フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

今日の太陽 2013/12/31

今年最終の今日の太陽になりました。

昨夜は雲が多くて夜間部は休みましたが、夜の間に雨が降ったらしく、朝起きてみるとアスファルトが濡れていました。

しかし空はすっかり快晴。

P20131231x11

いい感じのプロミネンスが出現。今年の締めくくりにいい姿をプレゼントしてくれました。

P20131231

黒点群もさらに大きく育っている模様。

さらに金星よもう一度とSXWを出して狙ってみましたが、たった2日のことながら太陽に近いせいか空がまぶし過ぎて全然見えませんでした。29日がラストチャンスだったようです。

さて、29日の夜に撮影した星雲星団の第1弾。

CAPRI-80EDに0.8倍のレデューサーを付けて、焦点距離448mm、F値5.6に改善し、新たに購入したサイトロンジャパンの光害カットフィルターLPR-Nを取り付け、万全の体制で改造カメラによる撮影開始・・・って、そんな大層なものではありませんが、出費だけは予想を超えたものになってしまいました。元はなんとしても取り返さねば(笑)。

おおぐま座の系外銀河M81とM82です。

M8120131230x19efl

画像処理はまだ試行錯誤の状態ですが、現時点でのベターなものと判断しました。

ちなみに、下の画像が今年3月にISO1600、30秒露光で撮ったM81とM82。

M8120130309x14

この時は市街地で8cm30秒ならこんなもんだろうと納得していましたが、露光不足だったことをあらためて痛感させられます。

今年も皆さまには何かとお世話になりありがとうございました。

いろいろあった1年ですが、終わりよければすべてよし。

来年もよい年でありますように!

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月30日 (月)

今日の太陽 2013/12/30

今朝は薄雲の広がる空模様。2日続けての快晴とはなかなかいきいません。

P20131230x11

P20131230

中央の黒点群が少し大きくなっている様子。

昨夜、ようやく星の撮影が適いました。

21時過ぎに準備を始め0時半まで、15対象を改造カメラにレデューサー、レデューサーの口径に合わせて購入していた光害カットフィルターと、新機材での撮影です。

次の撮影がいつになるか分からない不安定な天候続きなので、小出しにアップしていこうかな(笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月29日 (日)

今日の太陽 2013/12/29 と、白昼の金星

昨夜布団にもぐりこむ前の空は曇りだったのに、今朝は快晴になっていました。いつの間に晴れたの? なんだか損したような気分ですが・・・。

まあそれはともかく、晴れたんだから気持ちよく太陽観望&撮影開始。

P20131229x11

おとなしい太陽でした。快晴なので1/40秒で良かったかも。

P20131229

大き目の黒点は西に行ってしまいましたが、小さな黒点群が印象的ですね。

金星の高度がだいぶ低くなってきました。宵の明星として見られるのは来週半ばまででしょうか。さ来週末には、明けの明星として東の空に移ってるんですね。

太陽撮影の後、赤道儀をSXWに替えて、太陽に近づいて細くなってきた金星を、白昼の空に狙ってみました。

裏庭には三脚の足の位置をマーキングしてあるので、昼間でも大まかに極軸が合わせられますが、一応太陽でアライメントをしました。もちろん太陽フィルターを被せた上でですが。

20131229250

三日月です。と言っても信じてしまいそうな姿ですが、間違いなく金星です(笑)。

データ書き込みを忘れていましたが、接眼鏡はLV6を使ってのコリメート法で倍率93倍の撮影です。接眼鏡に付いていたゴミがジャマ!

中央部をトリミングしてみました。

20131229s

それにしても自動導入は楽チンですねえ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月26日 (木)

3D星座 インディアン座

黄道12星座のひとつやぎ座の南にけんびきょう座があり、インディアン座はさらにその南になります。

遠近感が楽しめる星座のひとつなので、ぜひお試しください。

交差法でご覧ください。

05x_indhian

平行法でご覧ください。

05h_indhian

3D星座シリーズの今年のUPはこれでおしまい。

来年の3D星座はとも座からのスタートを予定しています。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月25日 (水)

今日の太陽 2013/12/25

水曜日は休みをもらっていますが、年末ということで今日は10時出勤。

今朝は天気がよかったので、出勤前に太陽観望が出来ました。

P20131225x11

8時の方向のプロミネンスが眼を惹きました。

P20131225

ひところに比べ少々さびしくなった黒点群ですが、東から新たに現れそうな気配も。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月23日 (月)

今日の太陽 2013/12/23 と、今朝の雲(笑)

空全体を薄雲が覆っています。風はほとんどなく雲の流れもゆっくり。

P20131223x10

自然のソフトフィルターで、柔らかな太陽になりました。

P20131223

こちらもソフトな黒点画像です。

太陽の方向ではありませんが、ソフト効果を演出してくれた薄雲たちを紹介します(笑)。

裏庭側から。画面右下方向に太陽があります。

P1000971

玄関先から真上を撮りました。画面下側が南南東になります。

P1000996

今朝の雲は、なにやら複雑に絡み合っているようです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月22日 (日)

今日の太陽 2013/12/22

太陽観望は毎日続くとだんだんしょぼくなってくる・・・なんて罰当たりなことを先日のブログで書いたせいかどうか、あれ以来不安定な天候が続き、連続で観望できた日が無い。

余計なことは書かない(言わない)ほうがいいですね。口は災いの元・・・(^-^;。

今日も空の半分を雲が覆い、風があって流れが速く、PSTで撮るのが精一杯でした。

P20131222x10

東に面白い形のプロミネンスがが出ていました。

この先も曇りの日が続きそう。年内にあと何回観望できるやろか・・・。

お天道さん、そろそろ機嫌直してくださいネ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月20日 (金)

やっと晴れた・・・今日の太陽 2013/12/20

丸2日続いた雨がようやく上がり、1週間ぶりに望遠鏡越しに太陽と面会できました。長かったなぁ。

P20131220x10

しばらくぶりなのに大人しい。ま、贅沢は言うまい。

P20131220

黒点のほうは結構なことになっている。赤道の南側でなんだか数珠つなぎ状態。

明日から連休なので、夜まで晴れが続いてくれればいいのだけど・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月17日 (火)

3D星座 はちぶんぎ座

今回のはちぶんぎ座は、南天の星座のうちで最も南、天の南極に位置しています。

南半球で赤道儀の極軸を合わせる時は、この星座のご厄介になるわけですね。

星座早見で確認すると、星座線の三角形から少し左下にずれたあたりに、天の南極点がありました。北極星のような目立つような明るい星はありません。

交差法でご覧ください。

59x_hatibungi

平行法でご覧ください。

59h_hatibungi

立体視してもほとんど遠近感がありませんが、実際にはそれぞれ70光年、140光年、280光年の距離にあります。

1000光年超を最も遠い星としてプロットしているので、この範囲ではご近所さんなんですよね。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月16日 (月)

今日の太陽 2013/12/16

曇りからだんだん晴れに向かって回復傾向ですが、北風に乗って雲の流れが速い。

P20131216x10

PSTからminiBORGに載せ替えたところでバッテリー切れ。予備を持っていないのでここでジ・エンド。

このところどうもタイミングが悪いというか、ちぐはぐが続いています。悪い流れは早く断たなくては。

ちょっとだけいい報告も。

13日の夜、モンキー星雲を撮っていた1枚に、ふたご座流星群と思しき一条の光跡が写っていました。

Img_0798_b

この日は露光を稼ぐ目的で光害カットフィルターを外していて、確かに1絞り分は明るくなるようですが、コントラストが落ちてしまいました。市街地で光害カットフィルターが必需品ということを改めて認識。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月14日 (土)

今日の太陽 2013/12/14

この前のブログで、毎日見るよりたまに見るほうが太陽がよい表情を見せる。ってなことを書いたせいかどうか、ここ数日太陽を見るタイミングが合わない。

今日も今日とて、裏庭観望が出来る時間になると雲が出て邪魔をする。出かける用事があって、その直前に晴れてくる。

二度目の外出時間の前になって、ようやく晴れ間に恵まれたので、玄関先にて撮影。

P20131214x9

Hαと白色光を撮って、そのまま外出し、戻ってから画像処理。

Hαでの太陽・・・うん、いい感じに撮れていた。・・・と思ったのはここまで。

慌てていたわけでもないのに、シャッター速度をHαの時のままで撮影してた・・・やらかしていました。真っ白け~!

P1000888a

このままでは癪なので、日食風に遊んで見ます。

P1000888_2

コロナ? なんか、それっぽくみえるなあ。

悔し紛れでごめんなさい。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月12日 (木)

今日の太陽 2013/12/12 と、レデューサーGET

昨夜就寝前は裏庭から見られる空の半分が晴れ、残り半分が曇り。風が強いので開業せずに布団にもぐりこんだのですが、今朝は見事に快晴。風は相変わらず強いままです。

裏庭観望所での太陽観望は、太陽の高度が下がるにつれてだんだん厳しくなってきた・・・と思い込んでいました。そう、思い込んでいたんです。

これまで裏庭ではGP2ガイドパックの足を縮めたまま使っていて、それを当たり前と思っていました。つまり、三脚の脚を伸ばせば9時代の前半でも余裕で観望できると、今になって気が付いたんですよ。馬鹿ですねえ(苦笑)。

P20131212x10

久々に見ごたえのあるプロミネンスが出現。

何日か見られない日があった後の観望では、大きなプロミネンスや太陽面の活発な様子が見られ、観望日が続くとだんだんしょぼくなってくる・・・どうもそんな傾向があるように感じますが、実際はどうなんでしょうね。

P20131212

黒点群も活発になってきています。これぐらいあると十分楽しいです。

改造カメラを入手したことで、図らずもこれまで露光不足で撮っていたことを思い知ったので、レデューサーを購入しF値の改善をすることにしました。

もうひとつの選択肢、オートガイド化というのもあったわけですが、ほとんどが裏庭での使用で、長時間露光は望めないこと、機材がかさばってくること、なによりガイド鏡筒、オートガイダー等々新たな出費がとても賄えない事が理由で、レデューサーという選択になった次第。

当初は0.6倍で焦点距離336mm、F値4.2を考えていましたが、焦点距離でminiBORG60EDを下回り、あまりに短焦点化し過ぎるように思い、0.8倍のほうを買うことにしました。これで焦点距離448mm、F5.6になります。

注文の翌日には届いたので、早速家の中から西南西の方向約5km先のビルをためし撮り。

露出条件は同じでCAPRI-80EDノーマル鏡筒の560mmでは。

560

0.8xレデューサーを付けて448mmでは。

448

劇的な改善とはいえませんが、短焦点化でガイドエラーの改善が期待できるし、F値が7から5.6と1絞り分は明るくなるので、これまでより3、4割の改善を期待していますが。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 9日 (月)

今日の太陽 2013/12/9

昨夜から薄雲のかかる天気が続いていて、今朝は撮らないつもり。

のはずが、若干日差しが強くなった気がして、裏庭観望可能ぎりぎりになって出すことに。

P20131209x6

この後、方角確定のための画像を撮っている最中に家の陰に隠れていって、黒点画像は撮れず。ま、雲がうじゃうじゃ邪魔して、撮っても見られたものにはなってないはずだけど。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

3D星座 けんびきょう座

望遠鏡とともに当時の最先端の光学製品が星座になりました。

やぎ座の真南に隣接している南天の星座です。

交差法でご覧ください。

33x_kenbikyou

平行法でご覧ください。

33h_kenbikyou

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 8日 (日)

今日の太陽 2013/12/8

晴れたり曇ったり。今朝は約5キロ先の高層ビルがはっきりすっきり見えます。

P20131208x10

プロミネンスが昨日より盛り上がっているので、これからも期待大です。

P20131208

正面を過ぎた黒点群がだんだん小さくさびしくなってきましたが、新たな黒点も姿を現してきました。成長を期待しましょう。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 7日 (土)

オリオン座のNGC星雲なども練習台に

バラ星雲やオリオン大星雲の続きに撮ったあと二つ。

この近辺で定番になるところは、どうしても外せませんでした。

露光不足は承知の上で、練習を兼ねて画像処理を。

オリオンの腰のところの「燃える木」と馬頭星雲。

Ngc202420131129x11

馬頭星雲がちゃんと見えるゾ。

オリオンの振り上げた腕の辺りのモンキー星雲。

Ngc217520131129x11

これまでKissX5で何度か撮っても、画像処理を無理してやっと見えるか見えないか、だった対象がこうして現れてくると、やはり楽しいな。

ぎょしゃ座のNGC1893も撮っていたが、こちらは星雲を浮かび上がらせるのはやはり無理だった。まあ、何かあるようには見えるのだけど・・・。

Ngc189320131129x8

もともと薄い星雲はやはり荷が重いな。

星雲ではないけれどラストは好きな散開星団で〆。ふたご座のM35。

M3520131130x13

今回教わった方法で処理したら、こんな風に仕上がりました。星が青いけれどこれでいいのかなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

今日の太陽 2013/12/7

めまぐるしく天気が変わります。晴れているときにさっと撮らなければなりません。あわただしい撮影になりました。

P20131207x10

濃いプロミネンスが出ています。太陽面と同じくらいの濃度で、マスクがうまくいかず一部つぶれてしまいました。

P20131207

東の方に出ていたプラージュに期待していましたが、黒点は出ていません。

ちょっと雲がかかってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

うしかい座のラブジョイ彗星

眼が覚めたら4時半過ぎ。外を見ると星が出ている。

ステラナビゲーターで位置確認し、プチ遠征の準備をして鴻ノ巣運動公園へ。

東側に小山があり、木の天辺から10度ほど上を双眼鏡で探すと、直ぐそれと分かるのに、135mmの視野に入れるのにえらく手間取ってしまった。

2013120715x9a

ISO3200、15秒露光でも十分に写ってくれた。嬉しくなってソフトフィルターを付けてみた。

2013120715x9sfa

これもいい感じかも。最後に5秒露光でも撮ってみた。

2013120759

これでも結構明るい。この冬の彗星の主役はラブちゃんに決まり!

そんなに寒くはなかったけれど、明け方は湿気がすごい。

レンズが濡れる前に早々に撤収。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 6日 (金)

改造カメラによる画像の処理 遠い道のり

昨日の記事に、早速先輩方から貴重なアドバイスをいただきました。

が、これまでのノーマルカメラでの画像の処理も、ほとんどレベル補正やトーンカーブだけをちゃちゃっといじるだけで、基礎の知識を身につけていない身では一知半解。具体的に何をどういじれば良いのか、分かったような分からないような・・・なんとも情けない(半泣)。

と、愚痴ったりいじけていても前には進めないので、理解できた(と思う)ところだけでもやってみようじゃないか。

今日の素材は、バラ星雲と同じ夜に撮ったオリオン大星雲。そう、プラネのシマダ先生やいっこうさんの予想通りです(笑)。バラ星雲よりは明るいので露光不足も幾分ましのはず。

M4220131129x12b0

全体に青いのは光害カットフィルターの影響もあると思うが、やまねももんがさんの指摘どおりホワイトバランスの崩れが主原因だろう。

レベル補正で赤、青、緑を、スライドバー・ハンドルでそれぞれのピークを左端でそろえてみた。

M4220131129x12b1

それでも青が若干勝っているように見えるので、青だけさらに少し右寄りに動かし背景が自然なグレーに見えるよう調整。RGBに戻り、明るさを調整。

M4220131129x12b2

ホワイトバランスで、星雲の赤を写真でおなじみの色に近づくようやってみる。実際には暗くて本当の天体の色合いを目視で確認できるわけではない。暗い星雲の色を出すというのは、個人の好みに強く依存するのではないか・・・この工程ではそんな疑問も湧いてきた。←これ、だんだんわけが分からなくなってきたときの言い訳(苦笑)。

M4220131129x12b3

最後にヒストグラム調整で淡い部分を画像が荒れないよう見ながら、思い切り(?)強調してみた。

M4220131129x12b4

というわけで、これが今日のゴール。

M4220131129x12b5

何をどうやったか、忘れないように工程を記録してきましたが、アドバイスを間違って解釈しているかもしれません。処理の順序が違っているかもしれません。遠い道のりの第一歩を踏み出した気分です。

根がものぐさ太郎なので、難しい壁に突き当たるとすぐに挫折(だから万年初心者を自認)。どこまで歩めるか怪しいものですが、これからもお付き合いよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 5日 (木)

今日の太陽 2013/12/5

朝のうち曇り空。その後晴れてきてもガスが残っているみたい。今話題の中国からのあれか?

半分諦めていましたが、10時を過ぎて太陽高度がだいぶ上がったところで日差しが強くなっているようなので、玄関前道路に出動。

P20131205x10

南半球側にプロミネンスが出ています。昨日より少し成長している?

P20131205

南半球のプロミネンスより少し北寄りにプラージュが見えていますが、黒点の気配がまだ見えません。出るのかな?

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 4日 (水)

改造カメラデビュー その光と影

ついに買ってしまいました。天体改造カメラ。

この2年近く、天体写真ブログの皆さんの改造カメラによる写真を眺めるたびに、どれだけため息をついてきたことか・・・。

改造カメラがあれば、誰にでも簡単に赤い散光星雲が写せるんだろうか、画像処理がきっと難しいに違いない、ものぐさで面倒なことが苦手な自分には無理だろう・・・そんな心の葛藤を抱えながら、ネットショップの改造カメラの価格を見ては、またため息。

最近は中古品の出物が出るたびに、無意識に注文ボタンを押しかけては、ふと我に返ることもしばしば。そしてとうとう・・・。

EOSKissX4の改造カメラが届いた日、その光り輝く笑みの陰で、手元から「何か」が消えていく・・・ステラナビゲーターのバージョンアップのために、KissX2カメラはすでに我が家を去ったし、次は誰だ。

EOSKissX4(改)の届いた夜は、お約束の曇り空。2日ほど待ってようやく星空デビューとなり、無改造のKissX5と取替えて、さっそく「赤い星雲」をいくつかためし撮りするも、何かおかしい。想像を膨らませイメージしていた写り具合ではない。ひょっとして無改造品が送られて来た?

F値7の望遠鏡に光害カットフィルターを付け、直焦点でISO3200で30秒露出。いつものスタイルで撮っているが、何か設定が違うのだろうか。撮って出しのバラ星雲の画像を添付して、購入先のスターショップに問い合わせることに。

返事は1日を待たずに帰ってきた。原因は露光不足だろうとのこと。ISO6400で、1分、2分、4分と、星が流れることは無視して撮ってみて、とのアドバイス。早速その日の夜再び赤い星雲に挑戦。

ノータッチガイドで撮っているので、30秒露光でも星が点像になっているものは平均6割。それを1分から4分で撮るとどうなるか、結果は撮る前から知れているが、今回の目的は星を点像に写すことではない。悲惨な画像を確認してみると30秒で何やらそれらしいものが写っている。1分ではもう少しはっきりし、2分では1分とあまり変わった様には見えない。さらに4分・・・ほぼ飽和状態。ここは光害地なんだ!

その翌日、今度は無改造X5で同じ露出にして、ほぼ同じ時間帯に同じ対象を撮って、比較してみることに。

こちらノーマルカメラの画像のISO6400、30秒露光。以下すべて12枚のコンポジット画像です。

Ngc224420131130b0x12

感度を6400まで上げても散開星団しか見えない。次が改造カメラの画像。

Ngc224420131129b0x11

全体の色合いが違うし、なんとなく靄のようなものがあるのが判るが、やはり30秒では露光不足なのだろう。とにかくX4が改造カメラであることは間違いなかった。

しかし、もっとはっきり赤く写ると思っていただけに、なんだか肩透かしを食らったような気分。露光不足解消と言う新たな壁が出来てしまった格好。レデューサーを買って短焦点化とF値改善で、露光を伸ばすのが最善の選択なのだろうな。

とにかくこのままでは改造カメラで撮りましたとは言いがたいので、「簡単に出来る」画像処理を模索・・・。

ペイントショップ・プロで星団の処理に使っている設定を少し変えて、コントラストを出して。

Ngc224420131129b1x11

レベル補正でもう少し明るくして。

Ngc224420131129b2x11

撮ったままよりはだいぶましな画像にはなった。

Ngc224420131129b3x11

しかし赤い星雲とは言いがたい画像のままだ。これをいったいどうしたらあの真っ赤なバラ星雲になるのだろう。

とりあえずは色補正でそれらしくしてみたが、なんとなく誤魔化している気がしてならない。

Ngc224420131129x11b

やっぱり自分には改造カメラのハードルは高かったのか・・・でも、せっかく買ったんだしくやしいから諦めないぞ!

改造カメラの先輩諸氏、どうか「簡単に出来る」画像処理方法をご伝授ください・・・って、結局は他人頼みで(苦笑)。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

今日の太陽 2013/12/4

天気予報⇒晴れ時々曇り。実感としては曇り時々晴れ。

その晴れ間を狙って今日は玄関前道路にて観望&撮影。

P20131204x9

いまいち。

P20131204

黒点も、心なしか昨日よりおとなしくなっているような。

いつもの倍の距離(約10m⇒約20m)を移動した(笑)、割には収穫少なし。

天候と同じでいまひとつ盛り上がりにかけると言うか・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 3日 (火)

今日の太陽 2013/12/3 と、

このところ朝は晴天が続いています。

P20131203x10

プロミネンスに復活の兆しが見えてきましたね。

太陽面右側に斜めの影。どうやら隣家のテレビアンテナ固定針金のようです。目視では気が付かなかったけれど、裏庭での観望&撮影は厳しくなってきました。

P20131203

東のほうに新たな黒点が出現してきました。中央に回ってきた黒点群もいい感じ。

11月23日に撮った散開星団の続きです。

おおいぬ座の散開星団、NGC2345 7.7等級 視直径12’

Ngc234520131123x9

真ん中から少し外れてしまいましたが、中央やや左に見えるVを逆さにしたような星の並びあたりがNGC2345。

同じくおおいぬ座の散開星団、NGC2374 8等級 19’

Ngc237420131124x7

中央左下の微光星の集まりがNGC2374らしい・・・。よく分かりません・・・。

いっかくじゅう座の散開星団 NGC2252 8等級 視直径20’

Ngc225220131124x8

中央やや右下に縦長に連なる微光星群がNGC2252。

右下に見えている明るい散開星団はNGC2239(NGC2244)です。この辺りはバラ星雲の右上にあたるんですね。残念ながら赤い星雲は見えません。

とも座の散開星団 M46(NGC2437) 6.1等級 27’

M4620131124x5

ここまで8等級の星団ばかり見てきたので、〆はそれとすぐわかる散開星団で。微光星の密集が美しい。

この画像よーっく見ると星団の上のほうに星とは違うものが写っています。拡大すると・・・。

M46

こと座のリング星雲に似た惑星状星雲NGC2438でした。

一度の撮影で二度おいしいM46でした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 2日 (月)

今日の太陽 2013/12/2

今朝も快晴。でも撮った写真を見るとなんだかいつもより暗く見える。低空に靄でもかかっているのか、太陽高度が低くいのでその影響か。

P20131202x10

ところどころに淡く小さいプロミネンスはありますが、相変わらず寂しい。

P20131202

こちらは小さいながらも様々に特徴があり、見飽きないです。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

ぎょしゃ座の散開星団

11月23日に撮った星団から、ぎょしゃ座の3つの星団のご紹介です。

ぎょしゃ座の3星団といえばM36、M37、M38の散開星団3兄弟がお馴染みですが、今回はその内のひとつと、これまで撮り残していた小さな散開星団2つを対象にしました。

NGC1664 7.6等級 視直径18’

Ngc166420131123x8

小口径には暗い対象ですが、粒のそろったわかりやすい星団です。気のせいか北斗七星に似たひしゃくの形に見えるのですが・・・。

NGC1778 7.7等級 視直径7’

Ngc177820131123x9

明暗入り混じった星団ですが、小さいのでまとまりがあるように見えます。

この後、おおいぬ座のM41が屋根から姿を現すまでの待ち時間に、3兄弟のひとつM36を撮ることに。

M3620131123x11

3兄弟の中では一番小ぶりですが、上の二つと比べると格が違うか。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

2013年12月 1日 (日)

今日の太陽 2013/12/1

今年もとうとう12月に突入してしまいました。

裏庭観望が出来る時間帯はずっと曇り空。10時になってようやく晴れたのを確認。玄関前の近所の駐車スペースをお借りしての撮影と相成りました。

P20131201x7

予想していたことですが、ぐっと寂しくなっていました。太陽面にダークフィラメントや黒点周りのプラージュが見えるのが救い。

P20131201_3

黒点は賑やかで、少し大きくなっている気がします。

太陽面の下側斜めに2/5ぐらい暗くなっていますが、電線にしては面積が大きすぎるし何だったのでしょうか???

11月23日の夜に撮った星雲星団の続き。

毎度お馴染み、おうし座のプレアデス星団。

M4520131123x9

ISOを3200に上げる事で、星の周りの青い星雲がなんとか写るようになりましたが、まだまだ露出不足なんですよね。

うさぎ座の球状星団M79(NGC1904) 7.7等級 視直径8.7’

M7920131123x4

裏庭観望所では高度が低いときに撮ることになり、住宅地の光害によるかぶりは避けられません。肉眼で見た目の空の明るさもこんなものでした。

ふたご座の散開星団NGC2395 8等級 視直径12’

N239520131124x9

中央やや右の集まりがNGC2395です。隣家の屋根に隠れている月の明かりが影響を及ぼし始めた時間帯でした。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »