フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

新機材

新機材を手に入れました。

天体用ではありません。

天気が悪くても写真遊びが出来るよう、顕微鏡を買いました。

S800

ビクセンの学習顕微鏡ミクロナビとカメラアダプターです。

本格的な写真撮影なら、JIS規格準拠のしっかりした顕微鏡のほうが良いのですが、身近にあるものを楽しみで撮るだけなので、安上がりのこっちの方にしました。

早速庭のハナミズキの花から花粉をとって、

Photo

200

こうしてミクロの世界に触れると、むかしむかし、学校の理科室で顕微鏡を覗いた頃を思い出します。

あの頃は自然光での観察だったので、熱で水分が飛んでしまい、観察対象がすぐに干からびてしまいましたが、今は赤外線の出にくいLED照明があるので、ゆっくり観察や撮影ができます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月27日 (日)

今日の太陽 2014/4/27

昨夜、星友のSさんにお誘いいただいて、木津川堤防に天体観望に行ってきました。最近のプチ遠征は鴻巣運動公園に決めているので、この場所に行くのは1年ぶりぐらいかな。

サイクリング道が舗装しなおされるなど、すっかりきれいになり様変わりしていました。

肝心の観望は薄雲と風に邪魔されて、木星と火星を見ただけで早めに撤収。

昨夜がそんな天候だったので今朝は期待していなかったのですが、快晴!です。

Lr20140427x10

B20140427x10

Hα画像の処理はコツがつかめてきましたが、色合いの方が定まりません。自分の好みでは黄色っぽいオレンジ色ですが、その辺がコンスタントに出せなくて・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月26日 (土)

今日の太陽 2014/4/26

今朝は早起きだったので、いつもより時間があると雑用を片付けていたら、太陽画像の処理がすっかり遅くなってしまいました。

B20140426x9_2

Lr20140426x9_2

黒点画像はすっかり寂しくなりました。お~いでてこ~い。

プロミネンスは目立つのが現れました。

彩層面は少しおとなしめ。黒点が少ないのと関連してるんでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

お月さんと金星ちゃんのツーショット

スクープ! お日様の眼を盗んで早朝に密会。

なんて書くとまるで芸能週刊誌のキャッチコピーのようですね(笑)。

でもカメラを構えて月と金星の接近を撮っている様子は、まさに芸能人を追っかけるパパラッチそのものか(苦笑)。

20140426

250ミリでちょうど収まりの良い接近でした。

2620140426

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月25日 (金)

今日の太陽 22014/4/25

本日も天気は晴朗なり。

B20140425x10

Lr20140425x10

新たな黒点の出現の気配なし。

プロミネンスは小型ながらあちこちに出ています。

彩層面は小さなダークフィラメントが散在。

今日の太陽は可もなし不可もなしといったところでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月24日 (木)

今日の太陽 2014/4/24

今朝も快晴。

昨夜は快晴にもかかわらずサボってしまいましたが、太陽撮影は軽量機材の手間要らずなのでサボる理由なし(笑)。

B20140424x10_3

すっかり寂しくなった太陽黒点。

Lr20140424x10_3

RAW現像もいつも同じパラメータで同じ結果とはいかないようで、いくつかの要素を少し変えてみました。若干手間ですが解像度とシャープさが得られるなら、やっておくべきでしょうね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月23日 (水)

きょうの太陽 2014/4/23

19日以来の快晴です。

B20140423x10

賑やかな小粒黒点の一行は西に去りつつあり、寂しくなっています。

今朝もJpegとRAWでHα太陽を撮りました。先にJpeg出しの方から。

L20140423x10

RAW現像してからJpeg出しした方。

Lr20140423x11

縮小画像ではあまり差がないかな・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月22日 (火)

4/19の太陽をRAW現像で処理

4月19日に撮ったHα太陽画像を、Jpeg画像とともに保存していたRAW画像を使って、ようやく納得できるレベルの画像処理が出来ましたので、ご報告いたします。

最初、RAW画像をデフォルトのままJpegやTif画像として出し、いつもPaintShopProでJpeg画像でやっているのと同じ手順、同じパラメータで処理したところ、トンでも画像しか出せませんでした。

あれこれ手を変え品を変えても、Jpeg画像をはるかに劣る結果しか出ません。これではわざわざRAWにする必要なし。Jpegのままで十分ではないかとさえ思ったほど。

でも、このままでは納得できず、日を置いて今度はRAW現像の段階で、パラメータをいじってみたところ、やっとイメージに近いものが得られました。それをJpegで出したものがこれです。

Lr20140419x10a

カメラ側でJpeg画像で出したものが700KBなのに対し、RAW現像から出したJpeg画像は3.89MBあります。この差がRAWで残すメリットでしょうか。

この画像を使ってPaintShopProでいつもの処理をして得た納得画像がこれ。

Lr20140419x10c

そしてこれが先日、今日の太陽でご紹介したいつもの画像です。

L20140419x10

いかがでしょうか。色合いはともかく、解像度とシャープさが上がり、鮮明な太陽になったと思うのですが。

相変わらず面倒なことは嫌いなので、RAW現像も画像処理もパラメータを保存しておいて、少ない手順でちゃちゃっとやるつもりですが、それでこの結果がコンスタントに出せるなら、RAW画像保存、価値がありますね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月21日 (月)

ハビタブルゾーンにある地球サイズの惑星を初めて発見

3日ほど前の新聞にこんな見出しのニュースが載ったのをご存知の方も多いでしょうね。

ハビタブルゾーン(恒星からの距離が表面に液体の水を持てる範囲)にある地球サイズの惑星が見つかった。という事で、そのニュースはアストロアーツのWebページにも当然掲載されています。

はくちょう座のケプラー186という恒星で見つかった5番目の惑星でケプラー186fと名付けられたそうです。

で、そのケプラー186とやらはどこにあるのだろうと、ステラナビゲータで調べてみました。

はくちょう座付近で惑星を持つ恒星を表示すると、

わっ! なんじゃこれは。一箇所に集中しているじゃありませんか。

2_3

これでは何もわかりませんので、もう少し拡大してみましょう。

これでもちょっとも分からん(苦笑)。

1_3

もっと拡大して丹念に探してみる事に。

0_3

端っこの方にやっと見つかりました。矢印の先です。

Kepler-186(5)とあるので、5個の惑星が見つかっている恒星という事ですね。

それにしても、系外惑星が見つけられるようになってから、まだそう年月が経っていないように思うのですが、すでにこんなに太陽系外の惑星が見つかっているなんて、自分の貧弱な想像をはるかに超えていました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月19日 (土)

今日の太陽 201/4/19

早朝は快晴でしたが、次第に薄雲が広がり厚みを増してきています。

B20140419x10

ちょっと見ない間に黒点が増えていたんですね。ちっちゃいのがいっぱい!

L20140419x10

黒点が活発になると彩層面が賑やかになります。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月16日 (水)

おとめ座の系外銀河

今朝は雲のベールの向こうから、力の無い光の太陽が昇ってきます。

3月末からの2夜にわたり撮影した系外銀河のうち残り半分、おとめ座の銀河をアップしました。

前回同様、北側から順に並べています。

M90

M9020140401x19

M9020140401c

M84(右) & M86(左)

M848620140331x17

M86

M8620140331c

M84

M8420140331c_2

M89

M8920140401x16

M8920140401c

M87

M8720140331x17

M8720140331c

M58

M5820140401x19

M5820140401c

M59

M5920140401x15

M5920140401c

M60

M6020140331x17

M60n464720140331c

こうしてみてみると、メシエ銀河に限って言えば、北側のかみのけ座には渦巻銀河が多く、南側のおとめ座には楕円銀河が多いですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月15日 (火)

満月!

15720140415x6

157201404158

薄雲あり。ホワイトバランスを変えるだけで印象が変わるもんです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

今日の太陽 2014/4/15

ほぼ快晴です。「ほぼ」の理由はところどころに飛行機雲のような、筋状の雲があるからですが、太陽観望に支障が出るものではありません。

L20140415x10

B20140415x10

今日の太陽はプロミネンスも黒点も面白くなっています。

今朝は動画を撮って、RegiStaxで612枚のコンポジットを試してみました。

撮影に際し-3に露出補正をしているのですが、どうもうまくコントロールできていないようです。

ご参考までに。

Ld20140415x612

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月14日 (月)

最接近の火星と月齢14.8の月

天文好きは今頃、最接近中の火星を眺めたり撮ったりしているんだろうな・・・なんて他人事のように想いながら、家の向かいの駐車場でお月さんと火星のツーショットを撮影してきました(笑)。

20140414

APSサイズのEOSKissX5にセットレンズのズームで望遠側の250ミリだと、ちょうど良い具合に収まります。

この写真、火星に露出を合わせればお月さんが露出オーバーで白く飛んでしまいます。逆にお月さんに露出を合わせウサギの餅つきを出そうとすれば火星は露出不足で写りません。

そこで、この前ブログ村の師匠、阪神ファンいっこうさんが使った裏技を、そのまま踏襲させていただきました。

構図を決めて、まず火星に露出をあわせ1/25秒で撮影。すぐに1/2500秒に切替えてお月さんを撮影。

1/25秒の画像の真っ白に飛んでしまったお月さんを背景の黒で塗りつぶし、1/2500秒の画像と比較明合成すれば、ご覧のようなどちらも適正露出(?)のツーショット写真の出来上がりです。

もうお気付きかと思いますが、この写真は焦点距離250ミリ、シャッター速度1/25秒、1/2500秒と「25」にこだわってみました・・・って、あんまり意味無いか・・・(苦笑)。

いっこうさん、アイデアありがたく頂戴いたしました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

今日の太陽 2014/4/14

月曜日、良いお天気です・・・ちょうどこのブログを書き始めた矢先、BGM代わりにかけているFMラジオからこのフレーズが耳に届きました。そう、良いお天気です(笑)。

L20140414x10

B20140414x10

先日、黒点が北半球ばかりになったと書いたら、早速南半球にも現れてきました。1ユーザーのつぶやきにもすぐに応えてくれるとは、お日様はなかなか粋な計らいをしてくれますねぇ(笑)。

Hα望遠鏡の画像は左側のプロミネンスの細部が潰れています。快晴の日はそろそろ1/80秒にしたほうが良い時期かもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月13日 (日)

ポタ赤に望遠鏡を載せる時は

ポタ赤としてビクセンのGP2ガイドパックを使っているので、今はやりのコンパクトポタ赤よりは許容範囲が広いものの、それなりの望遠鏡を載せる際には工夫も必要です。

山天からお借りしている太陽望遠鏡LS60THaは、重量2.5キロ。これに撮影のためのカメラを載せれば3キロを越えます。ガイドパックに付属の1キロのウエイトでは、到底バランスが取れません。

加えて、ピントが合う位置まで接眼部を繰り出すと、取り付けられているアリガタベースでは接眼部側に大きく重心が移ってしまいます。

そこで、使用時にはこんな事をしています。

P1060578

DIYで買ってきた接続金具を両面テープで貼り付けて、

P1060579

望遠鏡の取り付け位置を前にずらしても固定できるように。本当は汎用スライドバーに取り替えるのがベターなんですが、手元に予備がないし望遠鏡が私物でないので勝手に変更出来ないし。

P1060582

バランスウエイト側はウエイト軸を長いものに変え、追加ウエイトをぶら下げて対応。

全景はこんなスタイルで撮影しています。

P1060581

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

天体以外あれこれ

アフリカ、サバンナの夜明けです。

20140328

嘘です。近所の早朝散歩コースで撮影しました(笑)。

桜満開。

20140328_2

早朝散歩の終了間際、家の近くで2週間も前に撮影したもの。今はもう葉桜状態です。

上の桜とは少しはなれたところにある別の桜の木。

20140328_4

ソメイヨシノとは品種が違うように見えますがよく分かりません。ヤマザクラ?

水草の花も咲く。

20140328_3

小さな水槽でメダカを飼っていますが、そこに入れている水草に花が咲きました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

かみのけ座の系外銀河

とうとう雲のベールに包まれて、太陽の位置が分かるだけ。

3月末からの2夜にわたり、かみのけ座・おとめ座の系外銀河銀座を銀ブラした画像が、ようやく整理できたので、2回に分けて一挙公開します。

最初に言い訳がましくなりますが、2夜とも冴え渡る星空でなく、透明度がいまひとつの、言い換えれば「まろやかな星空」でした。

相手が系外銀河なので、シャープに撮りたいなら春よりも、冬の夜半過ぎにこの領域を狙うのが正解なのかもしれませんね。

M85

M8520140331x18

M85n439420140331c

M100

M10020140331x15

M10020140331c

M98

M9820140331x18

M9820140331c

M91(NGC4548)

M9120140401x15

M9120140401c

M88

M8820140331x16

M8820140331c

M99

M9920140331x18

M9920140331c

かみのけ座のメシエ銀河を北から順に並べてみました。M91は実際には確定されていないので、もっとも有力な候補とされているNGC4548にしています。

拡大・トリミングした画像では透明度の悪さに加え、(たぶん)気温の上昇の影響でノイズの影響も顕著です。

真冬でないとISO6400での撮影は厳しいのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月12日 (土)

今日の太陽 2014/4/12

なんと今日も晴れ・・・一応ですが(苦笑)。

厚い薄雲(?)が空を覆って、強めの薄日が射す状況下、日向ぼっこを強行! でもちょっと寒い。

L20140412x10

B20140412x10

予想通りとはいえ、悲惨な画像です。特にHα画像の方が。

お口直しに、昨夜これも薄雲が流れる中で撮った、月齢11.7のお月さんを。

11720140411x15

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月11日 (金)

今日の太陽 2014/4/11

うれしい事に4日連続の晴れ。とは言うもののさすがに今朝は薄雲がかかっています。

L20140411x10

B20140411x10

プロミネンスは活発。彩層面はこれから期待できるようで、黒点はまだしばらくおとなしそう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月10日 (木)

今日の太陽 2014/4/10

白っぽい快晴。

午後から次第に下り坂とのことなので、またしばらく日向ぼっこがお預けになりそう。

L20140410x10

今日は眼視に近いオレンジ色に仕上げてみました。黄色い太陽よりこっちの方が私にはしっくりきます。

B20140410x10

南半球の黒点がすっかり無くなっています。最近までずっと南半球のほうが活発だったのに。何か異変が起こるのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月 9日 (水)

天体画像コンポジットの効用

すでに天体写真を撮っておられる諸先輩方々には、何を今更の内容ですからどうかスルーしてくださいね。

月のように明るく大きな天体の場合はともかく、天体写真を撮って1枚の観賞物に仕上げるとき、コンポジット(画像合成)は避けて通れない手順のようです。

暗い背景のもと、弱くかすかな光の星を写すため、時間をかけて星の光を集めたり、受光感度(ISO)を上げたりすることで、さまざまなノイズが生じますが、そのノイズのひとつランダムノイズを軽減するのに、コンポジットがとても有効なのですね。

コンポジットするためには、同じ画像を4枚以上撮影するのが良いそうです。画像1と画像2を合成し画像Aとする。画像3と画像4を合成し画像Bとする。画像Aと画像Bを合成し最終画像とする・・・という手順が基本だそうです。

私の場合、最近はISO6400で30秒露光を20コマ連続撮影し、星が線状になっている失敗画像を除いた残りでコンポジットしています。

では実際にコンポジットの効果をご覧ください。

1枚だけの写真を画像処理したもの。

M51x1

4枚コンポジットしたもの。

M51x4

16枚をコンポジットしたもの。

M51x16

説明するまでも無く、コンポジットの効果が分かると思います。

2枚ずつのコンポジットは面倒なので、最近は4枚ずつのコンポジットをやっています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

今日の太陽 2014/4/9

3日続けての快晴。3日続けての日向ぼっこ。あな嬉し(笑)。

L20140409x10

さすがに2本柱のプロミネンスは衰えてきましたが、真北にごく薄いのが写っています。 これは眼視では気がつきませんでした。 PSTではたぶん写っていなかったでしょうね。

B20140409x10

昨日左端に見えた黒点が、お供を引き連れて回ってくるようです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月 8日 (火)

今日の太陽 2014/4/8

なんとなく白っぽく感じる青空が広がっています。

ぽかぽかと、日向ぼっこに最適な日和です。近くに神社の森があって、ウグイスの鳴き声が部屋の中にいても聞こえてきて・・・春ですなぁ(笑)。

L20140408x10

昨日の直立2本のプロミネンスは今日も健在。彩層面が若干のっぺりしてきた印象です。

B20140408x3

左端(東側)に黒点が出現。

3枚目まで連写したところでバッテリー切れ。 予備を充電していなかったので、3枚だけのコンポジットになってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月 7日 (月)

今日の太陽 2014/4/7

ここ数日の天候不良に加え、春風邪をひいたらしくて体調も思わしくなく、撮りためていた星団・銀河の画像処理も手をつけないまま寝込んでおりまして・・・。

今朝はようやく快晴。体調はいまひとつながら久しぶりの日向ぼっこが出来ました。

L20140407x10

ジェット噴射のような大きなプロミネンスが出ています。

B20140407x10

黒点は北半球が活発です。

お日様に元気をもらって早く風邪を治そう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月 3日 (木)

今日の太陽 2014/4/3

晴れ。

L20140403x10

プロミネンスがあらかた消えてしまい、彩層面の賑わいだけが目立ちます。

B20140403x10

黒点は見栄えがしてきましたね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年4月 2日 (水)

今日の太陽 2014/4/2

晴れ。

昨日も晴れましたが、朝からみっちり仕事で太陽を見る時間が取れず。

今日は結構風があるので望遠鏡を覗くと太陽の周縁部がユラユラメラメラ状態。

L20140402x10

1日空いただけなのに様子が激変。これだから太陽観望は面白い。

B20140402x10

黒点が新たに回ってきました。正面の黒点も大きくなってきた様子です。

おとといと昨日の夜、晴れて星が見えたので21時から2時間半ほどずつ、かみのけ座からおとめ座の系外銀河の集落を撮影。

調べてみると2月23日を最後に、ひと月以上も出番が無かったんですねえ。

またしばらく曇りが続くようなので、ゆっくり画像処理を楽しみます。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »