フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

今日の太陽 2014/1/31

1月は今日でお終い。終わってみれば月日の経つのはいつも速い。

今日も裏庭で見える時刻を過ぎてから晴れてきたので、玄関側でばたばたと撮影しての出勤でした。

P20140131x10

P20140131

今日はこれから夜間部の活動に入ります。晴れ間の続く限り徹夜覚悟でバシバシ撮りまくるぞ~って、意気込みだけは十分ありますが、果たして体力が持つかどうか(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月30日 (木)

エスキモー星雲とふくろう星雲

1月23日に撮れた写真から2点アップします。

ひとつ目はふたご座のエスキモー星雲NGC2392。1月5日にも撮ったものの30秒露光で飽和してしまっていたので、今回は20秒に抑えてのトリミング画像です。

Ngc239220140123x18b

小さな惑星状星雲は恒星と同じで光が凝縮されるため、等級以上に明るく写るんですね。

おおぐま座のふくろう星雲M97と銀河M108。

M108m9720140123x17b

こちらは以前にISO1600の30秒で個別に撮っていますが、淡くて存在がようやく分かる程度でしたが、今回は新機材導入を機に感度を4倍のISO6400にしたこともあり、しっかり写ってくれました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月29日 (水)

今日の太陽 2014/1/29 と、月と金星のデート

今朝は月齢27.5の細~いお月様と-4.5等級の金星がデートしていました。

800s

撮影したころの空の明るさはこんな感じでしたが、これではよく見えませんね。シャッター速度を1/2000まで上げてみました。

2000s

この写真でも分かるように今朝は快晴。お日様も機嫌良くご登場です。

P2014012910

東西に大きなプロミネンス出現。

P20140129

黒点も東西に配置。東側の黒点は眼視級なので、今後しばらく楽しませてもらえそうです。

それにしても、かひちやうさんが度々指摘されているように、南半球側ばかり活発で北半球に元気がないのは、何かの予兆?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月27日 (月)

今日の太陽 2014/1/27

アップが遅くなってしまいました。

理由のひとつは太陽付近が晴れてきたのが12時頃だったので、とりあえず撮影だけして出勤し、画像処理が帰ってからになった事。

ひとつはパソコンを入れ替えたことで、画像処理の環境を整えるのに時間がかかった事。

と、まあそんな言い訳はどうでもいいですね。

P20140127x10

P20140127

Hα画像はまずまず。黒点画像はまだ調整不足でしょうか。黒点がさびしくなっています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月25日 (土)

おおぐま座M82の超新星

おおぐま座の銀河M82に11等級の超新星が現れた、というニュースがあったので、休前日ということもあり夜更かしするつもりで望遠鏡を出して狙ってみました。

残念なことに最初は薄くかかっているだけだった雲が、だんだん厚くなってきて十分な枚数を撮る事は出来ませんでしたが、8cm450mm30秒露光でも超新星を捉えることができましたのでご報告。

M82nova20140124x12f

と言ってもこれでは全く分からないので、M82のところだけトリミング。

結構しっかり写っていて感激。1200万年前の爆発の様子が、今やっと届いたんですよね。

M82nova20140124x12_2

こちらは昨年末の12月30日に撮った写真から同じようにトリミングしています。

M8220131230x19

雲が無かった分銀河はしっかり写っていますが、当然超新星は見当たりませんねえ。

でもひとつ疑問。たまたま同じ方向にあった銀河系内の星の爆発、って事は無いのでしょうか。なぜM82銀河内の超新星と断定できるのか・・・とんだ無知を晒していますが、正直分からないんですよ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月24日 (金)

今日の太陽 2014/1/24

全天快晴。気持ちよく日向ぼっこができました(笑)

P20140124x10_2

P20140124_2

プロミネンス、ダークフィラメント、黒点ともに不足なし。

結構な朝です。唯一残念だったのは久しぶりに買った宝くじが外れていたこと。

今年もくじ運無しのようです(苦笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月23日 (木)

昨年読んだ本

若い頃は本好きだったのに本を読まなくなって久しいと反省し、昨年の年頭に毎月最低1冊は小説を読むことを目標に掲げました。

最初は調子が良かったものの、次第にペースが落ちてきてしまい、1年でやっと15冊と何とか目標だけはクリアできましたが、読書が趣味とはとても言えないですね。

昨年読んだ本のタイトルは、年の前半が山本周五郎の時代小説。

「雨あがる」

「日日平安」

「人情武士道」

「山椿」

「雨の山吹」

「町奉行日記」

「酔いどれ次郎八」

いずれも短編集で、長いブランクから抜け出るには手ごろでした。

これらを読み終えたところで年の後半はSFに。

「宇宙ゴミ戦争」横田順弥

「決戦・日本シリーズ」かんべむさし

「宇宙人のしゅくだい」小松左京

「Bio Dome 702」磯辺文雄

「時の石」栗本薫

「氷河民族」山田正紀

「飢餓列島」福島正実・眉村卓

「天の筏」スティーブン・バクスター

発行当時話題になったものもいくつかあり、SFを趣味としSFの同人誌まで作るほどのめり込んでいた身としては、お恥ずかしい限りですが今回ようやく読んだというものがほとんど。

しかし、読んでみて何故発売当時に読まなかったのか、あらためて納得。最後の1冊を除いてどれも自分の読みたいSFではなかったから。

1970年代頃にニューウェーブという、観念小説ふうSFが流行しだした頃から、自分が読みたいと願う、宇宙を舞台にしたスケールの壮大な(決して単純なスペースオペラではない)ハードSFがめっきり減り、結局それがSFから冷め読書から遠のいた大きな要因であったわけで、その思いは今も同じ。

読んでいる間はとりあえず物語を楽しめたので、読んで時間を無駄にしたとは思いたくないけれど、やはり却って本当に読みたい本への渇望が募ったというか。

現実社会にちょっとした味付けをしただけのような小説では読みたいとは思わないので、本当に読みたい小説って、なかなか巡り合えないんですよね。年に1冊でも見つけられればオンの字で。

さて、今年も月1冊以上を目標に本探しを始めていますが、「手元に残しておきたい」1冊が見つかるかどうか。

2014年1月21日 (火)

うみへび座とふたご座の星団星雲

今朝は天候が思わしくありません。

1月5日に撮った星雲星団写真の最終です。

M48。うみへび座の散開星団。

M4820140105x15b

全天で1番大きな星座ですが、明るく大きな散開星団はこのひとつだけでした。

1

うみへび座といて座の境界の天の川近くにあります。散開星団のほとんどが天の川沿いですね。

どうでもいいことながら、マイクロソフトのIMEでうみへび座を漢字変換すると「海へビザ」と変換されました。一般にはマイナーな星座なんですよね。

NGC2392。ふたご座の惑星状星雲。

Ngc239220140105x15b

今回が初トライのエスキモー星雲ですが、このままではどれなのか分からないですね。

トリミングしてみました。

Ngc239220140105x15c

下の白っぽい大きな方がそれです。インターネットで検索してみた画像とはだいぶ印象が違いますね。露出オーバーでしょうか?

ふたご座のこの辺にあります。

2

この写真を撮った1月5日以来、2週間以上夜間前半の星空に見放されています。

そろそろ出動したいなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月20日 (月)

今日の太陽 2014/1/20

やっとすっきり晴れました。

P20140120x10

西の方向に大きなプロミネンス、東の彩層面にはダークフィラメントやプラージュが。

賑やかになってます。

P20140120

東に現れた黒点群は、これから成長するのか期待したいです。

やはりこの時期太陽観望が出来ると気持ちいいですよ~(笑)

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月19日 (日)

いっかくじゅう座の散開星団

今年最初の文パル天体観測会は、雲に阻まれ星が見えず。

その雲が雪雲だったらしく、今朝はこの冬初めての冠雪で家の屋根が真っ白に。幸い道路まで積もってはいませんが。

さて、1月5日に撮った写真から、今日はいっかくじゅう座の散開星団を3つ。

M50。

M5020140105x13b_2

明るくてそこそこの大きさがあり、密集度も程よい星団ですね。

NGC2343。

Ngc234320140105x17b

中央の小ぶりな集団がそれ。右上にはNGC2335が見えます。
以前ノーマルカメラで撮ったときにはまったく写らなかった「かもめ星雲」が、今回はうっすら赤い靄のように見えています。まだまだ露光不足ですが写ると楽しさも倍増です。

NGC2506。

Ngc250620140105x15b

この散開星団はこれが初撮影でした。7.6等級、視直径7’で、写真写りはM50を一回り小さくした印象です。

Photo

冬の天の川にあるいっかくじゅう座は散開星団や散光星雲の宝庫ですね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月18日 (土)

おうし座の星雲星団

今日はたっぷり時間はあるけど、相変わらず雲が多く望み薄。

は、れ、ろ!

先日まとめ撮りした中から、おうし座の星雲星団をいくつかご紹介。

NGC1647。

Ngc164720140105x16b

明るく大きな散開星団ですが、おうし座にはヒアデス、プレアデスというビッグ・スターズが二つもあるので、完全に埋没しています。

NGC1746。

Ngc174620140105x16b

こちらもNGC1647に負けず劣らずの散開星団ですが、やはりワリを食っているひとつですね。

Photo

M1。

M120140105x17b

上の二つと違って、小さくても存在感を示しているのがこちら。なにしろメシエ・ナンバーの1番目なんだから。

今夜は文パルの天体観測会。今年最初の観測会なので何とか晴れてほしいものです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月17日 (金)

今日の太陽 2014/1/17

今朝も雲が厚くあきらめていたところ、9時ごろになって日が差してきたので急遽機材を持ち出し。

薄雲越しにようやく隣家の屋根から姿を現してきたところだったので、もう少し待つつもりが、またぞろ厚い雲に覆われそうな気配。

今日は早出の要請があり10時には出社することになったので、のんびり待って入られない状況。で、雲越しに撮りましたが、位置決めの最後の1枚を撮る前に雲に覆われてしまいました。

377

大きめのプロミネンスが出ていたのに、ゆっくり撮れなかったのが残念でした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月16日 (木)

オリオン座の星雲と、とも座の散開星団

今月5日夜は晴れ間が長く続いたので、そこそこまとめて撮影が出来ました。

今回はその中からのアップです。

M78。オリオン座の反射星雲。

M7820140105x16b

三ツ星の北の方にあります。ウルトラマンの故郷とされているところですね(笑)。

M78_2

NGC2539。とも座の散開星団。

Ngc253920140105x15b

6.5等級の大きめの星団です。ひときわ明るい星は星団に属さない、ずっと手前にある4.7等星です。

位置はとも座の北の端、おおいぬ座のシリウスの東の方にあります。

N2539

太陽が撮影できない日に、また小出しでアップしていきましょうか (^-^;。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月15日 (水)

今日の太陽 2014/1/15

早朝に空を占めていた雲が徐々に姿を消し、観望のころにはほぼ快晴。

P20140115x10

今朝はあまり見所がありません。おとなしいお日様です。

P1010359

トリミング前の撮りっぱなし無調整の写真がこれ。写角の中央からかなり外してますね。今日は慌てていたわけでもないのに位置調整に失敗していました。

すごい現象が起きていれば撮り直しですが、今日は面倒なのでこれでオーライ(笑)。

P20140115

黒点はそれなりに出現していますが、大きな黒点を見ていた後だけになんだか寂しいです。


にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月14日 (火)

今日の太陽 2014/1/14

肉眼では晴れているように見えるのに、望遠鏡を通してみると周囲が滲んでいる・・・ということは薄霞か。水蒸気が多いのでしょう。

P20140114x11

コントラストが付かず、せっかくの4時方向のプロミネンスがつぶれてしまいました。

かひちやうさんのブログの画像に期待しょっと(笑)。

P20140114

大黒さんはもう隠れちゃいましたね。ちょっと寂しくなった太陽黒点です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月12日 (日)

今日の太陽 2014/1/12

2時半ごろにトイレに起きた時には東の空のところどころに広がっていた薄雲も、夜明けにはすっかり消えて上天気です。

P20140112x10

太陽面のダークフィラメントと周縁部のプロミネンスが、共に程よく出ていて見ごろ。

P20140112

大黒点もあと一日でしょうか。東側の小粒のが心もち大きくなってきているように見えます。

今日は午後から都道府県対抗女子駅伝。それをテレビで見終わったら、16時からは山城天文同好会の新年例会と(それまで無事晴れていれば)木星観望会。

そのままずっと晴れていれば、例会から帰って裏庭観望所開設の予定。

本日は充実の日曜日ですなぁ(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月11日 (土)

今日の太陽 2014/1/11

ところどころに小さな雲はあるものの、なかなかの上天気。

特に太陽の近くに雲の無いのが結構。大抵は邪魔してほしくない所にだけあるんですよね、あの雲。思わずカメラを向けたくなるようなかっこいい雲なら歓迎ですが、そんなんじゃないんですよねいつもは・・・。

と、雲の悪口をいうブログではありません。本題に入ります。

P20140111x11

今朝は7時方向に伸びるダークフィラメントが眼を惹きました。

P20140111

黒点はだいぶ小さくなってきましたが、まだまだ存在感があります。あと2日ぐらいは楽しめそう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月10日 (金)

今日の太陽 2014/1/10

朝方には多かった雲が観望時刻が近づくと徐々に晴れてきました。いいぞ!

P20140110x11

プロミネンスが賑わってます。10時の方向のアーチ状が眼を惹きましたが、6時方向には淡いながらももっと大きなアーチも。

P20140110

大黒点は徐々に小さくなってきているようです。でも、まだまだ見応えあり。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 9日 (木)

今日の太陽 2014/1/9

晴れ間の多い曇り空と表現しておきます。

そんな空模様で裏庭観望の時間は過ぎ去り、頃合いを見計らって玄関下に下りての撮影になりました。右往左往です。

P20140109x11

黒点は相変わらずの存在感ですが、今日は小さなダークフィラメントがあちこちに見られます。

P20140109_2

大黒点様は中間点を過ぎて西側にお移りになられました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

おおぐま座・しし座の銀河

先日のM81、M82の写り具合に満足して、年明けにも別の銀河にチャレンジしてみました。

M109。おおぐま座の銀河。

M10920140104x14b

以前の撮影では写っているかいないか微妙でしたが、今回はしっかり確認できました。
右上の輝星は北斗七星のひとつ、おおぐま座γ星です。

M65、M66、NGC3628。

M6566ngc362820140104x9b

しし座の後ろ足に寄り集まって見える3つの銀河です。

年末から年始にかけて、短時間のうちに拾い集めた星雲星団、銀河の小出しシリーズはこれでおしまい。

5日の夜は晴れ間が続き少しまとまって撮れたので、次はこれらを小出しに(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 8日 (水)

オリオン座の散光星雲とおうし座の二重星団?

雨・・・一日中雨の予報。

年末からの数日間、晴れ間にぎょしゃ座が見えるので、急いで赤道儀を出しセッティングしていると、お約束の雲の襲来。というのが何度かあり、そんな中短時間ながらひとつふたつと拾うことが出来た写真です。

M42。現在使用中の機材の組合せになってからのオリオン大星雲。2013年締めの1枚になりました。

M4220131231x16

短焦点のおかげで、画像上側を北にする横長の構図でも小三ツ星が収まりました。

裏庭からはもうシーズンオフになりつつありますが、次のシーズンには多段階露出をやってみたいと思っています。

NGC2024。新年最初の1枚は午年にちなんで馬頭星雲。

Ngc202420140101x19b

画像の荒れには眼をつぶって、もうすこし派手目に処理してもよかったかも。

NGC1807とNGC1817。おうし座の二重星団?です。

Ngc1807181720140101x15b

右のNGC1807が7等級17’で左のNGC1817が7.7等級16’と、データだけ見ればほぼ同じ規模の散開星団のように思いますが、写真写りはNGC1817の方が圧倒的に目立ちますねえ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 7日 (火)

今日の太陽 2014/1/7

昨日に引き続き晴れ。

昨日は朝から初出勤初仕事てんてこ舞いで撮影が出来ず。

今日は通常出勤に戻り、午後からの出社なのでしっかり観望と撮影が出来ました。

P20140107x11

プロミネンスはおとなしいですが、PSTで撮っても黒点がしっかり出ています。

シャッター速度はそろそろ1/40秒に戻したほうがよさそうな状況になってきました。

P20140107

それにしても最近まれに見る大黒天・・・大黒点ですね。太陽フィルター越しなら望遠鏡無しでも十分見えるサイズ。

黒点付近をさらにトリミングしてみました。

P20140107b

こんなのを見るとワクワクしちゃいます。太陽観望の醍醐味です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 6日 (月)

かに座の散開星団

今日は初出勤の日。

今日ばかりは晴れていようが雨が降っていようが同じこと・・・観望できないんだから。

と、拗ねていてもしようがないので小出しシリーズからかに座の散開星団でも。

M44、プレセペ。かに座といえばこれでしょ。

M4420131229x19b

星座自体は暗い星ばかりで魅力に乏しく目立ちませんが、この大きな散開星団の存在でレンズを向ける機会があるというもの。
散開星団で固有名がついているのは、おうし座のヒアデス、プレアデスとこのプレセペだけでしたっけ。

M67。M44の南に8度ほど離れてあります。

M6720131229x14b_2

プレセペに注目しがちですが、このM67も見栄えする立派な散開星団です。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 5日 (日)

ぎょしゃ座の散開星団

今朝もどんより曇り空。どうもいけませんね。

昨年末に撮った散開星団の小出しシリーズです(苦笑)。

M38。毎度おなじみのぎょしゃ座の散開星団3兄弟では西に位置します。

M3820131229x17b

露光不足で撮っていたときには、グーチョキパーのチョキの形かアゲハチョウの姿をイメージしてましたが、こう星が多く写っているとそのイメージが難しくなりました。
下に見える小さな散開星団はNGC1907。

M36。3兄弟の真ん中に位置しています。

M3620131229x15b

3つのうちでは一番小ぶりな散開星団。

M37。3兄弟で東側に位置する散開星団。

M3720131229x16b

3つの中では一番密集度が高く、見栄えがしますね。

もうひとつ、NGC2281。3兄弟やぎょしゃ座の五角形からずっと離れた東にあります。

Ngc228120131229x15b

やはりちょっと貧弱ですね。

五角形の周囲には8等級クラスの散開星団はまだいくつかあるのですが、裏庭からぎょしゃ座を撮るにはちょっと手遅れのシーズンになってしまったので、次のシーズンへ宿題が残りました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 4日 (土)

いっかくじゅう座の星雲星団

続けて晴れるということがないですねえ。今日はまた雲が広がったままです。

そんなときの保険に、先日撮った夜間部の写真を小出し中です(笑)。

NGC2251。いっかくじゅうの額のあたりにある散開星団です。

Ngc225120131229x14b

画像中央の少し明るめの細長い小さな集まり。

NGC2264。ふたごのポルックスの足の下、いっかくじゅうの頭の辺りにある散開星団と散光星雲。

Ngc226420131229x15b

青白い散光星雲をまとった星団が印象的です。

NGC2244。ご存知バラ星雲。いっかくじゅうの口の辺りになるんですね。
いっかくじゅうが口にくわえた真っ赤なバラか。

Ngc224420131229x13b

中央の散開星団にはNGC2239とNGC2244の番号が付いています。何で2つも番号があるんだろ?
その周りに広がる散光星雲自体はNGC2238・・・だと思います。

NGC写真カタログを見ると、このバラ星雲には他にもNGCナンバーが振られているようで、左側の突き出したあたりはNGC2237。その斜め右上のほうにはNGC2246とあります。

散開星団も含め、それらを総称してバラ星雲なんですね。きっと。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 3日 (金)

今日の太陽 2014/1/3 と、ふたご座の散開星団

昨日は曇りで太陽観望はお休みしましたが、今朝は薄雲の広がる晴天です(笑)。

元旦に見たあのプロミネンスのその後は・・・。

P20140103x11

消えていますね。代わって眼視級の黒点が出現しています。これは楽しみ。

P20140103

12月29日に撮影した中から、ふたご座の散開星団を2つ。

何度も撮影しているお気に入りのM35。

M3520131229x14b

この密集度と明るさ、NGC2158をアクセントのように従えた姿が好きです。

NGC2395。双子の弟ポルックスの腕の先にあります。

Ngc239520131229x14b

中央の細長い集団ですが、同じような明るさの星の中に紛れて、ちょっと分かりにくいですね。

NGC2395の左下にぼんやりと赤いものが見えているのでネットで調べてみたら、惑星状星雲のメデューサ星雲だそうです。
ステナビで調べても表示されないと思ったら、NGC番号は無く、Sh2-274とか、PK205+14.1という番号が振られていました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 2日 (木)

オリオン座の星雲星団2つ

新機材で12月29日に撮ったオリオン座の星雲と星団です。

NGC2169。オリオンが棍棒を振り上げた腕の所にある散開星団。

Ngc216920131229x14b

小さくても明るいので直ぐそれと分かりますね。

NGC2175。振り上げた棍棒の近くにある星雲。その形からモンキー星雲の愛称があります。

Ngc217520131229x17b

改造カメラで撮りたかった対象のひとつです。

このモンキー星雲、私にはやんちゃな小猿のように見えますが、180度回転させて上下逆にすると、また違ったサルの顔に見えます。

Ngc217520131229x17c

こちらだとおっとりした大人のサルに見えるし。愛称の名付け親はどちらのモンキーフェイスをイメージしていたのでしょうかね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2014年1月 1日 (水)

今日の太陽 2014/1/1

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

と、平静さを装っていますが、実は今とても興奮しています。

いえ、ドリームジャンボが当選したわけではありません。買ってないし~(笑)。

今朝いつものように起き掛けに外を見ると、夜のうちに雨が降ったらしく地面が濡れていて、空は雲の大名行列で賑わっています。

元旦の朝日を撮りに行くつもりでしたが、これでは無理。太陽観望も無理っぽいかなという印象でした。

11時ごろになりようやく大名行列が通り過ぎたらしく、日の光がさしてきたので玄関前に機材を出して観望を始めたところ、眼に飛び込んできたのがこれ。

P20140101x11b_2

これまでPSTで色々太陽を見てきましたが、こんなプロミネンスを見たのは初めてです。年の初めにこんなのが見られるとは。

P20140101

もちろん忘れずに黒点のほうも撮りましたが、こちらは後数日で賞味期限が切れそう。

今、ブログを書きながら外を見ると、また雲が広がってきています。

太陽からの素敵なお年玉になりました。

こいつは春から縁起が良いや・・・ってヽ(´▽`)/。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »