フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 本日2度目は我流処理手順について | トップページ | 今日の太陽 2015/5/30 »

2015年5月29日 (金)

M27 こぎつねがふざけて齧った果実

26日から27日に掛けて撮った中から、こぎつね座の惑星状星雲です。

M27d20150527x6

M27d

亜鈴星雲とも呼ばれる、惑星状星雲としては大きなものですが、私にはむしろ齧りかけのリンゴの芯ように見えます。

コンポジットしただけの元画像です。

M27

オートガイドを利用するようになって、露出を今までのISO6400・45秒からISO3200・150秒に変更しました。

150秒=2分30秒と中途半端なようですが、これで8枚撮影すると合計20分。

オートガイドの設定が悪いのか、赤道儀の反応が悪いのか、ガイド修正がスピーディで無いようで、8枚撮った内使えないコマが1~3枚出てしまうので、撮影8枚以下というのは考えられない。

一方で、今はまだひと晩にあれもこれもたくさん撮りたいという気持ちが強いんです。何しろ以前の45秒の頃は、ひと晩で15~20対象を荒稼ぎした事もあるぐらいで(笑)。

しかし、高度が低くて光害が避けられない所は別として、M27の画像を見るともう少し・・・180秒(3分)ぐらいまでは露光を伸ばしても、全く問題ないようにも思えますね。

次回新月期に撮影の機会があったら、180~210秒で試してみます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 本日2度目は我流処理手順について | トップページ | 今日の太陽 2015/5/30 »

コメント

悠々遊さん こんにちは
亜鈴星雲綺麗ですね、(今はまだひと晩にあれもこれもたくさん撮りたいという気持ちが強いんです)まったくその通りです、対象物撮るより次の新月期まで持たせるように考えてます。悠々遊さんの様に、太陽、星、ミクロの世界とレパトリー広くなりたいです、因みにこの惑星状星雲はカメラレンズじゃ到底無理でしょうね。

夕焼け熊五郎さん、こんにちは
じっくり時間を掛けて、ひとつひとつの天体を丁寧に撮るのが本筋でしょうが、根がせっかちイラチな者で(苦笑)。
それに、時間を掛けてじっくり取り組めるような暗い空でもないので、こんな性格にはちょうど良いのかもしれませんね。
惑星状星雲はみなどれも小さいので、560mm焦点の主砲でも物足りないですが、このM27は結構大きいほうなので、180mmで撮影する価値はあるのではないですか。
以前やまねももんがさんが100mmで撮っておられたように思いますが。

悠々遊さん、こんにちは。

ビー玉のような色合いの星雲ですね。
綺麗だなぁ〜。
住宅街でもいろいろな星雲見れる(撮れる)んですね。
びっくりです。
私の所でも見れるのかなぁ〜。
こんなに見れたら、寝る暇なくなって、翌日の会社は休みになります…。
早く現役を引退したくなってきた気がします…。
(苦笑)

layout3さん、こんにちは
小型短焦点でも割合良い姿見せてくれる天体ですよ。小さいだけが欠点ですが(笑)。
ただ眼視ではそこそこ暗い空でないと、ガッカリするような姿にしか見えません。
やっぱり点像の星と違って星雲はぼんやり広がって暗いですから・・・。

画像も素晴らしいですが、タイトルもグーッ!!
まさにこぎつねが齧ったリンゴですね。

私もひと晩に数を撮らないと気ががすまないんですよね(笑)
それにしても一晩に20は相当な荒稼ぎ!!
いちど挑戦してみたいです(笑)


おりおんさん、おはようございます
タイトル、グーですか、ありがとうございます(笑)。
1枚当たり30秒や45秒で撮ってましたから、20はいけましたよ。
薄明まで粘れば30越えも夢ではない・・・って、これを世間では粗製乱造というらしいですね(苦笑)。
今はおとなしく7つ、8つです。少しは質も重視で(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/61662278

この記事へのトラックバック一覧です: M27 こぎつねがふざけて齧った果実:

« 本日2度目は我流処理手順について | トップページ | 今日の太陽 2015/5/30 »