フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

今日の太陽 2016/12/31

年末になってようやくスカッと青空が戻ってきました。

体調は風邪が治りそうで治らない、中途半端やなぁ状態。

ともあれ日光浴ができたので、これで風邪の菌(ウイルス?)に退散してもらいましょう(笑)。

161230b

161231b

黒点は収穫なしで年越しです。

161230ls

161231ls

プロミネンス、ダークフィラメントも大人しいままの年越しです。

この2枚を追加して、動画を作り直しました。

同じところに更新貼り付けています。

来年に期待しましょうか・・・でも当分極小期に向かってるんですよね。

さて、今年も余すところあと11時間弱。

改めまして、今年1年ありがとうございました。

来年(こそ)は良い年でありますように。

2016年12月29日 (木)

2016年 今年の太陽おさらい 追加更新

今年も残すところあと2日。

天気が思わしくないところに風邪まで引いてしまい、家の中に引きこもり状態で過ごしています。

少し体調が戻ってきたので、今年1年撮り溜めた太陽画像を繋ぎ合わせ、タイムラプス風動画にしてみました。

黒点やプロミネンスなどの消長をお楽しみください。

白色光で見た今年の太陽

Hα光で見た今年の太陽

年末の30、31日も太陽観望ができました。

なのでその画像も追加して動画を更新しました。

2016年12月26日 (月)

光条シリーズ おおいぬ座α

星に興味を持たない人でも名前だけは知っている、全天で一番明るい星。

それが、おおいぬ座 シリウス。

X8161221

「シリウスって知りうす?」

「♪ど~この誰かは知らないけれど 誰もがみ~んな知っている」

「それは月光仮面!」

それはさておき(笑)、シリウスは東洋では天狼という呼び名で知られていますが、西洋では星座名がおおいぬ・・・洋の東西でオオカミ=イヌと連想されていたのは偶然でしょうか。

ホームページ「悠々遊」に7月~12月の太陽画像を追加しました。

2016年12月25日 (日)

今日の太陽 2016/12/25

クリスマスの朝は快晴となりました。

161225bx8

白色光では相変わらず何も見えません。

161225lsx8

Hα光の方は、久々に大きなプロミネンスが出ています。

これから成長するのか、これが最大なのか気になるところですが、明日からまたしばらく天気予報は芳しくありません。

2016年12月24日 (土)

光条シリーズと今朝の散歩

光条シリーズ、今日はこいぬ座αです。

こいぬ座のプロキオン。

X7161221

こいぬ座は1等星のプロキオンと3等星ひとつで構成される小さな星座です。

目立った星雲星団が無いので、もしプロキオンが3等星ぐらいの明るさだったら、星座としても注目されることはなかったでしょうね。

今朝は3日ぶりの晴れに誘われて、デジイチを持っての散歩。

カーブミラーの月、再チャレンジしてきましたよ。

Photo

お月さんやっぱり小っちゃいけど、今度はピントばっちり(笑)。

そして駅前のマンションを見上げてもう1枚。

Photo_2

遺跡公園では小鳥も散歩中でした。

Photo_3

やはり朝日を浴びて1日を始めるのが気持ちいい(笑)。

Photo_4

今日も1日がいい日でありますように。

2016年12月23日 (金)

光条シリーズ ふたご座β

ふたご座の双子星、昔は同じ1等星だと思っていましたが、より正確に小数点以下まで計測できるようになって、兄のカストルは2等星に格下げ、弟のポルックスはそのまま1等星という事になったとか。

ふたご座のポルックス。

X10161221_2

両親ともに人間の子であるカストルより、神との不倫の子であるポルックスがより輝き目立つ・・・人間どうしでは嫡子より庶子が疎んじられるのが、これまでは当たり前の時代背景がありますが、いずれにしてもなんだか複雑な気分ですよね。

生まれてくる子供に何の責任もないのに。

2016年12月22日 (木)

光条シリーズ オリオン座α

新月期突入という事で昨夜早速庭撮り決行。

ところが空模様は結構とまではいかず、薄雲が次々通り過ぎていきます。

まあせっかく望遠鏡出したんだし、今後の空模様向上を願って、輝星の光条を撮影することにしました。

オリオン座のベテルギウス。

X8161221

和名平家星。

和名源氏星のリゲルより少し暗いので、すでに平家の没落が始まっているもよう。

余命600万年弱と推測されていて、最後に華々しい輝きを放っていつ消滅しても不思議ではないとか。

2016年12月21日 (水)

いやあまいった(笑)

朝起きたらいつもより暗い。

曇ってるのかなと思いながら散歩に外に出ると霧。

Dsc00197

Dsc00198

お月さんは見えるので晴れてはいるようです。

Dsc00205

それにしても、いつもと印象の違う風景。

Dsc00208

散歩の終わりごろにやっと少し霧が薄くなってきました。

Dsc00221

散歩から帰ってパソコンの前に座り、ブログチェックすると、最近ブログにコメントをいただくようになった方から、びっくりするようなコメント。

「悠々遊さんて女性だったんですか」

え~!?

ブログの記事やこの方に返したコメントに、誤解されるような記述があったのかなあ?

で、即座に否定のコメントを返したんですが、悠々遊で検索したら、プロフィールのところに「女性」となっていたという事らしい。

まさか・・・とは思ったものの、悠々遊で検索すると確かにありました。

アメーバブログに http://profile.ameba.jp/popojojo

自分が女性だとは知らなんだ(笑)。

ニフティのココログのプロフィール欄には、性別を書くところがなかったので、どうでもいいやとそのままにしていたんですが、まさかこんな落とし穴があったとは。

世の中には自分とそっくりさんが3人はいるとか聞きますし、、同姓同名が結構いるもんだとは知っていましたが、まさかネットのハンドルネームでこんなことが起きているとは思いもよりませんでした。

このもう一人の女性悠々遊さんのブログをチェックしてみると、2008年の一時期だけ使っておられたようです。

私の方が先に名乗ってるやん!

10年以上使ってきたハンドルネームを今更変えるのも面倒だし、どうしたもんでしょうねえ。

つんくさんを真似て、悠々遊♂とでもしましょうか(苦笑)。

なお、当該のコメントは、誤解も解けたことだしその方の要望もあって、すでに消去しています。

2016年12月19日 (月)

今日の太陽 2016/12/19

朝から快晴が続いています。

161219b

出てますよ安心してください、小さいのが(笑)。

161219ls

プロミネンスもたくさん出ていますよ、それなりの大きさで。

昨日の朝の散歩で撮ってたお月さん、コンデジに入れたままにしていたのを思い出して、取り出しました。

正道官衙遺跡公園で。

1612

小さくて分かりませんね。

Photo

ここですよ~。

Photo_2

カーブミラーに写った月。

Photo_3

分かりにくくてすみません。

Photo_4

アイデアは良かったと思うんだけど、よく見るとピントが合ってない。

次は気を付けよう。

2016年12月18日 (日)

今日の太陽 2016/12/18

ほぼ快晴。

10時過ぎに家の向かい側で撮影。

161218b

今日も無黒点・・・と思いながら、かひちやうさんのホームページを覗くと「中央部に新たな黒点群が誕生しました」

え?

拡大してコントラストを思い切り強調してよ~く見ると、確かにありました。

161218b_3

かひちやうさん、凄い! こんなの良く見つけますねー。

さすが太陽観測のスペシャリスト。

Hα太陽望遠鏡の方は、2時方向のプロミネンスが気になるものの、ピントが甘くもうひとつx2の画像。

161218ls

なので、玄関先で撮れる時間まで待って再挑戦。

161218ls_2

今度はバッチシかな。

ここ、何かありますね。

161218lsb_2

黒点が発生するのかなと期待しています。

2016年12月17日 (土)

今日の太陽 2016/12/17

雲の流れが速く風も時折強く吹く状況ですが晴れ。

161217b

黒点見当たりません。

161217ls

小さなプロミネンスはいくつか見られます。

1時方向のはちょっと目立ちますね。

1

ダークフィラメントが1時方向と7時方向に見られます。

今日は文パルの観測会。

ちゃんと晴れるようならminiBORG60ED持参で昴でも撮ってこようかな。

2016年12月16日 (金)

月面拡大シリーズその後

月面拡大シリーズは、月齢8.9のお月さんを3倍バローで拡大して撮った14枚を、無事モザイク合成して完結出来ましたが、その翌日にも月齢9.9の欠け際だけ拡大撮影していました。

161209dx213

161209ax220

161209cx212

161209bx212_2

上手く4分割出来なかったんですが、モザイク合成すると何とかつながったようです。

161209a_stitch

2016年12月15日 (木)

月面拡大シリーズ完結編 と、追加で今日の太陽 2016/12/15

いよいよ完結編です。

161208mx354

161208nx365

全部つながった画像をクリックして、でっかいお月さんもご覧ください。

161208ax354_stitch

今日は久しぶりに快晴。

もう少ししたら太陽観望ができます。

 

油断してたら雲がたくさん湧いてきました!

大慌てで道路を挟んだお向かいさん前に機材を出して撮影。

予定ではもう少し待って、玄関先で撮るつもりだったんですが、そんな悠長なことを言っている場合ではなかった。

161215bx8

小さな小さな黒点が一つポッチリ姿を見せてくれました。

161215lsx8

こっちは期待していたんですが・・・寂しいですね。

1年半ほど前、お天道さんが元気モリモリの絶頂期には、こんな状態が毎日のように見られた時期もあったのに、隔世の感です。

150327lux8

2016年12月14日 (水)

月面拡大シリーズ終盤

雨はやみましたが曇り空は変わりません。

月面拡大シリーズも、いよいよ大詰めを迎えました。

161208jx358

161208kx367

明日が完結篇になります。

修理調整に出していた簡易赤緯ユニットが、もう帰ってきました。

晴れればいつでも出動できます。

2016年12月13日 (火)

今日は月面拡大シリーズだけ

昨夜から降り出した雨は今も降り続いています。

明日の朝まで降るそうで望遠鏡の出番はありません。

12月8日にPCカメラで撮った月面拡大画像を、そうぞご覧ください。

今日はここの部分です。

89

161208ix379

161208hx396_2

ここまでアップした画像でモザイク合成してみました。

161208ax354_stitch_2

あと少しでゴールだ。

ポタ赤に付けている簡易赤緯ユニットの調子が良くないので、購入したメーカーさんに調整に出しました。

しっかり調整されて元気に戻ってこいよ~。

2016年12月12日 (月)

NGC1647 と、月面拡大シリーズ3

昨夜のお月さんも今日の太陽も撮れない空です。

なので、前回新月期に撮れた唯一の地味天を蔵出しします。

おうし座の散開星団 NGC1647

Ngc1647x9161207

この夜は撮影開始後すぐに薄雲が広がったようで、そのせいかどうか9枚のコンポジットでもザラっとしたノイズ感が強く、思うような画像には仕上がりませんでした。

なので全体に暗くして誤魔化しています。

さて、玄関先月面拡大シリーズの3回目。

161208fx381

161208gx361

この辺になります。

89

2016年12月11日 (日)

今日の太陽 2016/12/11

早朝の曇り空から徐々に青空に。

161211bx8

コメントするまでも無し。

161211lsx8

3時方向と7時方向に目立ったプロミネンスあり。

ダークフィラメントは目立つものは見当たらず。

 

昨夜は五里五里の丘にて、星友のSさん、Yさんとともに観望会をやりました。

昼過ぎまでは雲の多い晴れでしたが、観望会の始まるころにはすっきり晴れ。

参加された30名の皆さんに、お月さん、金星、火星、すばるなどを見てもらいながら、例の直焦点小物でお月さんを撮影してました。

20161210_2

フォーサーズカメラでは画面からはみ出てしまい全球が撮れないので、4分割で撮影しモザイク合成で仕上げています。

木津川運動公園の園長さん、職員のTさん、Nさん、ありがとうございました。

 

観望会を終えて帰宅後、玄関先にてPCカメラでも撮影。

11161210x267

ちょっとコントラスト強めの処理。

そしてシリーズ化の様相の、月面拡大画像。

161208dx353


161208ex356

はい、今日もコメント少なめ、画像たっぷりでした(笑)。

2016年12月10日 (土)

昨夜のお月さん 追加で今日の太陽 2016/12/10

玄関先にお月さんが見えだす時刻が、徐々に遅くなってきました。

昨夜は20時前になってようやく撮影開始・・・と、玄関ドアが開いて「はやくお風呂入って」と嫁さんの不機嫌な顔(苦笑)。

99161209x424

一昨日撮った拡大月面画像もぼちぼちアップしていきます。

161208bx365

161208ax354_3

161208cx377_2

さて、ブログを書いていたら晴れてきたので、これから太陽撮影の準備をしよう。

 

晴れ間が小さい! すぐ雲に隠れるので、望み薄の黒点撮影は諦め、最初からプロミネンス狙い。

ピント合わせもそこそこに撮りましたが、今日はプロミネンスもいまいちですね。

161210lsx8

161210lsx

今日は夕方から、木津川運動公園「五里五里の丘」で観望会をやります。

もう少しは晴れてちょうだい!

2016年12月 9日 (金)

最近3夜のお月さん

12月の6,7,8と夕刻の空が晴れたので、玄関先にてお月さんを撮ってました。

69_315x68161206

79_319x372161207

89_324x359161208

6日だけは雲の流れが速く、撮影時間が短くなってしまいました。

あとの2日はゆっくり腰を落ち着けて撮ることができ、特に昨夜は3倍バローを付けての拡大撮影も、久しぶりに出来たので、ぼちぼちアップの予定。

予告編で1枚だけ先行アップです(笑)。

89ax3544011161208

2016年12月 8日 (木)

今日の太陽 2016/12/08 と、新兵器?

今日は更新が遅くなってしまいました。

先ずは今日の黒点の様子。

161208bx8

新たな出現もないまま東に寄ってしまった唯一の黒点は、明日か明後日にはバイバイ。

161208lsx8

プロミネンスの方は、姿を変えつつも今日も健在でした。

161208lsx8a

ピントが甘くてすいません。

 

さて・・・とうとうポチってしまいました。

ポタ赤としてはすでにGP2ガイドパックを持っているのですが、赤緯微動が無いので後付けで組み込んだものの、少し重いものを載せていると微動にアソビ出来、すぐに緩んできて空回りしたりで少々ストレスもの。

それに昨今の多機能で小型軽量のものに比べると、ポタ赤とは言い難い重さがあるので、気軽にひょいとプチ遠征に連れ出す気力が・・・そこで、コスパで評判のスカイメモSがほしいな・・・とネットで評価記事を見ながら下調べをしていて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで書くと、スカイメモSをとうとう買っちゃったと思うでしょ(笑)。

いや、確かに欲しいけど、サンタさんからのプレゼントか、買ってもいない宝くじが当たるか、見知らぬ親戚から遺産が転がり込むか・・・ああ、虚しくなるのでもうやめとこ。

とにかくネットで下調べをしていたら、31.7mmバレル-42mm/0.75p変換アダプタを見つけたんですよね。

アメリカンサイズの接眼鏡用スリーブに差し込んで、Tリングを介してレンズ交換のできるカメラを接続して直焦点撮影ができるという代物。

接眼部にTネジが無くてTリングを介しての直焦ができなかった望遠鏡でも、31.7mmアメリカンサイズの接眼鏡が使える望遠鏡なら、直焦点撮影が出来るという小物ですが、これが有りそうで無かったアダプタでした。

いや、あるにはあっても5000円以上と結構高かったりして。

で、今回見つけたのがこれ。

A

B

右のがそのアダプタで1680円。

名前は「VITE 望遠鏡レンズアダプター 1.25インチ  Tマウント 望遠鏡とカメラ完璧につながる道具」と、まあ長い(笑)、この名前で検索すればアマゾンで見つかります。

左のはついでに買ったマイクロフォーサーズ-Tアダプタで、なんと899円。

こうして繋げ、

C

カメラにセットし、そのまま望遠鏡の接眼部に差し込んで撮影。

Photo_2

こちらはカメラレンズと接眼レンズをアダプタでつなぐコリメート法。

Photo

撮る対象や使う望遠鏡によって拡大撮影と直焦点撮影の使い分けが(簡単に)できるため、撮影方法に柔軟性ができたのではないかと思います。

もちろんTマウント(Tリング)さえ交換すれば、キャノンのデジイチにも流用できるし。

ちなみに、ついでに一緒に買ったマイクロフォーサーズ-Tアダプタの方は、Tネジの切り方が雑なのか、途中までしかねじ込めませんでした。

さすが899円の代物(笑)。

でもヤワな作りものではないので、実用上不安はありません。

しかし・・・何か違うな・・・本命に手が届かないので、小物に手を出して物欲を誤魔化しているような・・・(苦笑)。

2016年12月 7日 (水)

今日の太陽 2016/12/7

ようやくスカッと晴れました。

161207bx8

でも黒点はごらんのとおり寂しくなっています。

161207lsx8

でもでもプロミネンスはごらんのとおりで笑いが止まりません。

161207lsb

やったね!(笑)。

今朝はいつもの拡大撮影に加え、気まぐれで直焦点でも撮ってみました。

161207lsx10c

パッと見でもわかるように、像が小さくなります。

しかし、リレーレンズ方式の拡大撮影と違い、カメラレンズも接眼レンズも通さないので、光のロスが無く、同じ露出で明るく写りました。

2016年12月 6日 (火)

星雲星団大量捕獲のはずが・・・

遺跡公園にプチ遠征した翌日も晴れ。

で、今度は庭撮りで大量捕獲を目論み、早めに機材をセッティング。

キリバイカイロも火をつけて準備万端で庭に出ると・・・お約束の雲の襲来!

せっかく極軸合わせもばっちし済ませたというのに、このまま撤収はあまりに悔しい。

なので、まだ薄雲のうちに庭から見えている1等星の捕獲に急きょ方針転換。

私もまだその程度の柔軟性は持ち合わせていますよ(笑)。

先ずはピント合わせに使ったぎょしゃ座のカペラ。

X7161203

1等星は30秒でもこの輝き、速攻の味方です。

続いておうし座のアルデバラン。

X8161203

星の色の違いも何とか分かりますが、薄雲が濃くなってきました。

最後にオリオン座のリゲル。

X3161203

使えたのは最初の3枚だけでした。

以前使っていたクロスフィルターの光条が気に入らなかったので、作り直したのをこの日使いました。

Dsc00161

アバウトな紙工作ですが、実用性は証明されました(笑)。

左は、これも手作り紙工作のバーティノフマスク。

ピント合わせに重宝しています。

2016年12月 5日 (月)

正道官衙遺跡公園にて

11月2日の夜、プチ遠征の撮影はぐるぐるだけではありません。

南北、西方向に比べ、東側は若干ながら暗い空です。

我が庭撮り地同様、この遺跡公園は城陽市の東部に位置し、市の東側には数十キロ先まで山間部が続き、主だった光害地、つまり大きな市街地が無いので、東の空を暗くしてくれています。

さて、その東からこの時期ゆっくり上ってくるのが、

Photo

X57161202

Photo_2

光跡画像の前後に、絞りを少し開いて1枚撮りしてみました。

わずか16分間ですが、結構移動してます。

この後、昨日アップのぐるぐるを撮り、昇ってきた冬の大三角を7枚撮影して撤収。

X7161202

この夜はカメラ三脚だけ持参の固定撮影だったので、星基準で7枚をコンポジットして疑似追尾画像にしてみました。

地上の木がぶれているように見えるのはそのため。

市街地の中の公園なので天の川など望むべくもありませんが、結構開けた空なので明るい天体や星座の撮影には使えるかな。

2016年12月 4日 (日)

昨日のお月さんと遺跡でぐるぐる

昨日の夕方も玄関先にてお月さんをPCカメラに収めました。

39_30x3751612031805_2

薄雲があって朧月の風情がありましたが、その風情を表現するには、近所の屋根や電線が邪魔になってしまい、カメラレンズでの撮影は諦めました。

さて、かねてより機会をうかがっていた、正道官衙遺跡でのぐるぐる撮影に2日の夜行ってきました。

徒歩約10分、機材を載せたバイクで約2分のプチ遠征です(笑)。

X222

南北、西ともに結構明るく、F8に絞って15秒露光で星の数はこんなもの。

おまけに撮影開始から30分ほど経った頃から西側から謎の増光(苦笑)。

カメラの設置位置を間違えたかも。

そこで、比較暗合成で増光前と増光後の画像を作成。

Photo

Photo_2

ぐるぐる画像から増光後の画像を減算。

Photo_3

増光前の画像を加算。

X222161202_2

一応完成としましたが・・・もうひとつですねえ。

増光前の画像をトーンカーブで加減しながら少し暗くして、減算画像に加算ではなく比較明合成してみました。

Ax222161202

星空も星の軌跡も若干暗くなりましたが、左の増光部分の不自然さは無くなりました。

どっちがいいのかな・・・。

翌日の朝の散歩で、コンデジで同じアングルで撮ってみました。

2

2016年12月 3日 (土)

今日の太陽 2016/12/3 と、昨日のお月さん

昨日から引き続き晴れていますが、時々薄雲が湧いています。

先ずは昨夜玄関先でGETの三日月さん。

28_30x503161202

撮影前のゲインと露光の調整ではうまくいっていたはずなのに、出来上がった画像を見ると明るい部分が飽和しています。

レジスタックスでの前処理を間違えた?

で、今日の太陽は

161203bx8

黒点、徐々に消えていきますねえ・・・。

161203lsx8

西のプロミネンスが良い感じ。

A

淡くて眼視では気付かなかったけれど、9時方向にも大きいのがありました。

B

1

2016年12月 2日 (金)

今日の太陽 2016/12/2

やっと晴れました。

ほぼ快晴です。

気流も安定しているのか、久しぶりに納得の画像が撮れました。

161202bx8

撮影出来なかった数日の間に、黒点に消長があったようです。

161202lsx8

プロミネンスはおとなしくなってしまいました。

彩層面も以前に比べ静かになってしまいましたね。

1

今夜は夜遊びできそうな予報です。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »