106ngc22372244x15

薄々ですが、これ以上炙り出すと酷いことになるので、すごく大人しくさせています。

まわりがもっと暗くなる11時以降では、すでに屋根の向こうに隠れてしまうので、今季のリベンジはありません。

2017年1月13日 (金)

今日の太陽 2017/1/13

昨夜のジャスト満月は20時34分とのこと。

裏庭でPCカメラでの追尾撮影は、見え始める24時前後まで待たなければならず、ハナから撮る気はなかったのですが、20時過ぎに2階ベランダから外を覗くと、隣の家の屋根から少し上がったところに見事な満月。

なんだかむずむずしてきたので、望遠レンズで手早く撮影してしまいました(笑)。

KissX5+EF70-300/4-5.6L 300mm/F8 ISO800 1/2000秒

Photo

とにかく満月を撮った、というご褒美なのか今朝は快晴に近い晴れ。

170113b

で、ついに出ました! 東からまだ小さいですがポツンと。

13bt_2

でもそれだけではなさそうです。

よく見ると左上の端ギリギリのところに、もっと大きな黒いものが!

これは期待できそうな予感(笑)。

170113ls

プロミネンスも昨日よりは元気を取り戻した様子です。

気になる明日の天気予報は・・・土曜日曜と北から雪雲を伴った寒波襲来。

2017年1月12日 (木)

今日の太陽 2017/1/12

晴れ間はありますが、太陽の方向だけはお約束の薄雲が・・・。

綺麗な表現をすれば、薄雲の衣をまとった柔らかなお天道様。

170112b

何も無し。

170112ls

こちらも寂しくなりました。

P1060039

方向決定のため硬調処理をしていない画像だと、薄雲の天の羽衣だけは見事です(笑)。

2017年1月11日 (水)

今日の太陽 2017/1/11 と、1月6日の月を撮る part5/5

曇り時々晴れの晴れ間狙いでHα光だけいただきました。

170111ls

画像の具合から察するところ、若干電線に引っ掛かっていたようです。

薄雲の間から白色光でも観望しましたが、相変わらずの真っ白けでした。

さて、乏しいネタで引っ張った、6日の月面拡大も今日で〆となります。

1701061

17010610

うまく繋がったかな?

OKでした(笑)。

17010681

繋げて180度回転し、めでたく完成。

2017年1月10日 (火)

今日の太陽 2017/1/10 と、1月6日の月を撮る part4/5

ようやく晴れ。

でも雲も結構あります。

170110b

黒点、相変わらず見えません。

170110ls

東に新たなプロミネンス出現。

西側3時方向にプラージュかフレアのような明るい部分があり、黒点が出るかも知れませんが、すぐに向こうに隠れてしまいそう。

1月6日の拡大月面の続きです。

1701062

1701069

繋げると、

29_stitch

いよいよ明日、全部つながります。

2017年1月 9日 (月)

1月6日の月を撮る part2,3/5

晴れれば今日の太陽と一緒にアップのつもりでしたが、天気予報通りの空模様。

1回に2画像ずつだらだら引っ張るのもどうかなと思い直し、今日は4画像の特盛(?)。

1701064

1701067

1701063

1701068

この4パーツを繋ぎ合わせると、

38_stitch_stitch_2

クレーターの連なる部分とうさぎの耳・顔あたりがクローズアップ。

2017年1月 8日 (日)

1月6日の月を撮る part1/5 金星のオマケ付

表題通り、1月6日の夕刻に玄関先にてPCカメラで撮ったお月さんです。

昨日は先に撮った全球画像をアップしましたが、今回は3倍バローを使っての拡大撮影です。

1701065

1701066

合体させると、

56_stitch

この調子であと4回引っ張りますので、よろしくお付き合いください(笑)。

ところで、お月さん撮影の後、3倍バローを付けたままで金星も撮ってみました。

miniBORG60EDに3倍バローで惑星は明らかに力不足ですが、金星は表面模様が見えるわけでもなし、形が分かればOKという事で。

170106

明らかに小っちゃいですが、この夜のお月さんと同じような形だったのが面白いですね。

2017年1月 7日 (土)

今日の太陽 2017/1/7

晴れています。

もちろん太陽観望は済ませましたが、その前に、昨夜のお月さん。

17010681

いつものように玄関先にポタ赤を出し、PCカメラで撮影。

半月を少し過ぎたころですね。

拡大撮影もしましたが、画像処理が済んでいないので、それはまた別の日に。

さて、今日の太陽は。

170107b

黒点は今日も見当たりません。

170107ls

昨日も見えていた3時方向のプロミネンスが少し大きくなっているような・・・。

東側9時方向にも小さなものが見えます。

天気はこれから下り坂だそうです。

昨夜は今年初めて庭撮りで夜遊びしました。

まともに夜遊びができたのは約2か月ぶり・・・ちゃんと撮れてるかな・・・。

2017年1月 6日 (金)

今日の太陽 2017/1/6

朝はまだ雲のある空でしたが、徐々に快晴に向かい、14時を過ぎた今は快晴。

170106b

黒点は今日も見つかりません。

170106ls

プロミネンスは西側3時から4時の方向にかけて、元気なものが3つ見られます。

そのほかは目立つものがありません。

目立つと言えば、このブログを書く直前、yahooニュースで見かけたこの記事。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00010002-saitama-l11

誰に言われるでもなく一人で黙々と回収に励んだ高校生は、賞賛に値する行動だったと思うし、その行為を見て警察に通報した人物もまた、善意の行為だったと思います。

しかし、交通量の多いというその道路で、警察官が駆け付けるまで誰ひとりとして手を貸そうとした人がいなかったのだとしたら、ちょっと・・・いや、すごく悲しい。

ブログや動画投稿、SNSとかで目立ちたくてバカやってるぐらいなら、こうした行為に自発的に参加して目立ってほしいものです。

こうした行動は確かに勇気のいることですが、同じような光景に出くわした時に、私自身が取るべき行動への自戒を込めて。

2017年1月 5日 (木)

今年も関所を無事通過

今日は半年に一度の検査日で、京大病院に行ってきました。

片方の腎臓を癌で失って10年になります。

この10年間、手術をした京大病院に半年ごとに行って、

その時々で、検体検査とCT、MRI、X線検査、などを受け、

「転移は見つかりません、大丈夫ですよ」

と、担当医から聞くのが習わしになってきました。

でも最初のころは、予約の時間を過ぎてもなかなか診察室に呼ばれないと、

ひょっとして悪い結果かも、と内心ドキドキでした。

ふつう癌は進行が速いので、術後の検査で5年間再発が見つからなければ、それで経過観察は終わるはずですが、腎癌は進行が遅いので、10年の経過観察が必要とのことでした。

で、今年で10年。

今年は「大丈夫ですよ」の後に続けて、「最近太りました? 前回よりも内臓脂肪が増えてますよ」。

はい、このところ食欲旺盛、運動不足です(苦笑)。

あと一回パスできれば、晴れて無罪放免のはず。

気分よく放免されるためにも、摂生せねば。

2017年1月 4日 (水)

昨夜の月と火星の大接近撮影 成功か失敗か

前日の金星との接近に続き、昨夜は火星と大接近のお月さん。

ステラナビでチェックすると、最接近は15時後半から16時前半ごろで、まだまだ明るいうちなので、月はともかく火星は見えそうにない。

また、空模様は昼を過ぎてからべったり曇り気味のまま。

今夜は無理かと思って諦めていたら、ふと窓の向こうの18時を過ぎて暗くなった空に雲無く月光が見えました。

こりゃ月光・・・結構結構コケコッコウ(失笑)。

先ずは月の模様の見える露出から。

170103s400

火星も見えますがちょっと暗かった。

もう1段遅くしても良かったですね。

次に地球照を狙ってシャッター速度を1秒に。

1701031s

火星はばっちりですが、地球照が少し物足りないので、ちくしょうもう1秒追加。

1701032

今度は派手にゴーストが出てしまいました。

露出設定が難しい。

火星の右上に光るのはみずがめ座ラムダです。

ステラナビの事前チェックでは、少し離れて海王星も光っているはず。

ただし約8等級なので、焦点距離70mm、露光5秒に設定して撮り、あとでステラナビと見比べながら探してみよう。

170103

玄関先では電線の隙間を狙っての撮影になります。

2秒露光でゴーストが出たのは、電線に掛っていたからかもしれません。

で、海王星は撮れているのか、中央部をトリミングしました。

170103_2

ありました!

もう少しで電線に隠れるところ、際どくセーフ。

もろ手を挙げての成功とはいえないものの、及第点はもらえるでしょう。

自分に甘い悠々遊でした(笑)。

2017年1月 3日 (火)

元日の三日月と 2日の月と金星の接近

元日の夕方は玄関先にて三日月の拡大撮影。

17010131_2

5分割で撮影し、モザイク合成しました。

高度が低く細いお月さんは、ゆらゆらメラメラ、ピントの山がなかなか掴めません。

2日は月と金星が接近すると聞いて、望遠ズームの300mmで撮影。

先ずは地球照と金星。

170102

金星の左には、みずがめ座のイオータも見えます。

月の模様が見えるよう、一気に1/320秒までシャッター速度を上げて、

170102_2

さすがにこの露出では金星の輝きも見劣りしますね。

2017年1月 1日 (日)

今日の太陽 2017/1/1

         明けましておめでとうございます

今年もレンズの向くまま気の向くまま、気まぐれブログを続けていく所存でおります。

何かのついでにちょっと覗いてもらえれば幸い。

よろしくお願いいたします。

今年も元日からお天道さんを撮ることができました。

170101b_2

今年は何も無い寂しい太陽からスタートかと思いながら、念のためトーンカーブをグィッと下げてみると…。

1_2

有りましたよ。

可愛いのが小さく2つ並んで(笑)。

場所を確認したうえで1枚目の画像に戻ると、最初は見えなかったものが見えてきました。

有るとわかれば脳が勝手に補正してくれるんですかね。

170101ls

Hα光の方も大人しいままの年明けです。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »