フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2014/12/18 | トップページ | ミクロワールド »

2014年12月19日 (金)

顕微鏡の出番ですが

今日はまた曇り空。

で、顕微鏡の出番ですが、早々にネタ切れで思わしいサンプルが思い浮かびません。

ご存知と思いますが、生物顕微鏡は検体を透過光を通して見るため、光を通しやすいよう検体を薄くスライスするか、もともと薄いもの、光を通しやすいものを選ぶ必要があります。

その点、立体(実体)顕微鏡は検体の表面に光を当て反射光で観察するので、厚みのあるものや鉱物などの観察に向いていますが、倍率はあまり高く出来ませんね。

さて、厚みのある検体をごく薄くスライスするのはとても難しいので、私は元々薄いものや微細な粉ものを観察対象にしています。水中微生物も、まあ粉もののようなものですから(笑)。

今日は苦し紛れで、パン屑を水でふやかして見てみました。80倍の画像です。

80

パンには小麦の他バターなども含まれるので、単一素材ではありませんが、こうして見ると小さな粒の集合体であることが分かります。

次に線香の灰を水に溶かして観察。

80_2

80倍ではのっぺりした感じです。

800

800倍まで上げてみると、ようやく粒子らしいものが確認できました。

灰がとても微細な粒子で出来ていると分かりましたが、今回のサンプルはとても地味でした。地味だったのであえてモノクロで仕上げています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 今日の太陽 2014/12/18 | トップページ | ミクロワールド »

コメント

悠々遊さま  こんにちは
毎日研究ご苦労様、この分だとノーベル賞も近いのでは、
顕微鏡のことはわかりませんが、科捜研の女は欠かさず見てました。遠い宇宙の星を大きくしたり、小さなものを大きくして見たり不思議な感じがします。誰もが見たままでは納得いかないんでしょうね、がんばって下さい。

悠々遊さま

ミクロな世界も面白いですね!
顕微鏡の映像なんて、小学校で見た「ミトコンドリア?」以来のような気がします。
どんなに小さな物質にも「形がある」ってことですかね?

そちらは、天候不順のようで、悠々遊さんにとっては不満爆発かもしれませんが、普段見れないミクロな世界が、私にとっては新鮮で楽しいです!
可能なら「ミトコンドリア」だっかか、小学校で見たやつを見たいですね!

STAP細胞もダメだったようなので、何か違うミクロな発見をしてみてください!!

>>夕焼け熊五郎さん、こんばんは
ノーベル賞はともかくノーベル製菓ののど飴はたまに買います(笑)。
「科捜研の女」は我が家でも見てますよ。
ドラマの中で望遠鏡や顕微鏡が小道具として出てくると、ついうれしくなる方です。

>>layout3さん、こんばんは
ミトコンドリア・・・細胞核の中にあるやつですよね。
我が家の顕微鏡ではハードルが高すぎです。
私は花粉が好きですが、この時期花粉の取れそうな花が近くに無くて・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/60832697

この記事へのトラックバック一覧です: 顕微鏡の出番ですが:

« 今日の太陽 2014/12/18 | トップページ | ミクロワールド »