フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

« 今日の太陽 2013/12/9 | トップページ | 今日の太陽 2013/12/14 »

2013年12月12日 (木)

今日の太陽 2013/12/12 と、レデューサーGET

昨夜就寝前は裏庭から見られる空の半分が晴れ、残り半分が曇り。風が強いので開業せずに布団にもぐりこんだのですが、今朝は見事に快晴。風は相変わらず強いままです。

裏庭観望所での太陽観望は、太陽の高度が下がるにつれてだんだん厳しくなってきた・・・と思い込んでいました。そう、思い込んでいたんです。

これまで裏庭ではGP2ガイドパックの足を縮めたまま使っていて、それを当たり前と思っていました。つまり、三脚の脚を伸ばせば9時代の前半でも余裕で観望できると、今になって気が付いたんですよ。馬鹿ですねえ(苦笑)。

P20131212x10

久々に見ごたえのあるプロミネンスが出現。

何日か見られない日があった後の観望では、大きなプロミネンスや太陽面の活発な様子が見られ、観望日が続くとだんだんしょぼくなってくる・・・どうもそんな傾向があるように感じますが、実際はどうなんでしょうね。

P20131212

黒点群も活発になってきています。これぐらいあると十分楽しいです。

改造カメラを入手したことで、図らずもこれまで露光不足で撮っていたことを思い知ったので、レデューサーを購入しF値の改善をすることにしました。

もうひとつの選択肢、オートガイド化というのもあったわけですが、ほとんどが裏庭での使用で、長時間露光は望めないこと、機材がかさばってくること、なによりガイド鏡筒、オートガイダー等々新たな出費がとても賄えない事が理由で、レデューサーという選択になった次第。

当初は0.6倍で焦点距離336mm、F値4.2を考えていましたが、焦点距離でminiBORG60EDを下回り、あまりに短焦点化し過ぎるように思い、0.8倍のほうを買うことにしました。これで焦点距離448mm、F5.6になります。

注文の翌日には届いたので、早速家の中から西南西の方向約5km先のビルをためし撮り。

露出条件は同じでCAPRI-80EDノーマル鏡筒の560mmでは。

560

0.8xレデューサーを付けて448mmでは。

448

劇的な改善とはいえませんが、短焦点化でガイドエラーの改善が期待できるし、F値が7から5.6と1絞り分は明るくなるので、これまでより3、4割の改善を期待していますが。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 今日の太陽 2013/12/9 | トップページ | 今日の太陽 2013/12/14 »

コメント

こんにちは。

思い込みってありますよね。
それに気がついたときは目からウロコだったのではないでしょうか。

新兵器の登場ですね。
F値が明るくなるのも良いですね。

>>やまねももんがさん
おはようございます。

太陽観望以外では極軸合わせのためにも足を伸ばしていたのに、なぜ気がつかなかったんだろうって・・・太陽はシャッターが速く切れるので横着が染み付いていたんですね(苦笑)。

新兵器使いこなしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89653/58742281

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の太陽 2013/12/12 と、レデューサーGET:

« 今日の太陽 2013/12/9 | トップページ | 今日の太陽 2013/12/14 »