フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2月11日の天体観望 後篇 | トップページ | 今日の太陽 2014/2/21 »

2014年2月20日 (木)

保存する画像のスタイルは

天候が悪く太陽が撮れない、撮りためた天体画像も尽きた。

そこで、これまで撮ってきた画像の保存の方法を振り返ってみた。

最初のころは処理後の画像をJPEGでそのまま保存していた。が、後でサイズ変更などするたび画像が劣化してくるので、メモリは食うが早々にBMPで保存するようにした。

M42b

しかし、いったん最終まで処理をしてしまった画像で保存すると、その後(もしかして)処理の技能が上がったとしても、やり直しが効かないことに気がつき、コンポジットしただけの「生」で保存するようになった。

M42c

でも、これだと最終画像を作るたびに、最終まで何度も同じ手順を踏むことが面倒だな、と「ものぐさ」の虫が訴えてくる。

そこで、現在はもうひとつ進めてニュートラル処理までした「下ごしらえを済ませた」画像で残すようにしている。

M42d

つまりここまでは処理がいつも同じで変えようがない(と思っている)ので。

ここから先は素材によってトーンカーブを使うか、ヒストグラム調整を優先するか等々、選択肢が増えてくるし、試行錯誤しながら最終画像まで持ってくることになる。

最終画像の保存ファイル形式はこれまでプリント目的なら劣化のないBMPで、Webアップが目的ではこれまでのjpegからpngに切り替えつつあるが、まだどちらがよいのか決めかねている状態。

M42a_2

それにしても、このうっとおしい天候、なんとかならんのかねえ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 2月11日の天体観望 後篇 | トップページ | 今日の太陽 2014/2/21 »

コメント

こんにちは。

画像ファイルの保存に関しては、皆さんそれぞれに似たようなことをしているようですね。
以前はハードディスクの他に別のメディアでもバックアップをとっていたのですが、容量的に追いつかなくなりました。

画像の質を落とさずいかにコンパクトに保存するか、容量に限度があるから避けて通れないですね。
1年分をまとめてCDやDVDに保存していたこともありましたが、書出し・読込みに時間がかかりすぎるので、最近はやらなくなりました。

 私は、天体写真以外はJPEGで、天体写真はJPEG+RAWで保存してます。最近はハードディスクも大容量、かつ安いので、撮ったらカメラ別のフォルダにコピーしてます。
 問題は画像処理の過程で保存したTIFFファイルで、全然整理していないので、ハードディスクを圧迫しています。オリオン大星雲とか、いったい何枚あるのか、創造すらできません(笑。

>>いっこうさん
元画像に近い、下ごしらえ済み画像だけをBMPで保存していましたが、最近はこれもPNGでもいいかなと思い始めています。
JPEGでは何度か手直ししては保存、をしていたらとんでもないガタガタ画像になってしまった苦い経験があるので、最終出力と割り切ったときだけにしているんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/59166998

この記事へのトラックバック一覧です: 保存する画像のスタイルは:

« 2月11日の天体観望 後篇 | トップページ | 今日の太陽 2014/2/21 »