フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • とつぜんブログ
    SF関係の友人のブログ。内容多彩。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 月齢7.8 そして | トップページ | 京都競馬場にて »

2015年1月30日 (金)

葉室麟「山桜記」

雪かも知れないとの予報でしたが、朝から雨です。

年初に今年こそは積極的に本を読もうと思い立ち、近くのコミュニティーセンタ内の図書室から2冊借りていました。近頃は本も高いので、気軽に買えません(苦笑)。

1冊目は『眠れなくなる宇宙のはなし』シリーズ第3弾「気が遠くなる未来の宇宙のはなし」。

地球、太陽、太陽系、銀河系、そして宇宙全体について、最新の学説に基づく「未来予想」を紹介している本です。

内容は・・・宇宙好きにはそこそこ予想できる内容ですが、著者の先生がSF好きでもあって硬い内容にならず楽しく読了。

第1弾、第2弾は書棚に無かったので、もう1冊に今年最初の小説として表題の本を選びました。

Photo

「蜩ノ記」で直木賞を受賞した葉室麟の短編集です。

豊臣秀吉の朝鮮出兵の頃から、徳川家光治世の頃までを時代背景に、大名や有力武将、その家族の話が七編収録されています。

「蜩ノ記」でその実力を知っていたので期待して手に取った1冊でしたが、読後感はチョッピリ期待外れ。

読ませる筆力はさすが直木賞作家、と言いたいところですが、各短編とも突っ込みどころが気になって物語のなかにスッと入っていけなかったのです。

例えば最後の一編「天草の賦」の冒頭近く、天草の乱が起こり黒田藩主が江戸から九州島原に急ぎ駆けつけるところの一節。

・・・・・・

 このおり、黒田藩主忠之は江戸に在勤していたが、出兵命令が下るや夜半に騎馬で出発し、宿に泊まることなく、夜を日に継いで急行してわずか七日で大坂に着いた。

・・・・・・

江戸時代、徒歩で東海道を江戸から京都まで約14日掛かったといい、飛脚は3日から4日で走り継いだといいます。

旧東海道経由で江戸-大坂が約560kmとして、7日間で割れば1日約80km。現代の日本のマラソン選手のスピードでいえば約4時間の距離。

1日8時間を睡眠と食事に当て、残る16時間を移動に使ったとして時速5km!

で、騎馬で宿に泊まることなく夜を日に継いで走って七日はそんなに速い?

物語全体にとっては些細な事なのですが、正確であるべきところがぞんざいに扱われていると他の全てに疑問が生じてしまって、素直に物語りに入っていけないのです。

こんな私って変?

短編だから手を抜いて書いている・・・とは思いたくないのですが(苦笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 月齢7.8 そして | トップページ | 京都競馬場にて »

コメント

こんにちは。
そのお気持ち、よく分かりますよ。
私も「あれ?」ってところがあると、もう駄目ですね。
誤字はまだしも、用語の使い方がおかしいのは許容できません。

>>やまねももんがさん、こんにちは
若いころから好きなSFでは、発表当時の有力学説で押さえるべき所は押さえ、その先を疑似科学でイメージを膨らませるスタイルのものが好きでした。いわゆるハードSF分野です。
ですから、たとえばワープ航法などは許せても、光速の何倍もの速度で「普通」に航行する宇宙船の設定など、基礎科学無視の安易な記述があると、もう駄目でしたね(笑)。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

此の作品、非常に気になっていました。矢張り「蜩ノ記」が良かったという事からなのですが、今一つでしたか。

小説に100%のリアリティーを求めてはいないし、歴史物でも“嘘”が在って良いとは思っています。唯、今回の様なケースは、SF物なら在りでしょうが(ワープとか。( ̄ー ̄)ニヤリ)、そうじゃ無い作品では「無し。」でしょうね。

小説を書くというのは、非常に難しい作業。齟齬が出ない様、細心の注意を払って作家は書いているのでしょうが、其れでもおかしな所が出てしまう事も在るのかも。

>>giants-55さん、おはようございます
枝葉の些細な事を気にしなければ、それなりに面白い短編集ですが、それでも私の感性からは少しズレがありました。こればかりはそれぞれ読者の好みですから、仕方ありませんね。
小説は事実関係のみを書き並べるものではないので、嘘や個人的見解が含まれるのは当たり前なのですが、明らかな事実誤認を書いては駄目ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/61057422

この記事へのトラックバック一覧です: 葉室麟「山桜記」:

« 月齢7.8 そして | トップページ | 京都競馬場にて »