フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2016/6/10 | トップページ | 今日の太陽 2016/6/11 »

2016年6月11日 (土)

M13 ヘルクレス座の球状星団

北天で一番大きな球状星団であり、春の数少ない主役のひとつで、これもまた毎年撮ってしまう天体です。

M13x15j_160602

明るく大きな球状星団は、十分時間をかけて周辺部まで撮ろうとすると中心部が飽和してしまうので、多段階露出でのコンポジットが欠かせないと思いますが、中心部まで粒々感のある画像を得る塩梅が難しいですね。

CAPRI80EDは性能の良い望遠鏡ですが、名の知れたT社の高級機に比べれば、しっかりピントを合わせても恒星が若干肥大してしまいます。

« 今日の太陽 2016/6/10 | トップページ | 今日の太陽 2016/6/11 »

コメント

悠々遊さん こんにちは
M13しっかり時間かけると矢張り仕上がり綺麗ですね。引き続き球状星団シリーズ待ってます。

悠々遊さん、こんにちは。

球状星団、綺麗に撮れましたね。
多段階露出が効果を上げているんですね。
しかし、「にわとり」でここまで撮れるとは、本当に毎回驚いちゃいます。
悠々遊さん、凄いですよ!

夕焼け熊五郎さん、こんにちは
諸先輩方のキレのある画像を見慣れているので、自分の画像は落胆のため息が漏れます。
でもまあ、それなりに満足はしているんですけどね(苦笑)。

layout3さん、こんにちは
ありがとうございます。
でもほめすぎですよ(苦笑)。
星雲や銀河と違って星団は星がしっかり写るので、明るい星団なら光害のある裏庭でも撮影自体は難しくないです。
そのかわり多段階露光の処理はいつやっても塩梅が難しいです。

こんにちは
見事なM13迫力ですね。
眼視でも視野に広がる姿は綺麗なもんです。
多段階露光の塩梅は難しいですが効果は出て
いるんでしょう。
大きい球状星団は撮っても処理しても楽しめますが
今M19,M62を処理してますが小さくて気合が入りません。
まぁ気合入れるほどの対象では無いですね(笑い

テナーさん、こんばんは
ありがとうございます。
諸先輩方のキレのある画像を見慣れているので落差を感じますが、望遠鏡と自分の処理能力を勘案すれば、これはこれで自己満足しています(笑)。
おっしゃるように小粒の球状星団は、確かに気合が入りませんね。
そういう対象はサラッと軽く流すようにしています(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/63761319

この記事へのトラックバック一覧です: M13 ヘルクレス座の球状星団:

« 今日の太陽 2016/6/10 | トップページ | 今日の太陽 2016/6/11 »