フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2014/11/16 | トップページ | おうし座のNGC散開星団 »

2014年11月17日 (月)

昴とペルセウス座の取り残し

今朝は今のところかろうじて眼視可能な薄曇。

出勤時間までに撮れればラッキーかな。

11月14日に撮影のなかから、定番のM45。

M4520141114x11b

ペルセウス座のなかで、9等級以上で唯一取り残していたNGC1444。

何故か毎回ここに筒先を向けると雲が邪魔しに来る状況が続いて・・・。

N144420141114x11b

6等級台ですが中央から外れているうえ視直径が小さいので見つけにくいです。

3年前にビクセンのED103Sで撮ったのが下の画像。このときもセンターを外してましたね。

SXWの自動導入でも見つけにくいのでしょうか(苦笑)。

111028018x3ngc14441

むきになってなって撮るほどの対象ではなさそうです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 今日の太陽 2014/11/16 | トップページ | おうし座のNGC散開星団 »

コメント

悠々遊さん  こんにちは
M45何回撮っても又撮りたくなりますね、
もうすぐ新月期がんばって行きますよ。でも寒さ厳しくなるので身体持つかな。

こんにちは。

NGC1444はすぐ近くにある明るい星の陰に隠れちゃって目立たないですよね。
でもまあ、先生に引率された子供たちのようなものと思って見ればいいのかもしれませんね。
相性の良くない撮影対象ってありますよね。
私はどうも、カシオペア座とふたご座が駄目です。

こんにちは
定番すばるM45何と無く鏡筒を向けて撮ってしまいますが、何故か
安心感が湧いてくる対象ですね。
NGCナンバーの散開星団もこのように掲載されて改めて知る天体、勉強になります。

>>夕焼け熊五郎さん、こんばんは
何度撮っても撮り飽きない対象のひとつですね。
冬の星空は魅力満載ですが、身体に気をつけて、無理はしないでくださいよ。

>>やまねももんがさん、こんばんは
小さな地味天なので素通りしてしまいがちですが、いつも撮れないと逆に意識してしまいまして(笑)。
カシオペア座とふたご座・・・メジャーな星座ですが、相性悪いですか。
私はケフェウス座を取り逃がしていますね。いつも気がついたときには旬を逃しています。

>>テナーさん、こんばんは
多少の光害地でもちゃんと肉眼でも見えるし、写真に撮っても大失敗ということは先ず無いので、安心できる対象というのは納得です。
散開星団はほとんどが地味天ですが、何故か相性が悪くて撮る機会に恵まれないと、かえって意識してしまいますね。
何で撮らしてくれないんだ~って(笑)。

すばるっていいですよね。
眼視、双眼鏡、望遠鏡、撮影・・・すべて楽しい対象って、なかなかないですね。
NGC1444、初めて知りました。
同じ散開星団カテゴリーの「すばる」と比べると派手と地味の違いはありますが、NGC1444もかわいらしくていいですね。

>>おりおんさん、こんばんは
そうですね、こういう対象ってすぐに思い浮かぶのは、ほかにはM42ぐらいでしょうか。
冬の星空ってホント贅沢ですねえ。
その点NGC1444は、その他大勢の中の一つですが、拡大撮影してみると案外魅力的かも・・・。

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰います。)

探査機「ロゼッタ」から投下された着陸機「フィラエ」が、チュリモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸したというニュースは、心ときめく物が在りました。「彗星への着陸成功が史上初」という快挙も然る事乍ら、「地球から60億キロも離れた距離」という壮大さが素晴らしい!トラブルが発生し、暫くは操作出来ないというのが残念ですが、何とか復活して欲しいもの。

>>giants-55さん、おはようございます
ピンポイントという表現がありますが、小惑星イトカワからサンプルを持ち帰ったハヤブサといい、今回のロゼッタ-フィラエといい、まさにピンポイントの快挙ですね。
じっとしている相手ならともかく、楕円軌道で移動している小天体ですから、素人から見ると最先端の科学技術も魔法も同じように見えてしまいます(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/60666975

この記事へのトラックバック一覧です: 昴とペルセウス座の取り残し:

« 今日の太陽 2014/11/16 | トップページ | おうし座のNGC散開星団 »