フォト
無料ブログはココログ

気になるサイト

  • かひちやうの部屋
    山天会長さんのホームページ。 太陽観望のわが師匠です。
  • Banar_yuyuyu_2
    悠々遊のホームページでございます。
  • にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
    にほんブログ村
    ブログ村に参加しています。ここをクリックしていただけると幸せ(笑)。

« 今日の太陽 2013/11/17 | トップページ | 画像の保存について »

2013年11月17日 (日)

3D星座 くじゃく座

くじゃく座はぼうえんきょう座のさらに南側。当然ながら日本からはまったく見ることの出来ない星座です。

頭にある2等星のα星ピーコック以外は、3等星以下の星ばかりで構成されています。

交差法でご覧ください。

29x_kujaku

平衡法でご覧ください。

29h_kujaku

3Dで見ると胸側に近い星、背中から後ろのほうに遠い星が多いことが分かります。

にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ
にほんブログ村 ←こちらのクリックもよろしくお願いします。

« 今日の太陽 2013/11/17 | トップページ | 画像の保存について »

コメント

おお、何か知らないけど孔雀座はさすごい。
気に入りました。記事を読むまで。そんな星座がある事を知りませんでしたが。(笑)
星座って不思議すよね?

地球で治乱興亡が行われようと、そんなのの億年前から輝いてる!
サピエンスの歴史なんかより、はるかに古く。
私らには「不変の」標識であります。
鍼灸マッサージ師なので、中国が如何に天文で
農耕や政治を左右してきたのか解ります。

近所にいる引きこもりの高校生を、星を観ようぞ!と誘って夜空を眺めた事があります。
俺もお前も、お前を苛めた奴も小さいんだよ!
そんな事を言って(親は承諾してます)、夜中の山に連れ出しました。
何か感じるものがあったらしく、こいつ大検に合格して大学に入ります。
今じゃワンダーフォーゲル部の幹部で、いっぱしの体育会男です。
相変わらず星は好きなようで、cameraを設置して、星が移動する様を写真に撮っているみたいです。人は夜空に何を観るのか?
私は解りませんが、人の営みも忘れて、人を冷静にする力があるのでは?
貴兄の文章を読んでいると感じます。

雫石さんは、きっぱりしてると言うか、意外と激情家でロマンチスト。基本は任侠。
貴兄は…分析不能です。
でもお二人とも大好きです。
ありがとう。

アプリケーションさん、こんにちは
南半球の星座は日本からはほとんど見えないし、ヨーロッパの大航海時代に作られた比較的新しい星座なので、関連する神話も無くてなじみが薄いですよね。
郊外などの暗い空の下で満天の星空を見ていると、小さな悩みでくよくよしているのが馬鹿らしく思えるときがあります。
星の写真を撮っているときは、他のことは考える事すらしていません。頭の中で時間が止まっています(苦笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3D星座 くじゃく座:

« 今日の太陽 2013/11/17 | トップページ | 画像の保存について »