フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2015/2/11 | トップページ | 今日の太陽 2015/2/13 はHaが凄い »

2015年2月12日 (木)

PCカメラ画像の処理手順覚書

曇り。今日は回復の兆し全くなし。

10日に撮ったPCカメラ動画の画像をモザイク合成してみましたので、処理手順を覚えている内にまとめておこうと思います。

15フレーム/秒の動画を200フレーム分撮影

RegiStax6に動画を読み込み、この内45フレームをコンポジットし保存

115532395

115548759

Microsoft ICEにてモザイク合成し保存

115548759_a

合成画像をRgiStax6に戻してウェーブレットし保存

S0_2

使い慣れている画像処理ソフトPaintShopPRO X6で背景側(プロミネンス側)を選択しレベル補正で赤だけを処理

S1

選択範囲を反転し太陽面側をトーンカーブで処理

S2

選択範囲を解除、トリミングして左右反転、本来の向きに直して完成

115548759_s

動画はAVIで記録。RegiStax6以降の処理は、JPEGでは画像劣化が激しいので、全てBMP保存で行っています。

この手順が最適かどうかはまだ分かりませんが、少ない手順と設定が簡単なので私向きだと思います(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 今日の太陽 2015/2/11 | トップページ | 今日の太陽 2015/2/13 はHaが凄い »

コメント

悠々遊さん、こんにちは!

すごい枚数の写真を使うんですね!
ビックリしました!!

そして、細かな画像処理にもビックリ。
私のお月様なんて、10枚撮って、パソコンに取り込んで、合成して…。
その後は、いっこうさんに教わった「魔法」を使うだけ…。
悠々遊さんを見習って、もっと画像処理を勉強します!

>>layout3さん、こんにちは
ちょっと舌足らずの書き方でした。
PCカメラでの撮影は動画が主体なので、15コマ/秒で200コマ分=約13秒間動画撮影して、その動画をRegiStaxに読み込めば、あとは自動的に画像に分解してくれます。
その画像を質の高い方から「何%分」だけコンポジットするよう指定するだけです。
元がぼんやりした解像度の低い画像ですから、たくさんの枚数が必要になるのでしょうね。それぞれの画像から良いとこ取りして合成するらしいです。←よく分かっていない(汗;)。
他の方の処理データを見ると、数百~千枚以上の画像からコンポジットしておられる方が少なくないようです。
動画から画像を作ることで可能な処理なんですね。

こんにちは。
PCカメラ?
話の展開が分からなくてブログをさかのぼっていったら、どうやら数日前の記事の下のほうを見ていなかったようです。
やっと話が見えてきました。
これは惑星の撮影などと同じ手法ですね。
解像度が劇的に向上して凄いです。
そして新しい世界に踏み出した悠々遊さんも凄いです。


>>やまねももんがさん、こんばんは
食わず嫌いというか、臆病というか、いままでPCカメラには見向きもしなかったんですが、やってみると意外と簡単で効果絶大(笑)。
日進月歩で高感度・低価格化が進んだおかげです。
お月さんや惑星の撮影にも使ってみたいなと思っています。

動画から処理すると、大量枚数の画像からいいやつを選ぶので、すごくいい仕上がりになりますよね。ちょうど今日月を処理したばかりです。無改造のX4、うっぱらわなくてよかったです。Eosの動画撮影、あなどれません。

>>いっこうさん、おはようございます
1枚ずつ撮るのは高画質のメリットがありますが、コンポジット枚数には限度がありますね。
動画からコンポジットはその限度を軽々と越えてしまい、高解像度の仕上がりになる・・・撮影対象によって使い分けが必要なのでしょう。
実はEOSの動画はまだ使ったことが無いんですよ。つい連写で済ましているので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/61123965

この記事へのトラックバック一覧です: PCカメラ画像の処理手順覚書:

« 今日の太陽 2015/2/11 | トップページ | 今日の太陽 2015/2/13 はHaが凄い »